仮想通貨マイニングStarNetwork(スターネットワーク)とは-KYC(本人確認)の仕組みや将来性を検証

NFTやBCG(ブロックチェーン・ゲーム)の原資確保にも◎
本日現在開催中の、仮想通貨・暗号資産関連おすすめキャンペーンはこちら↓

ビットポイント
2月28日までに公式サイトから口座開設完了(無料)で、3,000円相当のDEP(ディープコイン)がもれなく貰えるキャンペーン開催中
DMMビットコイン
現在、公式サイトから新規口座開設完了(無料)で、現金(日本円)2,000円が即時全員にプレゼントされるキャンペーン実施中

※本記事は、暗号資産(仮想通貨)初心者の方向けに、ビットポイントでの暗号資産取引所口座のアカウント作成から、解説を行っています。

  • 既にビットポイント等にて取引所口座は開設済で、
  • StarNetwork(スターネットワーク)の具体的な始め方から確認を進めたい、

という方は、

↑こちらのボタンから記事をスキップしてご覧ください。

※暗号資産口座が未開設、という方は、このまま記事をご覧下さい。


「1日に一度、アプリを開き、セッション開始ボタンをタップするだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになる、と話題の、StarNetwork(スターネットワーク)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなStarNetwork(スターネットワーク)を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. 将来の受け取り・交換に備えて、国内暗号資産取引所(例:ビットポイント)等にて口座開設を済ませておく
  2. StarNetwork(スターネットワーク)のアプリ取得・アカウント登録などを進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

StarNetwork(スターネットワーク)を始める前の下準備-ビットポイント等での口座開設

StarNetwork(スターネットワーク)で将来的に得られる報酬は、日本円建てではなく、トークン(ゲーム内通貨)、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、StarNetwork(スターネットワーク)の収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、StarNetwork(スターネットワーク)の将来的な収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

StarNetwork(スターネットワーク)を始める時点で仮想通貨(暗号資産)口座が用意できていないと、最悪、ハッキング等で資産を失う恐れがある

StarNetwork(スターネットワーク)のアプリ利用を始め、将来、KYC(本人確認)をクリアし、トークンを入手することが出来た場合、稼いだトークンを、StarNetwork(スターネットワーク)のアカウントに入れたままにしておくと、最悪、StarNetwork(スターネットワーク)が大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

StarNetwork(スターネットワーク)のようなブロックチェーン・プロジェクトのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、StarNetwork(スターネットワーク)のアカウント開設等の諸作業を始める前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

StarNetwork(スターネットワーク)を通じて将来的に受け取ることが期待される報酬は、仮想通貨市場で流通するトークンであり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
StarNetwork(スターネットワーク)でトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。
※以下の数値は、あくまでも、仮定・例示です。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、StarNetwork(スターネットワーク)を通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、StarNetwork(スターネットワーク)で100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

StarNetwork(スターネットワーク)のようなブロックチェーン・プロジェクトをプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、ブロックチェーン・ゲームの先行プレイヤーの間では、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とされています。

そのためには、実際にStarNetwork(スターネットワーク)で稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイント等の取引所で、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

StarNetwork(スターネットワーク)を始めるその前に、暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はStarNetwork(スターネットワーク)。アプリ利用で将来得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口を、あらかじめ作っておきたい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、ゲームで得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、そのまま以下の要領で手続きを進めます。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、ゲーム収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
ゲームの収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

StarNetwork(スターネットワーク)概要・公式サイト等



引用元:Star Network(スターネットワーク)

公式サイト
https://www.starnetwork.io/
iOS向けアプリ
https://apps.apple.com/app/star-network-social-defi/id1578361255
アンドロイド向けアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=io.starnetwork.app
ホワイトペーパー
https://www.starnetwork.io/white-paper/introduction
Twitterアカウント
https://twitter.com/Starnetworkdefi
テレグラム(アナウンス)
https://t.me/starnetwork_official
YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCo8pCkCCd82niDIrgB4s-jA

StarNetwork(スターネットワーク)アプリを使った仮想通貨マイニングの始め方

詳しくは後述しますが、Star Network(スターネットワーク)へのアカウント登録を進めるためには、紹介者番号の入力が必要となります。
紹介者番号は、StarNetworkの各コミュニティやSNSなどで入手できますが、「時間が取れない」という場合、

stnw

上記のコードをご利用下さい。

StarNetwork(スターネットワーク)アプリ入手・アカウント登録

StarNetworkの仮想通貨マイニングを始めるにあたっては、まずは、アプリ入手、及びアカウント登録を済ませる必要があります。
具体的な手順は下記の通りです。

StarNetwork(スターネットワーク)のスマホアプリの入手

Star Network(スターネットワーク)のスマートフォン向けアプリは、下記URLから、無料で入手することが出来ます。

iOS向けアプリ
https://apps.apple.com/app/star-network-social-defi/id1578361255
アンドロイド向けアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=io.starnetwork.app

「新規登録」をタップ

まずは「新規登録」から進めます。

紹介者番号の入力

Star Network(スターネットワーク)へのアカウント登録を進めるためには、紹介者番号の入力が必要となります。
紹介者番号は、StarNetworkの各コミュニティやSNSなどで入手できますが、「時間が取れない」という場合、

stnw

上記のコードをご利用下さい。

メールアドレス及びパスワードの登録

パスワードには複数の条件があるため、注意して入力・設定します。

画像認証の実施

アルファベットや数字を、指定された順番通りに入力することで、認証をクリアできます。

メール認証の実施

先ほど登録したメールアドレス宛に、StarNetworkから認証メールが届きますので、メール文中のURLをクリックします。
その後、「メールの認証を完了しました」をタップします。

※この際、メール認証にエラーが生じるケースがあります。その場合は、StarNetworkアプリを一旦強制終了し、登録済のメールアドレス・パスワードでログインすると、下記のステップに進むことが出来ます。

