CAMPFIRE Ownersから初の満額達成ファンド|ADHDサポート教育事業ファンド

国内クラウドファンディング大手「CAMPFIRE」を手掛ける株式会社CAMPFIRE(東京都渋谷区渋谷。代表取締役CEO 家入 一真 氏)が運営するソーシャルレンディング・サービス「CAMPFIRE Owners」が、サービス開始から第1弾ファンドとして公開した4つの案件のうちの1つ、「ADHDサポート教育事業ファンド」が、19名の投資家から、目標募集金額いっぱいの3百万円を集め、満額成立した。CAMPFIRE Ownersとしては、初めての満額達成ファンドとなる。

「ADHDサポート教育事業ファンド」の概要



引用元:CAMPFIRE Owners

融資先は、中学生・高校生向けの個人指導学習塾「ファイト学習会」などを運営している、日本教育設計株式会社(兵庫県神戸市灘区。2012年開業。以下、日本教育設計社)。
日本教育設計社が、ADHD(注意欠陥・多動性障害)等の発達障害児童を主たる対象とした新規事業部門を立ち上げるにあたり、その機材購入費をサポートする。

日本教育設計社への融資にあたり、担保・保証の設定は為されない。2019年10月11日から来年10月下旬までの、約1年間の運用を予定し、税引き前の投資家向け期待利回りは3.0パーセント。


参考:
ADHDサポート教育事業ファンド|CAMPFIRE Owners

CAMPFIRE Ownersとは



引用元:CAMPFIRE Owners

プロジェクト累計2万6千件以上、調達累積147億円以上の実績を有する、国内最大級のクラウドファンディング・サービス「CAMPFIRE」を手掛ける、株式会社CAMPFIRE(東京都渋谷区渋谷。代表取締役CEO 家入 一真 氏)が運営にあたる(※第二種金融商品取引業は株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITALに拠る)。


参考:
CAMPFIRE Owners|公式サイト


2019年9月11日にサービスを正式リリース。同日、投資家登録の受付を開始し、同月24日には、初号ファンドとして、「コスメブランド研究開発ファンド」「障がい者技術育成プロジェクトファンド」「ADHDサポート教育事業ファンド」「エチオピア環境リサイクルファンド」の4ファンドを公開した。


関連記事:
クラウドファンディング大手「CAMPFIRE」のソーシャルレンディング・サービス「CAMPFIRE Owners」が、投資家登録の受付をスタート

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは550件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。