ネクストシフトファンドに会員登録をしてみました。

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

「無料会員登録」をクリック。


引用元:https://nextshiftfund.jp/

ネクストシフトファンドのトップページ(https://nextshiftfund.jp/)から、「無料会員登録」をクリック。

仮登録を進める。


引用元:https://nextshiftfund.jp/investor/step1_entry.html

入力が終わったら「仮登録を完了する」をクリック。
すると、

↑メールを送ったよ、とのこと。
先ほど登録したメールアドレスの受信トレイを覗いてみると、仮登録完了メールが届いていますので、文中のURLをクリックし、本登録へと進みます。

本登録を進めます。

↑本登録フォームはこんな感じ。
入力が終わったら、末尾の「内容に同意の上、本人確認書類提出へ進む」をクリック。

本人確認資料も提出。

ウェブアップロードで済むので簡単です。
「本人確認書類を提出する」で進みます。

完了画面がこちら。

↑こんな画面に行きつけばOKです。
あとはネクストシフトファンド側からの連絡を待ちます。

ネクストシフトファンドからメールが届きました。

翌日、こんなメールが届きました。

郵便物が送達されてくるのを待機します。

こんなハガキが届きました。

届いた実物の表面がこちらです。

裏面はこんな感じです。

ネクストシフトファンドのマイページにログインしてみると…

こんな感じで、送達確認コードを打ち込むフォームが表示されています。
ここに、先ほどのハガキの裏面に記載されていたコードを入力します。

その結果、

↑こんな画面へと行きつく事ができれば、手続き完了、となります。

次回以降、早速、ネクストシフトファンドへの初投資も進めてみたいと考えております。

それでは、本記事はここまで。
また次回の記事にて、お会い致しましょう。

追伸:
大手ソーシャルレンディング事業者数社を、投資家登録数や累積投融資額、利回りや手数料、といった指標で、横断的に比較検討した、こちらの過去記事も、おすすめです。お時間ございましたら、是非、ご覧になってみてください。

【ソーシャルレンディング比較記事】ユーザー数・資本金額・累計投融資額・年利平均…。大手ソーシャルレンディング事業者を異なる視座から比較してみた結果、見えてきた真実とは。


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