ETHOS(イーソス)で仮想通貨は稼げるのか-前澤友作氏関係ファンドからの出資で話題の「WEB3版TikTok」

「WEB3版のTikTok」として話題の、ETHOS(イーソス)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなETHOS(イーソス)のオフィシャル・ローンチへの備えとしては、下記のようなステップが考えられます。

  1. ビットポイント 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませる

    ※2024年2月29日午後4時までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、1,500円相当のOSHIトークンをプレゼントするキャンペーン開催中

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、NFT購入等のためのノーリスクの原資を確保しておく
  3. fillメディア公式Zealyに参加し、限定NFTの無料エアドロップを受け取る→受け取ったNFTは抽選イベントへの参加チケット等になるほか、OpenSea(オープンシー)等で出品も可
    ※参加の手順はこちらから
  4. ETHOS(イーソス)に関する最新情報の収集等を進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

ETHOS(イーソス)を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:ビットポイント公式サイト

ETHOS(イーソス)の利用で、今後、何らかの収益が得られるようになった場合報酬は、日本円建てではなく、トークン(ゲーム内通貨)、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、ビットポイント 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、ETHOS(イーソス)の収益がトークン(=仮想通貨)で支払われる場合、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はETHOS(イーソス)。今後、ETHOS(イーソス)の正式ローンチ以降、何らかの収益が得られた場合、その収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、得た収益を(必要に応じ、間に他のトークンを挟んだうえで、)換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイント に口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント公式サイト

※2024年2月29日午後4時までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、1,500円相当のOSHIトークンをプレゼントするキャンペーン開催中


なお、ビットポイントでの口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、BITPOINT(ビットポイント)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、ETHOS(イーソス)本格参入のための原資を確保する

一般論として、ETHOS(イーソス)のようなブロックチェーン・プロジェクトの場合、本格的なプレイ・参入を始めるためには、何らかのNFTやトークンの事前購入が必要となるケースが一般的です。
※無料で始めることが出来るNFTゲームや、無料でもある程度のトークンを稼ぐことが出来るブロックチェーン・ゲームも存在しますが、その場合でも、本格的な参入のためには、NFT購入等が必要となるケースが大半です。

そして、NFTやトークンの価値は、ゲームの人気が高まれば、上昇していくこととなりますが、逆に、ゲームの人気が低迷すると、その価値は低下してしまうことが多くあります。
そのような高リスクなアセットを入手するために、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

2024年5月30日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、16,000円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

AGクラウドファンディング

2024年9月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

COZUCHI

2024年5月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から投資家登録完了(無料)で、Amazonギフト2,000円分プレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年5月31日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

2024年6月30日までに公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

Funds(ファンズ)

2024年5月31日までに、公式サイト から、新規口座開設完了で、500円分のAmazonギフト券をプレゼント。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年9月30日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

COZUCHI(Amazonギフト2,000円分プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規投資家登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト2,000円分プレゼント
キャンペーン期限
2024年5月31日まで
サイトURL
COZUCHI (公式)

不動産クラウドファンディング業界の有名企業。
1口1万円から、現物不動産を投資対象とするファンドに小口投資できるサービスを展開中。
新規の投資家登録者限定で、Amazonギフト2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年5月31日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
2024年6月末までの期間限定で、新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funds(Amazonギフト券500円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
Amazonギフト券500円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年5月31日まで
サイトURL
Funds (公式)

累計募集額400億円を突破した、「1円から投資できる」と話題の、ソーシャルレンディング・サービス。
期間限定で、新規口座開設を完了したユーザー全員に、500円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

ETHOS(イーソス)概要・公式サイト等



画像引用元:ETHOS(イーソス)公式サイト

公式サイト
https://3thos.club/pc
Twitterアカウント
https://twitter.com/3thos3
ディスコード
https://discord.com/invite/3rVpBzqDbx
YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@3thos3
インスタグラム
https://www.instagram.com/3thos3/
gitbook
https://ethos-1.gitbook.io/ethos/ethos-profile/overview
ミディアム
https://3thos.medium.com/
公式リンク集(link3)
https://link3.to/ethos
公式リンク集(linktr.ee)
https://linktr.ee/3thos3
3THトークンチャート(Dex Screener)
https://dexscreener.com/bsc/0x6CCC8db8E3Fd5FFDd2E7B92Bd92e8e27baF704a8

