不動産投資クラウドファンディング「大家.com」にて、第4号案件が公開|想定利回り5パーセント、3月19日募集開始

東証二部上場の株式会社プロスペクト(東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目30番8号)のグループ会社にあたる、株式会社グローベルス(東京都品川区西五反田7丁目17番3号 第2noteビル 5階)の運営する、不動産投資クラウドファンディング・サービス「大家.com」にて、3月19日から募集開始となる、第4号案件(以下、同ファンド)の情報が、先行公開されている。

同ファンドの想定利回り(年率換算・税引き前)は、5.0パーセント。投資申込は、最長の場合で、3月21日午後6時まで受け付ける。投資家1名あたりの最低投資額は1万円(投資上限額は10万円)。ファンドが成立した場合、約12ヶ月間の運用期間に入る。

同ファンドの投資対象となるのは、兵庫県神戸市中央区に位置する地下1階付地上12階建てマンション、「ライオンズマンション神戸元町通」(1992年4月竣工、総戸数49戸)の中の住戸(32.32平方メートル。ワンルーム)。
投資家からの優先出資額(=募集額)は750万円とし、別途、運営会社が150万円分の劣後出資を行う。

なお、同物件に対しては、株式会社日本保証(東京都港区虎ノ門1-7-12)が、750万円での買取り保証をするという(ただし、天変地異等によって物件価値消滅等が生じた場合、買い取りが履行されない場合も有る)。


参考:
区分マンション × 日本保証 買取保証付き #4|大家.com

不動産投資型クラウドファンディングとは

不動産事業者が、不動産特定共同事業法の許可・登録を受け、インターネットを介したクラウドファンディング形式(電子取引)にて資金調達をを行うことを、不動産クラウドファンディングという。
投資家は、不動産事業者(不動産特定共同事業者)が募集するファンドに対して持分出資することで、数万円程度の少額から、実質的に不動産投資を行うことが出来る。

不動産事業者としては、不動産クラウドファンディングを行うことで、

  • 築年数経過等により、銀行融資を受けづらい案件の場合でも、全国の個人投資家から、資金調達を行うことが出来る
  • 不動産投資に興味を持つ個人投資家層にアプローチできる

等といったメリットがある。

また、不動産クラウドファンディングに出資する、個人投資家側から見れば、

  • 1万円~数万円程度の少額から、不動産投資を行うことが出来る
  • 想定利回りな年率数パーセント~10パーセント弱程度であることが一般的であり、自ら実物不動産投資をする場合と比較しても、遜色がない
  • 実物不動産投資に取り組む場合と異なり、運用期間中の実務に、投資家自身が関与する必要が無い
  • サービス運営会社による劣後出資で、投資家の出資元本が保護されているケースがある

等といった利点がある。
ただし、一般的な実物不動産投資の場合と違い、損益通算等の税務上のメリットは期待できない。


参考:
不動産投資型クラウドファンディングとは|仕組みやメリット、リスクについて徹底検証【不動産特定共同事業法改正も】

不動産投資型クラウドファンディング・サービス「大家.com」とは



画像引用元:大家.com

東証2部上場の株式会社プロスペクトの関連会社、株式会社グローベルス(東京都品川区西五反田7丁目17番3号 第2noteビル 5階)が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
1口1万円からの小口投資が可能とされているほか、他の不動産クラウドファンディング・サービスと同様、「優先劣後方式」による、投資家出資元本の保護が図られる。

サービス開始来、これまでに、累計3件のファンドを募集しており、いずれも、満額にて成立しているほか、これまでに公開された全ての案件で、株式会社日本保証に拠る買取り保証が付与されている、という特徴がある。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは700件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。