maneoマーケット株式会社、前代表瀧本憲治氏保有の全株式持分が、NLHD 株式会社へ|経営改善委員会も解散

ソーシャルレンディング・サービス「maneo」の運営会社にあたる、maneoマーケット株式会社(東京都千代田区。以下、同社)は、同社プレスリリース(※1)を通じ、同社の前代表である瀧本憲治氏が保有している同社の株式持分のすべてに関し、NLHD株式会社(東京都港区。以下、NLHD社)へと売却することについて、9月17日開催の同社取締役会にて承認したことを明らかにした。同社としては今後、業務内容の改善、および、投資家保護態勢の推進に向け、NLHD社、および、NLHD社が株式を保有するJトラストグループ、ならびにSAMURAI&JPARTNERSグループと連携しつつ、業務を遂行していく所存であるという。

また、同社としては、新たな取締役・監査役の選任を予定しており、今月25日に株主総会を招集する。新任取締役の候補者としては、Jトラスト株式会社の代表取締役を務める藤澤 信義 氏や、株式会社フロックス(現株式会社クレディア)代表取締役の佐藤 友彦 氏、キーノート株式会社の取締役を務める藤原 治 氏、株式会社UML教育研究所代表取締役である塩澤 卓也 氏の名が挙げられている。

なお、同日に公開されたプレスリリース(※2)では、昨年12月に設置された、同社に係る経営改善委員会が、当初の目的を終え、解散した旨が明らかにされている。


(※1)資本構成の変更および新たな役員の選任に関するお知らせ|maneoマーケット株式会社
(※2)経営改善委員会の終了に関するお知らせ|maneoマーケット株式会社

maneoマーケット株式会社とは



引用元:maneo

ソーシャルレンディング・サービス「maneo」の運営会社にあたる。設立は2007年8月。資本金308,518,500円。
株主には、前代表である瀧本 憲治 氏のほか、GMOフィナンシャルホールディングス株式会社、株式会社VOYAGE VENTURES、MICイノベーション4号投資事業有限責任組合などが名を連ねる。
運営するソーシャルレンディング・サービス「maneo」の成立ローン総額は、1,644億5,417万円。登録ユーザー数は87,484人。

2018年7月、証券取引等監視委員会から、行政処分勧告が発表され、同月、関東財務局から、行説処分(業務改善命令)を下された。


※上掲情報引用元、および、参考

Jトラストグループとは



引用元:Jトラスト株式会社

持ち株会社であるJトラスト株式会社は、1977年設立、資本金547億60百万円、社員数3,324名(※3月31日現在 連結子会社含む)。東京証券取引所 市場第2部の上場企業。
傘下企業を通じて、

  • 日本金融事業
  • 韓国及びモンゴル金融事業
  • 東南アジア金融事業
  • 投資事業
  • 非金融事業

などの事業を営む。


参考:
グループ会社紹介|Jトラスト

SAMURAI&JPARTNERSグループとは



引用元:SAMURAI&JPARTNERS

主軸となるのは、東証JASDAQグロース上場企業である、SAMURAI&J PARTNERS株式会社(東京都港区虎ノ門)。


参考:
SAMURAI&J PARTNERS


グループ会社としては、SAMURAI証券株式会社、SAMURAI ASSET FINANCE株式会社、SAMURAI TECHNOLOGY株式会社、株式会社UML教育研究所があるが、このうち、SAMURAI証券株式会社は、投資型クラウドファンディング・サービス「SAMURAI」の運営会社として知られる。


関連記事:
【2019年9月最新版】ソーシャルレンディングおすすめ5社&危ない3社【初心者必見】

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。