Smell Market(スメルマーケット)とは-「香り・においのNFT」の実現を目指す仮想通貨関連プロジェクト

「におい・香りのNFT化」で話題の、SmellMarket(スメルマーケット)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなSmellMarket(スメルマーケット)の利用を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. ビットポイント 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※2024年2月29日午後4時までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、1,000円相当のビットコイン(BTC)をプレゼントするキャンペーン開催中

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、「においNFT」購入等のためのノーリスクの原資を確保しておく
  3. SmellMarket(スメルマーケット)の公式サイトにて、出品されている「においNFT」をチェックしてみる

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

SmellMarket(スメルマーケット)の利用を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:ビットポイント公式サイト

SmellMarket(スメルマーケット)で出品されている「においNFT」は、Slash Paymentという決済サービスを介し、暗号資産(仮想通貨)で購入することが出来ます(別途、クレジットカード決済も可)。
そして、仮想通貨で「においNFT」を購入するためには、当然のことながら、手元の日本円を、あらかじめ、暗号資産に交換しておく(=仮想通貨を購入しておく)必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、ビットポイント 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的は、SmellMarket(スメルマーケット)の”においNFT”を買ってみる事。必要な分の仮想通貨を、日本円で購入するための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、日本円を用いて、暗号資産(仮想通貨)を入手したい、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイント に口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント公式サイト

※2024年2月29日午後4時までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、1,000円相当のビットコイン(BTC)をプレゼントするキャンペーン開催中


なお、ビットポイントでの口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、BITPOINT(ビットポイント)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、SmellMarket(スメルマーケット)の「においNFT」購入等のための原資を確保する

SmellMarket(スメルマーケット)で出品されている「においNFT」の価格は、利用可能回数等に応じて様々ですが、中には、数万円以上の購入費用がかかるNFTも存在します。
その「全額」とまではいかないとして、幾分かを賄うためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用することが得策です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

本日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、17,500円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当のETH(イーサリアム)がもれなく全員にプレゼント。もらったETHは、同社のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年3月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年2月29日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

プレファン

2024年2月29日までに公式サイト から新規本会員登録完了でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

利回り不動産

2024年2月28日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

2024年6月30日までに公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のETHをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼント
キャンペーン期限
本日現在、期間限定にて開催中
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、本日現在、期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分のETH(イーサリアム)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったイーサは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年3月31日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月29日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

プレファン(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録完了(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月29日
サイトURL
プレファン (公式)

東京証券取引所スタンダード市場上場の株式会社プレサンスコーポレーションのグループ企業にあたる、株式会社プレサンスリアルタが運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
期間限定で、新規会員登録者向けに、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月28日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
2024年6月末までの期間限定で、新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

「においNFT」Smell Market(スメルマーケット)の始め方・使い方

ここでは、「においNFT」としてSmell Market(スメルマーケット)の具体的な利用方法等について、確認を進めて参ります。

においNFTで話題のSmellトークン(仮想通貨)の買い方

分散型取引所「Uniswap(ユニスワップ)」を利用して、ポリゴン・チェーン上にデプロイされている、Smell Market(スメルマーケット)の仮想通貨、Smellトークン(SML)を購入したい場合、その手順は、以下の通りです。

  1. Uniswap(ユニスワップ)公式サイトにてウォレットコネクトを済ませる
  2. 交換先の仮想通貨銘柄として、Smellトークンを指定する
  3. Smellトークンの購入
  4. 購入したSmellトークンをMetaMask(メタマスク)で確認

それぞれ、スクリーンショットを交えつつ、確認して参りましょう。

【Smellトークン上場済】Uniswap(ユニスワップ)公式サイトにてウォレットコネクトを済ませる

まずは、Smell Market(スメルマーケット)の仮想通貨「Smellトークン」が上場していることでも知られる分散型取引所、Uniswap(ユニスワップ)に、ウォレットコネクトを済ませます。
手順は以下の通りです。

Uniswap(ユニスワップ)公式サイトへ

最初に、Uniswap(ユニスワップ)の公式サイトにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://app.uniswap.org/

ポリゴン・チェーンに切り替える

Uniswap(ユニスワップ)のデフォルト設定では、ブロックチェーンが「イーサリアム・メインネット」に設定されているケースがあります。
ポリゴン・チェーン上にデプロイされているSmellトークンを購入したい場合は、あらかじめ、ブロックチェーンを「ポリゴン」に変更しておきます。

