Nextshift Fundがトークイベントを開催-ゲストは国際交渉人 「島田久仁彦氏」



Nextshift Fundが開催予定(7月17日)のセミナー。
ネクストシフト株式会社代表取締役の伊藤慎佐仁氏と、「国際交渉人」島田久仁彦氏とのトークセッションが予定されている。
※画像引用元は下記。

ソーシャルレンディング・サービス「Nextshift Fund」を運営するネクストシフト株式会社(鳥取県八頭郡。以下、同社)は、7月17日水曜日、東京都渋谷区の会場にて、トークイベント「個人ができる社会的インパクト投資 Vol.1『社会課題×資産運用』という新しいカタチ」を開催する。
同社社長である伊藤慎佐仁氏とトークセッションを行うゲストスピーカーは、元国際連合(United Nations)紛争調停官であり、2010年には、国際的NGO組織「WWF」(World Wildlife Fund-世界自然保護基金)から『最も影響力のある交渉官10人』に選出された経歴を持つ、島田久仁彦氏。

定員は35名、参加費は無料という。


参考:
個人ができる社会的インパクト投資 Vol.1『社会課題×資産運用』という新しいカタチ|Peatix


トークイベント・セミナー開催の経緯等に関するソーシャルレンディング・ラボからの取材に応じ、同社は下記のように答えた。

-島田 久仁彦氏をスピーカーとして招聘することとなった経緯は

ネクストシフト株式会社(以下同)
「弊社は社会的インパクト投資を通じて、世界の社会課題を解決し投資家と投資先を幸せにすることを目指しております。島田氏は元国連紛争調停官としてグローバルな紛争/問題での現場経験があり、WWFにより『最も影響力のある交渉官10人』に選ばれた国際交渉人でもあります。このようなご経歴をお持ちの島田氏をお招きし社会的インパクト投資の必要性を語って頂くことで、金融商品としてのネクストシフトファンドとは別の観点から投資家の皆様に社会的インパクト投資について興味/関心を深めて頂く一つの機会になればと思い、この度のセミナーを実施する運びとなりました。」

-ソーシャルレンディング・ラボのユーザーに、何かメッセージは

「社会的インパクト投資は個人でもできる時代です。現在、社会貢献への意欲や社会課題解決への意識は、これまでにないほど世界的に高まっております。その流れは当然金融業界にも波及しており、金融商品・サービスを通じて社会を変えていこうとする動きが活発になっています。金融の新しい形である社会的インパクト投資を行うことで、金融を通じて地域や国が活性化し、発展していく支援をすることができます。社会的インパクト投資についてご興味のある方、最新の情報を詳しく学びたい方は是非セミナーにお越しください。心よりお待ちしております。」

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。