ETHOS(イーソス)の始め方・仮想通貨の稼ぎ方

ここからは、ETHOS(イーソス)の具体的な利用方法として、

上記のような点について、確認を進めて参ります。

ETHOS(イーソス)のテスト版アプリの使い方

ETHOS(イーソス)のテスト版アプリの利用を始める場合、その手順は、大きく分けて、主に以下の通りです。

  1. ETHOS(イーソス)のテスト版アプリのダウンロード・インストール
  2. ETHOS(イーソス)アカウントの新規作成
  3. ETHOS(イーソス)の招待コードの入力

それぞれ、スクリーンショットを交え、確認して参りましょう。

なお、ETHOS(イーソス)のテスト版アプリの利用を推奨する意図はありません。

  • 2023年6月現在、fillメディア編集部にて確認する限りにおいては、ETHOS(イーソス)のテスト版アプリの挙動は、些か、不安定に見受けられます。
  • また、2023年6月現在、アプリからのトークン獲得機能は、まだ実装されていない模様です。

実際のテスト版アプリのダウンロード、及び、利用に関しては、ご自身のご判断にて、お願い致します。

ETHOS(イーソス)のテスト版アプリのダウンロード・インストール

ETHOS(イーソス)のテスト版アプリとしては、iOS版として、テストフライト向けアプリが提供されています。
以下のURLから、ダウンロード・インストールが可能です。

https://testflight.apple.com/join/mGFed3Fm

なお、前述の通り、ETHOS(イーソス)のテスト版アプリのダウンロード等を推奨する意図はありません。

ETHOS(イーソス)アプリからのプッシュ通知受信の許可・拒否

ETHOS(イーソス)アプリからのプッシュ通知を受信したい場合は、「許可」をタップします。
一方、プッシュ通知を受信したくない場合、「許可しない」を選択します。

ETHOS(イーソス)アプリによる位置情報利用の許可・拒否

アプリによる位置情報利用の許可・拒否を選択します。

ETHOS(イーソス)のテスト版アプリのホーム画面がこちら

テスト版アプリのインストールが終わると、このようなホーム画面が表示されます。

ETHOS(イーソス)アカウントの新規作成

続いて、ETHOS(イーソス)アカウントの新規作成を行います。
手順は以下の通りです。

画面下部のメニューから、プロフィールアイコン等をタップ

ETHOS(イーソス)のテスト版アプリ画面のメニューバーから、プロフィールアイコン等をタップします。

「アカウント作成」のバナーをタップ

画面下部の、「Create Account」のバナーをタップします。

メールアドレスの登録

任意のメールアドレスを入力し、「Submit」のバナーをタップします。

ETHOS(イーソス)から届く認証コードを入力

前段で登録したメールアドレス宛に、ETHOS(イーソス)から、6桁の認証用コードが届くので、入力します。

パスワードの設定

任意のパスワードを設定し、「Submit」のバナーをタップします。

ETHOS(イーソス)の招待コードの入力

最後に、ETHOS(イーソス)のテスト版アプリの招待コード入力を進めます。
手順は以下の通りです。

キャンペーン等で入手したコードの入力

ETHOS(イーソス)の各種関連キャンペーン等によって入手した、テスト版アプリの招待コードを入力します。

ETHOS(イーソス)アプリによる位置情報の許可要請

改めて、ETHOS(イーソス)アプリによる、ユーザーの位置情報利用について、要請をするポップアップが表示されるケースがあります。

ETHOS(イーソス)の仮想通貨の買い方

ETHOS(イーソス)の公式サイトにて開催されているイベントに参加し、ETHOS(イーソス)の仮想通貨を買い付ける際の手順等としては、以下の通りです。
なお、文中でも述べていますが、ETHOS(イーソス)の仮想通貨購入を推奨する意図はありません。