表示名・ユーザー名を登録

ここで登録した「ユーザー名」は、今後、他のユーザーを招待するときの招待コードに相当します。
入力が済んだら「確認」をタップします。

アプリからの通知の可否を選択

StarNetwork(スターネットワーク)アプリからの通知を受け取る場合は「許可」をタップします。
※スマートフォン側の設定からも変更が出来ます。

Face ID使用の有無を選択

StarNetwork(スターネットワーク)アプリでフェイスIDを利用したい場合は「はい」をタップします。

アカウント登録完了画面がこちら

このような画面が表示されれば、ひとまず、StarNetwork(スターネットワーク)アプリのアカウント登録は完了です。

Star Network(スターネットワーク)の仮想通貨マイニングの方法

StarNetworkのアプリ取得、アカウント登録が済んだら、早速、マイニングを開始することが出来ます。
具体的なステップは下記の通りです。

アプリ画面右上の「ロケット」のアイコンをタップ

StarNetworkのアプリのホーム画面右上の、ロケットの形をしたアイコンをタップします。

あとは自動的にマイニングがスタートする

一度、ロケットのアイコンをタップすれば、自動的に、StarNetworkのマイニングが始まります。
※ただし、1回のマイニング・セッションは24時間で終了しますので、その後改めて、前段の「ロケット」アイコンを再度タップし、次のセッションを開始する必要があります。

StarNetwork(スターネットワーク)利用にあたっての注意点

無料で始めることのできるマイニング・アプリとして注目を集めつつあるStarNetwork(スターネットワーク)ですが、その利用にあたっては、下記のようなポイントへの留意も必要となります。

24時間に一度はアプリにログインする必要がある

StarNetwork(スターネットワーク)の1回のマイニング・セッションは、24時間で終了します。
このため、一旦、マイニングを開始した後も、24時間に一度は、StarNetworkのアプリを開き、「セッション再開」のアイコンをタップする必要があります。

アプリからの通知等をうまく活用できればいいですが、
「うっかり、忘れてしまった」
というケースも、多々生じる可能性があります。

マイニング・セッション開始のたびに、広告動画を視聴する必要がある

StarNetwork(スターネットワーク)では、24時間のマイニング・セッションが終了すると、次のセッションを開始するために、

  • アプリを開いて、
  • 改めて、ロケットのアイコン(=マイニング・セッション開始のアイコン)をタップする

必要があります。

そして、その際、都度、アプリ内で配信される動画広告を視聴する必要があります。

トラッキング許可を求める表示も

Star Network(スターネットワーク)アプリを使用していると、上掲画像のような、広告トラッキングの許可を求めるポップアップが表示されることがあります。

  • トラッキングを許可すると、興味がわかない(と推察される)広告動画は表示されにくくなる
  • 広告動画視聴による広告収入は、StarNetwork運営側が、プロジェクト開発等に利用する
  • プライバシーは最優先に考えている。収集されるデータは匿名化され、個人の特定にはつながらない
  • StarNetworkのアプリユーザーの82パーセントが、トラッキングを許可している

といった旨が記載されていますが、慎重に判断すべきでしょう。

Star Network(スターネットワーク)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、StarNetwork(スターネットワーク)運営元からの依頼/承諾に基づき、2022年11月3日時点で公開されているStarNetworkのホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://www.starnetwork.io/white-paper/introduction

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、StarNetworkの運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Star Network(スターネットワーク)とは

暗号資産(仮想通貨)は、技術的には2009年のビットコイン(BTC)の発売で始まりました。
現在では、4000以上の暗号資産が公開され、100以上の暗号通貨が10億ドル以上の時価総額を持つに至っています。

10年を通じて仮想通貨全体に大きな発展が見られますが、世界的に一般市民の注目を集めたのは2020年半ばからです。
2020年4月から2021年4月にかけて、ビットコインの価格は前年比1,100%高騰し、イーロン・マスクなどの著名人がビットコインや他の主要暗号資産の投資価値を公然と支持しました。

仮想通貨の基本原理と技術は依然として洗練されていますが、暗号資産の投資価値と実用化を受け入れる一般大衆のオープンさが、暗号資産エコシステム全体の将来の成功を支えています。

仮想通貨が世界をより良い場所にする方法

1980年代以前に生まれた人なら、リーマン・ブラザーズの破綻の余波を忘れることはできないでしょう。
何百万もの雇用が失われ、何兆もの富が蒸発し、さらに重要なことに、アメリカの夢が打ち砕かれたのです。

さらに忘れられないのは、現代経済において大多数の一般市民が世界金融危機に見舞われた一方で、危機の生みの親である米国の大手銀行が、「大きすぎて潰せない」という理由で米国政府、ひいては納税者によって救済されたことです。

世界金融危機から12年が経過しましたが、大手銀行は生き残り、利益を上げています。
本稿執筆時点では、米国最大の銀行であるJPモルガン・チェースの時価総額は4920億ドルです。

どうしたら、そんなに儲かるのでしょう?
銀行のビジネスモデルは常に進化していますが、基本的な原理は、あなたの稼いだお金からお金を稼ぐことです。

貯蓄を金庫に入れたくないから、銀行の普通預金口座にお金を預けるしかありません。
銀行はあなたに最小限の利息を支払う一方で、あなたのお金を第三者に貸したり、はるかに高い金利や投資収益率をもたらす資産に投資します。
極めて単純ですが、あなたは彼らがあなたの資本から作る利益の分け前を共有することができませんでした。

あなたは、第3者にお金を転送したい、とします。
直接会って大きな袋を渡すのが嫌なら、あなたの銀行口座から第3者の銀行口座に振り込むことで行うでしょう。

取引手数料、送金手数料、サービス料、銀行はバケツ一杯の理由を持って、あなたの対象残高を減らすことができます。
しかし、送金後も元の金額は銀行に残り、銀行は他人のお金を貸したり投資したりして利益を上げ続けることができるのです。

別のシナリオを考えてみましょう。
今日、あなたが銀行の支店で、1億円を現金で引き出したい、あるいは他の銀行の第三者の口座に振り込みたいとしたら、リレーションシップ・マネージャーは何を尋ねるでしょうか?

