ヨガを始めたばかりの28歳専業主婦が、「お試し感覚」で始めたソーシャルレンディング投資体験談

投資家紹介

ニックネーム:may
都道府県:東京都
年齢:28歳
性別:女性
累計投資額:~100万円
ソーシャルレンディング投資歴:1年未満

投資口座を開設したソーシャルレンディング事業者名:
SBIソーシャルレンディング, クラウドクレジット, オーナーズブック,maneo,さくらソーシャルレンディング, スマートレンド, LCレンディング

夫と2人の時間を楽しむ専業主婦

夫と2人の時間を楽しむ専業主婦が始めたソーシャルレンディング

※写真はイメージです

【質問1】まずは簡単なプロフィールをお教えください。


28歳の女性です。
25歳の時に結婚を機に退職してからは、専業主婦です。
ですので、現在、お仕事はしていません。

夫の稼ぎはかなり良いほうなので、生活にはある程度ゆとりがあります。
お給料も私が全て管理しているので、個人的なお小遣いにも困っていないのですが、困ったことといえば、時間が有りすぎて、家事を頑張ってもキリがなく、テレビを見ても暇で仕方ありません。
友達は結婚して子育てに忙しかったり、お仕事を頑張っていたりで、なかなか会う機会もない毎日です。

これといった趣味もありませんので、お料理を勉強したりはしていますが、私自身の食が非常に細くて食べることに興味がそんなになく、お酒も嗜む程度です。
最近ヨガを始めたので、日中家でテレビを見ながら体を動かしたりしています。

まだ子供はいません。
もう少しの間は。夫と2人だけで過ごす予定です。

ソーシャルレンディングの前の投資経験はほぼ皆無

【質問2】ソーシャルレンディング投資を始める前は、何かほかの投資をやっていましたか? やっていた場合はその内容、やっていなかった場合はその理由と合わせてお教えください。


投資の経験は全くありません。
そもそも投資自体に興味をもったことがありませんでした。
投資と言えるかは分かりませんが、お仕事をしていた時に、保険の外交員の方に薦められて加入した保険が、60歳から10年間年金がもらえる積立保険(?)というもので、今でも年に10万円ほどお支払しています。

私がソーシャルレンディングに投資を初めたきっかけは、真剣に投資をされている方には申し訳ないのですが、どちらかといえば、暇を持て余して過ぎて、何か刺激が欲しかったのかもしれません。
パチンコや競馬などのギャンブルの経験もないのですが、お金を賭けた時に、それがどうなるか分からないドキドキ感が、私に多少なりとも興奮をくれるような気がして、でもギャンブルでは負けるのが当然なので、投資で出来れば少しで良いので利益を得られるものをと思い、ソーシャルレンディングを選択しました。

まずはお試し感覚で、ソーシャルレンディングの世界へ

【質問3】ソーシャルレンディングに興味を持ったきっかけは、何ですか?


上記質問の回答と重なりますが、どうなってしまうか分からないドキドキ感を得ながら、できれば利益も得たいという図々しい希望があり、最初は株式投資を行ったのですが、どの銘柄を買えばよいか分からず、雑誌に掲載されていた推奨銘柄を買ってみたのですが、そのどれもが、ことごとく値下がりしてしまい、損してしまいました。

バカバカしくなり株式投資は止めてFXに挑戦したのですが、米ドルを購入しましたがこちらは株と違い相場が動かなさすぎてつまらないので、根負けして止めてしまいました。

ソーシャルレンディングを紹介するサイトには案件に投資をした後はほったらかしでOKとあり、最初は、それではつまらないかな、とも思いましたが、一度投資で利益を得てみたいと思い、安定感があると評判でもあったので、お試しで投資してみようと思い、挑戦しました。

