韓流ドラマを愛する57歳主婦が、”へそくり”から始めたソーシャルレンディング

投資家紹介

ニックネーム:怜
都道府県:神奈川県
年齢:57歳
性別:女性
累計投資額:100万円~500万円
ソーシャルレンディング投資歴:1年未満

投資口座を開設したソーシャルレンディング事業者名:
maneo, SBIソーシャルレンディング, クラウドクレジット,OwnersBook, グリーンインフラレンディング, ガイアファンディング, さくらソーシャルレンディング, キャッシュフローファイナンス, クラウドリース, スマートレンド, LCレンディング, アメリカンファンディング, プレリートファンド, アップルバンク

孫に洋服を作ってあげる日を夢見る専業主婦

孫に洋服を作ってあげる日を夢見る専業主婦

※写真はイメージです

【質問1】まずは簡単なプロフィールをお教えください。


現在57歳の専業主婦です。
夫は4歳年上の61歳。昨年勤め先で60歳定年を迎え、その後再雇用され、現在も就業中です。
子供は2人いますがともに独立しており、現在は夫婦2人暮らし。
自宅のローンもやっと払い終わり、これからは夫婦でゆっくりと暮らしていければと思います。
趣味は旅行で、ここ数年は年2回は海外に行き、国内旅行も夫婦または友人と行くことがあります。
以前は服作りが好きで、子供たちの洋服を作ったりもしていましたが、今は子供たちも大きくなり家にいなくなってしまいましたので、最近はもっぱら韓流ドラマ・映画を見て時間を過ごすことが多いです。
子供たちが早く結婚して孫の顔見て、また洋服を作ってあげられればと思います。

アパートオーナーだった親を見て、賃貸経営の大変さを知る。

【質問2】ソーシャルレンディング投資を始める前は、何かほかの投資をやっていましたか? やっていた場合はその内容、やっていなかった場合はその理由と合わせてお教えください。


身近な例では、親がアパート経営をしており、それを間近で見ていたので、アパート経営の大変さは少しは分かっているつもりです。
アパート周りの掃除を定期的に行い、入居者の方から連絡があればその対応に追われ、時には理不尽な苦情を言ってくる人もなかにはいたようです。
退去者がでれば退去時の敷金の精算、室内の原状回復のための内装工事関係者とのやり取り、不動産屋へ入居者募集のお願い、更新月には契約書の作成もしアパート外観の整備も行い、3月には毎年確定申告のための書類の作成や領収証の整理をしていました。
まれに書類の作成、整理を手伝ってはいましたが、ほんのさわり程度です。
私自身は投資の経験は全く無く、今までは投資は怖いものというイメージがありました。

テレビ番組の特集を観て、ソーシャルレンディングに興味を持つように

【質問3】ソーシャルレンディングに興味を持ったきっかけは、何ですか?


主人がこれからも働くとはいえ、60歳を機に収入も減ってしまう生活の中で、私もパートにでも出て、少しでも生活の糧になるように働こうかと考えていた頃に、テレビでソーシャルレンディングの特集を見かけ、興味を持ったのがきっかけでした。
テレビの内容だけでは良く分からなかったので、インターネットで調べたり、maneo社長の瀧本氏の著作や、投資家の方の書籍を読んで参考にしました。
調べていくうちに、私のように経済知識に乏しく投資経験の無い者でも上手くいくのではないかと考え、思い切って口座開設することにしました。
私は非常に慎重なタイプなので、最初は凄くドキドキしましたが、口座開設はどのソーシャルレンディング営業者でも簡単に行うことができました。

投資口座の開設は、クラウドクレジットから

【質問4】一番最初に投資口座を開設したのは、どこのソーシャルレンディング業者ですか?理由と合わせて、お教えください。


一番最初は、「ガイアの夜明け」という番組で紹介されていた、クラウドクレジット(※)に、口座開設しました。
クラウドクレジットのホームページ内では、期待リターンマップというものがあり、投資に対するリターン期待値をキャラクターマークで表していて、非常に分かりやすいのですが、海外への投資が多く、私が海外旅行をするなかで、繁華街等で日本人に対して法外な値段をふっかける商店等を見ていた経験から、クラウドクレジットさんへの投資は行いませんでした。
ワールドビジネスサテライトでSBIソーシャルレンディングのことが放送され、SBIソーシャルレンディングにも口座開設し、こちらでの投資が、ソーシャルレンディングに対する初めての投資になりました。
SBIソーシャルレンディングは、私のような経済音痴でも名前を聞いたことがある大企業の傘下なので、安心して口座開設から投資まで行うことができました。

※参考:
クラウドクレジット(公式サイト)

毎月配当が、ソーシャルレンディングの魅力

毎月配当が、ソーシャルレンディングの魅力

※写真はイメージです

【質問5】他の投資手法と比較し、ソーシャルレンディング投資のメリットは、どのような点だと思いますか?


他の投資を知らないので比較はできないのですが、ソーシャルレンディングでは投資に対して毎月配当を得ることができるのが、私にとって最大の魅力になっています。
投資金額が少ないので配当も大した金額ではありませんが、それでも毎月の配当金で夫婦で外食したり少しだけ贅沢できるのは本当にありがたいです。
経済も金融の知識も無い私でも簡単に投資でき、投資した後は毎月の配当金を楽しみにしているだけで良く、一度投資を行った後は何もしなくて良いので、非常に気持的に楽なところも、お気に入りです。
LCレンディングという会社では、上場企業で親会社のLCホールディングスの保証がつく投資先もあり、新聞の株式欄で同社の名前が載っているのを確認するだけで毎日心配なく過ごせるので、とても安心して投資させていただいています。

一部の不正業者の存在には注意

【質問6】他の投資手法と比較し、逆に、ソーシャルレンディング投資が劣っている点、デメリットとしては、どのようなものがあるとお考えですか?