自分のお金を移動させるとはいえ、質問されないということはないでしょう。
最悪の場合、銀行はあなたをマネーロンダリングと非難し、現金引き出しや第三者への譲渡を拒否し、あなたの口座を凍結して文字通りあなたの資産を差し押さえることさえあり得るのです。

なぜ私たちは、銀行によって財産をむしり取られるのを放っておくのでしょうか?
伝統的な知恵は、金融取引を検証し、帳簿をつけるために、仲介者として認可された当事者が必要だと思わせているのです。
従来のビジネスモデルは、銀行を中心に据え、あなたの資本からお金を稼ぎ、資本の流れをコントロールする最高の位置に置いています。
ブロックチェーン技術と仮想通貨の非中央集権的、匿名的、不可逆的な性質は、金融取引を銀行のような仲介者に極端に依存することに対する解決策です。

仮想通貨は、「チェーン」の全ユーザーがピアツーピアの全取引を一括して記録・管理することを可能にします。
すべての取引記録は「チェーン」内のすべてのユーザーによって保持されるため、一人の当事者が記録を操作したり、すべての当事者に更新することなく何らかの変更を加えることができるリスクはありません。

したがって、「チェーン」内のユーザーは、銀行のような認可された仲介者を介さずに、互いに直接安全な金融取引を行うことができます。

「機能としての銀行は確かに必要だが、今現存する銀行は、今後、必要なくなる」
ビル・ゲイツは1994年にこのようなことを言っていたことがあります。
ブロックチェーン技術の進歩により、今まさにこのことが起こっているのです。

現在の仮想通貨から発生した他の問題点とは

ビットコインは、世界初の暗号資産として、実に優れたイノベーションです。
この暗号資産は、仲介者のいないピアツーピアの取引に対する信頼の欠如という問題を完全に解決しています。

唯一の問題は、ビットコインがもたらす利益を純粋に享受できる人が、世界でもあまりに少ないということです。

ビットコインを得るために必要な計算能力は、過去10年間で劇的に向上しており、ビットコインを一般市民ではなく、専門家だけのゲームにしてしまっているのです。

新しい問題は、別の問題でないにしても、新しい解決策につながることが多くあります。
ビットコインは、他の第一世代の主流暗号資産とともに、金融取引における仲介業者への依存度が高いという問題に取り組みましたが、エネルギーの浪費が激しく、コインの流通が極端に不平等であるという新たな問題をもたらしました。

時代が進むにつれ、ビットコインや他の第一世代の暗号資産がもたらした問題に対応するために、いくつかの第二世代の仮想通貨が発売されています。
これらの新しい暗号資産は、仮想通貨の解放と民主化という考えを推進し、大多数の人々がエネルギーを大量に浪費することなく、これらの新しい暗号資産を簡単に獲得することができるようになりました。

これらの第2世代仮想通貨は、参入障壁を大幅に下げ、暗号資産に関する基礎知識を大衆に教育することに成功しました。
しかし、その一方で、偽のIDで複数の新しいアカウントを作成し、非倫理的に不正な利益を得るという新たな問題も生じています。
このように参入障壁が低い場合、適切なコンプライアンス・プロセスがなければ、ブロックチェーン・ネットワークが尊重する原則である「信頼」に反するため、仮想通貨のネットワーク全体が崩壊してしまう可能性があります。

そこで、上記で取り上げたすべての問題に対する新しいソリューションである、スターネットワークが登場します。

StarNetwork(スターネットワーク)の紹介

Star Network(スターネットワーク)は、ソーシャルパワーによって分散型の方法で金融界を再構築することを中核的な目的としたソーシャルDeFi(分散型金融)ネットワークです。

オールインワンのソーシャルDeFiアプリであるStarNetworkモバイルアプリを使えば、スターネットワークのグローバルコミュニティ内の仲間や他のユーザーとトークンの獲得、P2P送金、コミュニケーション、モバイルゲームなどを行うことができます。
これは招待制のプラットフォームです。

ユーザーは、信頼できる人をネットワークに招待することで、報酬としてStarの残高を増やすことができます。
Starは新しい形のデジタル通貨です。

また、ユーザー間のソーシャルコミュニケーションとピアツーピアのトランザクションの機能も果たします。
プロジェクトが発展し進化した暁には、StarNetwork(スターネットワーク)はスター用の独自のブロックチェーンメインネットを開発し、スターを主要取引所に上場し、さらに分散型融資、ウォレット&ペイメント、暗号資産同士の交換などの分散型金融ソリューションを提供する予定です。
世界最大のワンストップ分散型金融プラットフォームの1つになることを使命としています。

一方、ビットコインネットワークのような主流の暗号資産ネットワークは参入障壁が高く、深い知識と豊富なリソースを持つ一握りの専門家しか新しいコインを獲得するチャンスを得ることができません。

StarNetwork(スターネットワーク)は、ユーザーがアプリを通じて簡単にスターを獲得できるようにします。
これは、ビットコインを獲得する際にスーパーコンピュータが発生する膨大なエネルギーの浪費と相反するものです。
また、StarNetwork(スターネットワーク)は、ユーザーが新しい参加者をネットワークに招待した場合、スター残高を追加して報酬を与えるなど、ネットワークの構築と発展への貢献も認めています。

さらに、スターネットワークはGameFiの要素を取り入れており、ユーザーは当社のモバイルゲームで楽しむことができ、ゲーム内で特定のマイルストーンを達成することができれば追加のトークンを獲得することができます。
このように、分散型金融にモバイルゲームを取り入れることで、StarNetwork(スターネットワーク)はより身近な存在となり、グローバルなコミュニティ形成のスピードアップにつながると考えています。

セキュリティ、公平性、そしてStarの将来的な価値を維持することは、私たちの最優先事項です。
市場には同様のアプローチを採用するネットワークがいくつかありますが、Star Networkは市場のギャップを埋め、セキュリティの欠如、ロボットによる詐欺、供給が需要をはるかに上回るという共通の問題に対処するために特別に設計されています。

StarNetwork(スターネットワーク)は、セキュリティの問題に対処するため、プロジェクトのごく初期段階で、特定のユーザーに対してKnow Your Customer(KYC)検証プロセスを展開しました。
StarNetwork(スターネットワーク)のユニークさを理解するために、まず、

  • 名目残高
  • 入手可能残高
  • Libra
  • 実現残高

の定義を学ぶ必要があります。

名目残高とは、書類上のスター残高のことで、KYCを行ったユーザーと行っていないユーザー(KYCを通過していない自分自身と、チームに参加しているがKYCを通過していないすべてのユーザー)の貢献によって獲得したスター残高の合計を意味します。
名目残高はまだ使用できませんが、チーム内の100%のユーザーがKYCを通過したと仮定して入手可能残高にできる最大残高を示すものです。

入手可能残高が実現残高にアンロックされると、その都度差し引かれます。
入手可能残高とは、KYCを行ったユーザーから獲得した名目残高の一部を指します。
KYCを通過し、ブースターもKYCを通過すると、名目残高の該当部分が入手可能残高となり、Libra(ロック解除トークン)を行使することで実現残高にロック解除することができるようになります。

