Tribalpunk(トライバルパンク)は稼げるのか-ゲームの始め方や、攻略のコツ、注意点などを検証

放置型のRPGゲームをプレイするだけで、ゲーム内暗号資産を稼ぐことが出来る、として、昨今、大きな話題となっている、Tribalpunk(トライバルパンク)。
先日、ついにベータ版ゲームもローンチされ、Twitter・YouTubeなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まっています。

そんなTribalpunk(トライバルパンク)の始め方としては、目下、以下のような流れを辿ることが、鉄板とされています。

  1. 暗号資産取引所「ビットポイント」にて口座開設
  2. ビットポイントで、送金スピードの速いXRP(リップル)等の暗号資産を購入
  3. 購入した暗号資産を、「バイナンス」に送金
  4. バイナンスに着金した暗号資産を、BNB等のトークンに交換し、メタマスク(Metamask)に送金する
  5. メタマスクとパンケーキスワップを接続し、BNB等のトークンを、Tribalpunk(トライバルパンク)のNFTキャラクター購入に必要な、ANTAというトークンに交換する
  6. Tribalpunk(トライバルパンク)とメタマスク・ウォレットを接続し、ウォレット内のANTAを使って、キャラクターNFTを購入する

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

ビットポイントでの口座開設

Tribalpunk(トライバルパンク)で得られる報酬は、日本円建てではなく、SOというトークンで支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、暗号資産取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、Tribalpunk(トライバルパンク)の収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、Tribalpunk(トライバルパンク)の収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

ゲーム開始の時点で暗号資産口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

Tribalpunk(トライバルパンク)のゲーム・プレイを始め、早速、トークンを入手することが出来た場合、稼いだトークンを、Tribalpunk(トライバルパンク)のゲーム内ウォレットに入れたままにしておくと、最悪、Tribalpunk(トライバルパンク)が大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

Tribalpunk(トライバルパンク)のようなPlay to Earnゲームのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、Tribalpunk(トライバルパンク)のプレイ開始前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

Tribalpunk(トライバルパンク)を通じて得ることの出来る報酬は暗号資産(トークン)であり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
Tribalpunk(トライバルパンク)でトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくゲームでトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、Tribalpunk(トライバルパンク)を通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、Tribalpunk(トライバルパンク)で100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

Tribalpunk(トライバルパンク)のようなPlay to Earnゲームをプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、Play to Earnゲームの先行プレイヤーの間では、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とされています。

そのためには、実際にTribalpunk(トライバルパンク)で稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイントで、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はTribalpunk(トライバルパンク)。ゲームプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、Tribalpunk(トライバルパンク)で得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
最近では、「ビッグボス」こと新庄剛志さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、

こちらの画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、Tribalpunk(トライバルパンク)収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
Tribalpunk(トライバルパンク)の収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。

Tribalpunk(トライバルパンク)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Tribalpunk(トライバルパンク)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Tribalpunk(トライバルパンク)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


Tribalpunk(トライバルパンク)の概要

Tribalpunk(トライバルパンク) は、NFT 技術を用いたアイドル・RPG コレクティブル・カードゲームです。
かつてTribal Punkの名でAndroid/iOSでリリースされましたが、NFTゲーム市場の盛り上がりに対応するため、ブロックチェーンを用いた新たな製品に生まれ変わりました。

Jump Ball: Tiles and Beats, Mahjong Blossom, Spider Solitaire, Tribalpunkなどの他のゲームタイトルと同様、同社は、このようなゲームです。
Tribalpunk(トライバルパンク)は、ユーザーからほぼ完璧な総合評価を受けています。
このゲームは、リリース後、1万ダウンロードを突破し、いくつかの国のチャートでも上位にランクインするほどの勢いです。

Tribalpunk(トライバルパンク)へようこそ

Tribalpunk(トライバルパンク)は、個性的なキャラクターを集めてチームを作るアイドル・RPGのコレクターズカードゲームです。
ゲームプレイの中心は、Tribalpunkとして、プレイヤーが冷やかしながらゲームを楽しむことにあります。
Cryptoverseは、技術的にそれ自体でプレイし、プレイヤーからの多くの入力なしで壮大な利益を得ることができます。
NFT/ブロックチェーン技術と組み合わせることで、このゲームに投資すればするほど、プレイヤーに実際の利益を提供することで、コアコンセプトはさらに一歩進んでいます。

