marginfi(マージンファイ)で仮想通貨エアドロップは狙えるのか-ソラナ・チェーン上のDeFiレンディング・プロトコル

トランザクション実績作りに励んでおけば、将来、仮想通貨のエアドロップを受け取ることが出来るかもしれない、と話題の、marginfi(マージンファイ)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなmarginfi(マージンファイ)のエアドロ攻略への取り組みを始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. CoinTrade(コイントレード) 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※東証プライム上場企業子会社が直接運営。本日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、marginfi(マージンファイ)でのトランザクション実績作り等のための、ノーリスクの原資を確保しておく

    ※本日現在、掲載キャンペーン で獲得できるAmazonギフト券や仮想通貨、日本円等の合計は、15,500円相当。締め切りが近いキャンペーンもあるので、お早めに

  3. 諸々の準備が整ったら、marginfi(マージンファイ)のエアドロ攻略の詳しい始め方・取り組み方 を確認し、marginfi(マージンファイ)の「お触り」を進めてみる

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

marginfi(マージンファイ)のエアドロップ攻略への取り組みを始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:CoinTrade(コイントレード)公式サイト

marginfi(マージンファイ)でのトランザクション実績作り等を行うことで、仮に将来、仮想通貨(トークン)のエアドロップを受け取ることが出来た場合、その仮想通貨を日本円に交換するためには、CoinTrade(コイントレード) 等、国内の暗号資産取引所の口座・アカウントが必要となります。

現在、日本国内に、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • 運営会社、もしくはその親会社が上場している、いわゆる「大手」企業が良い、

というニーズであれば、ひとまず、CoinTrade(コイントレード) に口座を開いておけばOKです。
東証プライム市場上場企業の子会社が運営し、口座開設はもちろん無料。
さらに、口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
CoinTrade(コイントレード)公式サイト

※東証プライム上場企業子会社が直接運営。本日現在、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったETHは独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可


なお、CoinTrade(コイントレード)での口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、CoinTrade(コイントレード)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、marginfi(マージンファイ)のエアドロ攻略等のための原資を確保する

marginfi(マージンファイ)のようなDeFiプロトコルのエアドロップを攻略する場合、そのプロトコルに、いかに多くの、そして多額のトランザクション(=ブロックチェーン上の取引履歴のようなもの)を残すことが出来るか、が、成否の鍵となるケースがあります。
一方で、marginfi(マージンファイ)に限らず、中央管理者が不在、もしくは曖昧な、分散型金融(すなわち、DeFi)プロトコルを利用する場合、拠出した資金は、様々なリスクにさらされることとなります。

  • プロトコルがハッキングを受け、流動性プール等にデポジットされている資金が流出してしまう可能性もありますし、
  • そもそも、当該DeFiプロトコルそのものが、詐欺・スキャムだった、というケースも考えられるほか、
  • 一体全体、エアドロップは本当に行われるのか、そして、仮にエアドロが実施される場合、それはいつ、いくら程度のトークン量を予定しているのか、といった点についても、不透明な部分が少なくないのが実情です。

そのような高リスクな取り組みを進めるにあたり、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

本日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、15,500円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当のETH(イーサリアム)がもれなく全員にプレゼント。もらったETHは、同社のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年3月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

利回り不動産

2024年4月30日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

2024年6月30日までに公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のETHをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当のETH(イーサリアム)をプレゼント
キャンペーン期限
本日現在、期間限定にて開催中
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、本日現在、期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分のETH(イーサリアム)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったイーサは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年3月31日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年2月28日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン期限
2024年6月30日まで
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
2024年6月末までの期間限定で、新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

marginfi(マージンファイ)の使い方・仮想通貨エアドロップの狙い方

ここでは、プロトコルからの仮想通貨エアドロップの獲得などを狙い、marginfi(マージンファイ)のDAppの利用を行う際の手順・方法を、1つずつ、確認して参ります。