「接続」ボタンをクリック

Uniswap(ユニスワップ)公式サイトの画面右上に表示されている「接続」ボタンをクリックします。

コネクトに利用したいソフトウェア・ウォレットの選択

任意のソフトウェア・ウォレットを選択します。
なお、以下の記事では、MetaMask(メタマスク)を利用しています。

ソフトウェア・ウォレットを用いてコネクトを承認

前段で選択したソフトウェア・ウォレットのポップアップが表示されるので、コネクトを承認します。

交換先の仮想通貨銘柄として、Smellトークンを指定する

Uniswap(ユニスワップ)とのウォレットコネクトが済んだら、早速、交換先の仮想通貨として、Smellトークンを指定・設定していきます。

「トークンを選択」のバナーをタップ

「交換後」のトークン側に表示されている、「トークンを選択」のバナーをタップします。

Smellトークンのコントラクトアドレスで検索

Smell Market(スメルマーケット)の仮想通貨、Smellトークンのコントラクトアドレス(ただし、ポリゴン・チェーン上のもの)として、以下を入力します。

0xfCB54Da3F4193435184F3F647467e12b50754575

検索結果にSmellトークンが表示されるので、クリックで選択します。

Smellトークンに関する注意事項の確認

Smellトークンの売買に関する、Uniswap(ユニスワップ)からの注意喚起内容を確認したうえで、「理解しました」のバナーをクリックします。

交換先のトークン名が「SML」になればOK

このように、交換先のトークン名の部分が、SmellMarket(スメルマーケット)の仮想通貨、「SML」に設定されればOKです。

Smellトークンの購入

交換先の仮想通貨として、「Smellトークン」の指定・設定が済んだら、早速、交換処理を進めていきます。

買いたいSmellトークンの量を指定

今回買いたいSmellトークンの量を入力し、「スワップ」のバナーをクリックします。

すぐに、このような確認画面が表示されるので、「スワップを確認する」のバナーをクリックします。

Uniswap(ユニスワップ)による、交換「前」のトークン使用許可

SmellMarket(スメルマーケット)の仮想通貨、Smellトークンを購入するのに先立ち、あらかじめ、Uniswap(ユニスワップ)が交換「前」(=今回の例であれば、USDT)のトークンを使用することを許可する必要があります。

Smellトークン購入の実行

そのまま、交換元トークンから、Smellトークンへの交換を実行します。
なお、Smellトークンの買付にあたっては、トランザクション手数料(ガス代)として、少額のMATICの支払いが必要となります。

このようなポップアップが表示されれば、Smellトークンの購入は完了です。

購入したSmellトークンをMetaMask(メタマスク)に表示する

Uniswap(ユニスワップ)等で購入したSmellトークンの残高を、MetaMask(メタマスク)等のソフトウェア・ウォレットにて表示・管理したい場合、手順は以下の通りです。

「トークンをインポート」をクリック

MetaMask(メタマスク)の拡張機能(もしくは、アプリ)を開き、「トークンをインポート」のテキスト部分をクリックします。

Smellトークンのコントラクトアドレスを入力

「トークンコントラクトアドレス」の箇所に、Smellトークン(ポリゴン・チェーン上のもの)のコントラクトアドレスとして、以下を入力します。

0xfCB54Da3F4193435184F3F647467e12b50754575

「カスタムトークンを追加」をクリック

トークンシンボルとして「SML」が自動表示されることを確認したうえで、「カスタムトークンを追加」のバナーをクリックします。

このような確認画面が表示されるので、「トークンをインポート」のボタンをクリックします。

SMLトークンの残高(バランス)が表示される

他の仮想通貨と合わせて、このように、SMLトークンの残高が表示されれば、OKです。

SmellMarket(スメルマーケット)ホワイトペーパー和訳



画像引用元:Smell Market(スメルマーケット)公式サイト

下記の内容は、Smell Market(スメルマーケット)運営元からの承諾に基づき、公開されているSmellMarket(スメルマーケット)のホワイトペーパー等の一部、ないしは全部の和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://www.atit.solutions/whitepaper-en

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、Smell Market(スメルマーケット)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、ホワイトペーパー等の記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

