スマホ副業は本当に「安全」なのか-「誰でも手軽に稼げる副業」の危険性を考える

スマホ副業は安全?初心者向けのスマホ副業は?

ここでは、スマホ副業で安全に稼ぐために留意が必要となるポイントや、スマホ副業初心者向けの副業案件の選び方、等の点について、1つずつ、確認を進めて参ります。

スマホ副業で安全に稼ぐための基礎知識

スマホ副業は、場所を選ばずスキマ時間で始められる手軽さから人気が高まっています。
しかし、中には危険な副業や詐欺も存在するため、安全に稼ぐための知識が不可欠です。
この記事では、スマホ副業のメリットとデメリット、安全に副業を行うための注意点、そして、信頼できる副業選びのポイントを紹介します。
これらの情報をしっかり理解することで、安心してスマホ副業を始められます。

スマホ副業のメリットとデメリット

スマホ副業は、時間や場所を選ばずに、手軽に始められる魅力的な収入源です。
しかし、どんな副業にもメリットとデメリットが存在します。
スマホ副業で安全に稼ぐためには、メリットだけでなく、デメリットも理解しておくことが重要です。
ここでは、スマホ副業のメリットとデメリットを詳しく解説し、それぞれのメリット・デメリットが、あなたにとってどのような意味を持つのか、考えてみましょう。

場所を選ばずスキマ時間で始められる

スマホ副業の大きな魅力は、場所を選ばずに、スキマ時間で始められることです。
パソコンを使った副業の場合、パソコンを広げて作業できる環境が必要となります。
そのため、自宅以外で作業する場合は、カフェやコワーキングスペースなど、パソコン作業に適した環境を探す必要があります。
しかし、スマホ副業であれば、通勤電車の中仕事の休憩時間待ち合わせの合間など、場所や時間に縛られることなく、自分のライフスタイルに合わせて自由に働くことができます。
例えば、以下のような場面でスマホ副業を行うことができます。

  • 通勤電車の中:アンケートに答える、ポイントサイトで広告を見る、記事の校正など
  • 仕事の休憩時間:データ入力、簡単な画像編集など
  • 待ち合わせの合間:スマホアプリで稼ぐ、オンラインアンケートに答えるなど

このようなスキマ時間を有効活用することで、時間を有効に使い、収入を増やすことができます。
また、自分のペースで仕事を進められるため、時間に追われることなく、無理なく副業を続けられます。
さらに、副業がバレにくいというメリットもあります。
会社に副業がバレることを懸念している人にとっても、スマホ副業は安心できる選択肢と言えるでしょう。

スマホ副業でスキマ時間を有効活用できる仕事例
アンケートモニター:アプリを使ってアンケートに答える
ポイントサイト:アプリを使って広告を見たり、アンケートに答える
クラウドソーシング:データ入力、簡単な画像編集など

これらのことから、スマホ副業は時間や場所に縛られない自由な働き方を実現できる、非常に魅力的な副業と言えるでしょう。

初期費用が抑えられ、手軽に始められる

スマホ副業のもう一つの大きな魅力は、初期費用が抑えられ、手軽に始められることです。
パソコンを使った副業では、パソコン本体や周辺機器、ソフトウェアなど、高額な初期費用がかかる場合が少なくありません。
しかし、スマホ副業であれば、すでに持っているスマホとインターネット環境があれば、特別な準備や投資は不要です。
そのため、副業を始めるためのハードルが低く、気軽にチャレンジできます。
特に、資金面で不安がある人や初期投資を抑えたい人にとって、スマホ副業は魅力的な選択肢と言えるでしょう。

スマホ副業で初期費用を抑えられる仕事例
アンケートモニター:アプリのダウンロードのみで始められる
ポイントサイト:登録するだけでポイントが貯まる
フリマアプリ:不用品を販売するだけなので、仕入れ費用が不要

ただし、スマホ副業の中には、高額な教材やサービスの購入を要求されるものもあります。
これらの副業は、必ずしも安全とは言えないので注意が必要です。
初期費用が無料であっても、後から高額な費用を請求されるケースもあります。
そのため、スマホ副業を始める際は、事前にしっかりと情報を収集し、運営元の信頼性料金体系を調べるようにしましょう。

