ソーシャルレンディング投資のビジネスモデルをわかりやすく解説

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

今年3月の、金融庁の公的見解公表以来、各ソーシャルレンディング事業者において、借り手情報の開示が進み、透明性向上が加速している(※)、国内ソーシャルレンディング業界。
各個人投資家からの注目も、日に日に高まっているようです。
本寄稿においては、そんなソーシャルレンディング投資の「ビジネスモデル」について、改めて、出来るだけわかりやすく、解説をしてみたいと思います。

(※)一部、依然として、借り手情報開示について進捗の見られない事業者も、存在します。

ソーシャルレンディング投資のビジネスモデル概要

ソーシャルレンディング投資のビジネスモデル概要

※写真はイメージです

”ソーシャルレンディング投資”のビジネスモデルを、あえて簡略化し、そのフローをわかりやすく表現するとすれば、概ね、下記のようになります。

  1. 「資金を借りたい」と考えている、”資金需要者”が、ソーシャルレンディング事業者の元へ、相談に訪れる。
  2. ソーシャルレンディング事業者と資金需要者が話し合い、貸付金利や、期間、担保設定等について協議する。
  3. 協議結果に応じて、ソーシャルレンディング事業者が、ファンドを組成し、ホームページ上に公開。投資家からの投資を募集する。
  4. 投資家は、ソーシャルレンディング事業者のウェブサイトを経由し、ファンドに投資申込。出資金を送金し、ソーシャルレンディング事業者との間で、「匿名組合契約」をオンライン締結する。
  5. ファンドに募った資金を、ソーシャルレンディング事業者が、借り手企業(=上掲の、資金需要者)へと、融資する。
  6. 借り手企業は、事前約定に従い、ソーシャルレンディング事業者へと、利息や、元金の返済を行う。
  7. ソーシャルレンディング事業者は、借り手企業から受け取った返済金を原資にして、投資家へと、分配や、償還を行う。

まず、注意して頂きたいのは、「投資家が、借り手企業に対して、直接、お金を貸すわけでは、無い」という点です。
※一般投資家は、貸金業の登録を受けていないので、借り手企業に対し直接的に資金融資をしてしまえば、それは、貸金業法違反に問われる恐れがあります。

投資家は、借り手企業に資金を貸すのではなく、ソーシャルレンディング事業者が組成する、ファンドに対し、投資をする、という立場となります。
そして、借り手企業に対して資金を融資するのは、投資家ではなく、ソーシャルレンディング事業者(=小難しい言い方をしますと、匿名組合の、”営業者”)の仕事です。

また、「匿名組合」という言葉も、いささか、耳慣れない単語かもしれません。
ソーシャルレンディングにおいては広く用いられているスキームであり、

  • パススルー課税や、有限責任である点等に、投資家として、メリットはありますが、
  • その反面、営業者の破綻リスク等、看過しがたいデメリットもあります。

こちらについては、下記コンテンツにて、わかりやすく詳説が為されているので、ご覧になってみてください。


参考:
ソーシャルレンディングと匿名組合|ソーシャルレンディング・ラボ


また、「(ソーシャルレンディング事業者は)借り手企業から受け取った返済金を原資にして、投資家へと、分配や、償還を行う。」という点についても、気になった方は多いのではないでしょうか。
この点は、ソーシャルレンディング投資というビジネスモデルの弱点のひとつとなりますので、後程詳しく、ご説明いたします。

「ソーシャルレンディング」というビジネスモデルの利点

「ソーシャルレンディング」というビジネスモデルの利点

※写真はイメージです

まずは、ソーシャルレンディングというビジネスモデルのメリット・アドバンテージの部分から、確認をして参りましょう。
同じく、出来得る限りわかりやすく、詳説して参ります。

投資家目線

まず、投資家の立場から見れば、ソーシャルレンディング事業者が各ファンドにて提示している、高い期待利回りは、大きな誘因となります。
無担保・無保証型の、高リスクファンドならば、いざ知らず、国内不動産担保の設定された、比較的保全効能が重視された(より正確には、保全効能が重視されているように”見える”)ファンドの場合でも、年率換算で、3パーセント~5パーセント前後の、高い期待利回りが提示されています。
銀行定期預金等と比較すれば、その利回りは圧倒的であり、多くの個人投資家が、この点に、大きなメリット・アドバンテージを見出していると言えます。
(※なお、銀行の定期預金は、預金保証制度の対象となっており、元本の保証が付与されていることが一般的です。反面、ソーシャルレンディング投資においては、元本保証が付与されることはありません。このように、銀行預金とソーシャルレンディング投資では、その安全性においては、雲泥の差があります。そうした背景事情を考慮せずに、単純な期待利回りのみで、投資を判断するのは、極めて危険な行為です。くれぐれも、ご注意ください)

また、各ファンドが、1万円程度の少額から、投資できるように設計されている点も、投資家にとっては、ソーシャルレンディング投資のメリットのひとつと言えます。
パソコンやスマートフォンを通して、至極簡単に、投資口座開設や、出資手続きを行える、という点も、然り。
このあたりは、インターネット技術を活用した投資商品として、ソーシャルレンディング投資は、強い利便性を有していると言えます。