ETHOS(イーソス)の仮想通貨「3TH」買い付けの手順

ETHOS(イーソス)の公式サイトで実施されている、仮想通貨「3TH」の販売イベントに参加する場合、手順は以下の通りです。

なお、当該イベントへの参加や、仮想通貨の購入を推奨する意図はありません。

ETHOS(イーソス)の仮想通貨「3TH」販売サイトへ

まずは、ETHOS(イーソス)の仮想通貨「3TH」販売ページにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://3thos.club/ido

「ウォレットのコネクト」バナーをタップ

続いて、「Connect Wallet」のバナーをタップします。

ETHOS(イーソス)とのコネクトに利用するソフトウェア・ウォレットの選択

任意のソフトウェア・ウォレットを選択します。

ソフトウェア・ウォレット側でコネクト承認

選択したソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がるので、ETHOS(イーソス)とのコネクトを承認します。

「参加する」のバナーをクリック

「Participate」のバナーをタップします。

買付をしたい仮想通貨の量を指定

購入(買付)を行いたい仮想通貨の金額を指定し、決済を進めることが出来ます。

ETHOS(イーソス)の仮想通貨購入にあたっての注意点



画像引用元:https://3thos.club/ido

ETHOS(イーソス)の仮想通貨の買付にあたっての注意点としては、以下のような点等が挙げられます。

即時に、購入した仮想通貨全額を受け取れるわけでは無い
ETHOS(イーソス)の公式サイト上に掲載されている説明によれば、同サイト上で仮想通貨を購入した場合、まず、24時間以内に、購入額の10パーセントがリリースされます。
残りの90パーセント部分については、30日経過ごとに5パーセントずつ、17ヶ月間をかけてリリースされます。
トークンへの売り圧力を軽減するための措置と思われますが、「即時に、購入した仮想通貨全額を受け取れるわけでは無い」という点には、注意が必要です。
最低購入額の定めがある
ひとつのウォレットアドレスにつき、最低購入額は「500 USDT」とされています。
※購入可能「上限額」の設定ではなく、「最低額」の制限である点に注意が必要です。

なお、ETHOS(イーソス)の仮想通貨買付にあたってのリスク・注意点は、上記したものに限られません。
くれぐれも、慎重にご判断下さい。

当サイトには、ETHOS(イーソス)の仮想通貨購入を推奨する意図はありません。

ETHOS(イーソス)ギットブック和訳



画像引用元:ETHOS(イーソス)公式サイト

下記の内容は、ETHOS(イーソス)運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されているETHOS(イーソス)のギットブック等の一部、ないしは全部の和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://ethos-1.gitbook.io/ethos/ethos-profile/overview

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、ETHOS(イーソス)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、ギットブック等の記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

ETHOS(イーソス)とは



画像引用元:ETHOS(イーソス)公式サイト

ETHOS(イーソス)は、ファンとクリエイターがより効果的にエンゲージするためのモバイルアプリケーションです。
私たちは、クリプトネイティブとエンターテイメント業界のベテランからなるチームです。

ETHOS(イーソス)の概要

ETHOSはTikTokプラットフォームのWEB3バージョンです。
クリエイター、ブランド、エンドユーザーが、クリエイタートークン(CRTs)と3TH(ETHOSプラットフォームネイティブトークン)を活用し、エコシステムのすべての貢献がWin-WinとなるようなWEB3エコシステムをチェーン上で共同創造し、GameFi、 SocialFi、Staking to EarNのメカニズムを備えて、エコシステムを成功させます。

ETHOS(イーソス)の利点とは

非中央集権
ETHOSは、WEB3.0における分散型TikTokプラットフォームを開発します。
マネタイズ
WEB3テクノロジーによって強化されたETHOSは、クリエイターがファンの経済活動をトークン化することを可能にします。
プライバシー
分散型IDシステムにより、ユーザーは自分のIDや個人データを管理することができ、サイバー攻撃やその他の脅威に直面しても、ユーザーデータの安全性とプライバシーを確保することができます。
透明性
すべてのトークンは、ETHOS(イーソス)のトークン経済におけるクリエイターの価値とその人気を表しています。