エアドロップ攻略を目的に、marginfi(マージンファイ)のレンディング・プールに仮想通貨をサプライする手順

marginfi(マージンファイ)の仮想通貨エアドロップの攻略などを目的に、同プロトコルのレンディング・プールに、トークンのサプライを行いたい場合、その手順は以下の通りです。

marginfi(マージンファイ)の公式サイトにアクセス

まずは、marginfi(マージンファイ)の公式サイトにアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://www.marginfi.com/

「アプリをローンチ」をクリック

「Launch App」のバナーをクリックします。

marginfi(マージンファイ)のプロトコル概要の表示

DeFiプロトコルとしてのmarginfi(マージンファイ)に関する概要文が表示されるので、内容の確認・閲覧を進めます。

「サインイン」をクリック

「Sign in」のバナーをクリックします。

marginfi(マージンファイ)へのサインイン方法の選択

「ソーシャルでコネクト」を選択すると、

  • メールアドレス
  • Googleアカウント
  • Twitterアカウント
  • アップルID

のいずれかを用いて、サインインを行うことが出来ます。

一方、「ウォレットを使用」をクリックすると、

  • Phantom Wallet(ファントム・ウォレット)か、
  • Solflare

を選択できます。

なお、fillメディア編集部では、Phantom Wallet(ファントム・ウォレット)を用いたサインインを選択しています。

※Phantom Wallet(ファントム・ウォレット)の詳しい利用手順等については、以下の別記事をご参照下さい。


参考:
Phantom Wallet(ファントム・ウォレット)の作り方&使い方-Solana(ソラナ)チェーンを含む複数ネットワーク対応のウォレット・アプリ

ウォレットアプリ側でmarginfi(マージンファイ)とのコネクトを承認

前段の選択に応じて、ソフトウェア・ウォレットのポップアップ等が立ち上がるので、marginfi(マージンファイ)とのコネクトを承認します。

「レンディング」メニューを選択

marginfi(マージンファイ)のDAppメニューの中から、「lend」(レンディング)を選択します。

(Borrowではなく)「Lend」タブが表示されていることを確認

プール表示が「Lend」タブにて為されていることを確認します。

レンディングを行いたいトークン・プールを選択

表示されているトークン・プールの中から、今回レンディングを行いたい仮想通貨銘柄を選択します。
今回は、ソラナ・チェーン上のステーブルコイン「USDC」をレンディング提供してみます。

レンディングに回したいトークン量を指定

続いて、レンディング・プールにサプライしたいトークン量を指定したうえで、「Supply」のバナーをクリックします。

ウォレット・アプリでトランザクション承認

marginfi(マージンファイ)とのコネクトに利用しているソフトウェア・ウォレットのポップアップが表示されるので、ガス代の支払いを含めて、トランザクション提出を承認します。

marginfi(マージンファイ)のアカウント残高が増えていればOK

先ほどサプライしたトークン量等に応じて、「Your account」のアカウント残高が増加していれば、OKです。

marginfi(マージンファイ)から出金したい場合は、「Borrow」タブへ移動

marginfi(マージンファイ)のレンディング・プールにサプライした資金を出金したい場合、一旦「Borrow」タブに表示を切り替えます。

出金額を指定し「Withdraw」をクリック

レンディング・プールから出金したいトークン量を指定したうえで、「Withdraw」のバナーをクリックします。
その後、トランザクション処理が無事完了し、レンディング・プールにサプライした資金が戻ってくれば、OKです。

marginfi(マージンファイ)のエアドロップ戦略の一環で、プロトコルから仮想通貨の借入を行う手順

同じく、marginfi(マージンファイ)の仮想通貨エアドロップへの戦略的な取り組みの一環等で、同プロトコルから、トークンの借入(Borrow)を行いたい場合、その手順は以下の通りです。

プール表示を「Borrow」(借入)タブに切り替え

marginfi(マージンファイ)のプール表示を、「Lend」タブから、「Borrow」タブに切り替えます。

借入を行いたいトークン銘柄を選択

marginfi(マージンファイ)のレンディング・プールで借入を行いたい仮想通貨銘柄を選択します。
今回は、大型エアドロップで話題となったリキッドステーキング・プロトコル「Jito」の、「JitoSOL」トークンを調達してみます。