原文の明確化および本書の目的について

本書の原文は英語であり、日本語訳版は参考資料として外部ボランティア翻訳チームにより翻訳されたものです。
英語版と日本語訳版の間に意味の食い違いがある場合は、英語版を優先してください。

本資料の目的

本書は情報提供を目的としたものであり、その内容の正確性、完全性を保証するものではありません。
本資料は、いかなる法域においても、有価証券の売買、投資勧誘、投資アドバイスとして解釈されることを意図したものではありません。
また、規制当局の承認や審査を受けておらず、適用される法律や規制への準拠を意味するものではありません。
SMELL MARKETプロジェクトへの参加または寄付を検討されている方は、この文書の内容を十分に理解し、専門家の助言を得ることを強くお勧めします。

Smell Market(スメルマーケット)とは



画像引用元:Smell Market(スメルマーケット)公式サイト

SMELL MARKETは、香りのデジタルアイテムを発行・管理・流通させることに特化した、世界初のプラットフォームです。

嗅覚を刺激する記憶は、他の感覚よりも強い感情反応を呼び起こすと考えられており、香りを利用したマーケティング戦術が世界的に行われている理由です。
様々なハードウェアメーカーが香りをコントロールするためのIoTやAIを搭載したデバイスを展開していますが、香りのデータフォーマットの標準化はまだ実現されていません。

SMELL MARKETは、香りを世界的に認められたデータフォーマットにデジタル化し、所有権を証明できるNFTとして販売します。
この香りのNFTを購入した企業や個人は、専用のディフューザーを使って、いつでも同じ香りを再現することができます。
今後、SMELL MARKETは、香りデバイスメーカーと提携し、香りデータの販売プラットフォームとなることを目指します。

これまで保護されていなかった香りの著作権者の権利を守るため、SMELL MARKETはブロックチェーンとNFT(Non Fungible Token)を導入しています。
これにより、クリエイターと購入者の著作権保護が確保され、フレグランス版JASRAC(※)が確立されます。

SMELL MARKETのプラットフォームは、WEB3.0技術のNFTマーケットと分散型自律組織(DAO)を取り入れ、独自のブロックチェーンで開発されています。
暗号通貨SMLを発行し、NFTと暗号通貨を利用するための基盤を構築しています。
ユーザーはマーケットでフレグランスNFTを購入・再販することができ、購入したNFTはディフューザーで再生することができます。

SML保有者は、SMELL MARKETのコミュニティに参加でき、香りデータの収集・登録やブロックチェーン取引の承認などの権限が付与されます。
コミュニティ参加者はプラットフォーム上でエンゲージし、報酬としてSMLが支払われます。
登録された香りデータが購入されると、購入手数料や著作権料が支払われます。
SMELL MARKETは、香りを活用することで報酬を得ることができる「Smell To Earn」の世界を実現します。


(※)JASRACとは、日本音楽著作権協会(Japanese Society for Rights of Authors, Composers, and Publishers)のことです。
日本における音楽の著作権や使用料の徴収を管理する団体です。
JASRACは、音楽の使用許諾、使用料の徴収、作曲家・作詞家・出版社への使用料の分配を行っています。
また、音楽の利用状況を監視し、権利保護のために国際的な協力も行っています。
JASRACは、教育、法的支援、アドボカシー活動を通じて、音楽業界をサポートしています。
音楽制作者への正当な報酬を確保し、技術の進歩に対応するために重要な役割を担っています。

SmellMarket(スメルマーケット)がが取り組む課題



画像引用元:Smell Market(スメルマーケット)公式サイト

フレグランス業界は歴史上、大きな成長を遂げてきました。
数え切れないほどの香りが生み出され、様々な香水やイメージフレグランスが市場に登場するようになりました。
フレグランス業界では、多くの原料を組み合わせて1つの製品を作ることが一般的です。
そのため、各製品は普遍的な魅力に欠け、特定の注文に合わせたものになるのが一般的です。

このようなビジネススタイルでは、すべてのユーザーがデジタル世界で同じ体験を楽しめるような単一のソフトウェアソリューションを開発し、活用することは困難です。
私たちの提案は、香りを作るための原料の数を制限し、その原料から作れる香りの最大数でビジネスを構築するという、逆の発想でフレグランス業界にアプローチすることです。