つまり、KYCを通過した自分自身とブースターから得た残高のみが入手可能残高となります。

Libraはアンロックトークンであり、これを使うことで

  1. KYCスロットを取得したり
  2. 現在の入手可能残高を実現残高にアンロックすることができます。

つまり、LibraはKYCを通過し、入手可能残高を実現残高にアンロックするために必要な重要な資産なのです。
LibraはNFTであり、7日間の有効期限で譲渡可能なアセットです。
KYCが完了したら、Libraをご自身で使用するか、そのまま保管して他のユーザーに譲渡するかを選択できます。

実現残高とは、引き出し、譲渡、利用が可能な実際の残高を指します。

スターネットワークモバイルアプリは、Starsのウォレットとしての役割も果たします。
ウォレットに実現残高があれば、KYCステータスに関係なく、他のStarウォレットホルダーにピアツーピア送金を開始することができます。

一部のユーザーは、ロボットによって新規ユーザーの長いリストを作成し、これらの偽のユーザーを自分のチームに参加させることによって、非倫理的に残高を増やそうとする可能性があります。

これらのロボットアカウントは私たちのKYCプロセスを通過することができないので、ロボットを招待して得た名目残高は実現残高に変換されることはありません。

これにより、不当な不正収益が発生する問題を解決しています。
Starの価値を維持するため、最終的にはすべてのユーザーにKYCを通過するチャンスが与えられますが、Star Networkは、ユーザー抽選のためにアンロックトークンであるLibraを一定数ずつ定期的に放出し、段階的に特定のユーザーにのみKYC枠を解放することにしています。

これにより、すべてのユーザーが実現残高を市場に売却し、Starの価値が不可逆的に急落する潜在的なリスクを回避することができます。

StarNetwork(スターネットワーク)の創設メンバー

Star Network のコアチームは、投資銀行、テクノロジー、および決済ネットワーク分野の専門家で構成されています。
ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなどの投資銀行、グーグル、フェイスブック、アップルなどのテクノロジー大手、ビザ、ペイパルなどの決済ネットワークの元幹部で構成されています。

スターネットワークはグローバルなプロジェクトであるため、コアチームのメンバーは、米国、英国、ドイツ、フランス、日本、韓国、シンガポールなど、金融および技術インフラが成熟している主要な金融ハブに拠点を置いています。
投資銀行、フィンテック、ソーシャルメディア、コンプライアンスといったコアチームの専門知識を結集し、スターネットワークは最も安全でフレンドリーなオールインワン分散型金融システムの構築に専念しています。

コアチームのメンバーは、タイミングが成熟した後、プロジェクトの後期において身元を開示する予定です。

Star Network(スターネットワーク)が現在のペインポイントに対して提供する解決策

資本主義は富める者をより富ませ、貧しい者をより貧しくします。
富の分配における不平等は、現実世界の経済において宿命的な事実のように思われます。
実際、主流の暗号資産の分布は、現実の経済よりも不均等であるように見えます。

2018年の世界の富の分配とビットコインの分配を比較した統計を見てみましょう。
全成人人口の0.8%が100万米ドル以上の富を保有しているのに対し、100万米ドル相当のビットコインを保有するビットコインウォレットは全体の0.1%に過ぎず、ビットコインの分布は世界の富の8倍も集中的に行われています。

2021年の別の統計を見てみましょう。
上位2.14%のビットコインウォレットがビットコイン流通総額の94.77%を所有しています。
主流の暗号資産経済では、富の分配は、早い者勝ちとなり、後発組の参入障壁が自然に高まっています。
ビットコインを例にとると、初期段階のユーザーは、極端な電力消費なしに自宅のコンピュータで簡単にビットコインを稼ぐことができました。

時間が経つにつれ、ビットコインを稼ぐ競争は激しくなり、今ではビットコインを稼ぐチャンスを得るためには、グラフィック処理装置(GPU)または特定用途向け集積回路(ASIC)に多額の投資を行い、膨大な電力を使わなければならないのです。

ビットコイン1枚あたりの獲得コストは、ビットコインの市場価値を上回るかもしれません。
このような参入障壁があるため、大多数の人々にとってビットコインの獲得は文字通りゲームから外れています。
さらに、ビットコイン・ハルビング(ビットコインを獲得する際の報酬を半分にする行為)は歴史上3回起きており、今後も起きる可能性があります。

これらの措置は、後発のビットコイン獲得者の不利益をさらに拡大し、コインの流通における不平等を激化させるものです。

StarNetwork(スターネットワーク)は革命を再始動させる

Star Networkを含むすべての暗号資産エコシステムにおいて、早い者勝ちというのは常に経験則ですが、我々はすべての人に公平に参加する機会を与えるよう努力しています。
スターネットワークに参加するための参入障壁は、インターネットに接続されたスマートフォンだけです。

デバイスやエネルギー料金への5桁の米ドル投資とは対照的に、スターネットワークは、ほぼ世界の人口の半分の暗号資産を稼ぐための扉を開いています。
また、StarNetworkの紹介報酬制度は、たとえ後発組であっても、誰もが自分のStar残高を増やす公平な機会を与えてくれます。

スターネットワークユーザーは、スターネットワークに招待したアクティブな新規ユーザーの数に応じて、ボーナススターを獲得することができます。
ビットコインの発売日である2009年と比較すると、スターネットワークが2021年に発売されることで、情報や知識のギャップが解消され、大多数の人が再び参加できる公平な機会を得たことになります。

世界初の暗号資産が発売された2009年当時は、ブロックチェーンの革新について一般の人が入手できる情報が少なすぎたため、ビットコインを稼ぐための知識やノウハウを持つのは少数派でした。
しかし、暗号資産が世界に浸透して10年以上が経過した現在、仮想通貨に関する市場教育を徹底すれば、一般の人々にとって暗号資産はもはや神秘的なものではなくなりました。

2009年以降、情報と知識の壁によって暗号資産革命を逃してきた人々にとって、スターネットワークは、誰もが公平に暗号通貨に参加し、その果実を楽しむことができるセカンドチャンスを提供します。

「無料」暗号資産ネットワークにおける不正受益者に対する検閲の欠如

暗号資産革命が進むにつれ、近年、新たに立ち上げられたいくつかの仮想通貨ネットワークは、上記のような主流の仮想通貨ネットワークの欠点に取り組もうと試みています。
その中には、1,000万人単位のユーザーを抱えているとされる、比較的傑出したネットワークも存在します。

これらの紹介ベースのネットワークは、「無料」の暗号資産を獲得する価値と、ユーザーが多ければ多いほど良いことを宣伝していますが、残念ながら公正な環境を作ることができず、ロボットによって偽アカウントのリストを作成し、紹介ボーナスを獲得することによってシステムを悪用するユーザーに対抗することができませんでした。

