麻雀メタ(META)の始め方-オンラインで麻雀をプレイしてランキング報酬(仮想通貨)を稼ぐNFTゲーム

「麻雀ゲームをプレイするだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになるかもしれない、と話題の、麻雀メタ(META)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんな麻雀メタ(META)を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. CoinTrade(コイントレード) 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったATOMトークンは、コイントレード独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、麻雀メタ(META)のNFT購入等のためのノーリスクの原資を確保しておく

    ※2024年7月20日現在、掲載キャンペーン で獲得できるAmazonギフト券や仮想通貨、日本円等の合計は、20,000円相当。締め切りが近いキャンペーンもあるので、お早めに

  3. 麻雀メタ(META)のベータ版プレイ等を進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

麻雀メタ(META)を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:CoinTrade(コイントレード)公式サイト

麻雀メタ(META)のプレイで、仮に今後、何らかの収益が得られるようになった場合、その収益は、日本円建てではなく、トークン(ゲーム内通貨)、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、CoinTrade(コイントレード) 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、麻雀メタ(META)のプレイで仮に収益が得られた場合、その収益はトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的は麻雀メタ(META)。ゲームのプレイで収益が得られるようになった場合、その収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、ゲームで得た収益を(必要に応じ、間に他のトークンを挟んだうえで、)換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、CoinTrade(コイントレード) に口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
CoinTrade(コイントレード)公式サイト

※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったATOMトークンは、コイントレード独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可


なお、CoinTrade(コイントレード)での口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、CoinTrade(コイントレード)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、麻雀メタ(META)本格参入のための原資を確保する

麻雀メタ(META)のようなブロックチェーン・ゲームの場合、本格的なプレイを始めるためには、何らかのNFTやトークンの事前購入が必要となるケースが一般的です。
※無料で始めることが出来るNFTゲームや、無料でもある程度のトークンを稼ぐことが出来るブロックチェーン・ゲームも存在しますが、その場合でも、本格的なゲームプレイのためには、NFT購入等が必要となるケースが大半です。

そして、NFTやトークンの価値は、ゲームの人気が高まれば、上昇していくこととなりますが、逆に、ゲームの人気が低迷すると、その価値は低下してしまうことが多くあります。
そのような高リスクなアセットを入手するために、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

2024年7月20日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、20,000円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)がもれなく全員にプレゼント。もらったATOMは、同社独自のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年9月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

COZUCHI

2024年7月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から投資家登録完了(無料)で、Amazonギフト2,000円分プレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年8月31日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

プレファン

2024年8月2日までに公式サイト から新規本会員登録完了でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

利回り不動産

2024年7月31日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

Funds(ファンズ)

2024年8月31日までに、公式サイト から、新規口座開設完了で、500円分のAmazonギフト券をプレゼント。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のATOMをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年9月18日まで
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック、ATOM等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、2024年9月18日までの期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分の仮想通貨(ATOM)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったATOMは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年9月30日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

COZUCHI(Amazonギフト2,000円分プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規投資家登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト2,000円分プレゼント
キャンペーン期限
2024年7月31日まで
サイトURL
COZUCHI (公式)

不動産クラウドファンディング業界の有名企業。
1口1万円から、現物不動産を投資対象とするファンドに小口投資できるサービスを展開中。
新規の投資家登録者限定で、Amazonギフト2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月31日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

プレファン(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録完了(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月2日
サイトURL
プレファン (公式)

東京証券取引所スタンダード市場上場の株式会社プレサンスコーポレーションのグループ企業にあたる、株式会社プレサンスリアルタが運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
期間限定で、新規会員登録者向けに、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年7月31日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funds(Amazonギフト券500円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
Amazonギフト券500円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月31日まで
サイトURL
Funds (公式)

累計募集額400億円を突破した、「1円から投資できる」と話題の、ソーシャルレンディング・サービス。
期間限定で、新規口座開設を完了したユーザー全員に、500円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

麻雀メタ(META)概要・公式サイト等



画像引用元:麻雀メタ(META)公式サイト

公式サイト
https://mjmeta.io/ja/index
麻雀メタ(META)ベータ版ゲームサイト
https://game.mjmeta.io/
Twitterアカウント(英語版)
https://twitter.com/0xMJM
Twitterアカウント(日本語版)
https://twitter.com/0xMJM_jp
ディスコード
https://discord.com/invite/WqHCQzxq5b
テレグラム
https://t.me/mjmeta
ミディアム
https://medium.com/@mahjongmeta

