maneo(ソーシャルレンディング)への投資資金振込入金について解説します。

寄稿者紹介

個人投資家Y.K氏。
2018年初旬からソーシャルレンディング投資を始め、約1年ほどが経過。
合計20社以上のソーシャルレンディング事業者に投資口座を開設し、累計投資額は400万円以上。
30代男性会社員・首都圏在住。

まずはmaneo(ソーシャルレンディング)での投資方法のおさらい

maneo(マネオ)のファンドへと投資をする場合、以下のような段取りとなります。

  1. maneo(マネオ)で口座を開設。
  2. maneo(マネオ)の投資口座へと資金を振込。
    ↑本日の記事ではこちらを紹介します。
  3. 気に入ったファンドへと、投資口座から出資(投資申込)。

本日の記事では、
maneo(マネオ)の投資口座へと実際に資金を送金しながら、スクリーンショットを交え、解説させて頂きます。

maneo(ソーシャルレンディング)の投資口座(デポジット口座)とは

maneo(マネオ)のマイページ(my maneo)にログインすると、

maneo(マネオ)への投資資金振込入金01

↑このように、「口座情報」という情報欄(タブ)があります。
このうち、「新規投資可能金額」というのが、

  • maneo(マネオ)に対して預託(デポジット)されていて、
  • 実際に、わたしたち個人投資家が、個別のファンドに対して投資するための、資金余力。

ということになります。
上の写真の状況では、新規投資可能金額がゼロ円、となっていることが、ご覧頂けるものと思います。
この状態では、新たなファンドへの投資は出来ません。
というわけで、ここに、投資用の資金を実際の投入してみましょう。

maneo(ソーシャルレンディング)への投資資金振込方法

ここからは、実際にmaneo(マネオ)へと送金する様子をお伝えします。

まずは投資口座の情報を確認

ポイントは、maneo(マネオ)の投資口座は、投資家ごとに、別々の口座が用意されている、ということ。
このあたりは、maneo(マネオ)のFAQページでも言及されている通りです。

maneo(マネオ)への投資資金振込入金02
引用元:maneo(マネオ)

では、わたしはどの銀行口座に対して送金すればいいのか。
この情報は、maneo(マネオ)のマイページ(my maneo)から確認できます。

maneo(マネオ)への投資資金振込入金03

↑ここですね。
ここに記載されている銀行口座に、本人名義(投資家登録されている本人の名義)で資金を振込入金すれば、
投資口座の残高として、maneo(マネオ)側が把握・確認してくれます。

ソーシャルレンディング事業者の中には、楽天銀行等のネット銀行を、振込先として指定しているところも複数ありますが、maneoの場合は、三菱東京UFJ銀行とのこと。

自分の銀行口座から、maneo(ソーシャルレンディング)の投資口座へと、銀行振込送金。

今回わたしは30万の送金をさせていただきました。

maneo(マネオ)への投資資金振込入金04

↑こちら、わたしの使ってる銀行のインターネットバンキングの画面です。
実際に、午前10時52分に、振込送金を行っています。

maneo(ソーシャルレンディング)側で着金確認

maneo(マネオ)としては、着金確認までのタイムラグ・スケジュールについて、以下のように表明しています。

maneo(マネオ)への投資資金振込入金05

わたしの場合は、上述のように、午前10時52分に、振込送金をおこなったわけですが、
その後、同日の12:05に、maneo(マネオ)から、「投資資金入金確認のお知らせ」のメールが届きました。

実際に届いたメールがこちら。

maneo(マネオ)への投資資金振込入金06

maneo(マネオ)のマイページ(my maneo)にアクセスしてみると、

maneo(マネオ)への投資資金振込入金07

↑こんな感じで、
もともと”ゼロ円”となっていた、「新規投資可能金額」の部分に、
今回入金した30万円がしっかりと加算されているのが分かります。

maneo(ソーシャルレンディング)着金確認&マイページ反映までの時差(タイムラグ)は?

  • わたしたち個人投資家から、資金を振り込んで、
  • その資金が、maneo(マネオ)側で認識・確認されるまでの、時間、

すなわち、”着金確認までのタイムラグ”ですが、
今回のケースでいえば、1時間ちょっとくらいの時間差で、着金確認を取ってもらえていることになります。

「リアルタイム」「即時入金」とはまでは言えませんが、ある程度スピード感のある入金確認とは言えそうです。

maneo(ソーシャルレンディング)投資資金送金の際の注意事項・ポイントは

いくつか注意事項があります。

maneo(マネオ)への振り込みの際は、必ず、投資家登録している本人名義の銀行口座から、振込を行う必要があります。

異なる名義で振り込みをしてしまうと(※わざわざそのような振り込みをするメリットは何もないと思いますが…)、maneo側にも混乱をきたすことになりかねませんので、やめましょう。

振込【元】の銀行口座は、maneo(マネオ)への投資家登録のときに登録した銀行口座【ではなくても】、大丈夫。

たとえば、maneo(マネオ)への投資家登録の時は、三井住友銀行の口座情報を登録した、と。
ただし、投資口座への振り込みは、みずほ銀行の銀行口座からおこなった、と。
そのような場合でも、振込元名義人が、ちゃんと、投資家登録した本人の氏名と同一であれば、大丈夫です。

※後者については、大事なポイントですね。maneo(マネオ)のマイページ内にも、こんな記載がありますので、確認しておきましょう^^

maneo(マネオ)への投資資金振込入金08

maneoへのデポジット金の振込手数料は、投資家負担となる。

maneoへのデポジット金の振込手数料は、投資家負担となる。
引用元:https://www.maneo.jp/apl/contents/lender/handlingfees

明記のある通りです。注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
短い記事となりましたが、少しでも、「これから、ソーシャルレンディング投資、始めよう!」とお考えの読者様にとって、ご参考と為さって頂ける内容と出来たのであれば、嬉しい限りです。

ソーシャルレンディング事業者としての規模や、ファンド平均利回り、ソーシャルレンディング投資初心者へのおすすめ度等、複数の角度から、国内有力ソーシャルレンディング事業者をランキングした、こちらの過去記事も、是非ご覧になってみてください。おすすめです。

【ソーシャルレンディング会社ランキング決定版】ファンド案件利回り・投資対象国の分散程度・不動産担保設定率・投資のしやすさ。様々な角度から、国内の大手人気ソーシャルレンディング事業者を徹底検証。

それでは、本日はここまで!
また次の記事にて、お会いしましょう!


本寄稿内容は、寄稿者の個人的な見解・体験・意見であり、その内容は、当ラボの公式見解と異なる場合があります。
また、本記事は、読者様への情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品(ファンド等含む)への投資勧誘を目的としたものではありません。
個別のソーシャルレンディング事業者における投資口座開設や、実際の投資是非に係るご判断につきましては、必ず、読者様ご自身にて、為さって頂きますよう、お願い致します。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