石造りのテーマと現代的なディテールをミックスするという不思議な発想から生まれたTribalpunk(トライバルパンク)は、普通のタイトルがひしめくゲーム市場にユニークで新鮮な体験をもたらすことを目指しています。
Cryptoverseは、普通のタイトルがひしめくゲーム市場に、ユニークで新鮮な体験をもたらすことを目的としています。
プレイヤーは、ドリームチームを結成し、ゲーム内のさまざまな活動に参加することで、Tribalpunk(トライバルパンク)をプレイしながら、最高級のグラフィック品質と真剣なROIで素晴らしいゲーム世界に没頭することができます。
プレイヤーに利益をもたらすゲーム内アクティビティをいくつか挙げると、以下のようになります。

  • 主要なゲーム内通貨であるメタル・シャードの安定した収入が得られるアイドルモードとキャンペーンモード。
  • Tribalpunk(トライバルパンク)の統治トークンであるANTA ($ANTA) をはじめとするユニークなリソースを獲得できるLeaderboardsやArenaで競い合うこと。
  • キャラクターや装備の収集、育成、NFTとしてのマーケットでの取引
  • 予想外の結果が得られるガチャシステム

Tribalpunk(トライバルパンク)のビジョン・ミッション

Tribalpunk(トライバルパンク)のビジョンは、新進気鋭のNFTゲーム市場のトップコンテンダーとなることです。
誰でも参加でき、ゲームを楽しみ、そして真剣に本物の利益を得るためにプレイすることで幸せになることができます。
プレイヤーがゲームに投資(時間・お金)すればするほど、Tribalpunkとしてより多くの見返りを得ることができます。
Cryptoverseは公正で透明性のあるゲーム環境を提供することを目指しています。

Antada Studiosでは、良いゲームを作るという基本コンセプトを掲げており、Tribalpunk(トライバルパンク)も例外ではありません。

簡単なプレイ(直感的なゲームプレイで、誰でもすぐに楽しめる)
Tribalpunk(トライバルパンク)は、直感的なゲームプレイが可能で、ゲームの経験や知識を気にすることなく楽しむことができる。
Hard-To-Master (マスターするのが難しい)
Tribalpunk(トライバルパンク)のメカニックは奥が深いのが特徴です。
Cryptoversesは、プレイヤーがゲームについてより多くを学び、真のハードコアゲーマーとしてのスキルを磨くことに熱心であればあるほど、その報酬を得ることを目的としています。
Play to Earn(ゲームで稼ぐことが出来る)
Tribalpunk(トライバルパンク)に費やした努力、時間、金銭は、ブロックチェーン技術を利用してゲームをプレイし続ける限り、利子として還元されます。

Tribalpunk(トライバルパンク)のアートワーク

Tribalpunk(トライバルパンク)のグラフィックは、ベトナム各地から集まった才能ある2D&3Dアーティストで構成されるAntada Studiosのアートチームによって構築されています。
私たちは、Tribalpunk(トライバルパンク)のユニークなコンセプトと、グラフィックの質に関して、非常に強力で堅実な表現に満足しています。
Tribalpunk(トライバルパンク)は、ゲームプレイ、長期的な経験、グラフィック、および実際の結果の両方において、最高の製品品質をプレイヤーに提供することを目的としています。

Tribalpunk(トライバルパンク)のゲームプレイ

Tribalpunk(トライバルパンク)の中核となるゲームプレイ
Tribalpunk(トライバルパンク)では、様々なソース(ガチャ、NFT市場など)からユニークで強力なキャラクターを入手し、適切なチームを編成してゲーム内のあらゆる難題に挑むことが重要です。
Tribalpunk(トライバルパンク)のチーム展開
Tribalpunk(トライバルパンク)のチーム展開は、主に2つのメインゲームモードで体験することができます。キャンペーンモードとアイドルモードです。

Tribalpunk(トライバルパンク)のキャンペーン・モード

Tribalpunk(トライバルパンク)で広大で活気に満ちた古代の世界をお楽しみください。
Cryptoverseでは、プレイヤーは征服の道のりで数々のチャレンジに挑みます。

このモードでは、ヒーローの組み合わせと配置、そしてユニークな能力を発揮するタイミングが、戦況を大きく左右します。
キャンペーンモードでは、時間と資金を投入して最強のチームを編成し、他では得られない貴重な戦力を手に入れて戦況を好転させる緻密な思考が必要となります。

Tribalpunk(トライバルパンク)のアイドル・モード(放置モード)