麻雀メタ(META)ホワイトペーパー和訳



画像引用元:麻雀メタ(META)公式サイト

下記の内容は、麻雀メタ(META)運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されている麻雀メタ(META)のホワイトペーパー等の一部、ないしは全部の和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://mahjong-meta-1.gitbook.io/mahjong-meta-whitepaper/getting-started/preface

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、麻雀メタ(META)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、ホワイトペーパー等の記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

麻雀メタ(META)とは



画像引用元:麻雀メタ(META)公式サイト

麻雀メタは、イーサリアム上の麻雀e-sports Web3ゲームプラットフォームです。
私たちは、このホワイトペーパーが、ゲームデザイン、プレイヤーの進行、マネタイズ、長期的なバランスの様々な側面を考慮し、プレイヤーにとって魅力的でやりがいのある経験をデザインするための広範な思考と努力による麻雀メタゲームの強力な基礎を表していると信じています。
また、ゲームの状況やプレイヤーの好みが常に進化していることも認識しています。
そのため、ホワイトペーパーは生きた文書であり、長期的なバランス、プレイヤーの満足度、ゲーム全体の成功を確保するために、時間の経過とともに本質的な内容の変更が行われる可能性があることを強調したいと思います。

私たちは、コミュニティに対して透明性を保ち、コミュニケーションをとることを約束します。
ホワイトペーパーに重大な変更があった場合、私たちは以下のことを行います。

  • 変更の根拠を明確にし、ゲームとプレイヤー体験のメリットに焦点を当てる。
  • 可能な限り事前に告知し、コミュニティが変更点を確認し理解する機会を提供する。
  • コミュニティからのフィードバックを求め、提案に耳を傾けることで、多様な視点に基づく情報に基づいた意思決定を確実に行う。

私たちの主な目標は、プレイヤーに没入感があり、楽しく、持続可能なゲーム体験を提供することです。
私たちのコミュニティのニーズに適応し、応答することによって、私たちは一緒にこの目標を達成することができると信じています。

麻雀メタは、中国で発展し、世界中に広まった古代の古典的な人気ゲームである麻雀(麻雀、雀の意、現在では多くの地域で麻将とも呼ばれる)にインスパイアされたゲームです。
私たちのチームが麻雀をゲームプレイの中核に据えた理由は、時間によって完全に証明された以下の事実と合意に基づくものです。

戦略的な要素
このゲームには戦略と計画が必要であり、プレイヤーは先を読み、勝利の可能性を最大化するために賢明な判断を下す必要があります。
この戦略的な要素が、このゲームを魅力的で楽しいものにしています。
社会的側面
麻雀は、テーブルを囲んで互いに交流する社会的な場面でプレイされることが多くあります。
このような社会的な側面は、プレイヤー同士の交流、ストーリーやジョークの共有、新しい友情の形成につながり、ゲームの楽しさをさらに高めてくれます。
精神的な刺激
集中力、観察力、瞬発力などが要求されるため、精神的な刺激になり、認知能力の向上につながります。
偶然の要素
このゲームには偶然の要素もあり、引いた牌がゲームの結果を大きく左右することがあります。
この偶然の要素が、ゲームに興奮と予測不可能な要素を加えています。
文化的意義
アジアなど一部の地域では、麻雀は豊かな文化的歴史を持ち、伝統文化の重要な一部とみなされています。
ゲームをすることで、人々は自分の遺産や文化的ルーツとつながることができ、楽しみや誇りの源となることができるのです。

私たちのチームは、麻雀競技、戦略的対決、革新的なゲームプレイ体験、社会的交流を提供する新しいWeb3麻雀コミュニティを作成することが有意義な仕事であると考えています。
イーサリアムを基盤に、麻雀メタにおける透明性、公平性、セキュリティ、分散化、コミュニティオーナーシップの実現は、私たちの貫くべき永遠のビジョンとなるでしょう。

麻雀メタは、基本的なゲームプレイとしてリーチ麻雀を採用しています。
リーチ麻雀は、麻雀のバリエーションの中でも特に難易度が高く、マスターするためには高度な技術、知識、経験が必要とされるため、競技性が高いとされています。
リーチ麻雀のルールと得点システムは、慎重な計画、戦略的思考、迅速な意思決定が報われるように設計されており、非常に競争力のある魅力的なゲームとなっています。

