ソーシャルレンディングにおすすめの銀行口座【2行】はこちら。

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

ソーシャルレンディングにおすすめの銀行その1【三井住友銀行】

ソーシャルレンディングにおすすめの銀行、まず1行目は、三井住友銀行です。
引用元:三井住友銀行

まず1行目におすすめしたいのは、三井住友銀行です。

私は現在、日本国内23社のソーシャルレンディング会社に、資金を分散投資していますが、
実際におすすめできるソーシャルレンディング会社、というのは、かなり限られ、
私自身、ソーシャルレンディング投資ポートフォリオのうち半分は、上位3社のソーシャルレンディング会社に資金集中しています。

そんな3社のソーシャルレンディング会社のうちの2社、すなわち、
クラウドクレジットと、SBIソーシャルレンディングが、出資金振込先口座として用いているのが、三井住友銀行なのです。

クラウドクレジットの場合はこのように、

ソーシャルレンディングのおすすめ銀行三井住友銀行は、クラウドクレジットから指定を受けている。
引用元:クラウドクレジット

SBIソーシャルレンディングの場合はこのように、

ソーシャルレンディングのおすすめ銀行である三井住友銀行は、SBIソーシャルレンディングからも指定を受けている。
引用元:SBIソーシャルレンディング

出資金振込先口座として、三井住友銀行の銀行口座を指定していることが、明記されています。

三井住友銀行のインターネットバンキング、「SMBCダイレクト」を使用すれば、
クラウドクレジットSBIソーシャルレンディングへの出資金振込の手数料が、無料となります。

三井住友銀行を使えば、SBIソーシャルレンディングなどへの出資金振込が無料となり、おすすめ。
引用元:三井住友銀行

もしもまだ、三井住友銀行に口座をお持ちでない場合、
ソーシャルレンディング投資を始めるにあたり、口座開設を済ませておくことをおすすめします。

ソーシャルレンディングにおすすめの銀行その2【三菱UFJ銀行】

三菱UFJ銀行も、ソーシャルレンディングにおすすめ
引用元:三菱UFJ銀行

2行目におすすめしたいのが、三菱UFJ銀行です。

三菱UFJ銀行は、おすすめソーシャルレンディングサービサー、オーナーズブックが指定しています。
引用元:OwnersBook

私も集中的に投資を行っている、OwnersBookの振込先口座が、同行にて指定されているため、です。

三菱UFJ銀行も、ソーシャルレンディングにおすすめです。
引用元:三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行の場合も、インターネットバンキングを用いれば、
三菱UFJ銀行の支店間の振込手数料は、無料となります。

ソーシャルレンディングにおすすめの銀行口座まとめ

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行

とりあえず、上記2行に銀行口座を開設しておけば、
国内23社のソーシャルレンディング会社に分散投資中の私がおすすめする、3つのソーシャルレンディング会社、具体的には、

上記3つのソーシャルレンディングサービサーへの出資金振込を、(インターネットバンキング等活用することにより)無料にて行うことができることとなります。

現時点でまだ銀行口座をお持ちでない場合、
出資金振込時の振込手数料を節約するためにも、もしもお時間があれば、口座開設を進めておくこととおすすめします。

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会いいたしましょう!

追伸:
その他、ソーシャルレンディング投資に関連するおすすめ情報を網羅した、こちらの過去記事も、おすすめです。是非、ご覧になってみてください。

【まとめ記事】ソーシャルレンディング投資にまつわるおすすめ情報総まとめ【最新版】


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