ファントムオブキル(ファンキル・オルタナ)の始め方・遊び方-EARN機能解放&放置で仮想通貨を稼ぐNFTゲーム

ファントムオブキル(ファンキル・オルタナ)の遊び方・始め方

ここでは、人気ゲーム「ファントムオブキル(ファンキル・オルタナ)」の具体的な遊び方や始め方、といったポイントについて、1つずつ、確認を進めて参ります。

ファンキルオルタナのゲームの始め方

ファンキルオルタナのゲームのプレイを始める場合、その手順は以下の通りです。

ファンキルオルタナのスマホアプリのダウンロード

まずは、ファンキルオルタナのスマホアプリ のダウンロードを済ませます。

リージョンの選択

続いて、リージョンの選択を行います。
日本在住者の場合、日本リージョンを選択しておけばOKです。

ファンキルオルタナからのプッシュ通知受信の許可・拒否設定

ファンキルオルタナからのプッシュ通知を受信する場合は、「許可」を選択します。

ゲームのタイトル画面の表示

ファンキルオルタナのゲームタイトル画面が表示されます。

なお、表示されている「ワールド」は、任意で切り替えることも可能です。

アプリによるアクティビティ・トラッキングの許可・拒否設定

アプリによるアクティビティ・トラッキングを許容する場合は、「許可」を選択します。

利用規約等への同意処理

ゲームの利用規約、及び、プライバシーポリシーの内容をよく確認し、同意する場合は、同意処理を進めます。

チュートリアル・データのダウンロード

ゲームのチュートリアル・データのダウンロードを済ませます。

プレイヤー名の入力

任意のプレイヤー名を入力・設定します。

サウンド設定の確認

任意のサウンド設定を選択します。

ゲームのストーリーが始まる

ゲームのバックグラウンド・ストーリーが流れ始めます。

チュートリアル・バトルのスタート

チュートリアル・バトルが始まります。
引き続き、チュートリアルに沿って、ゲームの基本的な流れを学んでいくことが出来ます。

ファントムオブキル(ファンキル・オルタナ)とは-ゲーム概要や仕組み、詳細の確認



引用元:ファントムオブキル(ファンキル・オルタナ)

ここでは、ファントムオブキル(ファンキル・オルタナ)のゲームの具体的な仕組みや詳細、といったポイントについて、確認を進めて参りましょう。

ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-:進化した戦略シミュレーションRPGを徹底解説

「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-」は、累計600万ダウンロードを記録した人気モバイルゲーム「ファントム オブ キル」をスピンオフしたWeb3ゲームです。
オリジナルの世界観と魅力的なキャラクターを引き継ぎつつ、ブロックチェーン技術を活用することで、新たなゲーム体験を提供します。
戦略性と育成の深み、自動戦闘と放置報酬、NFT化と取引、そして独自のトークンエコノミクスにより、プレイヤーは魅力的なゲームプレイと経済的な価値を同時に享受できます。
今後の発展が期待される、注目のWeb3ゲームです。

Web3で進化したファンキル:新たなゲーム体験

オリジナル版「ファントム オブ キル」の魅力を継承しながら、Web3技術を導入することで、より戦略的で奥深いゲームプレイを実現した「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-」。
放置報酬やNFT化、独自のトークンエコノミクスなど、従来のゲーム体験を大きく進化させた要素が盛り込まれています。
この章では、Web3技術がどのようにファンキルに新たな可能性をもたらしているのか、具体的な内容と共に解説していきます。

1.1.1 多種多様なキル姫:個性的なスキルと育成

「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-」には、個性豊かなキル姫たちが多数登場します。
それぞれのキル姫は、伝説の武器の名を持つ謎の少女として、独自のスキルとステータスを持ち、プレイヤーは戦略的な編成と育成を通じて、彼女たちの潜在能力を引き出すことができます。

キル姫の育成には、様々な要素が関わってきます。
例えば、レアリティは、キル姫の基礎能力を示す重要な指標です。
レアリティは、N、R、SR、UR、LRの5段階に分かれており、レアリティが高いほど、初期ステータスが高く、強力なスキルを習得する可能性が高くなります。

