PETGPT(ペットGPT)の始め方とは-チャットで仮想通貨を稼ぐ、SBT活用のNFTゲーム

「アプリを利用し、猫のSBTとチャットをしたり、猫を探検に行かせるだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになるかもしれない、と話題の、PETGPT(ペットGPT)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなPETGPT(ペットGPT)を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. CoinTrade(コイントレード) 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※東証プライム上場企業子会社が直接運営。本日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、PETGPT(ペットGPT)のSBTのミント等のためのノーリスクの原資を確保しておく

    ※本日現在、掲載キャンペーン で獲得できるAmazonギフト券や仮想通貨、日本円等の合計は、15,500円相当。締め切りが近いキャンペーンもあるので、お早めに

  3. 諸々の準備が整ったら、PETGPT(ペットGPT)の詳しい始め方 を確認し、アカウント開設やアプリ取得を進めてみる

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

PETGPT(ペットGPT)を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:CoinTrade(コイントレード)公式サイト

PETGPT(ペットGPT)のプレイで、仮に今後、何らかの収益・報酬が得られるようになった場合、その報酬は、日本円建てではなく、トークン、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、CoinTrade(コイントレード) 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、PETGPT(ペットGPT)のプレイで仮に収益が得られた場合、その収益はトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はPETGPT(ペットGPT)。ゲームのプレイで収益が得られるようになった場合、その収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、ゲームで得た収益を(必要に応じ、間に他のトークンを挟んだうえで、)換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、CoinTrade(コイントレード) に口座を開いておけばOKです。
東証プライム市場上場企業の子会社が運営し、口座開設はもちろん無料。
さらに、口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
CoinTrade(コイントレード)公式サイト

※東証プライム上場企業子会社が直接運営。本日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可


なお、CoinTrade(コイントレード)での口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、CoinTrade(コイントレード)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、PETGPT(ペットGPT)本格参入のための原資を確保する

PETGPT(ペットGPT)のようなブロックチェーン・ゲームの場合、本格的なプレイを始めるためには、何らかのNFTやトークンの事前購入が必要となるケースが一般的です。
※無料で始めることが出来るNFTゲームや、無料でもある程度のトークンを稼ぐことが出来るブロックチェーン・ゲームも存在しますが、その場合でも、本格的なゲームプレイのためには、NFT購入等が必要となるケースが大半です。

そして、NFTやトークンの価値は、ゲームの人気が高まれば、上昇していくこととなりますが、逆に、ゲームの人気が低迷すると、その価値は低下してしまうことが多くあります。
そのような高リスクなアセットを入手するために、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

本日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、15,500円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当のETH(イーサリアム)がもれなく全員にプレゼント。もらったETHは、同社のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年3月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

利回り不動産

2024年4月30日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

2024年6月30日までに公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のETHをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼント
キャンペーン期限
本日現在、期間限定にて開催中
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、本日現在、期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分のETH(イーサリアム)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったイーサは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年3月31日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月28日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
2024年6月末までの期間限定で、新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

PETGPT(ペットGPT)の始め方・使い方・仮想通貨の稼ぎ方

ここでは、PETGPT(ペットGPT)の具体的な利用方法等について、確認を進めて参ります。

なお、PETGPT(ペットGPT)を始めるにあたっては、SBTをミントする必要がありますが、同ミントは有料です。
また、ミントしたSBTを実際に使用するためには、PETGPT(ペットGPT)のアプリが必要ですが、2023年8月現在、fillメディア編集部にて、iOS版アプリをiPhoneにダウンロードしようとしたところ、「当該アプリは、日本では利用不可」である旨のメッセージが表示されました。あらかじめ、ご注意ください。
※その後、2023年11月現在、PETGPT(ペットGPT)のiOS版アプリに関しても、日本国でのダウンロード・インストールが可能になりました。