誰でもできる仕事が多いので、単価が低い傾向がある

スマホ副業は、誰でも気軽に始められる手軽さがある一方で、誰でもできる仕事が多いため、単価が低い傾向にあります。
パソコンを使った副業では、専門的なスキルや知識が必要となる案件が多く、その分単価が高くなる傾向があります。
しかし、スマホ副業では、誰でも簡単にできる作業が多いため、1件あたりの報酬額は数百円~数千円程度と、パソコンを使った副業に比べて低くなるケースが多いです。
例えば、アンケートモニターやポイントサイトでは、1件のアンケートや広告閲覧で数円~数十円の報酬が得られる程度です。
そのため、スマホ副業で短期間に高額な収入を得ることは難しく、地道にコツコツと作業を続ける必要があります。
また、スキルアップをして、より高単価な案件を獲得していくことも重要です。

スマホ副業で単価が低い仕事例
アンケートモニター:1件あたり数円~数十円の報酬
ポイントサイト:1件あたり数円~数十円の報酬
データ入力:1件あたり数百円~数千円の報酬

もちろん、スマホ副業でも高額案件は存在します。
例えば、ライブ配信や動画投稿では、人気を獲得することで、高額な報酬を得ることができます。
しかし、これらの副業は、特別なスキルや努力が必要となります。

スマホ副業で高額案件が多い仕事例
ライブ配信:人気を獲得することで、投げ銭や広告収入など
動画投稿:再生回数やチャンネル登録者数に応じて広告収入など
スキル販売:専門知識やスキルを高く評価されれば、高額な報酬を得られる

スマホ副業で効率よく稼ぐためには、単価が低い案件と高単価な案件を組み合わせたり、スキルアップをして、より高単価な案件を獲得していくようにしましょう。

スマホ副業で安全に稼ぐための注意点

スマホ副業は手軽に始められる反面、詐欺やトラブルに巻き込まれるリスクもあります。
安全に副業を続けるためには、事前に注意すべき点を理解しておくことが重要です。
ここでは、スマホ副業で安全に稼ぐために、必ず知っておくべき注意点を5つ解説します。
これらの注意点を踏まえることで、安心してスマホ副業に取り組めます。

勤務先の就業規則を確認する

スマホ副業を始める前に、必ず勤務先の就業規則を確認しましょう。
就業規則には、副業に関する規定が記載されている場合があり、会社によっては副業が禁止されていることもあります。
副業が禁止されているにもかかわらず、会社にバレてしまった場合は、懲戒処分を受ける可能性もあります。
また、副業が許可されている場合でも、事前に会社に申告する必要がある場合があります。

就業規則で副業が禁止されている理由

会社が副業を禁止する理由は、主に以下の3つです。

  • 本業に専念してほしい
  • 会社の機密情報などが漏洩するのを防ぐため
  • 同業他社で副業をすることで、会社に不利益が及ぶ可能性があるため

副業を始める前に、必ず就業規則を確認し、会社の方針を理解した上で、副業を行うようにしましょう。

副業収入が20万円を超えたら確定申告が必要

副業で年間20万円以上の収入を得た場合は、確定申告が必要となります。
確定申告は、副業で得た収入から必要経費を差し引いた金額を申告し、税金を納める手続きです。
確定申告をしないと、脱税とみなされて罰則が科せられる可能性があります。
また、確定申告をすることで、税金の還付を受ける場合もあります。

副業の収入が20万円を超える場合の確定申告について

副業の収入が20万円を超えるかどうかは、年間の収入で判断します。
例えば、副業で毎月1万円の収入があった場合、年間の収入は12万円となり、確定申告は不要です。
しかし、毎月2万円の収入があった場合は、年間の収入は24万円となり、確定申告が必要となります。
確定申告は、自分で税務署に申告する必要があります。
申告方法は、税務署のホームページや、税務署から配布されているパンフレットなどで確認できます。
確定申告は、自分で行うのが難しい場合は、税理士に依頼することも可能です。

確定申告が必要になる副業の種類
Webライティング
アフィリエイト
スキル販売
フリマアプリでの販売

副業で収入を得る際は、確定申告の必要性をしっかり理解しておきましょう。
確定申告について不安な場合は、税務署や税理士に相談することをおすすめします。

個人情報や身分証の開示は慎重に行う

スマホ副業の中には、登録の際に個人情報や身分証の提出を求められる場合があります。
しかし、安易に個人情報や身分証を提出してしまうと、情報漏洩やなりすましなどの被害に遭う可能性があります。
特に、怪しい副業サイト運営元の情報が不明確なサイトでは、個人情報が不正に利用されるリスクが高まります。

