【写真付き】FUNDINNO(ファンディーノ)投資家登録フロー解説

FUNDINNO(ファンディーノ)口座開設ページへ

※FUNDINNO(ファンディーノ)口座開設ページはこちら

FUNDINNO(ファンディーノ)(公式)

「今すぐ投資家登録する」をクリック。

メールアドレス&パスワードを登録

利用規約についても確認のうえ、「登録する」をクリック。

FUNDINNOから届くメールに記載された認証URLをクリック。

メール文中に記載されたURL(リンク)をクリック。

「確認および同意事項へ」をクリック。

ページ下部の「確認および同意事項へ」をクリック。

取引約款等に同意処理

各書面を確認し、同意チェックボックスにチェックを入れ、「同意して次の画面へ」をクリック。

投資家適合性審査

年収や資産状況、投資経験などを入力し、「次へ」をクリック。

投資家情報の入力

氏名や住所、勤務先情報、銀行口座情報等を入力し、「次へ」をクリック。

各種届出の確認

該当するものにチェックを入れ、「次へ」をクリック。

本人確認書類の提出

画面指示に従い本人確認書類の提出を進める。

入力した内容の確認

入力してきた内容の確認を行い、間違いがなければ、ページ下部の「登録を完了する」をクリック。

登録完了ページ

株式投資型クラウドファンディング・サービス「FUNDINNO」とは



引用元:FUNDINNO

株式会社日本クラウドキャピタルが運営する、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス・プラットフォーム。1口10万円前後の少額から、IPO(株式公開)やバイアウトを目指す企業の株式に投資することができ、投資後も投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができる。


参考:
FUNDINNO(ファンディーノ)|公式サイト


利回り・返礼等の具体的内容を求めるものではないが、ベンチャー企業の株主のメリットとして、企業価値の上昇等による利益を長期的に狙えることが、他のクラウドファンディングサービスとの相違点となるほか、企業によっては、株主優待を提供しているケースもある。
2020年6月には、運営会社にあたる株式会社日本クラウドキャピタルが、日本で初めて、経済産業省認定の、エンジェル税制認定業者として認定。
2020年7月には、テレビ東京の朝の経済番組「モーニングサテライト」に登場した。
2020年7月14日現在の公開情報によれば、投資家登録数は既に3万1千名強に達している他、累計での成約件数は101件、成約額は32億9千万円を超えた。


関連記事:
【2020年7月最新版】ソーシャルレンディングおすすめ9社&危ない3社比較ランキング【投資初心者必見】

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは700件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。