キャンペーンモードと対極にあるアイドルモードは、Tribalpunk(トライバルパンク)への投資額が少ないプレイヤーに向けたモードです。
Tribalpunk(トライバルパンク)の放置モードでは、プレイヤーは指定されたチームを無限の冒険へと導くだけで、自動的にモンスターと戦い、資源を集め、NFTキャラクターのアップグレードに使われるゲーム内通貨、メタルシャードを生成し、それだけでゲームが進行します。

アイドルモードで注目すべきは、「アイドルチェスト」機能です。
アイドルモードが長ければ長いほど、チェストには多くの報酬が蓄積されます。

Tribalpunk(トライバルパンク)の戦闘モード

Tribalpunk(トライバルパンク)の強力な部隊のバックボーンです。
Tribalpunk(トライバルパンク)では、1人のメインヒーローと4人のコンパニオンが強力な部隊を形成しています。
ゲーム開始時に、プレイヤーは個性的なパワーを持つ自分だけのメインヒーローを作成することができます。

Tribalpunk(トライバルパンク)のメインヒーローは、大きく3つのクラスに分類することができます。

戦士(ウォリアー)

近接戦闘を得意とする。
ウォリアークラスのヒーローは敵の波を切り裂く剣として、また後列の壊れやすい味方を守る盾として機能する。

魔法使い

ダメージの大きい魔法でで軍隊全体を破壊できる危険なクラスだが、あらゆるタイプのダメージに非常に弱い。

アーチャー

遠距離から敵に壊滅的な打撃を与えることができるが、危険を回避するために安全な距離を保つことができる遠距離アタッカー。

Tribalpunk(トライバルパンク)のNFTキャラクターたちは、メインヒーローとは別に、階層によってさらに区別されています。
ランクが高いほど、より強くなります。
低レベルのキャラクターの複製は、融合してより高いレベルのキャラクターに昇格させることができるので、Tribalpunk(トライバルパンク)に投資する価値は十分にあります。

アセンション祭壇

ここでは、重複した仲間や同じ派閥の仲間を使うことで仲間をアセンションさせることができます(アセンションレベルに依存)。
アセンションすると、ステータスの上昇、レベル上限の引き上げ、より効果的なスキルの付与など、キャラクターを強くすることができます。

アイテム(装備品)のフォージ(合体)

  • 装備品(武器、防具、兜、アクセサリー)を鍛錬することで、次の階層に進むことができます。
  • 鍛錬するためには、同じ階層の装備が必要です。
  • 上位の装備ほど、ステータスやスキルが高く、レベル上限も高くなります。

クエスト・モード

Tribalpunk(トライバルパンク)では、プレイヤーは常に数え切れないほどのタスクや雑用に挑戦し、さまざまなタイプのクエストとして設計されています。

デイリークエスト
毎日繰り返し発生する細かいクエストで、ゲームをプレイしているだけで報酬を得られるような感覚を与える。
ウィークリークエスト
より長く、より難しいチャレンジで、より良い報酬を得ることができ、プレイヤーを長期に渡って惹きつける。
キャンペーンクエスト
Tribalpunk(トライバルパンク)をより深くプレイすることで、1回限りのユニークな報酬が得られる。Tribalpunk(トライバルパンク)への投資に価値を感じてもらえるような、ユニークな報酬が用意されている。

名誉の壁

ゲーム内だけでなく、リアルタイムで行われるアクティビティにも参加し、世界中のプレーヤーと「Most Valuable Players」の座を競い合うことができます。

各ラダーにはプログレッションアチーブメントがあり、プログレッションリワードが提供されます。
自分のサーバーのどのプレイヤーが現在1位なのかは、ここで確認することができます。
現在、4つのユニークなファクションラダーが存在します。

  • ステージラダー。メインキャンペーンのステージの進行度によってランク付けされます。
  • ヒューマンラダー
  • ビーストラダー
  • マシンラダー

各派閥のユニークヒーローの数(重複を除く)と、各ユニークヒーローの最高昇格レベルに応じて、プレイヤーにポイントが付与されます。

シャドー・ハント

  • 強力なネメシスに挑み、強さを証明するとシャドウコインがもらえます。
  • ネメシスにダメージを与えれば与えるほど、ネメシスは強くなり、より良い報酬を得ることができます。
  • 毎日異なるネメシスに挑戦することができます。戦術を変えて、戦果を上げましょう。
  • シャドウコインはシャドウストアで装備チェストと交換することができます。

ミスティックタワー(神秘の塔)

  • 栄光と富を求めて試練の塔を登る。
  • 3つの派閥の塔は、それぞれ特定の派閥の仲間だけが隊列を組むことができる。すべてのファクションタワーはそれぞれ100階建てで、毎月リセットされます。
  • タワーには入場制限がなく、いつでも登ることができます。