さらに、キル姫は姫型によって、強化されるステータスや習得するパッシブスキルが異なります。
姫型は、攻姫、匠姫、魔姫、命姫の4種類が存在し、それぞれの姫型は、力、技、魔、体のステータスに特化した能力を発揮します。
例えば、攻姫は力に特化したステータス上昇と、攻撃力強化に効果的なパッシブスキルを習得しやすい傾向があります。

また、キル姫は武器種によって、攻撃時に使用するステータスや攻撃方法が変化します。
武器種は、剣、斧、槍、弓、銃、杖、特殊の7種類があり、それぞれの武器種は、特定のステータスに依存した攻撃を行います。
例えば、剣は力に依存した攻撃を行うため、力が高いキル姫ほど高いダメージを与えることができます。

このように、「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-」では、多種多様なキル姫を育成し、戦略的に編成することで、バトルを有利に進めることができます。
「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-」のゲームプレイは、まさにキル姫たちとの育成と成長の物語です。
プレイヤーは、それぞれのキル姫の個性と強みを理解し、戦略的に育成していくことで、彼女たちの潜在能力を最大限に引き出し、勝利へと導くことができます。

1.1.2 戦略的な編成:チーム編成の奥深さ

「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-」では、多種多様なキル姫をどのように編成するかが、バトルの勝敗を大きく左右します。
プレイヤーは、それぞれのキル姫のスキルやステータスを理解し、戦況に合わせて最適なチーム編成を行う必要があります。

編成の基本は、フロントユニットサポートユニットの2つです。
フロントユニットは、戦闘の最前線に立ち、敵と直接対峙する役割を担います。
一方、サポートユニットは、戦闘に参加しながら、フロントユニットを支援する役割を担います。

編成において重要な要素の一つが、キル姫の組み合わせです。
例えば、攻撃力に優れたキル姫と防御力に優れたキル姫を組み合わせることで、攻撃と防御のバランスが取れたチームを編成することができます。
また、特定のスキルを持つキル姫を組み合わせることで、強力な連携攻撃を繰り出すことも可能です。

さらに、武器種の組み合わせも重要な要素となります。
攻撃時に使用するステータスが異なる武器種をバランス良く編成することで、様々な敵に対応できるチームを編成することができます。
例えば、剣、斧、槍、弓、銃、杖、特殊の7つの武器種を、それぞれの強みを生かせるように組み合わせることで、より戦略的な編成を実現できます。

チーム編成は、まさにプレイヤーの戦略性を試す要素です。
様々なキル姫の組み合わせを試行錯誤し、最適な編成を見つけることで、バトルを有利に進めることができます。
「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-」のチーム編成は、プレイヤーの戦略的な思考と、育成したキル姫たちとの深い理解を深める、奥深い要素です。

1.1.3 バトルシステム:自動戦闘と戦略的思考

「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-」のバトルシステムは、自動戦闘と戦略的思考の融合が特徴です。
プレイヤーは、編成したキル姫のスキルやステータス、そして敵の特性などを考慮しながら、最適な戦略を立て、バトルに臨みます。
自動戦闘によって、プレイヤーは、バトル中の細かい操作に気を取られることなく、戦略的な思考に集中できます。

バトルは、プレイヤーが編成したキル姫が自動で攻撃を行い、敵を倒すことで勝利となります。
しかし、自動戦闘だからといって、プレイヤーはただ眺めているだけではありません。

編成したキル姫のスキルは、バトルの勝敗を大きく左右する重要な要素の一つです。
各キル姫は、独自のスキルを持っており、プレイヤーは、これらのスキルを効果的に活用することで、バトルを有利に進めることができます。
例えば、敵全体にダメージを与えるスキルや、味方の防御力を強化するスキルなど、様々なスキルが存在し、プレイヤーは、状況に合わせて適切なスキルを選択する必要があります。

また、敵の特性を理解することも重要です。
敵には、それぞれ弱点や耐性があります。
プレイヤーは、敵の特性を理解し、弱点をつく攻撃を行うことで、効率的にダメージを与えることができます。
例えば、火属性の敵には水属性のキル姫、水属性の敵には火属性のキル姫など、属性相性もバトルにおいて重要な要素となります。

「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-」のバトルシステムは、自動戦闘の快適さと戦略的思考の深みを見事に両立させています。
プレイヤーは、様々なキル姫を育成し、編成することで、自分だけの戦略を生み出し、バトルに挑戦することができます。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