ETHOS(イーソス)のミッション

ETHOSは、デジタルコンテンツ、所有権、コミュニティの間のギャップを、通常のTravala/Patreonの体験にプラスして、ユーティリティを提供する橋渡しをします。

  • ユーザーは、匿名性やプライバシーを保ちながら、ブランドやクリエイターに対して直接暗号資産を使うことができます。
  • クリエイターとユーザーをつなぐために、web3を使用します。

ETHOS(イーソス)の開発・運営チーム、及び関係先

ETHOS(イーソス)のコアチームや、関係先としては、以下の通りです。

Tiger Miller(CEO兼ファウンダー)
映画・TVのフィナンシェであり、ブロックチェーンスタートアップの投資家でもあるミラー氏は、15年以上にわたり、数百万ドル規模の国境を越えた作品のコンテンツを制作しており、百度、奇虎360セキュリティ、ハーパーズバザーなどのクライアント向けに、カーダシアン、マーク・ウォールバーグ、アレン・アイヴァソンなどを起用した旗艦商品の広告宣伝キャンペーンを手がけています。
彼のコマーシャルは、何億ものインターネットアクセスを集め、中国、日本、米国の全国放送で放映されています。
Kaue(共同設立者)
元MakerDAOで、Solana Foundation、ENS、Openzeppelin、その他多くのDeFiプロトコルなど、この分野の優良プロジェクトにも貢献しています。
Kaueは2016年以来、ブラジルの暗号コミュニティで最も著名なメンバーの一人です。
分散コンピューティングとAIのバックグラウンドを持ち、DeFiプロトコルによる分散型コード開発、マルチパラダイムdApps、クロスチェーンガバナンス、ブロックチェーン技術の他の新しいアプリケーションに焦点を当てています。
Julia Basch(プロジェクトマネージャー)
応用工学を得意とし、プロジェクトマネジメントの経験も豊富。
Gabriel Thom(コントラクトエンジニア)
ETHOSのスマートコントラクトとブロックチェーンのインフラは、SolidityやRustベースのプロトコルからRPCインフラやウォレットまで、デジタルアセットに関する確かな経験を持つ元BTGデジタルアセットのGabriel Thomがリードする予定です。
Amanda Gonsalves(フロントエンドエンジニア)
Amanda Gonsalvesは、Web3のメイン開発者であり、JavaScript/Typescript、Node、React、Vue、Solidityを活用する技術エキスパートです。
Enya Manfredi(ビジュアルデザイナー)
様々な分野で活躍するデザインベテランで、大学院でマーケティングを学びました。
MZDAO
MZDAOは日本の億万長者である前澤友作氏によって立ち上げられたもので、決まった事業内容はありませんが、DAOを体験するには良い方法です。
MZDAOの参加者数はなんと220,000人です。
DAOmaker(ダオメーカー)
DAOmakerはブロックチェーンベースのスタートアップで、分散型自律組織(DAO)の作成と管理を支援するサービス群を提供しています。
DAOは、ブロックチェーン上に符号化された一連のルールによって管理される、分散型の意思決定と資産のコミュニティ所有権を可能にするデジタルエンティティです。
BNB Chain(ビーエヌビーチェーン)
BNB Chainは、Web3への移行の一環として、開発者やイノベーターが分散型アプリケーション(DApps)を構築できる分散型ブロックチェーンネットワークです。
分散化は、Web3ブロックチェーン技術およびそのアプリケーションの中核となる特性の1つです。