なぜなら、これらのプラットフォームは、すべての紹介ボーナスを獲得するメインアカウントに対してのみKYCを行い、それらの偽アカウントが貢献した紹介ボーナスについては気にしないため、それらのロボットがKYCをパスしなかったとしても、クローバック機構が存在しないことを意味します。

通常、これらの暗号資産ネットワークは、ユーザーがネットワークに紹介した新規ユーザーに比例して、余分なトークン報酬を提供します。
一部のユーザーは、ロボット・プログラムによって新規アカウントの長いリストを生成することを利用し(そしてそのコストは通常最小です)、その結果、非常に大きな詐欺的ボーナスを獲得しています。

これらの偽アカウントはネットワークのKYC認証を通過することはできませんが、これに乗じて紹介ボーナスを得た詐欺的なユーザーは、実際には実在の人物であり、したがってKYCをうまく通過することができるのです。
ある日、その暗号資産が本当に取引所に上場されたとして、この詐欺的なユーザーがロボットで簡単に大金を稼ぎ、自分は彼よりはるかに少ない収入で多くの貢献をしていたら、どう思うでしょうか?

その一握りの紹介制ネットワークは、まだこれに関する解決策を持っていないようですが、これは実際のユーザーに大きな苦痛を与え、彼らが主張するように総登録ユーザー数を膨れ上がらせているのです。

StarNetwork(スターネットワーク)はリアルを保ち、もうロボットを受け入れない

Star Network は、名目残高および実現残高という概念を独自に導入しています。

名目残高は書類上のスター残高で、実現残高は使用、送金、引き出しが可能な実際のスター残高です。

上記の不正なケースを参考にすると あるユーザーがロボットプログラムによって新規ユーザーのリストを作成し、紹介ボーナスを獲得することによって非倫理的に残高を増やそうとした場合、このユーザーは書類上では確かに多くの名目残高を持っています。

しかし、ロボットのアカウントはKYCプロセスを通過することができないため、ロボットの活動によって得られた名目残高の一部は実現残高にアンロックすることができません。
この場合、ユーザーの実現残高は彼自身の収益以外には実質的にゼロとなります。

ブロックチェーン経済と実体経済の非干渉性

本稿執筆時点では、米国は依然として世界最大のGDPを誇る経済大国であり、ルクセンブルクは一人当たりのGDPが最も高い国です。

一方、世界で最も高価なビッグマックはスイスでは7.29ドルであり、スイスのビッグマックは後進国の一人当たりの平均週収を意味します。
現実の経済では、先進国と発展途上国の人が同じ購買力、生活水準を享受し、同じ経済生産高を上げることは期待できないでしょう。

しかし、彼らに共通しているのは、スマートフォンとインターネット接続がすべての人に簡単にアクセスできるということです。
後進国でのiPhone12Proの普及率はあまり期待できないが、エントリーレベルのAndroidスマホはどこでも見かけることが珍しくありません。

個人レートとボーナスレートは、スターネットワークのすべてのユーザーに対して、その出身国に関係なく同じルールが適用されます。

したがって、経済力の異なる国の2人のユーザーが同じようにStarNetwork(スターネットワーク)に貢献した場合、2人の名目残高は同じになります。
スターネットワークが他の「無料」暗号資産ネットワークと異なる点は、自国のGDPに応じてユーザーへのトークン流動性を優先していることです。
最終的には全員がKYCプロセスを通過しますが、まずは経済力のある国のユーザーにKYCスロットを解放します。

ユーザーはウォレットに実現残高があるときのみStar残高を使用、送金、引き出しできるため、流動性を優先することで、Star Networkのブロックチェーン経済は現実世界の経済と同期し、Starの価値を長期的に持続させることができるようになるのです。

Star Network(スターネットワーク)のコンセンサスプロトコル

ブロックチェーンは、暗号資産ネットワークを構築するための基盤技術です。
暗号技術とプログラミングで構成される高度な概念です。
教育目的のため、以下では日常的な言語と簡単な比喩を使って簡単に説明します。

ブロックチェーンは、権限のある人が全員の帳簿を管理する非ブロックチェーン経済とは逆に、ネットワーク内の全員が同じ会計帳簿を管理するものだと考えてください。
このネットワーク内でコンピュータを持つ各個人は、ノードと呼ばれます。
新しい取引が行われると、その項目は全員の手元で同時に更新されます。

したがって、ネットワーク内のすべての人が記録を保持し、更新するので、中央集権的な権威は必要ないのです。
また、自分の帳簿をごまかすことはできても、ネットワーク内の他のすべての人の帳簿の記録を変更することはできないので、誰かを騙してその取引を取り消すこともできません。
分散型台帳の考え方は、ブロックチェーンの仕組みを最もシンプルに表現しており、取引記録を保持する上で、分散型、安全、不可逆の性質を説明しています。

ビットコインとプルーフ・オブ・ワーク・コンセンサス

ネットワーク内では多くの取引が行われており、最終決定を下す中央機関がないため、あるノードが特定の時間枠内で行われたすべての取引を検証、承認し、帳簿を更新してネットワーク内の残りのノードと共有する必要があります。
この定期的な検証と更新が行われるたびに、新しい「ブロック」が形成され、以前のブロックと接続されます。
文字通りブロックの連鎖であることから、ブロックチェーンと名付けられたわけです。

チェーンは会計帳簿全体と考え、1番目のブロックは帳簿の1ページ目、2番目のブロックは2ページ目、といった具合に考えます。
では、ネットワーク全体のどのノードが、新しいブロックを検証し、追加するという最終決定を下すのでしょうか。
ビットコインネットワークでは、取引検証に関する複雑な数学的問題を、およそ10分ごとに全ノードで共有しています。
すべてのノードが計算能力を提供し、その数学的問題を解くことで、このおよそ10分の間にすべての取引を検証するために互いに競い合います。

問題を解いた最速のノードが最新の取引ブロックを投稿し、このノードには一定量のビットコインが報酬として与えられます(本稿執筆時点では12.5BTCになっています)。
このブロックの数学的問題を解き、すべての取引を検証するために、すべてのノードが互いに競争するコンセンサス・アルゴリズムをProof of Workと呼んでいます。

ビットコインの獲得者数は、時間の経過とともに指数関数的に増加します。
しかし、新しいビットコインを獲得できるのは、およそ10分ごとに1人しかいません。
その結果、競争の激化により数学的問題の複雑性が高まり、ビットコイン獲得者にとって、スーパーコンピュータ、ASIC、GPU、エネルギー料金への投資という非常に高い参入障壁が設定されました。