麻雀メタ(META)のコンセプト



画像引用元:麻雀メタ(META)公式サイト

「麻雀のコンセプトは、混沌から秩序を生み出すこと」
ジュリア・ロバーツのこの言葉は、麻雀ゲームの哲学と、描画と廃棄のアクションの背後にある本当の楽しさを非常に要約しています。

現代のゲーム業界では、新しい体験や新しいストーリーが数多く提供されていますが、麻雀は常に時の試練を乗り越え、人気を保ち続けています。
戦略的な奥深さ、リプレイ性、スキルアップ、そして長寿という点から、私たちのチームは、ある目標を掲げてより良い麻雀テーマパークをオンチェーンに作ることに意義があると確信しました。

グローバルなリーチ麻雀eスポーツのプラットフォームをオンチェーンで構築する

麻雀、特にリーチ麻雀は、戦略的思考、パターン認識、状況認識など、様々なスキルが必要とされます。
麻雀メタはランキングシステムを採用し、プレイヤーはオンラインとオンチェインで互いに競い合うことができます。
ランキングを上げると、より高いレベルの対戦が可能になるだけでなく、シーズンごとの賞品から報酬を獲得することができます。
麻雀は熟練した技術を要する古典的なカードゲームであるため、麻雀ファンや新規のプレイヤーは、信頼に足る、優れた競争環境を手に入れることができます。

麻雀ゲームのオンチェーンシステムを提供すること

麻雀ゲームに賭け事があると、プレイヤーはゲームに没頭しやすくなります。
これは、すべてのプレーヤーにとって、よりエキサイティングで競争力のある体験につながる可能性があります。
賭け事で遊ぶことで、プレイヤーはより多くのものを得ることができるため、スキルや戦略を向上させる動機付けになります。
これは、より高いレベルのプレイと、より挑戦的なゲームプレイにつながります。
そしてもちろん、すべてのプレーヤーが自分の限界に挑戦することをお勧めします。

革新的で楽しいゲームプレイのセットをオンチェインで生み出すために

私たちは、Web3ゲームをゲーム業界全体にとって新しいジャンルであると考えました。
根本的なところから新しい可能性を見出すことができ、私たちは興奮しました。
この地球上で発明されたすべてのゲームは、何らかの形で、手と目の協調、資源配分、物理的推論、社会的論理など、特定の能力セットを検証するものです。
麻雀の能力要件については、これまでにも十分に議論してきましたが、麻雀メタでは、Web3プレイヤーのために、より具体的な楽しみの探求の方向性を発見しました。

過去数年間、暗号とNFTの熱心なユーザーとして、また経験豊富なゲーム開発者として、この2つの交差するアイデンティティは、私たちに深い思考とWeb3プレーヤーに適した製品を設計するための基礎と熱意をもたらしました。
私たちのチームは、この新しいゲームに麻雀の戦略的な深さと競争論理を維持しながら、同時にゲームの敷居を低くすることができる革新的なゲームプレイを追加しました。
このゲームプレイメカニズムにより、プレイヤーは複雑な記憶トレーニングよりも戦術的な戦略対決に集中することができ、高レベルの競争とゲームの進行を維持するために長時間オンラインである必要はなく、プレイヤーの麻雀戦術戦略に従って自動的に他のプレイヤーと競争するようにカスタマイズしたAIに簡単に命令することができます。

麻雀好きが集まるコミュニティをオンチェーンで作ること

私たちは、コミュニティを成功するweb3プロジェクトのツールとは考えず、私たちが達成すべき目標だと考えています。
コミュニティとは人のことであり、世界中のプレイヤーが集まり、遊び、交流し、成長できる、活気に満ちた包括的なコミュニティを作ることを目標としています。
私たちのビジョンは、プレイヤーがゲームを楽しむだけでなく、他の人とつながり、経験を共有し、永続的な関係を築くことができるスペースを作ることです。

麻雀文化のオンチェーン学習システムを構築する

多様で豊かな麻雀文化、地域性、ゲーム戦略、歴史的背景を盛り込んだオン・チェーン学習システムを開発・実施します。
この総合的な教育プラットフォームは、あらゆるレベルのプレーヤーが参加し、革新的なWeb3環境の中で、この伝統的なゲームの複雑なニュアンスを探求し、評価し、保存する活発なコミュニティを育成することを目指しています。