ETHOS(イーソス)への投資家、及びパートナー



画像引用元:ETHOS(イーソス)公式サイト

前澤友作氏@MZDAO
前澤友作(まえざわゆうさく、1975年11月22日生まれ)氏は、日本の起業家、アートコレクター。
1998年にスタートトゥデイを設立し、2004年には現在日本最大のオンラインファッション通販サイト「ゾゾタウン」を立ち上げる。
最近では、前澤氏は2018年にカスタムフィットアパレルブランド「ZOZO」と自宅での測定システム「ZOZOSUIT」を発表しました。
2021年12月現在、Forbesによる推定純資産は20億ドル。
DAO Maker
DAO Makerは、次世代デジタル金融ソリューションを開発。
世界中の100万人以上のユーザーから信頼されている。
MZ Web3 Fund | MZ Cryptos
前澤友作氏の関連会社。
MZWeb3ファンド、MZ CLUBの運営を行っています。
BNB Chain(ビーエヌビーチェーン)
BNB Chainは、Web3への移行に伴い、開発者やイノベーターが分散型アプリケーション(DApps)を構築できる分散型ブロックチェーンネットワークです。
分散化は、Web3ブロックチェーン技術やそのアプリケーションの中核的な特性の1つです。

ETHOS(イーソス)のトーケノミクス(トークン・エコノミクス)



画像引用元:ETHOS(イーソス)公式サイト

シングルトークン(3TH)の構造に、エコシステム限定のユーティリティトークン(CRT)AKAポイントを加え、トークンの有用性を強調しつつ、長期性と流動性を重視した構造を採用します。

収益モデル

ETHOSは「CREATOR ECONOMY ON-CHAIN」エコシステムであり、クリエイターには収益を得るための様々なオプションが与えられています。
購読料の設定から始まり、動画のアンブロック、画像のアンロックまで、クリエイターはオリジナルコンテンツを販売することができます。
ETHOSプラットフォームは、クリエイターの収益に対してコミッションを受け取ります。

  • 10%:主要コンテンツと広告
  • 2.5%:ファンリワードのうちの一部

トーケノミクス

トークン名
3TH
発行総量
1,000,000,000.00

ETHOSトークンのしくみ

ETHOSは、写真、ビデオ、ライブストリーミングコンテンツによるクリエイターエコノミーです。
クリエイタートークン(CRT)は無制限で、CRTをバーンするとガバナンストークン3THを獲得することができます。
また、ユーザーは毎日のタスクをこなし、コンテンツを視聴・アップロードすることでもCRTを獲得することができます。

3TH(Ethosネイティブトークン)のステーキングにより、今後開催されるイベントやセレブリティの出席のためのガバナンス投票が可能です。

クリエイタートークンCRTs

一般的にソーシャルトークンとして知られているETHOS CRTsは、クリエイター、ブランド、イベントパートナーとのネットワークにあります。
ETHOS CRTsの仕組みは、クリエイターとコミュニティの両方にとって持続可能です。

  • CRTsはファンをマネタイズします
  • ファンは、限定コンテンツにアクセスし、クリエイターと出会うことができます
  • CRTのバーンにより、ガバナンストークン3THリワードを獲得する。
  • 3th(ネイティブトークン)ステーキングにより、今後のイベントやセレブリティ/クリエイターゲストのためのガバナンス投票に参加

CRTは、エンゲージメントを高め、早期導入のインセンティブを与え、デジタルコンテンツ空間全体にゲーミフィケーション機能を盛り込むための新しいアプローチを解き放ちます。
ユーザーが購読を通じてCreatorのコンテンツを購入するたびに、CRTが発行されます。

  • ユーザーがサブスクリプションを通じてCreatorのコンテンツを購入するたびに、CRTが発行されます。
  • 1回限りの支払い
  • ユーザーは、CRTトークンの形で貢献度の10%を受け取ることができます。

ETHOS(イーソス)の開発ロードマップ



画像引用元:ETHOS(イーソス)公式サイト

2023年第1四半期
  • UIプロトタイプと製品アルファテスト
  • マーケティングとパートナーシップのキックオフ
2023年第2四半期
  • プロダクトベータテスト
  • 招待制のアルファテスト(アクセスコードが必要です)
  • ネイティブトークンTGE&CEX上場(Dao Maker、Dao starter)
2023年第3四半期
  • 第1回クリエイターイベント(USA&Japan)
  • 200人以上のクリエイターにリーチ
  • 合計フォロー数5,000万人
  • オンチェーン収益100万ドル
2023年第4四半期
  • 500人以上のクリエイターにリーチ
  • 合計フォロー数1億人
  • 広告収入
  • 初回調達時の損益分岐点