maneo、SBIソーシャルレンディング、オーナーズブック、クラウドクレジットから、口座開設をスタート

【質問4】一番最初に投資口座を開設したのは、どこのソーシャルレンディング業者ですか?理由と合わせて、お教えください。


私が参考にしていたサイトのなかで、おすすめの事業者ということでしたので、maneo・SBIソーシャルレンディング・オーナーズブック・クラウドクレジットに口座開設しました。
基本的にはどの会社も口座開設方法は同じで、簡単に口座開設を済ませることができました。

maneoは案件数が多くあり、数ある案件のなかから気に入った案件に投資できるので、選択するのが楽しく感じました。
クラウドクレジットは、他の会社にはない外国への投資案件があり、これも私のお気に入りになりました。
SBIソーシャルレンディングは常時募集とオーダーメイドファンドがあり、同じ案件なのに利回りに差がついていたので、高利回りの案件に投資するしかない、と、募集開始にあわせていつもスタンバイしています。

オーナーズブックは利回りが低く案件内容がどれも同じように見えてしまい、私には合いませんでした。ゴメンナサイ。

短期で償還予定のソーシャルレンディングファンドに集中的に投資

短期で償還予定のソーシャルレンディングファンドに集中的に投資

※写真はイメージです

【質問5】他の投資手法と比較し、ソーシャルレンディング投資のメリットは、どのような点だと思いますか?


私がソーシャルレンディングで気に入っているのは、期間の選択ができるところです。
たとえば、maneoの遊戯器具リース会社への投資案件は、1ヶ月~6ヶ月まで選択でき、私はいつも最短の1ヶ月に投資をするようにしていました。
その他では、スマートレンドでも3ヶ月でしかも香港向けの案件があり、他の案件に比べて利回りは低いのですが、外国向けの案件に投資してみたかったので投資して、無事に成功しました。
クラウドクレジットの外国向けの投資やドル建て投資も面白そうだなとは思ったのですが、期間が1年以上と私には長いので、いまのところは投資はしていません。

「ファンドの途中解約不可」等、ソーシャルレンディング独自のデメリットに留意を

【質問6】他の投資手法と比較し、逆に、ソーシャルレンディング投資が劣っている点、デメリットとしては、どのようなものがあるとお考えですか?


具体的に何に投資をしているのかはっきりしない点が良くないと思います。
※投資先を明かしてはいけない決まりがあったようですが、最近は変更になったようですね。

投資先企業が分かったうえで投資した方が、投資家の皆さんには安心もできるでしょうし、それこそ、投資をした自己責任が課されると思います。

私自身はよく意識していなかったのですが、一旦投資をしてしまうと、途中で解約することが出来ませんので、短期的に必要なお金での投資はできませんね。
私は金額は少ないので良いのですが、投資が成功すると気が大きくなるのに比例して金額も大きくなってしまいまがちですので、そこは自制しなけれいけないと思います。

案件のスキーム図を見て専門用語が並んでいることがあるので逐一調べるのですが、担保に手形を預かったり、不動産だったり、いろいろあって読み込みが大変です。
特に最初のころは、リコースローン・ノンリコースローンの違いも分からずに投資してしまっていたこともあり、今となっては、大いに反省しています。

期間選択肢の多い「スマートレンド」がお気に入り

【質問7】国内ソーシャルレンディング事業者のうち、最も優れているのは、どの事業者だとお考えですか?理由と合わせて、お教えください。


最近の不祥事がなければmaneo推しだったのですが、流石に今は無理です。
スマートレンドは1ヶ月から18ヶ月まで期間が選べて、内容も国内・海外・事業支援・クレジット債権担保・GWと年末の特別ファンドまで色々選べて、混雑する特別ファンド以外は基本的にいつでも好きな時に投資できるので、私のお気に入りです。

LCレンディングも期間と案件が多くあるので好きなのですが、案件が堅いものが多く、面白味に欠けるかもしれません。ただ、絶対に失敗したくないという人はLCレンディングの親会社?のジャスダック上場企業が連帯保証している案件に投資をすれば、成功確率は高いのではないかと思います。