StarNetwork(スターネットワーク)の修正コンセンサス・アルゴリズム

ビットコインネットワークのコンセンサスアルゴリズムでは、各ノードが互いに競争し、勝者が決定するのに対し、StarNetworkのコンセンサスアルゴリズムは、全ノードの投票結果を用いて次のブロックの形成を決定しています。

StarNetworkのすべてのノードは、独自の取引確認判定を行い、次のブロックの形成方法を提案することができます。
そして、ネットワークメッセージで内部的に通信し、その後、異なる提案に投票します。

数回の投票の後、これらのノードの大多数が一般的な合意に達し、投票されたブロックが次のブロックとなります。
次のブロックの形成に貢献したノードには、スター(Star)トークンが与えられます。

ノードにとって、ネットワークメッセージを通じて内部で通信し投票することは、互いに競い合って数学的複雑な問題を解く最速のノードになるよりもはるかに簡単なので、スターを獲得するために必要なエネルギーははるかに少なくてすみます。

また、BitcoinのProof of Workコンセンサスアルゴリズムにおける「勝者がすべてを手にする」のではなく、貢献したノード間で公平に報酬が分配されます。
Stellar (XLM) や Ripple (XRP) などの主流の暗号資産も、同様のアルゴリズムとコンセンサスプロトコルを使用しています。

Star Network(スターネットワーク)の経済モデル

ユーザー登録すると、すべてのユーザーはエクスプローラーになります。
私たちは皆、スターを目指します。
エクスプローラーは、StarNetworkの基本的な役割であり、スターネットワークに積極的に参加するための基本的な責任を負っています。

エクスプローラー

エクスプローラーは、スターネットワークのモバイルアプリにサインインし、ロケット発射ボタンをクリックすると、24時間連続で基本レート1.6スター/時間(レートハーフの場合は0.8 / 0.4 / 0.2 )で報酬を得られます。

24時間のセッションが終了すると、獲得は停止し、エクスプローラーがモバイルアプリに再度サインインし、別の24時間セッションを開始するボタンをクリックすると再開されます。
実際の残高は24時間セッションの終了時にのみアカウントに振り込まれますので、何らかの理由でサインアウトした場合は、そのセッションの収益は失効することにご注意ください。

ブースター

エクスプローラーになる以外に、他のユーザーを自分のチームに招待することができます。
自分自身と他のチームメイトはブースターと呼ばれます。

ロケット工学のように、ブースターが多ければ多いほど、エクスプローラーは速く走れます。
つまり、ブースターが多ければ多いほど、自分の獲得率が上がるというわけです。
あなたの紹介コードを使ってStarNetworkに参加した新しいユーザーには、あなたの基本レートの25%が追加で支払われます。

これらの新しいエクスプローラーがStar Networkに参加すると、彼らはあなたのブースターとなります。
つまり、新規アクティブユーザー1名につき、1時間あたり0.4スター(またはレート半減時に0.2/0.1/0.05)があなたの残高に追加されるのです。
もちろん、これらのボーナスレートは、ブースターがアクティブで、24時間獲得セッションの最中である場合にのみ適用されます。

つまり、ブースターがチームに加入していても、オンラインになっていなければ、そのアクティブでないブースターからボーナスレートを獲得することはできません。

ブースターのボーナス率には上限がありません。
つまり、1,000人の新規ユーザーをスターネットワークに招待し、彼らが常にアクティブであると仮定した場合、1時間あたり400スター(レートが半分になると200/100/50)の追加ボーナスを獲得することができるのです。

GameFi機能によるボーナス収入

ゲームセンターに積極的に参加することで、さらにスター・トークンを獲得することができます。
例えば、最初のゲーム「Flappy Star」では、練習モードと他のプレーヤーと競うトーナメントモードの両方でトークンを追加で獲得することができます。

練習モードでは、一定以上のスコアを出すと、ボーナスレートとして0.2または0.5/時間の追加報酬がもらえます。
トーナメントモードでは、各日の上位25%のプレーヤーが、スターネットワークと各参加者から提供される賞金プールを均等に分配し、各日の最高得点プレーヤーには、さらにLibraトークンが贈られます。

ゲームのルールの詳細は、ニュースレターでご覧いただけます。
スターネットワークは、今後もさまざまなモバイルゲームを開発し、ゲームセンターで配信していきます。

各ゲームのルールは異なりますが、ユーザーが楽しみながら追加でトークンを獲得できる点は共通しています。
モバイルゲームを取り入れることで、分散型金融という高度なコンセプトをより身近なものにし、私たちのグローバルなコミュニティの成長を後押ししています。

名目残高と入手可能残高と実現残高の比較

名目残高はあなたが使用できるスター残高を意味するものではありません。
この概念を理解するために、まずは、本記事の前半を読み、

  • 名目残高
  • 入手可能残高
  • 実現残高

の違いを理解する必要があります。

トークン獲得と交換のプロセスをまとめると、このようになります。

  1. あなた(KYCを通過する前)とあなたのKYCを通過したブースターと通過していないブースターがロケットボタンをクリックすると、あなたの名目残高が増加します。
  2. Libraを1回行使し、KYCを通過すると、現時点での入手可能残高が全て実現残高にアンロックされます。
    名目残高は入手可能残高の分だけ差し引かれます。
  3. Libraを行使した後、あなたとあなたのブースターがロケットボタンをクリックし続けると、名目残高が増え、入手可能残高(あなたとKYCしたブースターからの貢献)は再び0から増え始めます。
  4. その後、別のLibraを行使した場合、その時点の入手可能残高はすべて実現残高に再びアンロックされます。

KYC前のあなたの名目残高が10,000スターであったと仮定します。
そのうち、6,000はエクスプローラーであるあなた自身が獲得したものです。
ブースターAから1,500、ブースターBから1,000、ブースターC、D、Eからそれぞれ500を獲得しており、ブースターABCDEはすべてKYCをパスしていません。
KYCを通過する前、あなたの名目残高は10,000スター、入手可能残高は6000スターです(KYCを無事通過したと仮定しています)。
実現残高は0スターです。

KYCを通過すると、名目残高は10,000のままですが、入手可能残高は6,000のままです。
実現残高は0です。
AさんもKYCに合格すると、名目残高は10,000のままですが、入手可能残高が7,500になります。
実現残高は0です。
ブースターA,B,C,D,EがすべてKYCを通過すると、この場合名目残高は入手可能残高と同じ10,000Starになります。
実現残高は0Starとなります。