香りの種類は限られますが、香りをデジタル化することで大量生産とコスト削減が可能になります。
さらに、メタバース時代に柔軟に対応することができます。

このような新しい考え方は、フレグランス業界に新しい可能性をもたらし、デジタル化、メタバース化の波に乗ることができるようになります。
限られた原料をベースにした新しいスタイルで、フレグランス業界が繁栄していくことを期待しています。

従来のディフューザー業界の課題

ディフューザーを楽しんでいる方々の声によると、8割のユーザーが共通して次の4つの課題に直面しているそうです。

  • 一度購入したアロマオイルは、使い切らないと別の香りを試すことができない。
  • 実際には、気分に応じて別の香りを試してみたいというのが、ユーザーの本音です。
  • 複数のアロマオイルを混ぜ合わせることで香りが変わることは知っているが、ブレンドの作成が面倒である。
  • アロマオイルは高価だ。

私たちのプラットフォーム「Smell Market」は、こうした課題を解決します。
Smell Marketは、フレグランス業界のデジタルトランスフォーメーションを推進し、香りのための最初のNFTプラットフォームとなります。
ユーザーは、デジタル化された香りのレシピデータをスマートフォンにダウンロードし、専用ディフューザーを使って香りを合成することができます。
このサービスにより、スマートフォンによる音楽のダウンロードが便利になったように、香りを購入するために店舗に足を運ぶ必要がなくなります。

事業規模の課題

前述したように、フレグランス業界は非常に大きな成長を遂げ、多様な原料を使用して様々な香りを生み出しています。
しかし、このようなビジネススタイルでは、すべてのユーザーに対してユニバーサルなソフトウェアソリューションを開発しようとすると、課題があります。

そこで私たちは、香りの原料を限定し、その原料から生み出される香りの最大数でビジネスを展開するアプローチをとっています。
そうすることで、香りの大量生産とコストダウンを実現し、かつメタバース時代に対応した柔軟性を持たせています。

従来の調香師(パヒューマー)のビジネスモデルの課題

調香師(パヒューマー)は香りを作る専門家であり、フレグランス業界は、さまざまな原料を使ってほとんどすべての香りを再現できるまでに発展しています。

従来のパフューマーのビジネスモデルは、クライアントのニーズに基づいてカスタムメイドの香りを作り、最終製品を納品するものでした。
イメージフレグランスは、ホテルのロビーや銀行のエントランス、トイレなど、さまざまな場所に合わせて作られます。

しかし、この方法には課題もあります。
調香師はクライアントごとに香りを作るため、同じ香りを複数のクライアントで再利用することができません。
新しい顧客ごとに新しいブレンドが必要になるため、在庫が余ってしまうのです。
また、香りを補充するために、定期的にお客様を訪問する必要があります。

そこで、香りの組み合わせを何千通りも作ることができる「香りプリンター」を開発しました。
調香師は、香りのプリンターをクライアントに届け、香りのレシピを送るだけでよいのです。
これにより、在庫リスクがなくなり、顧客訪問なしで香りの更新が可能になり、多様な香りを提供することができるようになりました。

Smell Market(スメルマーケット)のプロジェクトとは



画像引用元:Smell Market(スメルマーケット)公式サイト

本プロジェクトでは、香りを数値化するための世界標準コード「Digital Smell Format(.sme)」を発行・管理します。
デジタルスメルフォーマットには、香りを再現できるスプレー装置や電子機器の「カートリッジ番号」「持続時間」「強さ」などのプログラムが含まれており、香りをコントロールすることができます。

NFTによる技術革新

Non-Fungible Token(NFT)は、ブロックチェーン上で取引可能な暗号資産です。
デジタルデータは改ざんされにくいブロックチェーン上に記録され、固有の存在として扱われ、所有権が証明されることで偽造が不可能となります。
また、取引履歴や所有者情報もブロックチェーン上に記録され、データの所有権を確保することができます。
NFTは、デジタル作品の新しい楽しみ方、ビジネスのあり方を生み出します。

香りの定量化×NFT×デジタルデバイス

デジタルの香りを必要なタイミングで再現する技術とデジタルデバイスを融合させることで、新たな世界観を創出します。
例えば、AI搭載のディフューザーで気分に合わせて部屋の香りをコントロールしたり、ゲームやメタバースで敵やお店を香りで察知したり、ディフューザー搭載のAR/VRメガネで世界旅行を楽しむことができます。
このプロジェクトは、想像をはるかに超える大きなマーケットに広がっていくに違いありません。

