クラウドバンクがテレビCMの放送を開始-タレント成海璃子さんを起用

クラウドバンクがテレビCMの放送を開始-タレント成海璃子さんを起用

クラウドバンクが公開したテレビCM映像。タレントの成海璃子さんを起用した。
引用元:Youtube

日本クラウド証券株式会社(東京都港区)は、同社の運営するソーシャルレンディング・サービス「クラウドバンク」について、テレビCMの放送を開始することを公表した。
放送は福岡地区にて、6月14日から。
タレントの成海璃子さんを起用し、『待つ、資産運用』というキャッチフレーズを前面に出す。

参考:
クラウドバンクのテレビCM放送開始|クラウドバンク

CM放送開始に関するソーシャルレンディング・ラボからの取材に、日本クラウド証券株式会社は下記のように答えた。


-成海璃子さんを起用した理由は

「当社サービスは、人生の中での様々な問題の一つである「お金の問題」に目を背けずにきちんと意識をする一方、「お金の問題」だけに対して過度に時間を費やしてしまったり、意識を奪われてしまったりすることがないよう「無理をしない、自分らしい生き方」に寄り添う資産運用サービスでありたいと考えております。
そのようなイメージと成海璃子さんのキャラクター性が一致するものと判断したことが主な採用理由となっております。」

-首都圏での放映予定は

「各テレビ局における条件や手続き等のタイミングから、この度は福岡エリアのみの放送となりましたが、福岡以外の地域におきましても各局での条件や手続きの調整等が完了次第、CMを放映する方向で計画しております。」

-「待つ、資産運用」というキャッチフレーズに込めた思いは

「「投資」「資産運用」に関して社会的な関心が高まりつつありますが、それでも『「お金」に対する感度が高く、行動的な一部の人が行っているもの』という印象を持たれている方も、まだまだ少なくないものと認識しております。
しかし、クラウドバンクのファンドは株やFXのような相場変動がありませんので、値動きや売却のタイミングを気にする必要がなく、ファンドに投資した後は何もすることがありません。
そのため、資産運用はしたいけど、手間や時間をかけたくない、ストレスを感じたくない等、普段の生活の中に無理なく「資産運用」を取り入れたいという方にご利用いただける資産運用サービスであることを、「待つ」という言葉を使うことにより、テレビCMという限られた時間でお伝えしたいと思っております。」

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。