ここで1Libraを行使します。
すると、名目残高から入手可能残高が差し引かれます。
入手可能残高をすべて実現残高にアンロックしたため、入手可能残高が0になります。
実現残高は10,000スターとなり、この10,000スターを引き出し、移動、使用することができます。

新しいブースターの加入がなかったと仮定して、エクスプローラーの獲得とブースターの獲得で、時間が経つにつれてさらに10,000スターを獲得しました。
名目上の残高は10,000になり、コンバーチブル残高も10,000(チーム内のすべてのユーザーがKYCを通過したため)、リアライズ残高も10,000となります(最初の10,000コンバーチブル残高をリアライズ残高にアンロックしたため)。

別のLibraを行使した場合、名目残高は0、変換可能残高は0になり、Starトークンを譲渡しなかったと仮定すると、実現残高は20,000になります。

ここで、もう一人のBooster Fがあなたのチームに加わり、彼はKYCをパスしていないとします。
このとき、あなたの名目残高は31,000です。

1,000はブースターFが拠出し、残りはあなたとKYCしたブースターが拠出したものです。
変換可能残高は30,000です。

Libraをもう一回行使すると、この30,000のコンバーチブルが実現残高にアンロックされます。
その後、スター・トークンの譲渡がなければ、名目残高は1,000、コンバーチブル残高は0、リアライズ残高は50,000となります。

半減期のロードマップ

半減期とは、あるマイルストーンに到達したときに供給レートを50%カットする行為です。

これは、希少性によってStarの価値成長を維持するための重要な経済的措置です。
これはまた、極端になりすぎず、より高い供給率で早期加入者に報酬を与えるというスターネットワークの哲学にも合っています。

スターネットワークは、ユーザーベースが50万人、200万人、1000万人となった時点で、3回のレート半減を実施する予定です。
ユーザー数が1億人を超えた時点で、Starの新規供給は停止されます。

Starの総供給量

StarNetworkは、全世界の登録ユーザーが1億人を超えた時点で、新たなStarの供給を停止します。
したがって、Starの総供給数は、新規供給停止前のコミュニティ全体の獲得活動によって決まります。

これは、次のような簡単な方程式で計算できます。

スター総数=エクスプローラーが獲得したスター総数+コアチームと主要スタッフへのデベロッパー報酬

開発者への報酬は採掘されたスターの合計の25%であり、新しいスター供給が停止された時点で関連する受益者のスターウォレットに入金されます。

StarNetwork(スターネットワーク)のトークンエコノミーとLibraの抽選

Libraは、KYC、及びコンバーチブル残高を実現残高にロック解除するために必要です。

暗号資産の価格は何によって決まるのでしょうか?
価格は多くの要因によって支配されているため、明確な答えはありませんが、需要と供給というファンダメンタルズを考慮することが最も安全でしょう。

仮想通貨の価格は、他の金融資産と同様に、市場で高い人気を得て投資家がこれを拠り所とみなすと高騰し、すべての暗号資産保有者が市場に売却を急ぐと急落します。
ビットコインやイーサといった主流の暗号資産でも、市場のセンチメントがナーバスになると一晩で2桁の急落に見舞われることは珍しくありません。
しかし、これらの主流のコインの強固なファンダメンタルズに牽引された強い需要があることから、時間が経つにつれて価格は戻り、最終的にはピークに達するでしょう。

希少価値と総供給量

ビットコインの最大供給量は2,100万枚です。
イーサリアムは総供給量が確定していませんが、年間供給量は1800万が上限となっています。

仮想通貨の供給が確定的で一定であれば、価格は需要の増加で十分に支えられることになります。
したがって、新規供給の明確なカットオフポイントがない暗号資産ネットワークや、カットオフポイントがネットワーク創設者の裁量で「確認中」であったり、供給停止が非現実的に遅くなったり(ネットワークが10億ユーザーに達したときなど)すると、供給が事実上不定となり、これらのネットワークから得られる暗号資産の価値はほとんど下支えされないでしょう。

実用的なアプリケーション

その仮想通貨はどのように使うことができるのでしょうか?

ビットコインとイーサリアムはウォレットホルダーのためのP2P転送用です。
バイナンスのコインは、バイナンスの取引所サービスを利用する際の取引手数料を支払うためのものです。

暗号資産が価値あるものであるためには、実用的な価値がある必要があります。

新しい暗号資産に投資するかどうかを評価するとき、そのコインが交換媒体として市場で一般的に受け入れられているか、市場で利用できるウォレットの数、P2P転送の容易さ、あるいはどこでもそのコインを使用できることを考慮します。
そうでなければ、実用的な価値がなければ、その「仮想通貨」は単なる数字の羅列となり、結局は市場で何の需要も引き出さないことになります。

暗号資産保有者の財務力

本稿執筆時点で、ビットコインは55,900ドルで取引されており、史上最高値の64,900ドルから13.8%下落しています。
今日、イーロン・マスクのように楽観的でビットコインに強い信念を持つ裕福な億万長者がビットコインの獲得に成功したと想像して、彼はどうするでしょうか?

彼はそれを拠り所と捉え、ウォーレン・バフェットのバリュー投資哲学を取り入れ、そのBTCを長くポートフォリオに入れ続けるでしょうか?
別のシナリオを想像してみてください。

今日、発展途上国で常に貧困線下で生活している人がビットコインの獲得に成功し(ビットコインを獲得するために必要な装置やエネルギーに支払う経済力がないはずなので技術的に不可能ですが、これを例にとってみましょう)、同時にビットコインの将来を強く信じている人ですが、彼はどうするでしょうか?

長く持っておくのか、それとも今すぐ売って55,900ドルですぐに生活水準を向上させるのでしょうか?