SMELL MARKETのマーケットと展望

SMELL MARKETは、デジタルマーケティング市場をターゲットとし、香りNFTを活用したビジネスを展開していきます。
2021年の世界の広告費は前年比17.0%増の6,825億ドル、そのうちデジタル広告は前年比29.1%増の3,557億ドルで、広告業界の拡大を牽引しています。
※出典: https://www.advertimes.com/20220127/article375333/

さらに、2020年の世界の香り市場は約5兆円で、2025年には6兆円に達すると予測されています。

デジタル広告市場も香り市場も年々拡大しており、当社の市場は成長分野に位置づけられています。
さらに、メタバース分野の成長がNFT市場を牽引しており、米国の投資会社ジェフリーズは、2022年に350億ドル、2025年に800億ドルに達すると予測しています。

これらの市場に当社の香り事業が加わることで、広告の選択肢はさらに多様化すると期待されます。

Smell Market(スメルマーケット)のプラットフォーム



画像引用元:Smell Market(スメルマーケット)公式サイト

SMELL MARKETプラットフォームは、WEB3.0の要素であるNFTとDAOの仕組みを取り入れた、NFT登録管理、NFTマーケットプレイス、香り再生履歴管理機能で構成されています。

NFTの登録管理

ユーザーは数値化された香りデータを登録し、NFTを生成することができます。
一定の条件を満たしたユーザーが参加できるDAOコミュニティを構築し、新たな香りの登録やNFTの登録承認を行います。
参加者は報酬としてSMLを獲得できます。
さらに、登録された香りのNFTが売買されると、ユーザーは報酬を得ることができ、SMELL To Earnを実現します。

SMELL MARKET(スメルマーケット)

登録された香りNFTを売買する機能があります。
定価取引とオークション形式の取引が可能で、ユーザーは購入したNFTを再販することもできます。
香りのNFTには、コモンカードとオーナーカードの2種類があります。
コモンカードは香りの利用権を持つ会員に付与されるNFTで、オーナーカードは香りのNFTの所有権を登録または購入した会員に付与されるNFTです。
オーナーカードは、売買価格に応じてSMLで配当を受け取ります。
また、カードの種類ごとに発行枚数を指定することが可能です。

デジタルスメルパテント

香りNFTの再生回数を管理し、再生回数に応じた課金や再生回数に制限のあるNFTの発行が可能です。

SMELL MARKETアプリ

SMELL MARKETプラットフォームの全機能にアクセスし、ディフューザーやスプレーを操作できるスマートフォンアプリです。
また、SML決済機能も搭載しています。

SmellMarket(スメルマーケット)のテクノロジー



画像引用元:Smell Market(スメルマーケット)公式サイト

デジタルスメルフォーマット(.sme)は、香りを数値化するための世界標準のコードです。
デジタルスメルフォーマットには、香りを印刷する機器や電子機器の「カートリッジ番号」「持続時間」「強さ」「最大印刷枚数」などのパラメータが記録されています。
これらの機器は、Digital Smell Formatを受信すると、それに応じて香りを制御しプリントします。

NFTブロックチェーン

SMELL MARKETのプラットフォームは、Polygonブロックチェーンに基づいています。
Polygonブロックチェーンの特筆すべき利点は、取引手数料が極めて低いことです。

IPFSサーバー

広告業界への展開を考慮し、メタデータや画像データなどのリッチコンテンツファイルを保存できるIPFSサービスを構成しています。
IPFSクラスタは、各IPFSノードでファイルのPin機能を管理します。

Smell Market(スメルマーケット)の仮想通貨「スメル・トークン」とは



画像引用元:Smell Market(スメルマーケット)公式サイト

Smell Token(SML)は、フレグランス業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)に参加するための特別なトークンです。
このトークンを保有することで、ユーザーは革新的なSmell Marketプラットフォームで展開される様々なビジネスやゲームに参加することができます。
Smell Marketプラットフォームは、従来のフレグランス業界にデジタル技術を導入し、香りデータのデジタル形式での販売を可能にすることで、その可能性を広げています。