借り入れたいトークン量の指定

借り入れを行いたいトークン量を指定し、「Borrow」のバナーをクリックします。

ソフトウェア・ウォレットでトランザクション提出を承認

marginfi(マージンファイ)とのコネクトに使用しているウォレット・アプリのポップアップが立ち上がるので、トランザクション提出等を承認します。

marginfi(マージンファイ)からのトークン借入完了

トランザクション処理が無事に完了し、自身の「Borrowing」値等が変化していれば、OKです。

なお、今回借り入れたJitoSOLトークンの残高は、上掲スクリーンショットの要領で、ソフトウェア・ウォレットでも確認できます。

借りた仮想通貨を返済したい場合は、「Lend」タブに移動

借り入れたトークンを返済したい場合、改めて「Lend」タブに移動します。

返済したいトークン量を入力し「Repay」をクリック

marginfi(マージンファイ)のレンディング・プールに対して返済したい仮想通貨の量を指定し、「Repay」のバナーをクリックします。
その後、無事にトランザクションが通れば、返済は完了です。

marginfi(マージンファイ)のエアドロップ攻略上の「よくある質問」

ここでは、marginfi(マージンファイ)の仮想通貨エアドロップ攻略等に際して想定される「よくある質問」を、質疑応答の形式で、確認して参ります。

marginfi(マージンファイ)の「ポイント」の稼ぎ方を教えて下さい

marginfi(マージンファイ)から公開されているブログ記事によれば、同プロトコルの仮想通貨エアドロップに繋がるかもしれない、との噂がある、「mrgnポイント」の具体的な稼ぎ方としては、以下のようなものが挙げられています。

レンディング・プールへの入金・貸出

marginfi(マージンファイ)のレンディング・プールに対して、1ドルをサプライすると、1日あたり、1ポイント分のmrgnポイントを稼ぐことが出来る、とされています。
出来るだけ長く、かつ、多額の資金をレンディング・プールにサプライしたほうが、より多くのmrgnポイントを稼ぐことが出来る、との仕様になっているようです。
※当然のことながら、その場合、より大きなプロトコル・リスク(プロトコルがハッキングに遭ったり、ラグプルする場合等のダウンサイド・リスク)を許容する必要があります。

レンディング・プールから資金の借入(Borrow)

marginfi(マージンファイ)としては、資金の貸付(レンディング・プールへのサプライ)よりも、プロトコルからの資金の「借入」のほうを重要視しているようです。
これに伴い、プロトコルから資金を借り入れると、1ドルの借入あたり、1日で4ポイント分のmrgnポイントを稼ぐことが出来る、とされています。
なお、marginfi(マージンファイ)から資金を借り入れる場合、担保として、レンディング・プールへの資金サプライを行っていることが大前提となります。
プールへの資金のサプライもまた、前述の通り、mrgnポイントの付与対象となりますので、

  • 資金のサプライ
  • レンディング・プールからの借入

を同時に行えば、ある意味、ポイントを二重取り出来る事となります。

marginfi(マージンファイ)への友達招待・紹介

marginfi(マージンファイ)に友達を招待した場合、その友達が獲得したmrgnポイントの1割(10%)相当を入手することが出来ます。
更に、その友達が、自身の友達を新たに招待した場合(=ティア2)、下層ティア上の友達が稼いだポイントからも、追加のmrgnポイント報酬を受け取ることが出来ます。

marginfi(マージンファイ)概要・公式サイト等

公式サイト
https://www.marginfi.com/
DApp
https://app.marginfi.com/
Twitterアカウント
https://twitter.com/marginfi
テレグラム
https://t.me/mrgncommunity
ディスコード
https://discord.com/invite/mrgn
ミディアム
https://medium.com/marginfi
GitHub
https://github.com/mrgnlabs
Docs
https://docs.marginfi.com/
ポッドキャスト
https://open.spotify.com/show/0sgdNFaGijvlT5y9BeQ97l
メールマガジン(substack)
https://mrgn.substack.com/
DeFi Llama
https://defillama.com/protocol/marginfi

※CoinTrade(コイントレード)以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、CoinTrade(コイントレード)では一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

仮想通貨・暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。