アリーナ

  • アリーナは、ポイントを貯めて報酬を獲得する競技です。バトルの結果によって、あなたのレーティングは上下します。
  • 最初の2回は無料で入場できますが、それ以降はアリーナチケットを使用して入場する必要があります。
  • 各シーズンは2週間です。参加すると、デイリー報酬とシーズン報酬を得ることができ、その額はランクによって異なります。
  • シーズンが終了したら、次のシーズンに再び参加するために「英雄の闘技場」に再入場する必要があります。

Tribalpunk(トライバルパンク)のマーケットプレイス

NFTマーケットは全く別のプラットフォームで動作しており、ウェブサイトでの展開が好ましいとされています。
ここで受け入れられる主な通貨は、Tribalpunk(トライバルパンク)の統治トークンである$ANTAです。

Tribalpunk(トライバルパンク)のNFT

Tribalpunk(トライバルパンク)では、NFTは冒険隊に引き入れることができるキャラクターです。
NFTキャラクターは、マーケットプレイスでANTADA(アンタダ)トークンを使ってプレイヤー間で取引することができます。

それぞれの仲間は、以下の指標で区別されています。

  • 種族
  • レアリティ
  • 星の数
種族

Tribalpunk(トライバルパンク)には5つの主な種族があります。

  • ヒューマン
  • ビースト
  • マシン
  • イモータル
  • トランセンデッド

の5種族です。
それぞれの種族は、他の種族と戦う際に有利になるように設定されています。

また、同じ種族のメンバーでパーティを組むと、ある種のアドバンテージが得られます。

レアリティ

各NFTキャラクターは、以下のような異なるレアリティを持つことができるようになります。

  • コモン
  • エリート
  • レジェンダリー

の3種類です。
レアリティが異なると、星の数や最大レベルも異なります。
具体的には下表のようになります。

星の数

初期の星の数は、仲間のレアリティによって異なります。
祭壇で他の仲間を昇天素材にすることで、星をアップグレードすることができます。

ミスティック・ボックス

Mystic Boxは、マーケットプレイスで$ANTAトークンを使って購入することができます。
Mystic Boxを開けるたびに、ランダムで仲間を入手することができます。
運が良ければ、抜群の強さを誇るレアな仲間を所持していることもあります。

Tribalpunk(トライバルパンク)のトークン・エコノミクス

ガバナンス・トークン「ANTA」

正式名称は、ANTADA TOKENです。
バイナンス・スマートチェーン上で動作し、供給量は10億枚まで。
利用用途は下記の通り。

  • 取引について
  • マーケットプレイスでの支払い。
  • 特別なイベントでの報酬。
  • アリーナ(PvPモード)のトッププレイヤーへの報酬。

リワード・トークン「SO」

バイナンス・スマートチェーン上で動作し、供給量は無制限です。
利用用途は下記の通り。

  • 仲間をより高いレアリティに昇格させることができます。
  • 一部のゲーム内機能によるゲーム進行のスピードアップ。
  • ゲーム内アクティビティーの報酬。

トークン・アロケーション

Public Allocationの部分は、TGEで20%のトークンが発行されると、スマートコントラクトによって残りの80%のトークンがロックされるため、IDOラウンドで資金調達を行う場合、Launchpadで販売するトークンは記載の発行量の20%しか持っていくことができません。

  • スマートコントラクトによってロックされ、6ヶ月間毎月権利確定するPublic Allocationトークンの残りの80%は、毎月トークンの権利確定時に燃やされることになります。
  • Public Allocationのベスティングトークンウォレットは 0xb428da589fe7AEb6EFA41BCD2Af91f59bbf7aB61
  • 私たちは、毎月ベスティングのスケジュールが来たときにトークンのバーンを発表し、その結果をコミュニティとこのホワイトペーパーに更新します。

トークン・ユーティリティ

ゲーム内のプレイ・トゥ・アーンの仕組みの他に、プレイヤーはゲームに関与することで受動的な収入を得ることができます。
ステーキングはTribalpunk(トライバルパンク)のGameFi機能です。
ユーザーは好みに応じて様々な用途でNFTをステーキングことができます。
ファーミングや、ミント、ステーキングなど、その他のアクティビティも将来的にアップデートされる予定です。

