BitKeepウォレットの作り方・始め方-ビットコインを保管できる仮想通貨ウォレットの仕組みとは

BitKeep概要・公式サイト等



引用元:BitKeep

公式サイト
https://bitkeep.com/en/index
Twitterアカウント
https://twitter.com/BitKeepOS

BitKeepウォレットの使い方

ここからは、

  • BitKeepウォレットの作り方・始め方
  • BitKeepウォレットの具体的な使い方

といった点について、確認して参りましょう。

BitKeepウォレットの作り方

BitKeepウォレットを新規作成する場合、その具体的な手順としては、以下の通りです。

BitKeep公式サイトへ

BitKeepの公式サイトURLは以下の通りです。

https://bitkeep.com/

「ダウンロード」をクリック

公式サイトドメインであることをよく確認したうえで、「ダウンロード」の箇所をクリックします。

Chrome(クローム)版をクリック

本記事では、Braveブラウザに、拡張機能として、BitKeepウォレットを導入する流れを検証します。
この場合、「Chrome版」を利用します。

「Chromeに追加」をクリック

画面遷移に沿って進めます。

「拡張機能を追加」をクリック

注意事項を確認したうえで、「拡張機能を追加」をクリックします。

「ウォレットの作成」をクリック

今回は、既存ウォレットのリカバリーではなく、新規でBitKeepウォレットを作成します。

パスワードの設定

パスワードは、数字や文字を織り交ぜ、6文字以上で構成する必要があります。

注意事項確認用の動画を閲覧

シークレット・リカバリー・フレーズの取り扱い等に関する、1分間弱程度の動画を閲覧し、「次のステップ」をクリックします。

シークレット・リカバリー・フレーズ(ニーモニックフレーズ)の確認

12個(※もしくは、24個)の英単語で構成された、シークレット・リカバリー・フレーズ(ニーモニック・フレーズ)が表示されるので、厳正に保管・保存します。

指定された順番の英単語を選択

指定された順番に記載されていた英単語を選択する形で回答し、「次のステップ」をクリックします。

※同じようなソフトウェア・ウォレットでも、メタマスクの場合、シークレット・リカバリー・フレーズ(英単語12個)を全て入力しますが、BitKeepの場合は、一部のみ、選択形式で入力します。

BitKeepのウォレット作成完了画面がこちら

このような画面が表示されれば、BitKeepのウォレット作成は完了です。
「BitKeepウォレットに入る」をクリックします。

Author Info

仮想通貨・暗号資産投資検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

暗号資産投資検証チームでは、昨今、大きな関心を集めているDeFi(ディファイ)やGameFi、その他暗号資産投資全般に関して、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。