多数の延滞案件を抱えるmaneo、およびmaneoマーケット参加事業者には、警戒感

【質問8】逆に、国内ソーシャルレンディング事業者のうち、他のソーシャルレンディング事業者と比し、総合的に、最も劣っているのは、どこの事業者だとお考えですか?詳しい理由と合わせて、お教えください。


maneoは酷いですね。
maneo本体もそうですし、maneoマーケットを利用して投資を募集している複数の業者の中には、全ての案件が延滞しているところもあります。
普通に考えて、投資先の全てが延滞するなどということはありえないのですが、これはリファイナンスを繰り返していたことの現れなのでしょうか。
延滞を抱えている業者は、非常に高利回りの案件が多かったので、私もいつも興味津々に見ていたのですが、たまたま、投資してはいませんでした。

ソーシャルレンディング業者の中には、詐欺を働き、裁判沙汰になってしまっているところもあるようです。
そういった業者は、一刻も早く業界からいなくなり、優良な業者だけが残るようになってもらいたいです。

不正なソーシャルレンディング業者と関わらないことを最優先に

不正なソーシャルレンディング業者と関わらないことを最優先に

※写真はイメージです

【質問9】ソーシャルレンディング投資を行うにあたり、特に、ソーシャルレンディング初心者に、気を付けてほしい点としては、どのような内容がありますか?


半分暇つぶしの感覚で、少額投資を始めただけの私に、アドバイスをする資格は無いのですが、maneoやmaneoファミリー、トラストレンディングのような業者に関わると、大変な目に遭ってしまいますので、まずは、そうした不適切な業者と距離を置くことにしっかりと注意したうえで、投資を始めた方が良いのではないかと思います。

私が気に入っているスマートレンドは錦糸町付近に会社があるのですが、私の自宅から比較的近く、会社の側を通ってビルを見たのですが、とても大きな建物で、そのお家賃だけでも毎月たくさん支払っていそうだなと思いましたし、それが支払えるのでしたら会社としても大丈夫なのかなと勝手に思ったりもしました。

私のような素人でも、いまのところ上手くいっているのは実力なんかではなく、ひとえに、運だと思います。
素人が無理をして考え込むのではなく、ごく単純に、きちんとした信頼を寄せられている、人気のある事業者の案件に投資していくことに集中するのがいいのかもしれません。

案件・事業者の、過度な偏重には要注意

【質問10】これからソーシャルレンディング投資を始めようと検討している方に、励ましのメッセージをお願い致します。


個人的にはどうして数ある投資先の中からソーシャルレンディングを選択したのか知りたいのですが、私はただ惰性で今も投資をつづけています。
でも一度も失敗したことがありません。
最初は数万円から始めた投資も、いまは数十万円にまで増えました。
これ以上増やすかと言われれば微妙なところですが、各業者が案件を探して精査?(しっかりと業者内部で精査していると信じたいところです・・)したものに私達がのっかって投資できるので、素人の私が株に投資をするよりも、勝率が良いのだろうと思います。

当たり前のことですが、投資を始める際には、投資金額には注意して、一つの案件や一つの業者に偏ることがないようにしないと、後で大変なことになるかもしれません。
(私もそうならないように気をつけなければいけないなと、自戒の念を込めて書かせていただきました。)

※本記事の内容は、当サイトに、ソーシャルレンディング投資体験談として投稿された内容であり、当サイトとして、その内容の事実性及び妥当性について保証するものではありません。また、その内容は、当ラボの公的見解と異なる場合があります。

関連記事のご案内

広く投資家の注目を集めている、ソーシャルレンディング投資ではありますが、業界には未成熟の部分も少なくなく、いくつかの「危険会社」の存在にも、留意を要します。
実際のソーシャルレンディング投資検討にあたっては、こちらのコンテンツも、ぜひあらかじめ、ご参照下さい。

ソーシャルレンディング【おすすめ会社&危険会社ランキング】最新版

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。