Tribalpunk(トライバルパンク)のロードマップ

2022年2月

  • ウェブサイト開設のお知らせ
  • 予告編/ゲーム紹介

2022年3月

  • スマートコントラクトの開発
  • プレイヤー同士でのNFTの売買

2022年4月

  • エアドロップ
  • コンテスト
  • ホワイトリスト

2022年5月

  • IDO
  • TGE(トークン・ジェネレーション・イベント)
  • トークン上場

2022年6月

  • マーケットプレイス
  • ベータテスト

2022年7月

  • 正式サービス開始
  • アリーナ(PvP)
  • ステーキング
  • マーケティングイベント

2022年8月

  • サーバーの最適化
  • ゲームの最適化
  • アンドロイド版

2022年9月

  • IOS版
  • マーケティングイベント

2022年10月

  • 課題
  • 機器NFT

2022年11月

  • ダンジョン
  • マーケティングイベント

2022年12月

  • チャットシステム
  • ギルドボス
  • 新キャラクター

Q1/2023

  • 土地売却
  • 新キャラクター

Q2/2023

  • ペットシステム
  • 新キャラクター

Q3/2023

  • ソウルツリー
  • 新キャラクター

Q4/2023

  • 聖痕
  • 新キャラクター

Q1/2024

  • ベース
  • 新キャラクター

Q2/2024

  • 月刊コンテンツ
  • オフラインイベント

Tribalpunk(トライバルパンク)の完了済マイルストーン

2020年3月
非NFT版のゲームアイデアとコンセプト
2020年4月
Non-NFT版の開発開始
2021年1月
社内αテスト
2021年4月
Google PlayストアにてNon-NFT版のベータテスト実施
2021年9月
Google PlayストアにてNFT非対応版正式リリース
2021年11月
NFT版のブレインストーミングとアイデア出し
2021年12月
NFT版の開発開始
2022年2月
ウェブサイト、トレーラー/ゲーム紹介のローンチ

Tribalpunk(トライバルパンク)の公式Medium和訳

下記の内容は、Tribalpunk(トライバルパンク)の公式Medium記事の和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Tribalpunk(トライバルパンク)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Tribalpunk(トライバルパンク)の紹介

私たちのビジョンは、新進気鋭のNFTゲーム市場のトップコンテンダーになることです。
誰でも参加でき、ゲームを楽しみ、そして真剣に、本当の利益を得るためにプレイすることで幸せになることができます。

プレイヤーがゲームに投資(時間・お金)すればするほど、Tribalpunkとしての見返りが増えます。
Cryptoverseは公正で透明性のあるゲーム環境を提供することを目的としています。

直感的なゲームプレイで、誰でもすぐにTribalpunk.Cryptoverseに飛び込むことができます。
直感的なゲームプレイで、ゲームの経験や知識を気にすることなく、楽しい時間を過ごすことができます。

ハード・トゥ・マスター

Tribalpunk: Cryptoversesのメカニックは深い階層に分かれています。
Cryptoversesは、プレイヤーがゲームについてより多くを学び、真のハードコアゲーマーとしてスキルを磨くことに熱心であればあるほど、報酬を得ることを目的としています。

Play to Earn

Tribalpunk.Cryptoverseに費やした努力、時間、お金はすべて、ゲーム内で還元されます。
Cryptoverseに費やした努力や時間、資金は、ブロックチェーン技術を通じてゲームをプレイし続ける限り、プレイヤーに還元されます。

Tribalpunk(トライバルパンク)のMystic boxとは?

Mystic BoxはAntada(ANTA)トークンを使ってマーケットプレイスで購入することができます。
Mystic Boxを開けるたびに、ランダムで仲間を手に入れることができます。
運が良ければ、優れた強さを持つレアな仲間を所持することができます。

Tribalpunk(トライバルパンク)の、夢のチーム作り

Tribalpunkの中核となるゲームプレイです。
Cryptoverseでは、様々なソース(ガチャ、NFT市場など)からユニークで強力なキャラクターを入手し、適切なチームを編成してゲーム内のあらゆる難題に挑むことが重要です。
Cryptoverseのチーム展開は、主に2つのメインゲームモードで体験することができます。

Tribalpunk(トライバルパンク)のキャンペーンモード

Tribalpunk(トライバルパンク)では、広大で活気に満ちた古代の世界を楽しむことができます。
Tribalpunk(トライバルパンク)では、プレイヤーは数々の難題に挑戦し、征服の道を歩んでいきます。

このモードでは、ヒーローの組み合わせや配置、アビリティを使用するタイミングが戦況を左右します。
キャンペーンモードでは、時間とお金をかけて最強のチームを編成し、他では手に入らない貴重な戦力を手に入れ、戦況を有利にするための緻密な戦略が必要となります。

