Wizardia(ウィザーディア)とは-概要&始め方まとめ

最新のPlay to Earnゲームとして、ゲーマーを中心に、大きな関心を集めつつある、Wizardia(ウィザーディア)。
そんなWizardia(ウィザーディア)の正式ローンチが迫りつつある今、あらかじめ済ませておくべき、とされているのが、

の2つです。

Wizardia(ウィザーディア)のアリーナNFT購入のメリット

Wizardia(ウィザーディア)のアリーナNFTを購入しておくべきメリットとして、よく触れられているのは、下記のような点です。

既に、ステージ1~ステージ5のアリーナNFTは、完売している

Wizardia(ウィザーディア)における、アリーナNFTの販売は、

  • 各販売ステージごとに、4,000個ずつの販売で、
  • ステージは、初期のステージ1から、最終的に、ステージ7まで、が予定されています。

このうち、ステージ1~ステージ5の、2万個のアリーナNFTは、既に完売しています。
2022年6月6日現在、ステージ6のアリーナNFT販売が行われており、残すところ、あと2ステージのみ(現在のステージ6と、最終のステージ7)、という状態です。

アリーナNFTのステーキング・リワード

Wizardia(ウィザーディア)のゲームが正式ローンチされるまでの間、アリーナNFTの保有者に対しては、ステーキング・リワード(報酬)が付与される、とされています。

Wizardia(ウィザーディア)のゲーム・ローンチ後のパッシブ・インカム

アリーナNFTを事前取得しておけば、ゲームローンチ前にステーキング報酬が得られるのみならず、ゲームの正式ローンチ後は、プレーヤーのゲーム内行動に応じて、ロイヤルティ収入を得ることが出来る、とされています。

Wizardia(ウィザーディア)のアリーナNFT購入の方法

Wizardia(ウィザーディア)のアリーナNFTの購入方法としては、下記の通りです。

Wizardia(ウィザーディア)の公式サイトにアクセス

Wizardia(ウィザーディア)公式サイトはこちら

Wizardia(ウィザーディア)への支払いに用いる通貨の選択

アリーナNFTの購入には、

  • BNB
  • USDT
  • USDC

のいずれかを用いることが出来ます。

Wizardia(ウィザーディア)の、ウィザードNFTの購入

アリーナNFTとは別に、実際のゲームプレイにおいてキャラクターとして用いることになる、ウィザードNFTを事前購入しておくことも可能です。

レアリティに合わせて、

  • 77ドル
  • 777ドル
  • 7777ドル

という3つの価格帯がありますので、予算に合わせて選択することが可能です。

ウィザードNFTの購入方法

ウィザードNFTを実際に購入する場合、その手順としては下記の通りです。

ウィザードNFT購入専用のページへアクセス

ウィザードNFT購入専用ページはこちら

好きなウィザードNFTの「Add to cart」(買い物かごに追加)をクリック

Check out(支払い)をクリック

支払いに利用する通貨を選択し、決済を済ませる

前述のアリーナNFTの場合と同様、支払いには、

  • BNB
  • USDT
  • USDC

を使用することが出来ます。


※公式サイトリンク:

Wizardia(ウィザーディア)のライトペーパー翻訳

下記の内容は、Wizardia(ウィザーディア)のライトペーパーの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Wizardia(ウィザーディア)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


Wizardia(ウィザーディア)の概要

Wizardia(ウィザーディア)は、RPGの要素を持つAAA品質のPlay-to-Earn(P2E)オンラインターンベースバトラーです。
このゲームは、次の3つのコアとなるゲームプレイの柱で構成されています。

  • 革新的なターンベースの戦闘
  • プレイヤーの意思決定によるゲームの進化
  • アップグレードベースのキャラクター進行

Wizardia(ウィザーディア)は、ゲームのメタバースに貢献した人に報酬を与え、現実の価値ある経済システムを提供するため、一方的な投資はありません。

のP2EおよびF2P

Wizardia(ウィザーディア)の経済では、プレイヤーや投資家が成功するためのさまざまな方法が用意されており、貴重なトークンやNFTはゲーム内だけでなく、外部取引所でも取引可能です。
プレイヤーはゲームの基本を学ぶことができるよう、無料プレイのオプションが用意されています。
将来的には、P2Eギルドのための詳細な奨学金システムも開発される予定です。