PETGPT(ペットGPT)の始め方

PETGPT(ペットGPT)の利用を始める場合、その手順は、主に以下の通りです。

  1. PETGPT(ペットGPT)公式サイト にアクセスし、SBTのミント(※有料)を行う
  2. PETGPT(ペットGPT)のスマホアプリをインストールし、SBTをミントしたのと同じウォレットをインポートする

それぞれ、スクリーンショットを交えつつ、確認して参りましょう。

PETGPT(ペットGPT)公式サイト にアクセスし、SBTのミント(※有料)を行う

最初に、PETGPT(ペットGPT)公式サイト にて、SBT(ソウル・バウンド・トークン)のミントを済ませます。
手順は以下の通りです。

PETGPT(ペットGPT)公式サイトへ

まずは、PETGPT(ペットGPT)公式サイト にアクセスします。

ウォレットアイコンをタップ

画面右上に表示されている、ウォレットアイコンをタップします。

ウォレットコネクトに利用するソフトウェア・ウォレットの選択

PETGPT(ペットGPT)とのウォレットコネクトに利用したいソフトウェア・ウォレットを選択します。
なお、以下の記事では、MetaMask(メタマスク)を利用しています。

ソフトウェア・ウォレット側でコネクトを承認

前段で選択したソフトウェア・ウォレットのポップアップが表示されるので、コネクトを承認します。

「SBTをミント」をタップ

「Mint SBT」(ソウルバウンド・トークンをミント)のバナーをタップします。

ミント費用+ガス代の支払い

PETGPT(ペットGPT)のSBTのミントのためには、「0.03 ETH+ガス代」の支払いが必要となります(※なお、いずれのETHも、アービトラム・ネットワーク上の物であることが必要です)。
トランザクションを承認する場合は、「確認」をタップします。

SBTのミント完了

このような画面が表示されれば、SBTのミントは完了です。

PETGPT(ペットGPT)のスマホアプリをインストールし、SBTをミントしたのと同じウォレットをインポートする

SBTのミントが済んだら、

  • PETGPT(ペットGPT)のスマホアプリをインストールして、
  • SBTをミントしたのと同じウォレットを、アプリ側にインポート

していきます。

PETGPT(ペットGPT)のスマートフォン向けアプリのダウンロード・インストール

まずは、PETGPT(ペットGPT)のスマホアプリのダウンロード・インストールを済ませます。

iOS版アプリ
https://apps.apple.com/app/id6447691273
アンドロイド版アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.petgpt.wallet
メニューバーから「ウォレット」を選択

PETGPT(ペットGPT)のアプリ画面下部のメニューバーから、「ウォレット」アイコンをタップします。

ウォレットのコネクト方法の選択

PETGPT(ペットGPT)アプリとウォレットのコネクト方法としては、

  • ウォレットの新規作成
  • 既存ウォレットのインポート
  • MetaMaskを用いたコネクト

という、3つの選択肢があります。

以下の記事では、前段の要領でSBTをミントしたウォレットをそのままアプリ側で使用すべく、「既存ウォレットのインポート」を選択しています。

ウォレット操作時のパスワード(パスコード)を設定

当該デバイスからウォレットを操作する際に入力が必要となる、パスコードの設定を行います。

数字6桁でパスコードを設定したうえで、

チェックボックスにチェックを入れ、「コンティニュー」のバナーをタップします。

秘密鍵、もしくはリカバリーフレーズの入力

乱数で構成された秘密鍵、もしくは、複数の英単語(例:12個)で構成された、シークレット・リカバリー・フレーズを入力し、「インポート」のバナーをタップします。

ウォレットのインポート完了

このようなウォレット・インターフェースが表示されれば、ウォレットのインポートは完了です。

「キャット」メニューをタップ

続いて、PETGPT(ペットGPT)のアプリ画面下部のメニューから、「Cat」メニューをタップします。

PETGPT(ペットGPT)に利用できる「キャット」が表示される

PETGPT(ペットGPT)アプリ内でのチャット等に利用することが出来る、「キャット」が表示されます。

PETGPT(ペットGPT)ホワイトペーパー日本語訳

下記の内容は、PETGPT(ペットGPT)運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されているPETGPT(ペットGPT)のホワイトペーパー等の一部、ないしは全部の日本語訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://petgpt.gitbook.io/petgpt-whitepaper/