Tribalpunk(トライバルパンク)の放置モード

キャンペーンモードとは正反対に、Tribalpunk(トライバルパンク)への投資額が少ないプレイヤー向けに用意されたモードです。

Tribalpunk(トライバルパンク)のIdleモードでは、プレイヤーが指定したチームを無限の冒険へと導くだけで、ゲームは勝手に進行し、途中のモンスターと自動的に戦って資源を集め、NFTキャラクターのアップグレードに主に使われるゲーム内通貨、メタルシャードを生成します。

アイドルモードで最も注目されるのは、「アイドルチェスト」機能です。
アイドルモードに長く滞在すればするほど、チェスト内に多くの報酬が蓄積されます。

Tribalpunk(トライバルパンク)のガバナンス・トークン「ANTA」とは

Tribalpunk(トライバルパンク)のガバナンス・トークンの仕組み

ブロックチェーンは、個人間の安全で透明な取引のために設計された技術です。
その哲学の中心には、分散化があります。
技術レベルで安全性と透明性を確保できるネットワークを構築できるのであれば、なぜ中央集権的な仲介者が必要なのでしょうか?
したがって、ブロックチェーン・プロジェクトは、生来、分散型の自律的な世界を目指すものです。

世界が中央集権的な仲介者から解放されれば、コードとプロトコルが法律となります。
しかし、世界は進化し続け、また、その変化に対応した法律が必要です。
ブロックチェーン技術のおかげで、分散化、透明化、自律化されたガバナンスシステムを構築することができます。
まだ発展途上であり、今後急速に進化していくでしょうが、私たちが分散型の未来に備えるためには、その仕組みを理解することが重要です。

このように、ガバナンストークンがブロックチェーンベースのトークンの頂点に位置するのは、分散型である中で説明責任を維持するための鍵になるからです。
ちょうど歯車にオイルを入れるように、ガバナンストークンは分散型ガバナンスを促進することになります。

Tribalpunk(トライバルパンク)のガバナンストークンはゲームとどう関係するのですか?/h4>
まず、ガバナンストークンは、ゲーム開発者とゲーマーとそのコミュニティがシームレスに連携し、共に成長するための接着剤になります。
トークンの価値はゲームのパフォーマンスと連動しているため、トークン保有者(開発者とゲーマーの両方)は、ゲームをより良くするために協力することで利害が一致するのです。
何十年も一方的な関係しかなかった両者の間に、ポジティブな相乗効果が生まれるのです。

Tribalpunk(トライバルパンク)のガバナンストークン、ANTA

トークンの用途は、下記の通りです。

  • 取引すること。
  • マーケットプレイスでの支払い。
  • 特別なイベントでの報酬。

そして、ゲーマーがゲーム開発に参加する手段を提供するDAOを開発することで、ANTAホルダーをより強力な存在にしていきます。

Tribalpunk(トライバルパンク)が考える、放置型のRPGゲームとは?

アイドルRPGは、キャラクターと対話する他のRPGとは異なり、それ自体が新しいタイプのロールプレイングです。
登録すると、ゲームのゴールは座って放置することです。
アイドリングを長く続ければ続けるほど、経験値が増え、レベルが上がっていきます。
やめる、話す、などの行為は禁止されており、ペナルティーが課せられます。

キャラクターは、マップをあてもなく歩き回り、アイテムを拾い、神聖なアイテムや経験値を得るためにクエストに出かけ、他のプレイヤーとバトルすることもできます。
しかし、あなたがしなければならないのは、ただ座ってショーを楽しむことです。
この種のゲームはインタラクティブ性に欠けるため退屈に思えますが、おそらくこれまでに作られたRPGの中で最も面白いものです。
ゲーマーは、暇なときに数回タップするだけで、壮大なストーリーやバトルなどを経験することができるのです。

Tribalpunk(トライバルパンク)がプレイヤーにもたらすものは?