Wizardia(ウィザーディア)のトークンとNFT

Solanaが提供するWizardiaトークン($WZRD)は、ゲーム内通貨としての役割も果たすユーティリティ・トークンです。
これまでに2種類のNFTが発表されており、さらに多くのNFTが開発中です。

  • アリーナジェネシスNFT – アリーナNFTの一部所有権を複数のプレイヤーや投資家が共有します。
  • ウィザードNFT – ユニークなアートと能力を持つゲーム内キャラクター。

ゲームワールドの伝承とアート

Wizardia(ウィザーディア)の創設者たちは、10年以上にわたって何らかの形でWizardiaの世界、その設定と伝承を夢見てきました。
豊かに発展した、伝承に満ちた世界観と、ファンタジーとダークSFを組み合わせた独特のビジュアル・スタイルが、このゲームを他のP2Pプロジェクトと一線を画すものにしています。
Wizardiaの傑出したアートスタイルは、高い評価を得ているStudio Locuraの作品です。

Wizardia(ウィザーディア)のゲームプレイ

Wizardia(ウィザーディア)は、多人数参加型のオンライン・ロールプレイング戦略ゲームで、ゲームを変える重要な要素として、プレーヤーがプレイ中にお金を稼ぐ機会を提供します。

Wizardia(ウィザーディア)は、Heroes of Might and Magic、King’s Bounty、Raid: Shadow Legendsなどのビデオゲームと類似しており、これらはヒーロー・キャラクターとそのスキルにスポットライトを当てる古典的RPGシステムを基盤としています。

また、Wizardia(ウィザーディア)の経済は、Travian、Clash of Clans、Eve Onlineをプレイした人にはなじみがあるかもしれませんが、プレイヤーの産業活動や商業活動がシステムのエンジンとなっています。
ゲームのディスカバリー面では、複雑な問題解決や社会組織に興味を持つプレイヤーが、自分自身を表現し、ゲームの方向性に影響を与えることができます。

Wizardia(ウィザーディア)のインスピレーションと類似点

機械的に似ているゲーム

RAID: シャドウレジェンズ(モバイル)、エイジ・オブ・マジック。RPG(モバイル)、Ruined King: LoL Story、Battle Chasers、Darkest Dungeon、Bravely Default II、Banner Saga Trilogy、Star Renegades

テーマ的に似ているゲーム

RAID: シャドウレジェンズ、エイジ・オブ・マジック RPG、破滅の王。LoLストーリー

視覚的に似ているゲーム

エイジ・オブ・マジック RPG

Wizardia(ウィザーディア)におけるコンバットとトーナメント

Wizardia(ウィザーディア)の戦闘はターン制で、巧みな位置取りとアビリティの効果的な使用が要求されます。
プレイヤーはレルム内でPvPおよびPvEバトルに参加することができます。
勝利するたびに、プレイヤーは消耗品や装備品、資源、スキル習得度、レガシーポイントなどの報酬を得ることができます。

Wizardia(ウィザーディア)の戦闘は、3人のウィザードからなる2つのチームがターン制で対決し、アビリティを発動して敵の体力を消耗させ、戦闘に勝利するというものです。
プレイヤーは3人のウィザードのチームを編成し、それぞれにアーティファクトと消耗品を装備させます。
ゲームモードとチームの強さに応じて、マッチメイキングアルゴリズムがプレイヤーのために対戦相手を選択します。

戦闘はラウンドで構成され、各ラウンドは連続したターンで構成されています。
1ラウンドの間、フィールド上に存在するすべてのウィザードは、以前に唱えた呪文やバフなどの特定の条件によって制限されない限り、それぞれ1回ずつアクションを起こします。
特定のウィザードのターン中、プレイヤーはアクティブなウィザードの能力を使うか、消耗品を使うか、ターンをスキップして魔力を回復するかを選択することができます。
ウィザードは自分のアビリティを使用するか、相手のアビリティの効果によってマジックが枯渇すると倒れます。
倒れたウィザードは、他のウィザードが育てて戦場に戻さない限り、その戦闘に参加することができなくなります。

