【ソーシャルレンディングブログ探訪】イケダハヤト氏運営の「イケハヤ大学」

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約2年が経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

ソーシャルレンディングのことを取り上げているブログを紹介していく、「ソーシャルレンディングブログ探訪」シリーズ。
今回は、「イケハヤ」こと、「イケダハヤト」さんが運営為さっておられる、「イケハヤ大学」の紹介です。

「イケハヤ大学」概要



引用元:イケハヤ大学

神奈川県横浜市ご出身のイケダハヤト氏が、2009年から運営為さっておられるのが、ブログ版の「イケハヤ大学」。
経済関連情報や、様々なお得情報、処世術、投資法などに関するコンテンツが、多数掲載されています。

”ブログ版”と仰る通り、ホームページ以外にも、Youtubeチャンネル公式ツイッターなどでも、積極的に情報発信を為さっておられます。

「イケハヤ大学」のソーシャルレンディング関連記事

「イケハヤ大学」では、ソーシャルレンディングに関する特集記事も複数掲載されています。

「【クチコミ】累計利息58万円!ソーシャルレンディングのおすすめ業者を比較。」(2019年3月14日)

こちらの記事では、ソーシャルレンディングの基本的な仕組みや、メリット・デメリット、リスクなどについて、分かりやすく解説されています。
イケダハヤト氏の実際の投資実績についても掲載されていて、読みやすい内容となっています。

「ソーシャルレンディングの匿名化問題がついに解決!投資先が可視化されます。」(2019年3月13日)

貸金業法規制への配慮の関係上、長らく、実際の融資先に関する具体的な情報開示が為されていなかった、国内ソーシャルレンディング業界。
こちらの記事では、金融庁からの公式見解を契機に、そうした悪弊が解消されていく見込み・経緯について、簡潔に記載されています。

「【2018年版】ソーシャルレンディング業者の不祥事・行政処分まとめ。」(2018年9月26日)

ラッキーバンクやマネオなど、行政処分を受ける事業者が散見された2018年。
こちらの記事では、2018年を中心に行政処分等を受けたソーシャルレンディング事業者について、関東財務局のプレスリリースなども交えながら、紹介・解説為さっておられます。


関連記事:
【2020年4月最新版】ソーシャルレンディングおすすめ8社&危ない3社比較ランキング【投資初心者必見】

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは700件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。