Tribalpunk(トライバルパンク)は、ユニークなキャラクターからチームを作ることに主眼を置いたアイドル/RPGコレクティブルカードゲームです。
ゲームプレイの核となるのは、Tribalpunkのように、プレイヤーが冷静になりながらゲームを楽しむことです。
Cryptoverseは、技術的にそれ自体でプレイし、プレイヤーからの多くの入力なしで壮大な利益を得ることができます。

NFT/ブロックチェーン技術と組み合わせることで、このゲームに投資すればするほど、プレイヤーに実際の利益を提供することで、コアコンセプトはさらに一歩進んでいます。

Tribalpunk(トライバルパンク)のゲーム内派閥について

Tribalpunk(トライバルパンク)のキャラクターは、3つの基本的な派閥に分かれています。

人間の派閥(赤)

人間派閥は、神々が人類の大半を破壊した後の生存者です。

  • ビーストと戦うと強い
  • マシーンと戦うと弱くなる。

ビーストファクション(緑)

ビースト派閥は母なる地球に昔から暮らす動物たちです。
彼らは自然から力を得て、故郷を守る動物たちです。

  • マシーンと戦うと強い
  • 人間と戦うと弱くなる。

マシンファクション(青)

機械派とは、古い時代から存在する機械で、自己再生能力を持ち時間とともに強くなっていきます。

  • ヒューマンと戦うと強い
  • ビーストと戦うと弱くなる

Tribalpunk(トライバルパンク)と、他のブロックチェーンゲームの違いとは

今日はIdle Tactical NFTゲームであるTribalpunk(トライバルパンク)と他のNFTゲームとの違いを発見してみましょう。

高い3Dグラフィック

Tribalpunk(トライバルパンク)は最新の3Dグラフィックスをベースに作られており、従来の2Dフォーマットで作られた他のNFT製品とは異なり、プレイヤーは簡単にエキサイティングなバトルに没頭することができます。

無料・低投資のプレイヤーに優しい

NFTゲームというと、高額な費用がかかる有料のPay-to-Playゲームを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、Tribalpunk(トライバルパンク)では、ゲーム内で使用可能な10星のキャラクターとなり、大きな強さと様々な役割の切り替えができるようになるのです。
また、一般的なNFTゲームのレベルに比べてレートアップ率がかなり高いので、少ない投資で運が良ければ強力な星4のコンパニオンを簡単に所有することができます。

アイドル機能 – 自動的に資源を収集する

Tribalpunk(トライバルパンク)をプレイする際、特に忙しいプレイヤーに適した、ゲームの進行状況に応じて自動的に資源を収集する「自動収集機能」があるため、1日のうちあまり時間をかけずにプレイすることができます。

戦術性の高さ

多くのNFTゲームでは、強いトップクラスのキャラクターを求めて多くの資金を投入する傾向があり、特定のラインナップを乱用するプレイヤーも少なくありません。
Tribalpunk(トライバルパンク)は、5つの異なる種族とバランスを取り、互いに対抗する巨大なキャラクター・システム(現在53人のキャラクター)でこれを克服し、それによって何千もの戦略やフォーメーションをプレイヤーに提供することができます。

Tribalpunk(トライバルパンク)の主人公と装備システム~武器編

Tribalpunk(トライバルパンクでは、メインキャラクター(MC)は特別なキャラクターです。

  • MCはラインナップに必須のキャラクター
  • MCは最初から星10のプレイアブルキャラクターである。
  • MCは独自の装備システムを持っている
  • どの派閥にも移籍できる

これらの特徴により、MCはどの戦いでも常に勝利のカギを握っているのです。
中でも装備システムは、ゲーム内の戦略を多様化させ、枠組みに縛られない、最も優れた特徴となっています。

MCが使用できる装備品には、武器、防具、頭装備、装身具があります。
それぞれのアイテムには多くの種類があり、どれかひとつを変えるだけで、MCのゲームプレイや部隊の配置がガラリと変わります。

Tribalpunk(トライバルパンク)装備システム【武器】

武器はMCのクラスチェンジ装備で、どの武器を使うかで、その武器に基づいたMCのプレイスタイルが決まります。
また、武器にはそれぞれスキルが設定されており、これがMCのアクティブスキルとしても機能します。
なお、スキルの項目には、コモン/アンコモン/レア/エピック/レジェンダリーの各階層に到達した際の武器の特性が記載されます。

Great sword
敵1体に200/250/300/350/400%の攻撃力ダメージを与え、1/2/3/4/5秒間スタンさせる。クールダウン13/12/11/10/9s
ツインブレード
敵の現在のHit pointの10/15/20/25/30%のダメージを与え、与えたダメージと同量の回復を行う。クールダウン 8s
Shield
6秒間、自身の防御力を500%上昇させ、全ての敵を翻弄し、受けたダメージを60/70/80/90/100%攻撃側に反射させる。クールダウン 13/12/11/10/9s
Bow Bow
敵全体に80/90/100/110/120%の攻撃力をダメージとして与え、戦闘中、自身の攻撃力を10/15/20/25/30%増加させる。クールダウン10秒。
スタッフ
狭い範囲にいる敵1体に300/400/500/600/700%の攻撃力を持つダメージを与える。敵の失われたHitポイントに応じたボーナスダメージ。クールダウン15秒。
魔法
ランダムな1/2/3/4/5の敵を沈黙させ、5秒間毎秒80/90/100/110/120%の攻撃力をダメージとして与える。クールダウン 12/11/10/9/8s