片方のチームのウィザードが3人全員倒れると、バトルは終了します。
勝ったプレイヤーには勝利報酬が、負けたプレイヤーには慰労報酬が与えられますが、これらはゲームモードによって異なります。

Wizardia(ウィザーディア)のゲームモード

Wizardia(ウィザーディア)には、シンプルなPvEやPvPのデュエルから、ウィークリー・チャレンジ・シリーズや勝ち抜きトーナメントまで、いくつかのゲームモードが用意されています。

チャレンジャーファイト(PvE)モードでは、プレイヤーは自分のペースでAI制御された相手と戦うことができます。
PvPでより大きな報酬を狙う前に、練習することができます。

デュエルファイト(PvP)は、2人のプレイヤーによるリアルタイムバトルで、大きな報酬と$WZRDトークンを賭けることができるモードです。

ウィークリーチャレンジシリーズ(PvE)は、ゲーム全体のモードであり、プレイヤーの目標は、その週の最も困難な戦いに勝つことです。
報酬はゲーム全体に分配され、全プレイヤーが同じ賞金プールを目指して競い合います。

アリーナトーナメント(PvP)は、プレイオフ形式のPvPトーナメントで、参加費と$WZRDおよびNFTの高額な賞金プールが用意されています。
プレイヤーは、5回のランダムなPvPバトルを経て、トーナメントへの参加資格を得る必要があります。
トーナメントは各Wizardia Seasonの終わりに開催される予定で、1週間続き、土曜日に決勝戦が行われます。

Final Destruction(PvP)は、世界中にストリーミング配信される世界規模のトーナメントで、7桁の賞金総額が設定されています。
Wizardia最強のウィザードを持つ最高のプレイヤーが、シーズン最強のソーサラーとして永遠に記憶されるために戦いを繰り広げます。
しかし、これはオール・オア・ナッシングで、優勝者は6桁のUSドルの報酬を積み上げ、敗北したプレイヤーは所持金の大半とトーナメントに参加するために賭けた全てを失います。

Wizardia(ウィザーディア)のPlay To Earnの仕組み

Wizardia(ウィザーディア)では、時間、労力、金銭を等しく有効な投資として扱います。
プレイヤーはトークン・シェアを獲得するために単一の方法を選択することもできますし、クリエイティブに複数の方法を組み合わせて使用することもできます。
WizardiaトークンやNFTへの投資や獲得は、すべて有効な戦略です。
どちらのトークンもゲーム内だけでなく、現実の暗号取引所でも取引可能です。

ゲームバランスを支える2種類のNFTと、ゲーム内通貨としてのWizardia Tokenには、P2Eメカニックスに関与する多くの方法があります。
基本的なレベルでは、プレイヤーは次のようなものを得ることができます。

  • アリーナでの戦闘の報酬
  • ウィザードのNFTをレンタルするための料金
  • NFTを売却することで得られる収入
  • Genesis NFTsを保有することによる受動的な収入

ギルドのためのWizardia

Wizardiaチームは、Play-to-Earnギルド向けにScholarship機能の開発に取り組んでおり、NFTオーナー、トレーナー、トレーニー間で収益を共有できるようにします。
詳細は近日中に発表される予定です。

Wizardia(ウィザーディア)のNFT

トークンを常に循環させることで、ゲーム内で使用でき、現実世界でも価値のあるユニークなNon-Fungible Token(NFT)が生成されます。
プレイヤーはNFTの特典を利用したり、他のプレイヤーや投資家に売却することができます。
NFTは、ゲーム内の活動や投資を通じて2種類のNFTを取得することができます。

  • アリーナジェネシスNFT – 複数のプレイヤーや投資家の間で共有されるアリーナの一部所有権。
  • ウィザードNFT – ユニークなアートと能力を持つゲーム内キャラクター。