NFTの特別販売にいち早くアクセスできる:Smell Marketを独占的に体験

Smell Marketプラットフォームでは、通常のEコマースサイトと同様に、特別な商品を掲載することができます。
歴史的価値のあるデジタル化された香りのNFTや、有名ブランドがデジタル専用に開発した香りなど、限定的で価値のある香りのNFTとして提供されます。
これらの特別なNFTは、一般に販売される前に、SMLトークン保有者にSmell Marketのプラットフォーム上で先行販売権が付与されます。
この機会を利用して、誰よりも早く希少なNFTを入手し、コレクションに加えましょう。

このような早期アクセス権は、SMLトークン保有者にとっても大きな価値があります。
それは、自分だけの香りのコレクションを作るだけでなく、他のコレクターや愛好家との議論や交流の機会を広げることを意味します。
さらに、これらの希少なNFTは将来的に価値が上がる可能性があり、賢い投資となる可能性もあります。

Smell MarketのプラットフォームでSMLトークンを保有することで、特別な香りのNFTにいち早くアクセスし、限定的な体験を楽しむことができます。
コレクションを充実させて、香りの世界をさらに楽しんでください。

カスタム香料の作成・販売権

このプラットフォームの究極の目的は、調香師を自由化し、より多くの人が自分だけの香りを作れるようにすることです。
スメルマーケットとも呼ばれるデジタル調香師として香りを合成するためには、一定量のSMLを保有する必要があります。
これにより、プラットフォームのエコシステムが健全で、調香師にとって競争力のある状態を維持することができます。

SMLによる香りの無限大の創造性

SMLの保有量に応じて、作れる香りの数が増えます。
より多くのSMLを保有することで、デジタル調香師はより多様で豊かな香りのポートフォリオを作成する機会を得ることができます。
この仕組みにより、プラットフォームの品質が維持され、公正な競争が促進されます。
SMLを保有する人は、自分の作った香りをプラットフォーム上で制作・販売し、収益を得ることができます。

世界的に有名なアーティストやバンドのライブコンサートの香りの制作を担当することになったと想像してください。
会場にはあなただけの香りが漂い、観客は魅惑的な香りに包まれてライブを楽しみます。
その香りがアーティストやバンドのイメージを高め、ファンに深い感動を与えます。

会場では、作成した香りを購入するためのQRコードが大型スクリーンに表示されます。
観客はスマートフォンでQRコードを読み取れば、その場で簡単に香りを購入することができます。
こうして、ライブイベントに参加する数千人のファンが、あなたのオリジナルフレグランスを手にすることができるのです。

その結果、あなたの想像を超える売上を得ることができるのです。
この売上は、あなたの才能と努力の証であり、さらなるビジネスチャンスへの道を切り開くことになるでしょう。
この成功は、あなたのキャリアに対する自信を高め、次のチャレンジへの原動力となるでしょう。
調香師として成長し続けることで、香りの世界に新たな価値を創造し、無限の可能性を追求してください。

フレグランスコンペティションへの参加権

Smell Marketプラットフォームは、世界中のさまざまな著名人やキャラクターのオリジナルイメージフレグランスを販売し、誰もがユニークな香りを楽しむことができる革新的なサービスです。
そのフレグランスの制作権を決めるコンペティションがプラットフォーム上で開催されます。
優勝者には、オリジナルフレグランスの開発権が与えられます。
もちろん、このコンペに参加するためには、SMLトークンを保有している必要があります。

私たちのデジタル香り技術は、さまざまな産業で広く活用されることが期待されています。
エンターテインメント産業、ゲーム、広告、オフィス空間、ホテルなどで、香りは重要な役割を担っています。
Smell Marketのプラットフォームを通じて、デジタル調香師が作成した香りをこれらの場所で採用することができ、大きな収益機会を提供することができます。

また、このプラットフォームを活用することで、プロの調香師だけでなく、一般の人も香りを作り、市場で競争することができます。
このように、香りの世界が多様化することで、新たなビジネスチャンスが生まれます。

Smell Marketプラットフォームは、フレグランス業界のイノベーションを促進し、デジタル技術を活用して従来の制約を取り払うことで、香りの世界をより身近なものにします。
その結果、誰もが自分だけの香りを楽しんだり、調香師として活躍することができ、フレグランス業界の発展に大きく貢献します。