Tribalpunk(トライバルパンク)のAltarを使用して、キャラクターのアップグレードを行う

Tribalpunk(トライバルパンク)のゲーム内の祭壇は、2体以上のキャラクターを組み合わせることで、キャラクターのスターレベルを上げることができる場所です。
組み合わせのルールは、下記を参考にしてください。

  • 星1つのキャラクターは、この機能を使用できません。
  • 星2つのキャラクター→ 星3つのキャラクターは、元のキャラクターと同じように、あと2人必要です(コピー)。
  • 星3つのキャラクター→ 星4つのキャラクターは、元のキャラクターと同じ派閥のキャラクターがあと2人必要です。
  • 4つ星キャラクター→ 5つ星キャラクターのコピーが1つ必要 5つ星キャラクター
  • 5つ星キャラクター → 6つ星キャラクターと同じ派閥の「5つ星」キャラクターが2枚必要です。
  • 6つ星キャラクター→ 7つ星キャラクターが1枚必要
  • 7つ星キャラクター→ 8つ星キャラクターと同じ派閥の「7つ星」キャラクターが1枚必要です。
  • 8つ星キャラクター → 9つ星キャラクターと同じ派閥の「7つ星」キャラクターが1枚必要です。
  • 星9のキャラクター→ 星10のキャラクターには、オリジナルのキャラクターと同じ「星9」1枚が必要です。

Immortal及びTranscendedの派閥に属するキャラクターについては、以下の複合式になります。

  • 星4つのキャラクター→ 星5つのキャラクターは、オリジナルのキャラクターのコピー1枚が必要 星4つのキャラクター
  • 5つ星キャラクター → 6つ星キャラクターは、オリジナルキャラクターの「5つ星」コピー1枚が必要です。
  • 6つ星キャラクター → 7つ星キャラクターのコピー「5つ星」1枚が必要
  • 7つ星キャラクター → 8つ星キャラクターの「5つ星」コピー1枚が必要です。
  • 8つ星キャラクター→ 9つ星キャラクターの「5つ星」コピー1枚が必要です。
  • 9つ星キャラクター→ 10つ星キャラクターには、オリジナルキャラクターの「5つ星」コピー1枚が必要です。

本機能を使用する際の注意点

  • 星2つのキャラクターを持っている場合、インベントリがいっぱいにならないよう、星を増やしてください。
  • 伝説のキャラクター(元のキャラクターは星4つ)を星5つから上位マイルストーンにアップグレードする場合、伝説のキャラクターの素材は使用しないでください。アップグレードには、星2、3キャラクターの素材をご使用ください。
  • キャラクターのアップグレードには、Shiny Oreトークンで計算された費用が発生します。
  • キャラクターのアップグレードには、一定の成功確率があります。アップグレード完了後、成功しても失敗しても、「メタルシャード」と「パワーエッセンス」を一定量受け取ることができます。

Tribalpunk(トライバルパンク)のストーリー「ソホ村」

ソホ村は、見渡す限り本土が見える孤島にあり、そこには謎の遥かなる山がある。
この村の人々は、その昔、人類が恐ろしい災害に見舞われ、自分たちが最後の一人となったという話を聞いていました。
同じ伝説によると、山の頂上には世界の秘密があるそうです。

5年に一度、選ばれた若者たちが海の向こうへ旅立ち、遥かなる光に包まれた山「ファーウェイ」を目指し、自らの価値を証明するのだという。
誰も成功したことがないように、誰も期待されていない。
昇殿の儀式で嵐の中を最も遠くまで旅することに成功した者は、王者と称され、村の家宝の一つを受け継ぐ権利を得ることになる。

この伝統がなぜ、いつ始まったのかは、まだ生きている数人の長老やシャーマンを除いて、あまり知られていない。
最も重要なことは、次の遠征が、ヒーロー/ヒロインにとって、先祖に自分の価値を証明する最初のチャンスになるということだ。
噂によると、山の頂上には想像を絶する栄光があり、最初に主張する人を待っているそうです。
そして今年の大会では、主人公とその仲間たちが旅に出る準備をしている…。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。