麻雀ストリーミングエンターテインメントフィールドの構築

ライブ対局、専門家の解説、教育リソース、インタラクティブな体験など、さまざまなコンテンツを紹介し、活気あるオンチェーン麻雀ストリーミングエンターテインメントエコシステムを確立することです。
このプラットフォームは、世界中のプレイヤー、愛好家、プロフェッショナルを集め、麻雀の芸術と複雑さを称え、web3の力を借りたテーマパークの可能性を受け入れるダイナミックなコミュニティを育みます。

麻雀メタ(META)を始める際のチュートリアル



画像引用元:麻雀メタ(META)公式サイト

麻雀メタのゲームに参加するためには、以下の手順で行います。

  1. 麻雀Metaのウェブサイトに移動します。私たちは最高の経験のためにChrome、Safari、またはEdgeを使用することをお勧めします。
  2. ユーザーは、メールアドレスを使用して麻雀Metaに登録することができます。Googleや他のソーシャルアカウントでログインする場合は、その後にメールアドレスの確認が必要です。
  3. 新規ユーザーは、ゲームプレイの要素や仕組みを紹介するゲーム内チュートリアルの案内を受けることになります。
  4. デジタル資産のセキュリティを確保するため、ゲームアカウントで資金やNFTを受け取る前に、ウォレットパスワードを設定し、Google Authenticatorを有効にする必要があります。
  5. ゲームプレイの資金を調達するために、デジタル資産を麻雀メタアカウントに転送することができます。(※ただし、ベータ版では未提供)
  6. プレイヤーは、彼らがしたいときはいつでもイーサリアムネットワーク上の任意のERC20互換性のあるアドレスにゲーム内トークンとNFT資産を引き出すオプションがあります。(※ただし、ベータ版では未提供)

麻雀メタ(META)の開発ロードマップ

ステージ1:雀士倶楽部コレクション発売
ユニークな0x麻雀、0x玉、その他のサプライズを含むNFTパスの初期コレクションを導入します。
ステージ2:初期プレイヤーのためのパブリックベータ
ユーザーからのフィードバックを収集し、全体的なゲーム体験を向上させるために必要な調整を行います。
ステージ3:麻雀メタ1.0の正式リリース
基本的な機能と特徴を備えたゲームの完全なリリースです。
ステージ4:麻雀プレイヤーのためのトーナメントやチャンピオンシップの構築
コミュニティを巻き込み、より多くのプレイヤーを惹きつけるために競争力のあるイベントを開催します。
ステージ5:MJMの生成とローンチ
ゲーム内通貨、リワード、エコシステムの成長のためにMJMトークンを導入します。
ステージ6:麻雀メタ2.0(ゲームプレイ、機能、体験の向上)
ゲームの機能を拡張し、ユーザー体験を向上させ、新しいゲームプレイの要素を追加します。
ステージ7: 次世代多摩の新しい展望デザイン
TAMA NFTのビジュアルデザインとカスタマイズオプションの更新と改善。
ステージ8:麻雀メタ3.0で麻雀教室を本格展開
麻雀の戦略やテクニックを学び、習得するための教育プラットフォームを導入する。
ステージ9:麻雀ストリーミングの開始
麻雀のライブ対局や弾き語りなど、麻雀コンテンツ専用のストリーミングプラットフォームを開始します。
ステージ10とそれ以降
コミュニティからのフィードバックと市場動向に基づいて、ゲームとそのエコシステムの継続的な改善と拡張を行います。

麻雀メタ(META)のゲームの遊び方



画像引用元:麻雀メタ(META)公式サイト

麻雀メタ(META)麻雀をテーマにした様々なゲームプレイモードを用意し、様々なエンターテイメントのニーズを満たします。
ランキング、TAMAマスター、フレンズのような通常のゲームプレイモードがあります。
また、革新的な、一時的な、あるいは実験的なゲームプレイが提供されることもあります。

リーチ麻雀の基本ルール

リーチ麻雀は、中国の伝統的なゲームである麻雀の人気のあるバリエーションです。
このゲームは4人のプレーヤーで行われ、牌を集めて並べ、勝利の組み合わせを作っていきます。

牌と装備

ゲームは、マン(文字)、ピン(点)、スー(竹)、ジハイ(名誉)の4つのセットからなる136のタイルでプレイされます。
また、各プレイヤーには牌を収納するラックと、牌の価値を判断するためのドラ表示器が与えられます。
牌は3つのスートに分けられ、それぞれ1〜9の数字が振られています。
スートは、バンブー、ドット、キャラクターの3種類。各スート牌は4枚ずつあり、合計108枚になります。