難しいことは分からないのですが、インターネットの中である業者はポンジスキームというねずみ講と同様の詐欺的手口を働き、投資家からのお金を騙し取っていたとの記事を読みました。
高利回りに釣られて騙された人が悪いとか、利払いがどこからくるのかを考えればあり得ない、といった批判的なコメントもあり、私も注意しなければと肝に銘じました。
年間の配当金額が20万円を超えると、確定申告が必要になってくることも、お手軽に投資できるソーシャルレンディングなので、逆に注意が必要かと思います。
当初は分散した方が安全なのかと思い、色々な業者への投資も検討していましたが、間違いのない投資先ということで、SBIソーシャルレンディングとLCレンディングの2社に投資をしています。

SBIソーシャルレンディングとLCレンディングがお薦め

【質問7】国内ソーシャルレンディング事業者のうち、最も優れているのは、どの事業者だとお考えですか?理由と合わせて、お教えください。


全ての業者で投資した経験は無いので、私の経験からになってしまいますが、SBIソーシャルレンディングとLCレンディングを挙げたいと思います。
両社ともに上場企業と直接関係がありますので、法令遵守の観点から安心感があるように思われます。
実際SBIソーシャルレンディングでは投資をしようと思ってもすぐに募集金額が満額になり、なかなか投資できないことがあるほどです。
投資できないのは残念ですが、それだけ人気があるということは、逆に投資している者としては安心にも繋がります。
LCレンディングも、親会社の保証付き案件の中でも1年・6ヶ月・3ヶ月と種類があり投資期間を選べるので、自分の資金予定と相談しながら投資することができ、とても投資家のことを考えて案件を提供しているのだなと感じます。

※参考:
SBIソーシャルレンディング(公式サイト)
LCレンディング(公式サイト)

匿名組合契約という仕組みには留意を。

【質問8】逆に、国内ソーシャルレンディング事業者のうち、他のソーシャルレンディング事業者と比し、総合的に、最も劣っているのは、どこの事業者だとお考えですか?詳しい理由と合わせて、お教えください。


あまり悪口は書きたくないのですが、詐欺といっても過言ではない行為を行った、もしくは行ったとみなして差し支えない、そんな会社は、避けるべきだと思います。
ソーシャルレンディングでは、「匿名組合契約」(※)という仕組みが用いられていて、損失は全て投資家に還り、業者は不利益を被らない制度になっています。
その点では、投資家が一方的に不利な条件で投資をしている、と換言することも出来るわけですから、少なくとも、投資家に対する不正行為は、絶対にしないと思われる会社に対してのみ、投資をするのが、投資家としての絶対条件になると思います。
先程の回答にも述べましたが、私は上場企業に関連した会社へのみ投資を行っており、幸いにも今のところ、損失をだしたことはありません。
勿論投資なので、失敗して損を出してしまうこともあるかもしれませんが、それでその会社を責めることがないような投資をしていきたいと考えています。

(※)参考記事:
ソーシャルレンディングと匿名組合|ソーシャルレンディング・ラボ

身の丈にあった投資からスタートを。

身の丈にあった投資からスタートを。

※写真はイメージです

【質問9】ソーシャルレンディング投資を行うにあたり、特に、ソーシャルレンディング初心者に、気を付けてほしい点としては、どのような内容がありますか?


ソーシャルレンディングは、私のような素人でも、簡単に投資をして配当金を得ることができるので、非常に敷居の低い投資といえるかもしれません。
それだけに、最初の数回投資に成功したからといって、貯金の全部を投資するとか、低利で借入れしてソーシャルレンディングに投資しようなどということは、絶対にしてほしくありません。
私も、夫の退職金や今までのお給料から貯めた銀行預金はそのままにして、ソーシャルレンディングへの投資は、私のへそくりプラスアルファの金額で投資しています。
最近は、一部業者が複数の延滞を起こしているようなケースもあります。
そのような業者には投資することなく、しっかりと業者を見極めたうえで、自分の身の丈にあった金額で投資されることをお薦めいたします。

素人でも金融のプロでも、ソーシャルレンディングの期待利回りは同じ

【質問10】これからソーシャルレンディング投資を始めようと検討している方に、励ましのメッセージをお願い致します。


偉そうに意見を書いてしまいましたが、普通の何の取り柄もない高齢の主婦の私でも、ソーシャルレンディングへの投資で、簡単に配当金を得ることができています。
私が投資しても金融のプロが投資しても、得られる結果は同じになりますので、ソーシャルレンディングは私にとって非常にありがたい投資先になっています。
これからソーシャルレンディングを始める、検討しようとしている方は、各社のホームページやネット上の意見や書籍、雑誌から多くの知識を得た上で投資されれば良いと思います。
私は上場企業関連のソーシャルレンディング会社にのみ投資をして、今のところは、元本が戻らないとうの失敗は一度もなく、資金を運用することができています。
口座開設から投資するまでは非常に簡単で、毎月配当が入金されるので、嬉しくもなります。
皆様も、ぜひ、ソーシャルレンディングに取り組んでみていただければ、と思います。

※本記事の内容は、当サイトに、ソーシャルレンディング投資体験談として投稿された内容であり、当サイトとして、その内容の事実性及び妥当性について保証するものではありません。また、その内容は、当ラボの公的見解と異なる場合があります。

関連記事のご案内

高い盛り上がりを見せるソーシャルレンディング業界ではありますが、複数の「危険会社」にも、留意を要する状況です。
ソーシャルレンディング投資検討にあたっては、あらかじめ、こちらのコンテンツも、ご参照下さい。

ソーシャルレンディング【おすすめ会社&危険会社ランキング】最新版

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは700件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。