借り手企業目線

借り手企業から見れば、ソーシャルレンディング事業者というのは、端的に、わかりやすく言えば、「ノンバンク」の貸金業者です。
銀行等の伝統的金融機関と単純比較すれば、貸出金利は高いが、その分、融資審査には柔軟性が期待でき、担保掛け目(=担保物の評価額に対する、貸付総額の比率)も、大きなものが交渉され得るでしょう。
また、銀行からの借入とは違い、ソーシャルレンディング事業者からの借入の場合、借り入れ元本部分については、融資期間中の分割返済を求められず、契約満了時の一括返済を認められるケースも散見されます。
この点もまた、企業等の資金需要者から、ソーシャルレンディングが、新たな資金調達手法として関心・注目を寄せられている、大きな要因となります。

ソーシャルレンディングというビジネスモデルの「弱点」

ソーシャルレンディングというビジネスモデルの「弱点」

※写真はイメージです

うまく設計されたビジネスモデルを具備しているように見えるソーシャルレンディングではありますが、いくつか、欠点・弱点があります。
特に、投資家の立場から見たディスアドバンテージについては、投資リスクとして、看過しがたい物がありますので、あらかじめ、十分な留意を要します。

まず、投資家の目線から見た、ソーシャルレンディングの、そのビジネスモデル上の、最大の難点は、ファンドの「延滞リスク」と言えましょう。
わかりやすく換言すれば、「投資したお金が、(予定されていた償還日になっても)返ってこない」というケースです。

上述も致しました通り、ソーシャルレンディング事業者は、投資家と締結した匿名組合契約の定めに則り、各期限までに、投資家に対し、分配や、償還を行うわけですが、その原資は、あくまでも、借り手企業から収受した、返済元利金が充てられることとなります。
このため、もしも、借り手企業が経営難に陥り、借り手企業からソーシャルレンディング事業者への、利息、及び、元金の返済に、遅延が生じた場合、ただちに、ソーシャルレンディング事業者から投資家への分配・償還にも、遅れが発生してしまうこととなります。

この「延滞リスク」について、”可能性論”と侮ることは、絶対に、禁物です。
国内ソーシャルレンディング業界における、ファンドの延滞発生例は、簡単に思い浮かべるだけでも、枚挙にいとまがありません。

上掲した以外にも、複数のソーシャルレンディング事業者・ファンドにおいて、「延滞」というトラブルは実際に発生しており、多くのソーシャルレンディング投資家を悩ませています。

また、ソーシャルレンディング事業者と投資家との間で締結される「匿名組合契約」という契約スキームの性質上、投資家がソーシャルレンディング事業者へと預けた資金については、投資家の財産ではなく、あくまでも、ソーシャルレンディング事業者(=匿名組合の、営業者)の財産として取り扱われることとなります。
このため、万が一、投資資金を預けているソーシャルレンディング事業者が、突如、経営破綻し、破産手続きへと移行してしまった場合、投資家の預託している資金についても、大きく毀損してしまう可能性があります。

そのほかにも、

  • ファンドの途中解約が出来ない(≒出資した資金は、ファンドが最終的な償還を迎えるまで、戻ってこない)
  • 匿名組合の業務執行権は、営業者(=ソーシャルレンディング事業者)が占有しているため、延滞発生時も、債権回収プロセスに投資家が関与することが出来ず、ソーシャルレンディング事業者の対応如何によっては、想定以上の大幅な元本毀損を受忍しなければならない可能性がある

等々、複数の、看過しがたい難点があります。

このように、特に投資家の立場から見た際に、ソーシャルレンディング投資というビジネスモデルには、大きな弱点・留意点、換言すれば、「リスク」があります。
投資家としてソーシャルレンディングに資金を投じる場合、こうした危険性については、十分な留意を行う必要があります。

ソーシャルレンディングというビジネスモデルの利点、難点を理解した上で、適度な投資・付き合いを

本寄稿にて述べて参りました通り、ソーシャルレンディングというビジネスモデルには、固有のメリット・素晴らしさがあります。
その反面、主に「投資リスク」という点において、そのビジネスモデルには、複数の弱点、もろさがあることも、お分かり頂けたものと思います。

もしも、投資家として、ソーシャルレンディングに取り組んで行かれるのであれば、その他、ソーシャルレンディング投資の内包する様々なリスク・デメリットについて、十分に、情報収集・勉強を積まれたうえで、純粋な余剰資金の、ほんの、ごく一部から、少しずつ、投資を進めてみることがよろしいものと思います。
くれぐれも、提示されている高い期待利回りのみに、過度に誘惑されてしまうことなく、あくまでも慎重さを崩さず、まずは勉強がてら、「失っても構わない」と思える程度の少額から、スタートしてみられることを、お薦め致します。

以上、わかりやすさを重視した分、いささか浅薄な(そして、リスクを強調した分、全体的に、暗い…)寄稿文となってしまい、恐縮ではございますが、少しでも、ご参考と為さって頂ける内容と出来たのであれば、うれしいです。

それでは、本寄稿は、ここまで。
拙文に最後までお目通しを頂き、ありがとうございました。

関連記事のご案内

広く投資家の注目を集めている、ソーシャルレンディングではありますが、業界には未成熟の部分も少なくなく、いくつかの「危険会社」の存在にも、留意を要します。
実際のソーシャルレンディング投資検討にあたっては、あらかじめ、こちらのコンテンツも、是非ご参照下さい。

ソーシャルレンディング【おすすめ会社&危険会社ランキング】最新版

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。