地牌には、風と龍の2種類があります。
風は、東から順に東、南、西、北。龍は赤、緑、白の3種類。
字牌と同じように、各字牌は4枚ずつ、合計28枚の字牌があります。

牌の配布
牌をシャッフルしてから各プレイヤーに配り、ゲーム開始時には13枚の牌を手にしていることになります。
ディーラーはサイコロの目によって決定され、各ゲーム終了後に時計回りに交代します。
ドローと捨て札
ポン(同じ種類の牌3枚)とチー(同じスートの連続した牌3枚)を少なくとも1セットずつ含む4セットと1ペアの勝負手を作ることがゲームの目的です。
プレイヤーは交互に壁から牌を引き、不要な牌を捨てていきます。
コール
手牌を完成させるために必要な牌がある場合、プレイヤーはその牌を自分の前に置き、勝利の意思を表明してコールすることができます。
これは「ロン」として知られています。
複数のプレイヤーが同じ牌で勝つ機会を得た場合、捨てたプレイヤーの右隣にいるプレイヤーが勝ちます。
リーチ
プレイヤーは、彼らが強い手を持っていると信じている場合、彼らは、テーブルの上に点棒を配置し、1つのタイルを裏向きに破棄することを含む 「リーチ」を宣言することができます。
これは準備完了の宣言であり、リーチを宣言したプレイヤーは、自分が勝つかゲームが終了するまで手札を変えることはできません。
ドラ
ドラ表示は、特定の牌の価値を決定するために使用され、ゲーム中に定期的に公開されます。
ドラ牌は追加得点の価値があり、ゲーム結果に大きく影響することがあります。
スコアリング
ポイントは、プレイヤーの勝利の手のタイルの組み合わせと、獲得しているボーナスに基づき授与されます。
敗者から減点され、勝者の得点に加算されます。
ゲームの終了
プレイヤー1人が一定の得点に達した時点でゲーム終了となります。
ゲーム終了時に最も得点の高いプレイヤーが勝者となります。
より詳細なゲームルールについては、ゲーム内のチュートリアルや役一覧から学ぶことができます。

麻雀メタ(META)のランキング・システム



画像引用元:麻雀メタ(META)公式サイト

リーチ麻雀のランキングモードでは、ユーザーはステーク、NFT報酬、ウィークリー・ヴォルト報酬、ティア報酬、上位タイトル、レベルアップ大会へのアクセスなどを競い合います。

ステーク
各ゲームでは、プレイヤーは現在のティアの条件に従って一定のステークスを準備する必要があります。
エントリー額は、初期スコア25,000に対応します。
リーチ麻雀のスコア計算ルールに基づき、スコアの結果で勝負が決まります。
対局
プレイヤーは、現在のティアレベルまたはそれに近い、同程度のスキルを持つリアルピープルのプレイヤー3人とマッチングし、互いに対戦します。
異なるティアのプレイヤーが混在する場合、プレイヤーがゲームに装備する必要なステーク量は、最下位プレイヤーのティアを基準に決定されます。
試合のスコアリング
プレイヤーは各マッチングゲームで25,000点からスタートし、30,000点以上のスコアを目指します。
ゲーム中の得点は、ハン(Han)とフー(Fu)という2つの得点要素の値によって決定されます。
「ハン」と「フー」を方程式に当てはめることで、手役の価値が算出されます。
ある種の役には、役満・倍満という最高得点の役が与えられます。
詳細な採点ルールは対局で示されます。
ティアシステム
順位戦に勝つと順位点が得られ、順位戦に負けると順位点が失われます。
ランキングポイントは「ウマ+(最終スコア-初期スコア)/1000」で計算されます。
ウマは、ゲーム終了時にプレイヤーに適用されるポイントスプレッドの設定です。
ポイントスプレッドは5-15で、1位は15、2位は5、3位は-5、4位は-15ということになります。
なお、麻雀メタのランキングモードには、7つのメジャー層と2つのトップ層が存在します。
シーズン
麻雀メタでは、公式のシーズンはほぼ2〜3ヶ月続きます。
シーズンの終わりには、ランクの結果が集計され、プレイヤーは自分の順位に基づいて報酬を受け取ることができます。
直接報酬
試合の終了時に、勝者は相手のステークスを得ることができるだけでなく、報酬としてNFTガチャボールを得るために一定のチャンスがあります。
ガチャボールは、ファッション、スキルカード、家具、翡翠などのNFTアイテムを生成することができます。
各種NFTは、自分のゲームで使って麻雀メタの楽しさをより実感したり、NFTマーケットプレイスで他のプレイヤーと交換することができます。
アクティブに稼ぐ(MJU*とMJMの両方)
プラットフォームの収益分配の取り決めに基づき、プレイヤーは週単位でMJMとMJU(Vourchers)のリワードプールから報酬を請求することができます。
詳細はアクティブポイントシステムからご確認ください。
ティア・シーズナルリワード
各シーズンの終わりに、プレイヤーは報酬を請求する機会を得ます。
シーズン賞-名誉の報酬
各シーズンの終わりに、プレイヤーは自分のティアの名誉NFTを得ることができます。
名誉NFTは、前シーズンのプレイヤーのランクを表示し、ゲーム内のプレイヤーの麻雀荘に飾ることができます。
名誉NFTは、プレイヤーが獲得できるガバナンス・トークンの報酬を反映しています。
ガバナンス・トークンによるティアボーナスは、リワードプールからのものです。
MJMの価格の安定を維持し、ボーナスを獲得するために、プレイヤーはその後のシーズンで麻雀荘のNFTを有効にし、ボーナスを解除するために一定数のマッチゲームをプレイする必要があります。
同時に、NFTは有効化される前にゲーム内マーケットで売却することができます。