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、PETGPT(ペットGPT)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、日本語への翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

PETGPT(ペットGPT)とは

PETGPT(ペットGPT)は、OpenAIをベースとした世界初のWeb3.0ペット同伴プラットフォームです。
ユーザーは、ペットNFT(SBT)の所有を通じて、報酬を受け取りながら、訓練、育成、社会化、その他の交流に従事することができます。
このプラットフォームは、AIを使用して生産性を向上させ、Web 3.0と生産との関わり方に革命を起こすことを目的としており、すべてのユーザーに常に同行するバーチャルペットを提供します。

PETGPT(ペットGPT)開発の背景

人間にとって、感情や交友関係のニーズは非常に重要です。
オンラインゲームが発展するにつれて、ペット用ソーシャル/成長ゲームの市場も拡大しています。
パズル&ドラゴンズからトーキング・トム・キャット、ポケモンGOまで、驚異的なゲームが次々とリリースされています。
トーキング・トム・キャットは、この10年間でApp Storeで最もダウンロードされたゲームになったほどです。
現実の環境をエミュレートし、没入感のあるインタラクション、全体的なゲーム体験により、ペット育成ゲームは比類ないユーザー維持率と課金率を誇っています。
iResearchによると、育成ゲーム市場は年平均成長率12%で拡大し、2025年には300億米ドルに達すると予測されています。

通常、プレイヤーは成長ゲームに純粋な感情を注ぎ込むため、他のジャンルよりも多くの時間とエネルギーを投資します。
しかし、従来のゲームに登場するペットは、検索エンジンのように機能し、あらかじめ定義されたデータベースに基づいた交流に限定されています。
意思決定能力がなく、個性がないため、魂がないのです。
純粋にプレイヤーを理解していないのです。
さらに、ペットの所有権はプレイヤーではなく、ゲーム会社にあります。
その結果、これらのペットはプレイヤーを理解できないだけでなく、真にプレイヤーのものでもありません。

PETGPT(ペットGPT)は、AI+Web3を使って、プレーヤーにパーソナライズされたペットを構築する

2022年、ChatGPTが日常のプレーヤーに与えた影響は実に大きかったです。
毎日、私たちはChatGPTをベースにした何千ものアプリケーションの誕生を目撃しています。
洗練されたディープラーニング・モデルにより、オープンソース・モードは勢いを増し、より大規模な商業化を模索し、AIとAIGCの拡大において飛躍的な成長を遂げています。
デジタルペットとAI音声対話、バーチャル・パーソナリティ、その他のAI技術を統合することで、AI主導の対話・交友環境を作り出すことが、近い将来のトレンドになるでしょう。

私たちは、バーチャルゲームにおけるAIの影響は、第三次産業革命に匹敵すると考えています。

  • AIによって生成され、魂を持ち、考えることのできる存在が、未来のゲームでは当たり前になる。
  • AIがBGMやNPC(ノンプレイヤーキャラクター)、ストーリーを生成する。
  • 開発効率を大幅に高め、インスピレーションを与える。
  • ゲームキャラクター、プレイヤー、ゲーム会社の不平等な関係が変容する。

PETGPT(ペットGPT)はAIとブロックチェーン技術を利用し、ユーザーがペットを完全にコントロールできるようにし、交流中のプライバシーを保護します。
さらに、PETGPT(ペットGPT)はユーザーに継続的にペットを訓練するインセンティブを与え、知的で魅力的なペットとの交友体験を育成します。

PETGPT(ペットGPT)概要・公式サイト等

公式サイト
https://petgpt.ai/
Twitterアカウント
https://twitter.com/petgptofficial
ディスコード
https://discord.com/invite/petgptofficial
ミディアム(ブログ)
https://medium.com/@petgpt
公式リンク集
https://linktr.ee/petgptofficial

※CoinTrade(コイントレード)以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、CoinTrade(コイントレード)では一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。