不動産担保付ソーシャルレンディング大手【OwnersBook】が、無料セミナーを開催いたします。

本ソーシャルレンディングセミナーの概要


画像引用元:https://www.ownersbook.jp/press/detail/2019/1/30/

同社のホームページから確認した、本ソーシャルレンディングセミナーの概要としては、下記の通りです。

  • セミナーを開催するソーシャルレンディング事業者名:OwnersBook(オーナーズブック)
  • セミナー開催日時:2019年02月20日(水)19:00~20:30(18:45より受付け開始)
  • セミナー実施場所:東京都中央区銀座1丁目10番6号 銀座ファーストビル2F ロードスターキャピタル株式会社 会議室・セミナールーム
  • セミナー定員数:【初心者向けコース】30名 & 【経験者向けコース】10名
  • セミナー参加費用:無料

本ソーシャルレンディングセミナーのプログラム詳細

初心者向けコースと経験者向けコースの2コースが用意されています。
いずれのコースの場合でも、ロードスターキャピタル株式会社(=OwnersBookのサービス運営会社)役職員を交えて、座談会形式での質疑応答時間が設けられるようです。
その余、本ソーシャルレンディングセミナー内容詳細につきましては、下記URLから御確認下さい。

https://www.ownersbook.jp/press/detail/2019/1/30/
※本記事は、上記URLページからの情報を引用し、作成した物です。

ソーシャルレンディングとは?

3パーセント前後~10パーセント前後という、高い利回りを狙える、新たな投資手法として、広く投資家からの注目を集めている、ソーシャルレンディング。
資金需要者(事業者等)にとっても、柔軟かつ迅速な審査体系等が誘因となり、最先端の資金調達法として、耳目を集めています。

しかしながら、一部のソーシャルレンディング事業者が、不適切な管理・運営により、監督官庁から行政処分を受ける、というケースや、
不十分な担保設定等により、投資家への償還に、遅延や元本棄損が生じるケースなど、
いくつかの問題点も指摘されています。

投資家としては、高利のみに目を取られることなく、各種リスクにも目を光らせたうえで、業界成熟の進捗を見つつ、慎重な投資是非判断を行うことが求められています。

上場企業や、大手金融サービス事業者の新規参入等も相次ぐ中、
私たち、ソーシャルレンディング・ラボでは、ソーシャルレンディング専門WEBメディアとして、ソーシャルレンディングに関する有益情報の発信に努めています。

全ての事業者のソーシャルレンディングセミナーに関する情報一覧はこちらから。

ソーシャルレンディングセミナー情報一覧

本記事にて取り上げたソーシャルレンディング事業者に関する情報記事一覧はこちら。

ソーシャルレンディン事業者【OwnersBook】の関連情報一覧

ファンドの平均利回りや、資本金額や投資家登録数といった「規模」、投資初心者へのおすすめ程度等々、いろいろな確度から、国内の有力ソーシャルレンディング事業者をランク付けした、こちらの過去記事も、是非ご参照下さい。

【ソーシャルレンディング会社ランキング決定版】ファンド案件利回り・投資対象国の分散程度・不動産担保設定率・投資のしやすさ。様々な角度から、国内の大手人気ソーシャルレンディング事業者を徹底検証。

※本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘や、特定のソーシャルレンディング事業者のセミナーへの出席勧誘を目的としたものではありません。
実際の投資是非に係るご判断や、セミナー参加是非のご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