ソーシャルレンディングでスポーツ選手・イベント・施設の支援は出来る?|クラウドファンディングのケースなど

ソーシャルレンディングでスポーツ選手・スポーツイベント等を支援するファンドは存在するか

国内の各ソーシャルレンディング事業者が公開・募集しているファンドの概要欄には、各ファンドの融資先企業の資金使途、すなわち、
「ファンドから資金調達を行った借り手企業が、そうして借り入れた資金を、具体的には、どのような事業に活用する予定なのか」
が明記されていることが一般的です。

様々な資金ニーズに合わせたファンド組成が為されていることが、ソーシャルレンディングの特徴のひとつ

例えば、Funds(ファンズ)の「R Bakerファンド#1」の場合、資金は、(融資先である)イートアンド社の、ベーカリーカフェ業態での新規出店資金に利用されることが明記されていますし、
越境型ソーシャルレンディング大手、クラウドクレジットこちらのファンドの場合であれば、調達された資金は、セールス担当者の採用や、データアナリスト、ならびにエンジニアの採用、および外部委託(アウトソーシング)のために活用される予定であることが記載されています。

その他、太陽光発電事業のプロジェクト資金の一部として資金活用されるケースや、単純な不動産取得資金に充てられるケース、バイオマス発電事業に資金が投じられるケースなど、各ファンドの特性に応じて、様々な事業・産業分野が、その投資対象・資金使途となっていることが分かります。

スポーツ産業関連のソーシャルレンディング・ファンドは、まだまだ少ない

スポーツイベントを支援するようなソーシャルレンディング・ファンドは、まだまだ少ない。LENDEX(レンデックス)が募集した「RIZINファンド1号」は、かなり珍しいケースと言える。
引用元:LENDEX(レンデックス)

このように、様々な資金使途へと投融資を行うことのできる、ソーシャルレンディングですが、

  • スポーツ選手の支援や、
  • スポーツ施設の開発や、運営、
  • スポーツイベントの開催等を、

資金使途としているケースは、あまり見受けられません。

例外として、LENDEX(レンデックス)が2019年11月に募集を行った、「RIZINファンド1号」では、
スポーツイベントの運営・主催や、プロスポーツ選手の招聘・マネージメント等を事業内容とする株式会社ドリームファクトリーワールドワイド(以下、同社)が借り手となり、
同社が運営する格闘技イベントの運営資金向け融資として、5,000万円の募集が行われた、という事例がありましたが、
いずれにせよ、まだまだ、そうした実例は少数です。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の、スポーツ産業・業界への関与・貢献は、まだまだこれから、というところでしょう。

購入型・寄付型クラウドファンディングでは、スポーツ関連案件が多数

上述のように、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)では、まだまだ、スポーツ分野への活用が少ない中ですが、

  • 購入型クラウドファンディングや、
  • 寄付型クラウドファンディングの分野では、

スポーツ関連プロジェクトが多数、掲載され、多くの支援者の共感を呼んでいます。

CAMPFIREのスポーツ関連プロジェクト例

CAMPFIREにて掲載されている、プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」を支援するプロジェクト。その他、READYFOR(レディフォー)やMAKUAKEといったクラウドファンディング・サービスでも、スポーツ関連のプロジェクトは多数掲載・募集されている。
引用元:CAMPFIRE

国内クラウドファンディング業界大手、CAMPFIREでは、

  • プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」が、新型コロナウイルスの影響により被った損害を支援するプロジェクトや、
  • 水泳教室の活動資金をサポートするプロジェクト
  • 新型肺炎の影響等により休館を余儀なくされているボクシングフィットネスジムを支援するプロジェクトなど、

様々なスポーツ関連プロジェクトが掲載され、多くの支援者を集めています。

READYFORのスポーツ関連プロジェクト例

READYFOR株式会社の運営するクラウドファンディング・サービス「READYFOR」にも、スポーツ関連プロジェクトが多数掲載されています。

  • 日本ラクロス協会が、ラクロスの認知向上のためにSNS広告などを出稿するための費用を支援するプロジェクトや、
  • 新型コロナウイルスの影響に苦しむダンス・スタジオの存続を支援するプロジェクト
  • プロサッカー選手、長友佑都さんが発起人をつとめるプロジェクト(シングルマザー支援)など、

スポーツ競技や、スポーツ施設の支援、ならびに、スポーツ選手が関与したプロジェクトなどが、多数、公開されています。

MAKUAKEのスポーツ関連プロジェクト例

株式会社マクアケ運営のクラウドファンディング・サービス「MAKUAKE」においても、スポーツ関連プロジェクトは、枚挙にいとまがありません。

  • ヨガ愛好者向けのサポーターを応援購入できるプロジェクトや、
  • チュービングバンドをセットして筋力トレーニングにも活用できるバランスボードを応援購入できるプロジェクト
  • AI(人工知能)を活用し、ゴルフスイング練習を行える専用クラブを応援購入できるプロジェクトなど、

様々なスポーツ関連案件が掲載されています。

スポーツ専門のクラウドファンディングサービスも

スポーツ特化型クラウドファンディング・サービスとして知られる、Spportunity(スポチュニティ)。プロバスケットボールチームを支援するプロジェクトや、独立リーグ所属の野球チームを応援するプロジェクトなどが掲載されている。
引用元:Spportunity(スポチュニティ)

Spportunity(スポチュニティ)は、スポーツ特化型のクラウドファンディング・サービス。
時勢柄もあってか、新型コロナウイルスの影響に苦慮するスポーツチームやアスリートを支援するプロジェクトが、多数掲載されています。

スポーツ支援ならば、「ソーシャルレンディング<購入型クラウドファンディング」

このように、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)においては、スポーツ関連案件が極めて僅少な状況である一方で、
CAMPFIREやREADYFORなど、いわゆる「購入型クラウドファンディング」では、多数のスポーツ関連プロジェクトが掲載・募集されていることが分かります。

新型肺炎の影響等によって苦境にあるスポーツチームやスポーツ選手、スポーツイベントなどを支援・サポートしたい場合は、
まずは購入型クラウドファンディングから、案件を探してみるのがよさそうです。


関連記事:
【2020年5月最新版】ソーシャルレンディングおすすめ8社&危ない3社比較ランキング【投資初心者必見】

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは700件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。