トークン名
スメル・トークン
発行者
AVALANCH TECH IT SOLUTIONS
ティッカー
SML
小数点以下の桁数
8
総供給量
12,000,000,000トークン
コントラクトアドレス
0xa9cc3aa847dfe26d9f4ae1b8aeb50368a840a663

SmellMarket(スメルマーケット)のトークン・アロケーション

本プロジェクトにおける最終的なトークン保有者のトークン配分は、以下の通りです。

取引所:20%
SMLを一般ユーザーへ販売
リクイディティ:15%
SMLの流動性を確保
開発/エコシステム:30%
運営費、開発資金、Smell DXの普及に充てる
マーケティング/オペレーション:10%
アトダシのグローバル化に向けたプロモーション、NFTスメルマーケットサービスに使用
コミュニティ:5%
コミュニティへの貢献に対する報酬、ステーキングリワード、エアドロップに使用
アドバイザーとパートナー:4%
事業拡大のインセンティブとして、弁護士や代理店に報酬を支払うために使用
コアチーム:16%
プロジェクトマネジメントメンバーへのインセンティブとして使用

トークンの権利確定スケジュール

SMLはフェア・ローンチのため、大口投資家がおらず、結果としてボラティリティが低くなっています。
ただし、アドバイザーやパートナーに対しては、取引所上場後6ヶ月から6ヶ月ごとに25%のロック解除が認められています。

監査について

SMLの監査はCertiKによって行われ、トークンの安全性や脆弱性などのリスクを検証しています。
CertiKは、数多くのプロトコルやブロックチェーンを監査し、多くの企業クライアントをサポートし、デジタル資産の安全性の向上に貢献しています。
CertiKは、世界の取引所から推奨され、大手投資家から支持されています。

セカンドトークンの初期購入条件

一定数以上のSMLトークンを保有していること(※後日発表予定です)。

Smell Market(スメルマーケット)の定める免責事項、及びリスクについて

本ホワイトペーパーのいかなる部分、またはここに示されたいかなる事実も、いかなる契約または投資判断の根拠として依拠されるべきではありません。
SMELL トークンの販売に関して、いかなる契約または法的義務にも拘束されることはありません。

SMELLトークンの販売に関する購入者としての買い手と売り手の間の契約は、条件を明記したトークン販売契約によってのみ支配されるものとします。SMELLトークンへの投資は、投資額の全額を失うリスクを含む、非常に高いリスクを伴います。

トークン、デジタル資産、または暗号通貨の取得に関する知識を有する投資家のみが、この機会を検討する必要があります。
SMELLトークンを購入する際のリスクについて慎重に検討する必要があります。
本ホワイトペーパーは、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、いかなる法的責任も否認します。

トークンの購入、販売、使用に関するリスクについて

本トークンは、有価証券や金融商品として企画・販売されているものではありません。
したがって、購入情報は投資判断の形成を目的としたものではなく、情報の誤りや不正確さに基づく損失や損害について、当社は一切の責任を負いかねます。

本トークンの不適切な管理によるアクセス権喪失のリスク

購入者が不適切な管理によりデジタルウォレットのアクセス情報を失った場合、本トークンに適切にアクセスできなくなる可能性があります。

システムリスク

本トークンはイーサリアムネットワークを利用しており、ネットワークの障害や不具合により、不測の事態が発生するリスクがあります
また、ハッキングやセキュリティ攻撃の可能性もあります。

トークンの市場リスク

本トークンはSMELL MARKETのプラットフォームでの利用を想定していますが、取扱取引所の状況によっては非流動性のリスクがあります。

規制措置のリスク

トークンの発行・販売に関する取扱いは、各地域で明確になっておらず、本トークンに対する規制対応が変化し、規制の対象となる可能性があります。

税制上のリスク

本トークンを購入した場合の税務上の特性は不明確であり、購入者は関連する税務申告の要件について個別に確認する必要があります。

SMELL MARKETのプラットフォーム維持のリスク

SMELL MARKETのプラットフォームは開発中であり、仕様が変更される可能性があります。
開発要因により、プラットフォームが正常に機能しない場合、リスクが発生する可能性があります。

