ソーシャルレンディング投資の「コツ」を考える。

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約2年が経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

ソーシャルレンディングのコツ①【利回りに固執しない】

ソーシャルレンディング投資のコツとしてまず第一に提唱したいのが、利回りに固執しないこと。
世の全ての投資商品と同じように、ソーシャルレンディング投資の場合も、利回りとリスクとは、ある程度、相関・比例関係のもとにあります。
すなわち、

  • 利回りの高い案件ほど、担保設定等において、リスクが高く設定されており、
  • 反面、一般的にリスクが(比較的)低いと考えられるファンドの場合、利回りは低く想定されていることが多い、

というのが実情です。

例えば、ソーシャルレンディング事業者「LENDEX」のこちらのファンドの場合、期待利回り(年利換算)は11パーセントと、(ソーシャルレンディング案件の中でも)極めて高く設定されていますが、その分、不動産担保の設定はありません。

反面、業界大手「SBIソーシャルレンディング」のこちらのファンドシリーズの場合、不動産担保付きの貸付債権に質権が設定されており、かつ、これまでに170本以上の組成・募集実績がありますが、そうした安心材料がある分、名目利回りについては、2.5パーセント~5.0パーセントと、比較的低く抑えられています。

利回りに極端に固執することなく、リスクとリターンとをうまく天秤にかけながら、出資に値するファンドを慎重に見極めていくことが、ソーシャルレンディング投資のひとつの「コツ」となります。

ソーシャルレンディングのコツ②【早期償還をいとわない】

元来予定されていたファンドの運用終了期日よりも早期に、ファンドが償還され、資金が投資家の手元に戻されることを、「早期償還」と言います。
そして、実際に早期償還が発生すると、投資家の立場から見れば、
「もっと長く運用してもらう予定だったのに、従来予定よりも短い期間で運用を終了してしまい、見込んでいた投資収益を得られなかった」
という事態が生じることとなります。

わたしたち個人投資家から見れば、上記の事態は、確かに、些か困惑せざるを得ない事態ではありますが、そこは気持ちを切り替えて、
「予定よりも早く資金が戻ってきて安心だ。何かいいファンドがあれば、そこに再投資しよう」
といった風に考え直すことが、ソーシャルレンディング投資を安全に運行していくための”コツ”となります。

実際問題として、ソーシャルレンディング投資における「早期償還」の発生は、事業者から資金貸与を受けた「借り手」が、ある程度健全な経営をしていることの証でもあります。
※一般的に言って、ソーシャルレンディング事業者からの借り入れ金利は、決して低くないわけですから、財務にゆとりのある企業であれば、さっさと(優先的に)返済してしまうに限ります。

私の個人的な考えとしては、

  • 運用期間の長いファンドに、長期間、資金を拘束されるよりは、
  • 運用期間の短いファンドに、(やや、手間ではありますが)再投資を繰り返したほうが、

心理的には楽です。
その分、手間暇はかかるのですが、投資家として「時間コスト」を負担する程度が軽減されるから、です。

ソーシャルレンディングのコツ③【ファンド・事業者・投資分野の分散】

「全ての卵をひとつの籠に盛るな」という投資の格言は、ソーシャルレンディング投資の場合にも当然通用するものです。
そして、ソーシャルレンディングの場合、1ファンドあたりの最低投資額は、1万円程度の少額に設定されているケースがほとんどです。
不動産投資などと単純比較すれば、遥かに分散投資がしやすいように設計されているのですが、その利点をしっかり活用していくことが必要です。

①「ファンド」の分散

まず、最低限、考えるべきなのは、投資する商品「ファンド」の分散です。
国内のソーシャルレンディング事業者の多くが、同時に複数のファンドを募集しています。
※たとえば、海外案件を専門的に取り扱っている「クラウドクレジット」の場合、同時に10件以上のファンドを募集していることも、決して珍しくありません。
1つのファンドへの投資額はあまり多くせずに、出来るだけ複数のファンドへと小口投資することが、ファンド分散のコツとなります。

②事業者の分散

日本国内には、20社以上のソーシャルレンディング事業者が存在しており、各社への投資家登録手続きは、オンラインで完結できるものばかり。
すなわち、わたしたち個人投資家としては、極めて簡単に、付き合うソーシャルレンディング事業者を分散することが可能です。

これもまた、ソーシャルレンディング投資のメリットのひとつなわけですから、しっかりと活用していくことが求められます。

③投資分野の分散

ソーシャルレンディング事業者の中には、ファンド・シリーズによって、様々な異業種案件を取り扱っているケースが多々あります。
例えば「クラウドバンク」の場合であれば、米国不動産案件に投資するファンドや、太陽光発電関連事業へと投資するファンド水力発電ビジネスへと投資するファンドなど、様々なタイプの案件が提供されています。
市況の急激な変化に対応するため、様々な投資分野へと資金を分散投資しておくこともまた、ソーシャルレンディング投資のコツのひとつとなります。


関連記事:
【2020年3月最新版】ソーシャルレンディングおすすめ8社&危ない3社比較ランキング【投資初心者必見】

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは700件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。