麻雀メタ(META)の「TAMA」マスターの仕組みとは

TAMA(タマ)マスターは、リーチ麻雀のルールをベースにした、麻雀メタオリジナルの無料ランキングモードです。
タマは麻雀のために生まれた精霊です。
プレイヤーはタマNFTを獲得し、装備して、戦術を指定されたタマ(麻雀)マスター戦に送り込みます。
麻雀またはリーチ麻雀は、優れた戦略カードゲームですが、通常、新しいプレイヤーにとっては、ルールを覚えてゲームスキルを練習するために一定の時間がかかります。
この新しいゲームモードでは、プレイヤーは麻雀ゲームの戦略の原則を理解することによって、ゲーム前またはゲーム中にスキルの戦略を設定することにより、自動的にTAMA麻雀の試合に参加することができます。
プレイヤーはもはや細かいルールを覚える必要はなく、戦略的な対決のレベルで予測し、選択するだけでよいのです。

戦略カード

TAMA麻雀の対局に入る前に、プレイヤーはコストが発生することなく、自分のスキルカードの組み合わせを自由にカスタマイズすることができます。
対局開始後、プレイヤーは自動対局(AFK)を行うか、観戦者として対局を観戦するかを選択することができます。
観戦中、プレイヤーはリアルタイムで自分のタマのスキルカードの組み合わせを調整することができます。
カード交換には1MJMのコストがかかり、2回目以降は2倍のコストがかかります。

スコアリングシステム

ランキングと同じ得点システムは、TAMA(タマ)マスターモードで使用されています。
各対局で25,000点からスタートし、30,000点以上を目指します。
ゲーム中の得点は、「ハン」と「フー」の2つの得点要素によって決定されます。

ティアシステム

TAMA(タマ)はランキング戦に勝つとランキングポイントを獲得し、ランキング戦に負けるとランキングポイントを失います。
昇級ラインを達成すると、それに応じてティアとタイトルが変更されます。
なお、麻雀メタのTAMA(タマ)マスターモードでは、7つの主要な階層と2つのトップ階層があります。

シーズン制の仕組みについて

麻雀METAでもTAMAバトルの公式シーズンは3ヶ月近く続きます。
シーズンの終わりに、ランクの結果が集計され、プレイヤーは自分の順位に基づいて報酬を受け取ることになります。

TAMAマスター戦の終了時、ランキングのポイント獲得以外に、勝者には一定の確率(ランキングモードより低い)でNFTのガチャ玉が報酬として与えられます。
タマバトルのガチャボールは、ランキングモードと同様に、ファッション、スキルカード、家具、玉を含むNFTアイテムを生成することができます。
各種NFTは、自分の対局で使用して麻雀METAをより楽しむことも、NFTマーケットプレイスで他のプレイヤーと交換することも可能です。