価格変動リスク

今後、本トークンが暗号通貨取引所で取引される場合、市場の状況や需要により価格が大きく変動する可能性があります。

解散リスク

暗号通貨全体の価値の著しい変動、本トークンの有用性の著しい低下、事業運営の失敗などにより、販売者または親会社が解散する可能性があります。

不測のリスク

本トークンは、新しい技術に基づくものであり、当初想定していなかったリスクが発生する可能性があります。

SmellMarket(スメルマーケット)からの補足資料

ホワイトペーパーでは、以下のような追加資料が提供されています。

ニオイNFTカードのタイプ

以下の2種類があります。

コモンカード
香りのデータ
収録されている
再販
可能
発行枚数
1枚につき20,000枚まで
香りの再生回数
50回
役割
香りのデータを楽しむためのNFT
オーナーカード
香りのデータ
付属しません
再販
可能
発行枚数
1枚あたり10,000枚まで
香りの再生回数
なし
役割
COMMONカードの売上の一部を受け取る権利を保有するNFT
制限事項
スメル・トークンのみで購入可能

ATODASHIによるマーケットメイキング

Atodashiは、あらかじめ選択したNFTの価格が上昇すれば利益が得られ、価格が下落すれば損失なくキャンセルできる投資アプリです。

Atodashiは、デリバティブ取引とサブスクリプションを組み合わせた世界初の仕組みです(特許出願中)。
NFTや金融商品の価値を反映した契約(デリバティブ)を購入し、定期的に料金を支払う(サブスクリプション)ことで、リスクを軽減しながら長期的な利益を得ることができる仕組みです。

アトダシでは、ユーザーは月々の利用料を下げることで、NFT取引のリスクを軽減することができます。

世界初:利益が出たときだけ取引

投資はリスクとリターンが等しいものです。
20%の期待リターンがあれば、20%の損失リスクもあります。
しかし、アトダシでは、保有するNFTのポジションが値上がりしたときだけ、「アトダシ」トレードが可能です。

月額料金だけで価値の高いNFTを保有できる

通常、高額な投資商品を購入するには、数十万円から数百万円のコストが必要です。
しかし、アトダシでは、例えば10,000ドルや50万ドルのNFTを保有する場合、追加費用はかかりません。
月額料金だけでポジションを維持することができます。

支払う月額料金に応じて、保有できるNFTの枚数が増える

Atodashiでは、取引所から調達したNFTを提供しており、ユーザーはそれを保有することができます。
数百種類の選択肢から好きな「香りNFTカード」を保有することが可能です。

シンプルで簡単なルール
  1. 好きなNFTを保有する。
  2. 価格が上昇したら、保有している価格で買い、利益を確保する。
  3. 保有中に価格が下がったら、無料で解約できる。

アトダシは、デリバティブ取引とサブスクリプションを組み合わせた革新的な技術で、ユーザーにユニークな投資体験を提供します。
このシステムにより、利益が増えたときだけ取引を実行し、価格が下がったときは無料でキャンセルすることができ、投資リスクを最小限に抑えることができます。
さらに、月額料金に応じて様々なNFTを保有することができ、投資家は自分に合ったNFTを選択することができます。

Smell Market(スメルマーケット)概要・公式サイト等



画像引用元:Smell Market(スメルマーケット)公式サイト

Smell Market(スメルマーケット)公式サイト
https://www.smellmarket.io/
Smell Token(SML)Twitterアカウント
https://twitter.com/smelltoken
Horizon Twitterアカウント
https://twitter.com/hrz_co_jp
Horizon株式会社公式サイト
https://www.hrz.co.jp/sctl
Horizon株式会社プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/102146
ATIT社公式サイト
https://www.atit.solutions/
Smell Token YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@SmellToken
旧:Smell Token(SML)コントラクトアドレス(イーサリアム・メインネット)
0xa9cc3aa847dfe26d9f4ae1b8aeb50368a840a663
旧:Smell Token(SML)チャート(コインマーケットキャップ)
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/smell-token/
改:Smell Token(SML)コントラクトアドレス(ポリゴン・メインネット)
0xfCB54Da3F4193435184F3F647467e12b50754575
改:Smell Token(SML)チャート(Dex Screener)
https://dexscreener.com/polygon/0xfCB54Da3F4193435184F3F647467e12b50754575

※ビットポイント以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、ビットポイントでは一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。