取引所での売り買いのアクションは、ある資産の価格を支配するものです。
したがって、ある仮想通貨の将来の価値を評価する場合、まずその暗号資産の保有者の構成を考慮する必要があります。

前者または後者の例は、全暗号資産保有者の大多数を反映していますか。
新しい暗号資産が取引所に上場された最初の日である場合、保有者や投資家の大半は購入、保有、売却を行うでしょうか?
終値はどうなるのでしょうか。

このトークンエコノミーがStarNetwork(スターネットワーク)の基本理念です。
携帯電話とインターネット環境があれば、世界中の誰もがStarを稼ぐことができますが、長期的にStarの価値を維持し、成長させるための方策を講じる必要があるのです。

私たちが厳重に管理しなければならない門のひとつが、Know Your Customer(KYC。本人確認)のデューデリジェンス・プロセスです。
KYCを通過すると、名目残高の一部を実現残高にすることができるため、KYCスロットの解放はStarの流動性の解放を意味します。

Libraは、KYCスロットを取得するために必要なアンロックトークンです。
Libraは、段階的に抽選でユーザーへリリースされます。
最終的には全てのユーザーにLibra(=KYCの機会)が提供されますが、一部のユーザーには他のユーザーよりも早くLibraが提供されます。

Libraの抽選に成功するかどうかは、これらの要因に基づいています。

スターの保有数が多ければ多いほど、Libraを引き当てる確率が高くなります。
もしあなたが比較的高いスター残高を持っているならば、それはあなたがスターネットワークに早くから参加しているか、多くの新規参加者を招待して大きな貢献をしたことを意味します。
いずれにせよ、あなたは(Libraを持つことで)KYCの権利を得、スター残高を早くアンロックし使用することができるのですから、報酬を得るに値します。
ランダム要素
ランダム性と運は、その場所を持っています。
また、最終的には誰にでもKYCを通過するチャンスが与えられるということも覚えておいてください。
幸運でないユーザーのためのステーキング・キャンペーン(後期)
もし運があなたのゲームでないなら、有機的な方法であなたのチャンスを上げましょう。
スターネットワークが暗号資産取引所に上場されたら、スター向けのステーキングキャンペーンを開始します。
KYCを通過しておらず、名目残高が実現残高にアンロックされていない場合、暗号資産取引所からスターを購入し、当社にスターをステーキングすることができます。
StarNetworkは、ステーキングした残高の一定割合をステーキング報酬として支払います。
ステーキング報酬を得るだけでなく、ステーキング残高が多ければ、Libraの抽選に成功し、KYCスロットをアンロックする確率も高くなります。
他のLibraホルダーから獲得する
LibraはNFTであり、7日間の有効期限がある譲渡可能な資産です。
Libraをうまく引き出せない場合は、他のLibraホルダーから取得することができます。
Libraをお持ちの方で、KYCに成功した場合、Libraをご自身で使用するか、他のユーザーに譲渡するかを選択することができます。
取引コスト

Starのピアツーピア取引ごとに、0.3%のStarトークンが燃やされます。
例えば、あなたが他のユーザーに100スターを送金したとすると、他のユーザーは代わりに99.7スターを受け取ります。
これは、すべてのStarトークン所有者がトークン価値の上昇を享受できるように、Starの総供給量と流通量を削減するためのものです。

StarNetwork(スターネットワーク)の開発ロードマップ

Star NetworkはソーシャルDeFi(分散型金融)ネットワークで、ユーザーがStar残高を獲得、保存、取引、使用するための暗号資産エコシステムと、最終的には仮想通貨とフィアットマネーの保存と引き出し、借入と貸付、取引、投資、デビットカードやクレジットカードによる支払い決済、さらにはフィアット商人との会員特典などのすべての銀行活動のためのワンストップ分散型金融プラットフォームとすることをビジョンとして掲げました。

スターネットワークは、完全に分散化されているため、中間業者によって操作されることがないことを除けば、日常の銀行のようなものです。

スター獲得やインスタントメッセンジャー機能を備えたスターネットワークアプリの世界展開(2021年9月)

スターネットワークモバイルアプリは、2021年9月にAppleのApp StoreとGoogle Play Storeの両方でローンチされる予定です。
このバージョンでは、ユーザーはスター残高を増やして保存したり、新しいユーザーをチームに招待したり、スターネットワークインスタントメッセンジャーでチームメイトとコミュニケーションを取ったりすることができます。

Libraの抽選、KYC、P2P送金(2021年11月予定)

スターネットワークは、2021年11月中旬にリブラの抽選とKYCの段階に入ることが予想されます。
このステージでは、誰もが自由にリブラ・スロットを定期的に抽選し、KYCスロットをアンロックし、コンバーチブル残高をリアライズ残高にアンロックすることが可能になります。

ウォレットに実現残高があれば(Libraを行使してコンバーチブル残高を実現残高に変換するか、他のユーザーが実現残高をウォレットに転送するか)、2021年11月中旬に予定されているアプリのメジャーアップデート時に、KYCの状態に関わらずピアツーピア送金を開始することが可能になります。

アプリが次のバージョンにアップデートされた後(2021年11月中旬に開始予定)、KYCに合格していなくても、他のユーザーがあなたのウォレットへの送金を開始した場合、あなたのウォレットは他のユーザーから実現残高を受け取ることができ、この場合、あなたはKYCに合格していなくても自由に実現残高を使用またはあなたのウォレットに転送することができます。

Starのピアツーピア取引ごとに、0.3%のStarトークンがバーンされます。
つまり、あなたが他のユーザーに100Starsの送金を開始した場合、受取人は99.7Starsを受け取ることができるのです。
その際、0.3%のトークンはバーンされます。
これは、すべてのStarトークン所有者がトークン価値の上昇を享受できるように、Starの総供給量と流通量を減らすためのものです。

スター新規供給量の減少・停止(2021年11月~2022年11月予定)

スターネットワークコミュニティのさらなる発展に伴い、ユーザー数が50万人(2021年11月予想)、200万人(2022年1月予想)、1000万人(2022年6月予想)、10000万人(2023年7月予想)となった時点で供給率を半減させ、供給停止を行います。

取引所への上場(2022年12月頃の予定)

スターネットワークコミュニティの成熟度、市場のボラティリティ、その他の要因によりますが、スターネットワークは2022年12月までに主要な暗号資産取引所に上場すると予測されています。

その頃には、ユーザーはスタートークンをフィアットマネーで取引できるようになります。
スターネットワークのシステムが順調に確立され、新規供給が止まり、スタートークンの需要が高まっていることから、スターネットワークは長期的なスター価値の持続的成長を楽観視しています。

他のDeFiプロジェクトの立ち上げ(2022年12月以降)

スターネットワークの発展は、スターを取引所に上場させることだけに留まりません。
スターネットワークは、スター社独自のメインネットの開発を開始します。
また、スターネットワークは、プロジェクト・ビジョンに基づき、その他の新しいDefi機能の開発を継続します。
例えば、有利子貯蓄・引き出しサービス、借入・貸付、投資・取引、ウォレット決済ソリューション(デビットカード、クレジットカード)、フィアットマーチャントとの会員特典などです。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。