個人情報や身分証の提出を求められるスマホ副業の例
  • 高額報酬をうたう副業
  • 初期費用を請求する副業
  • 運営元の情報が不明確な副業

個人情報や身分証の提出を求められる場合は、以下の点を注意しましょう。

  • 運営元の情報が明確かどうかを確認する
  • 提出する情報の必要性を確認する
  • セキュリティ対策がしっかりしているかを確認する
  • 提出前に利用規約をよく読む
個人情報の取り扱いに関する注意喚起
安易に個人情報を入力しない
信頼できるサイトのみで個人情報を入力する
パスワードは複雑なものに設定する

個人情報は、一度漏洩してしまうと、取り返しがつかない場合があります。
スマホ副業で個人情報や身分証の提出を求められる場合は、十分に注意し、安全なサイトを選ぶようにしましょう。

安全なスマホ副業を選ぶポイント

スマホ副業は種類が豊富で、どれを選んだら良いか迷ってしまう人も多いでしょう。
安全で自分に合ったスマホ副業を見つけるためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。
ここでは、スマホ副業を選ぶ際に注意すべき3つのポイントを紹介します。
これらのポイントを参考に、あなたにぴったりのスマホ副業を見つけてください。

信頼できる運営元かどうかを調べる

スマホ副業を選ぶ際に最も重要なのは、運営元の信頼性です。
中には、高額な報酬をうたって、実際には稼げない、または個人情報を不正に利用するような悪質な業者も存在します。
そのため、副業を始める前に、運営元の情報をしっかり調べるようにしましょう。

運営元の情報を調べる方法
  • 運営元の会社名や住所、電話番号などを確認する
  • 運営元のホームページを確認する
  • インターネットで口コミや評判を検索する
  • 同じような副業サービスの比較サイトで評判を確認する

特に、会社名や住所などが明記されていない、またはホームページが存在しない場合は、注意が必要です。
また、口コミや評判で、悪質な情報トラブルに関する情報が見られる場合は、その副業は避けた方が良いでしょう。

運営元の信頼性を判断するポイント
会社情報が明確に記載されているか
ホームページのデザインや情報が信頼できるものかどうか
口コミや評判が良好であること

信頼できる運営元かどうかをしっかり調べることで、詐欺やトラブルのリスクを軽減できます。

仕事内容が明確に記載されているかを確認する

スマホ副業を選ぶ際には、仕事内容が明確に記載されているかを確認することが重要です。
仕事内容が曖昧な場合、実際にはどのような作業を行うのか報酬はどのように支払われるのかどれくらいの時間や労力が必要なのかなどが分からず、トラブルに繋がる可能性があります。
また、募集内容と実際の仕事内容が異なるケースもあります。
そのため、仕事内容が明確に記載されている副業を選ぶようにしましょう。

仕事内容が明確に記載されているかを確認する方法
  • 仕事内容が具体的に説明されているか
  • 必要なスキルや経験が記載されているか
  • 報酬の計算方法が明記されているか
  • 作業時間や頻度が明記されているか
  • 納期や締め切りが明確に記載されているか
仕事内容が不明瞭な副業の例
「スマホで簡単作業」
「高収入が得られます」
「詳細は面談で説明します」

仕事内容が不明瞭な副業は、詐欺やトラブルのリスクが高いので注意が必要です。
仕事内容が明確に記載されていない副業は、避けた方が良いでしょう。

口コミや評判を参考に、実際に稼いでいる人がいるか確認する

スマホ副業を選ぶ際には、口コミや評判を参考に、実際に稼いでいる人がいるか確認することも重要です。
インターネット上には、様々なスマホ副業に関する情報が溢れていますが、中には誇大広告嘘の情報も含まれています。
実際に稼いでいる人の口コミや評判を確認することで、副業の現実的な収入や難易度を知ることができます。

口コミや評判を確認する方法
  • インターネットで「副業名+口コミ」や「副業名+評判」と検索する
  • SNSで「#副業名」などのハッシュタグで検索する
  • 口コミサイトや掲示板で情報収集する
口コミや評判を確認するポイント
実際にその副業で稼いでいる人の口コミがあるか
良い口コミだけでなく、悪い口コミや注意喚起の情報も確認する
口コミの内容が具体的で信憑性があるか

口コミや評判を見る際は、偏った情報に惑わされないように注意しましょう。
良い口コミばかりではなく、悪い口コミ注意喚起の情報も確認することで、より客観的な判断ができます。
また、具体的な内容が書かれている口コミは、信憑性が高いと考えられます。
口コミや評判を参考に、安全で信頼できる副業を選びましょう。

Author Info

仕事・働き方情報検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

仕事・働き方情報検証チームでは、昨今の働き方改革の中で注目が高まりつつあるフリーランスやノマドワーカー、転職、在宅業務等に関する話題を検証し、掘り下げた分析・情報を提供して参ります。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