Wizardia(ウィザーディア)のジェネシスNFT

Wizardiaのメタバースに追加された、ゲームプレイを補完するすべての主要な建造物は、Genesis NFTを通じてプレイヤーや投資家が所有することが可能です。
アリーナは、ゲームの正式リリース時に最初に追加され、プレイヤー間のすべてのバトルが行われる場所です。
ゲームプレイの観点からは、ゲーム内報酬や金銭的な報酬を得ることができる大きな追加要素となります。
また、メタバース内の他の主要な建造物がゲームワールドに追加された際には、他のジェネシスNFTが導入され、投資家がゲームの成功を共有する機会を提供する可能性があります。

アリーナ・ジェネシスNFT

アリーナはWizardiaのゲームワールドの中心です。
Arena Genesis NFTを所有すると、Arenaで処理される取引手数料の一部を受け取ることができます。
Arena Genesis NFTの所有者への支払いは、Wizardiaの計算機を使用して見積もることができます。
アリーナの開始(2022年第2四半期)前に、すべてのArena Genesis NFTは自動的にステークされ、保有者はWizardiaトークンのステーク報酬を得ることができます。

ウィザードNFT

ウィザードNFTは、Wizardiaのゲーム内キャラクターを表します。
アリーナでバトルを行うには、最低でも3人のウィザードが必要です。
所有するウィザードはアップグレード、トレード、レンタルが可能で、霧の中から新しいウィザードを召喚するために使用することもできます。
ウィザードの価値は、レアリティ、属性、アビリティによって定義されます。
ウィザードリアの神話やウィザードがどのように生まれたかについては、このライトペーパーの「伝承」のセクションで詳しく説明されています。
ウィザードNFTの販売は2022年第1四半期に開始され、ウィザードのことをもう少しよく知っていただくとともに、ウィザードのゲーム・メカニズムに関する詳細な情報をお伝えする予定です。

Wizardia(ウィザーディア)のWZRDトークン

WZRDトークンは、Wizardiaゲームおよび将来のメタバースの中核となるユーティリティ・トークンであり、ゲーム内通貨です。
トークンは、ゲームの内外を問わず、すべてのプレイヤーが使用するだけでなく、獲得や交換をすることができます。
WZRDはBSCとSolana上のクロスチェーン・トークンです。

長期的かつ持続可能なゲーム経済を構築するため、300,000,000(3億)ドルのWZRDトークンが鋳造される予定です。
Binanceスマートチェーン(BSC)とSolana(SOL)の間で、トークンの双方向ブリッジが行われます。
TGEは2022年3月24日に近日中に発表されるTier 1取引所で予定されています。

WZRDトークンは、安定性と報酬のためのステーキング、イールドファーミングの要素、および内部交換媒体のユースケースを備えたユーティリティトークンとなる予定です。

WZRDトークンのユーティリティ

トークン・ユーティリティは、プレイヤーからプレイヤーへのメカニズムと、プレイヤーから金庫(-to-player)へのメカニズムに分けられます。

Player to player
  • プレイヤーは、主にアリーナで獲得した資源を、他のプレイヤーに$WZRDトークンと引き換えに売買することができます。
  • プレイヤーはPvPアリーナのバトルに賭け、$WZRDトークンを獲得/損失することができます。
  • プレイヤーはWZRDトークンと引き換えに、プレイヤー間でウィザードNFTを売買、レンタルすることができます。
  • WZRDを消費して、新しいウィザードNFTを召喚(造幣)することができます。
  • プレイヤーはWZRDトークンと引き換えに、他のNFTsアイテム(将来のGenesis NFTsを含む)を他のプレイヤーに売買することができます。
  • アーティファクト、アビリティ、消耗品を他のプレイヤーと売買することができます。
  • プレイヤーはWZRDトークンを使ってアーティファクト/アビリティ/消耗品を製作することができます。
Player to Vault
  • Arena Genesis NFTを所有するプレイヤーは、$WZRDトークンの形でパッシブ・ロイヤリティを獲得します(Arenaの取引手数料のシェア)。
  • プレイヤーは、トーナメントに参加するために$WZRDで入場料を支払います。
  • プレイヤーはトーナメントで優勝すると、報酬として$WZRDトークンを受け取ります。
  • プレイヤーは、$WZRDトークンを賭けることで、$WZRD報酬を受け取ります。
今後の仕組み