また、プラットフォームの収益分配の取り決めに従い、プレイヤーは週単位でMJMとMJU(バウチャー)の報酬プールから報酬を請求することができます。

麻雀METAのシーズン賞(名誉報酬)

各シーズンの終わりに、プレイヤーは自分のティアの名誉NFTを取得します。
名誉NFTは、ゲーム内のプレイヤーの麻雀ハウスに飾ることができる前のシーズンでのプレイヤーのランクが表示されます。
名誉NFTは、プレイヤーが得ることができるガバナンストークンの報酬を反映しています。
ガバナンス・トークンによるティアボーナスは、シーズンごとに固定されるように設定されており(トーケノミクスのセクションのMJMを参照)、異なるティアの合計額は、シーズン終了時にそのティアに対応するプレイヤーが保有するNFTに均等に分配されます。
MJMの価格の安定性を維持し、ボーナスを獲得するために、プレイヤーはその後のシーズンでも麻雀荘でNFTを有効化し、ボーナスをアンロックするために一定数の対局を行う必要があります。
同時に、NFTは活性化または100%収集されていなくても、ゲーム内の市場で販売することができます。

TAMAチャレンジの仕組みとは

TAMA(タマ)チャレンジは麻雀METAによって開発されたオリジナルのゲームモードで、麻雀のゲームプレイに基づいた戦略的な対決の楽しみを提供します。
TAMAチャレンジモードをプレイできるようにするには、プレイヤーはレンタルまたはそれを購入することによって、いずれかの麻雀ハウスをアクティブにする必要があります。
このモードでは、プレイヤーは2つのTAMA(タマ)を選択し、対戦相手の2つのTAMAと、あらかじめ設定されたスキルカードによる自動麻雀対戦を行うことができます。
このゲームモードは現在開発中で、麻雀METAの2.0版でリリースされる予定です。

麻雀メタ(META)の「フレンド」の仕組み

麻雀METAのフレンド対局モードでは、オンラインで友達と対局したり、新しい友達を作ったりすることができます。
このモードでは、プレイヤーはプライベート対局を作成し、友人を招待し、フレンドリーな設定でお互いに対戦することができます。

プライベート対局を作成するには、まずフレンド対局モードを選択し、「対局の作成」オプションを選択する必要があります。
その後、ゲームの種類(例:リーチや香港)、得点システムなどのゲーム設定を行います。

ゲームが作成されると、プレイヤーは固有のリンクまたはコードを共有することで、友人を招待することができます。
友達はリンクをクリックするかコードを入力することでゲームに参加でき、自動的にゲームに追加されます。

なお、フレンズのゲームモードをホストできるようにするには、プレイヤーはゲーム内で麻雀ハウスをレンタルまたは購入する必要があります。

麻雀メタ(META)のフレンドモード利用時の注意点

フレンドモードでは、他のゲームモードのようにランダムマッチングではなく、ルームオーナーから招待されたプレイヤーが特定のグループを形成します。
フレンドモードに参加したプレイヤーのIPアドレス、勝率を強制的に表示し、全プレイヤーが識別、参照できるようにします。
麻雀メタ(META)運営元としては、プレイヤー間の不正行為や談合を防止・発見するために最大限の努力を払いますが、運営会社の管理範囲を超え、ゲームソフトウェアやブロックチェーンレイヤーを超える要因により、それらを完全に排除することを保証するものではありません。
例えば、プレイヤーは外部の通信チャネルを使用して不正行為を調整する可能性があります。
麻雀メタ(META)の運営元は、公正なゲーム環境を提供することに専念しており、そのような問題に取り組むために最善を尽くしていくことを保証したいと思います。
しかしながら、不正行為や共謀の中には、麻雀メタ(META)の運営元が完全にコントロールできるものではない側面もあることをご理解いただくことは極めて重要です。
麻雀メタ(META)の運営チームは、ゲームプレイの監視、異常行動のデータ分析、レピュテーションスコアが低いプレイヤーのプライベートルームの作成制限などの対策を実施することで、公正で楽しいゲーム体験を保証するよう努めています。
麻雀メタ(META)としては、公平性を維持し、不正行為や談合を最小限に抑えるために、利用可能なすべてのリソースを使用することを約束します。
しかしながら、プレイヤーは自身のリスク許容度を評価し、プライベートルームでのゲームへの参加が個人のリスク嗜好に沿ったものであることを確認する責任があります。


※CoinTrade(コイントレード)以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、CoinTrade(コイントレード)では一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