ETHOS(イーソス)ミディアムブログ和訳



画像引用元:ETHOS(イーソス)公式サイト

下記の内容は、ETHOS(イーソス)運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されているETHOS(イーソス)のミディアム・ブログ等の一部、ないしは全部の和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://3thos.medium.com/

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、ETHOS(イーソス)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、ミディアム・ブログ等の記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

「Web3版のTikTok」ETHOS(イーソス)



画像引用元:ETHOS(イーソス)公式サイト

※原文URLは以下の通りです。
https://3thos.medium.com/tiktok-in-web3-e3eb78146784


コンテンツクリエイターやインフルエンサーがこれまで以上に注目を集める中、クリエイターエコノミーが盛り上がっています。
彼らのマネタイズの旅をサポートするために、いくつかのプラットフォームが開発されていますが、Ethosのようなものはありません。

Ethosは、クリエイターエコノミーにユニークなWeb3体験を提供する分散型プラットフォームです。
クリエイターやインフルエンサーは、コンテンツを作成することでETHOSトークンで利益を得ることができ、ユーザーは「watch-to-earn」機能を通じてコンテンツを視聴することで利益を得ることができます。

ライブイベント

Ethosの特徴のひとつは、ライブイベントです。
このイベントは、クリエイターやインフルエンサーとそのファンを結びつけ、ユニークな対面体験を提供することを目的としています。
ファンとの交流会、コンサートへのVIPアクセス、その他限定的なネットワーキングやゲームイベントなどに参加することができます。
これは、ファンがお気に入りのクリエイターやインフルエンサーと、よりパーソナルな環境で交流するユニークな機会を提供するものです。

ガバナンスと議決権

Ethosプラットフォームでトークンを所有するもう一つの大きなメリットは、ガバナンスの投票権へのアクセスです。
トークンの保有者は、コンテンツの作成、ゲスト出演、イベントへの出演について発言権を持つことができます。
これにより、コミュニティが力を持ち、プラットフォームと彼らが支援するクリエイターやインフルエンサーの方向性について発言することができるようになります。

クリエイターとインフルエンサーへの特典

Ethosは、ブランドの成長とコンテンツの収益化を目指すクリエイターやインフルエンサーに、さまざまなメリットを提供します。
ETHOSトークンで利益を得ることで、彼らは新しい資産クラスと幅広い潜在的な投資家にアクセスすることができます。
ライブイベントは、彼らのファンと深いレベルでつながり、彼らのブランドの周りに忠実なコミュニティを構築するユニークな機会を提供します。
また、ガバナンス投票権は、クリエイターやインフルエンサーがコミュニティと関わり、ファンが見たいと思うコンテンツを確実に提供するための方法を提供します。

ファンにとってのメリット

ファンにとって、Ethosはお気に入りのクリエイターやインフルエンサーと交流するユニークな方法を提供します。
ライブイベントは、他では味わえない唯一無二の体験を提供します。
また、トークン保有者は、プラットフォームの方向性や作成されるコンテンツについて発言することができ、オーナーシップとコントロールの感覚を持つことができます。

結論

Ethosは、クリエイターエコノミーに新たな風を吹き込むエキサイティングな新プラットフォームです。
クリエイターやインフルエンサーがETHOSトークンで利益を得ることを可能にし、ライブイベントを開催し、ガバナンスの投票権を提供することによって、Ethosはクリエイター/インフルエンサーとファンの両方にユニークな機会を提供しています。
クリエイター・エコノミーが成長し続ける中、Ethosはこの分野の主要なプラットフォームとなるのに十分なポジションにあります。

6月の東京ブロックチェーン・ウィークで開催されるローンチ・イベントにご登録ください。


※編集部注記

前澤友作氏率いるMZ Web3ファンドがETHOS(イーソス)へと出資している点については、MZ Web3ファンドの公式サイト(https://web3.mzfund.co.jp/en/index.html)にてブランド・ロゴの掲出を確認しております。
※2023年5月19日時点



画像引用元:https://web3.mzfund.co.jp/en/index.html


※ビットポイント以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、ビットポイントでは一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

仮想通貨・暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。