将来導入されるGenesis NFT(ゲーム内銀行など)を所有するプレイヤーは、パッシブ・ロイヤリティを得ることができます。
プレイヤーは$WZRDトークンを使ってランクアップし、今後導入されるForge構造でウィザードのレアリティを上げることができます。

Wizardia(ウィザーディア)の伝承

ウィザードリア領域は、霧の無限の広がりを持っています。
果てしなく続く未知の世界の中で、霧から逃れることができた土地から安全な避難所が集まっています。
文化によって、恐怖を感じることなく移動できる土地の呼び方は異なりますが、すべての生き物の間でこの土地は最も貴重な資産となっています。
安全な境界線を越えて霧の中に踏み込めば、より多くの土地や想像を絶する富、あるいはリヴァイアサンに出くわすかもしれません。
生き残り、拡大するために魔法を武器にしましょう。

ゲームの舞台は、現在「The Tearing」と呼ばれている世界的な大災害の後です。
この大災害で現実は崩壊し、時空間の整合性に関してそれまで知られていたすべての真実が窓から投げ出されました。
以前は離れていた時空が、今は近くなっています(逆もまた然り)。
すべての現実がミキサーにかけられたようで、小さな島々を隔てている「霧」の背後に何が潜んでいるのか、今は誰も知りません。

現実が破壊される中で、一部の人々はこれまで隠されていた潜在能力を目覚めさせ、それをマジックと呼ぶ人もいます。
現実を意のままに操ることができる者は、ウィザードと呼ばれます。
ウィザードは非常に強力ですが、一つの制約があります。
それは、「無から有を生み出すことはできない」ということです。
しかし、現状でも宇宙は豊かです。

その力を知った魔法使いは、互いに競い合うようになりました。
しかし、その競争はほとんど実を結びませんでした。
なぜなら、自分自身を生き返らせることができたからです(魔法使いは、自分から願い出ない限り、事実上不死身なのです)。

しかし、その巻き添えはあまりにも大きく、最終的にウィザードたち(または少なくともその一部)はコアを接着し、それ以上の競争はアリーナで文明的な方法で行わなければならないと発表しました。
コアとその上にあるすべてのものは、その場所を守ることを決めたウィザードの報復への恐怖によってのみ守られています。
災厄の中で最初に秘められた可能性を解き放ったクリーチャーは、「オリジナル・ウィザード」と呼ばれます。

現在、霧の中を安全に航行することは不可能です。
安全地帯を出たウィザードは行方不明になります。霧が背後から迫ってきたとき、どこにたどり着くかはわかりません。
運が良ければ元の場所に戻れることもありますが、それは非常に稀なことで、ウィザードたちは「追放」を死刑のように扱っています。
あるウィザードは自らの選択で「コア」を離れ、ある者は「コア」からどれだけ離れて「霧」の中に沈めば戻ることができなくなるかを理解しようとしながら離れました。
今のところ、それに対する正しい答えは「場合による」です。

魔法

マジックはウィザードリィアで常に進化を続けるものであり、その神秘性の源です。
Wizardiaのエポックが変われば、マジックも変わります。
この変幻自在のマジックを徹底的に解明していく予定です。
魔法の能力は魔法使いの意志と密接に関係しており、同じ魔法使いは2人といません。
学者たちは、魔法に関する既存の理解を3つの柱に分類しています。
心、体、魂です。
生の理解、科学的手法の綿密な適用、分析力によって魔法を掘り下げている魔法使いは、マインド・マジックに近いと考えられています。
これはあらゆる分野で大きなブレークスルーをもたらしますが、中には精神が狂気に蝕まれた時にのみ、真のブレークスルーを達成するウィザードも存在します。

