SAMURAIのソーシャルレンディングファンド「SAFビジネスローンファンド1号(貸付先A社、K社)」に、投資申込を完了致しました。

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

投資申し込み完了のエビデンス

SAMURAIのマイページ、「取引履歴」からのスクリーンショットがこちらです。

SAMURAI

スクリーンショットにもある通り、既にSAMURAI側への振り込みも完了しております。

本ファンドの概要

同社のホームページ(https://samurai-crowd.com/item/detail/59)から確認した、本ファンドの詳細情報としては、下記の通りです。
なお、本ファンドは、A社とK社への貸付を予定しているファンドですが、本記事においては、主たる貸付である、A社への貸付に関してのみ、詳説をさせて頂きます。
(※募集上限金額である1003万円に、募集額が達した場合、そのうち1000万円は、A社へと貸し付けられる予定であるため)

本ファンドのスキーム図

同社のホームページ(https://samurai-crowd.com/item/detail/59)から確認した、本ファンドのスキーム図は、下図の通りです。

SAMURAI
引用元:https://samurai-crowd.com/item/detail/59

資金の借り手

A社については、下記のような情報が掲載されていました。

  • 東京都に所在。
  • サプリメント販売を営む事業者。
  • 前期の売上高としては、6億4千万円ほど。
  • うち、営業利益が4700万円ほど。純利益としては2600万円ほど。

貸付資金の総額

募集上限金額である1003万円に達した場合は、うち、1000万円を、A社に対して貸し付ける予定である、とのこと。

借り手の資金使途

A社が、SAMURAIから借り入れた資金を何に活用するのか、については、
ファンド詳細を読み込む限りにおいては、記載が見当たりませんでした。

貸付・運用の期間

2018年5月28日~ 2019年5月28日の、まるまる1年間の貸付・運用となる、とのこと。

設定担保

担保の設定や、保証人の設定は、無い、とのことです。

返済原資

A社からSAMURAIに対する返済原資に関し、具体的な表記は、特段、見当たりませんでした。

わたしたち個人投資家の期待利回り

目標利回りとしては、7パーセント、とのことです。

本ファンドにわたしが投資申し込みを行った理由

主に下記のように検討したうえで、今回、SAMURAIの、「SAFビジネスローンファンド1号(貸付先A社、K社)」へと、投資申込をさせて頂くことと致しました。

SAMURAIについては、今回が初投資。

具体的な情報が限られるなか、まずは、(たとえ少額であったとしても)実際に投資をしてみないことには、分からないだろう、と判断いたしました。
このため、冒頭に掲出させて頂いた投資完了済エビデンスにも表記がある通り、最低申込金額である「1万円」の投資申込とさせて頂いた次第です。

SAMURAIの、同時募集中の別ファンド「仮想通貨マイニングファンド」については、最低成立金額に達するかどうか、読み切れなかった。

わたしが「SAFビジネスローンファンド1号(貸付先A社、K社)」に投資申込を完了したとき、SAMURAIでは、別途、「仮想通貨マイニングファンド」の資金募集をしている状態でしたが、
募集期間が残り数日しかなく、かつ、最低成立金額まで、少々、余幅がある状態でしたので、
投資申込後、万が一、ファンド不成立、となってしまうと、せっかくの(試験的な物とは言え)投資申込も、骨折り損となってしまいますので、
消去法的に検討をさせて頂いた結果、「SAFビジネスローンファンド1号(貸付先A社、K社)」へと、投資申込をさせて頂くことと致しました。

まとめ

おもに上記のように検討・判断をおこなったうえで、今回、本ファンドへと投資申込をさせていただくことと致しました。
本記事文中の内容は全て、あくまでも、わたしの、ごく個人的な見解にすぎませんが、
あくまでも、その限りにおいて、少しでも、読者の皆様のお力となれたのであれば、嬉しい限りです。

利回りや規模、初心者へのおすすめ度等、様々な視座からソーシャルレンディング各社をランキングした、こちらの過去記事も、是非ご参照下さい。

ソーシャルレンディング会社ランキングの決定版。ファンドごとの平均利回り・ファンドの投資対象国の分散具合・不動産担保の設定率・出資時の利便性(=投資のしやすさ)・ソーシャルレンディング事業者としての規模、信頼性…。複数の視座から、国内人気ソーシャルレンディング事業者を、徹底ランキング致しました。

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会い致しましょう!


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