ウィザードは身体と神経系を直接使って、マジックの流れを経験することができます。
この柱は、ウィザードが知識を得るための方法によって区別されます。
学者たちは、目の前の宇宙を解き明かす明晰な瞬間に到達するために、自ら生涯をかけて肉体的な苦難を強いられるウィザードを見たことがあります。
一方、視覚芸術を楽しみ、音楽を聴き、あるいは怪しげな物質を摂取することによって、この明晰さを得るために自分の感覚器官を過負荷にするウィザードも存在します。

ソウルとは何かを定義することは無駄な努力ですが、それでも敬虔なウィザードは自分の強い信念を現実そのものに押し付けることを止めません。
一つの思想に対する強い信頼が力になり、その思想が信奉者の間で共有されれば、その可能性は無限に広がります。
しかし、すべての魔法がそうであるように、その信念が揺らぎ、使い手が目的を失った空っぽの存在になる可能性もあります。
ある柱が終わり、別の柱が始まるという境界線は曖昧であり、同じ効果を別のウィザードが独立して達成することもあります。

Wizardia(ウィザーディア)の開発・マネジメントチーム

Wizardiaのチームは、ビジネス、ブロックチェーン、(ビデオおよびテーブルトップ)ゲーム開発、デザイン、マーケティング、コミュニティ構築、サポートの30人以上の専門家を擁しています。
私たちは皆、根っからのゲームファンであり、創業者たちにとってWizardiaの世界を構築することは、ほぼ10年にわたる愛の結晶です。
私たちのゲーム世界、ゲーム・メカニック、豊かな伝承、独特のビジュアル・スタイルは、何年もかけて作られたものであり、gamefi空間における同業他社とは一線を画しています。

マインド – CEO

ミンダウガスは、プロジェクトマネジメント、マーケティング、国際的なイベントコーディネーションの分野で豊富な経験を持つ、チームとコミュニティのリーダーです。
長年にわたる起業家精神が、彼を今日のCEOへと成長させました。

トム – COO

Tomasは、13年以上デジタルマーケティングの分野で働き、ソーシャルメディア管理の技術を習得しています。
また、FacebookやShopifyなど、数多くのアプリケーションを開発し、成功を収めています。

Mantas – クリエイティブ・ディレクター

ビジュアル・コミュニケーションの達人であるMantasは、ビデオゲーム、映画、芸術、非営利団体にそのセンスを発揮し、現在はWizardiaのデザイン戦略をリードしています。
主なゲーム・クレジット コール オブ デューティ ブラックオプス』、『コール オブ デューティ バックオプス 4』、『Unravel Two』、『イヴ・ヴァルキリー』、『タイタンフォール 2』、『ホームフロント』、『ザ・レボリューション』。レボリューション、ザ・クルー、ディビジョン、ザ・ディープ、リーグ・オブ・レジェンド、ニードフォースピードライバルズ、タイタンフォール、キルゾーンマーセナリー、コールオブデューティーゴースト

Gediminas – ゲームデザインコンサルタント

ゲディミナスは、プロフェッショナルゲーム業界で10年以上の経験を持つゲームデザイナーです。
リトアニアゲーム開発者協会のディレクター、No Brake Games Vilniusのスタジオ責任者、Nordcurrentのリードゲームデザイナーとして得た長年の業界知識を背景に、彼は活躍しています。
ゲームのクレジット Hungry Invaders, Dating Puzzle, Pocket Styler, Happy Clinic, Monster Buster: World Invasion、Crowns and Pawns、Kakes Makes nuotykiai、Jelly Love。

マリウス – CTO

マリウスはWizardiaのエンジニアリングチームを率い、継続的な技術ソリューションの戦略立案を監督しています。

Wizardia(ウィザーディア)のコミュニティ

Wizardiaは、さまざまなチャネルで大規模かつ急速に成長している(25万人以上)コミュニティを擁しています。
現時点ではDAOや正式な分散型ガバナンスシステムを導入する予定はありませんが、プレイヤーの皆様と投資家の皆様からのフィードバックは、Wizardiaプロジェクトが長期的に成功するために設計している、非常に楽しいゲームと持続可能なトークン/NFT経済の両方を開発する上で極めて重要なものです。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。