不動産クラウドファンディング「利回りくん」がサイトオープン|新ファンド4件も同時募集開始

株式会社シーラ(東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア7F)が運営する不動産クラウドファンディング・サービス「利回りくん」が、6月23日、サイトオープンし、併せて、新ファンド4件が、同日午前9時から、同時募集を開始した。

不動産クラウドファンディング「利回りくん」とは

不動産クラウドファンディング「利回りくん」とは

サービス名 利回りくん
運営会社 株式会社シーラ
運営会社住所 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア 7F
運営会社設立 2010年9月29日
サービス開始 2021年6月23日
許認可 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9715号
不動産特定共同事業許認可番号 東京都知事(1)第155号
不動産特定共同事業 第1号事業者
上場/非上場 非上場
運営会社資本金 15,000万円
運営会社役員構成 代表取締役 湯藤善行
運営会社事業内容
  • 不動産売買
  • マンション開発、賃貸、管理および仲介
  • 不動産クラウドファンディング
運営会社親会社・株主等 株式会社シーラホールディングス(100パーセント親会社)
1口あたりの最低投資額 1万円
ファンドへの出資の中途解約 解約可
募集形態 抽選募集
優先劣後スキーム 採用


情報引用日:2021年6月27日

「利回りくん」は、株式会社シーラが2021年6月23日にサイトオープンした、不動産クラウドファンディング・サービス。
シーラ社では、かねてより、不動産クラウドファンディング・サービスとして「SYLA FUNDING」(シーラ・ファンディング。2019年12月13日に第1号ファンド募集)を運営していたが、今般、これをリブランドした。

「社会貢献、地域創生、誰かの夢に(応援投資)」を提唱しており、現に、目下募集を行っている新ファンドの中には、犬猫の殺処分ゼロを目指す「ペット共生マンション」への投資案件も存在する。

他の一般的な不動産クラウドファンディング・サービスと異なり、ファンドへの出資後、ファンドの運用期間中であったとしても、出資の中途解約を行うことが出来る、という特徴がある(事業者が買い取り、再募集。解約完了まで1か月程度の期間を要する)。

なお、投資対象が賃貸物件の場合、運営会社の100パーセント親会社にあたるシーラホールディングスがマスターリース契約によって各戸を借り上げることにより、ファンドの賃料収入の安定化を図る。

6月23日のサービスインに合わせて、お笑いコンビとして人気の「ミルクボーイ」をCMキャラクターに起用。併せて、居酒屋チェーン「串カツ田中」のネーミングライツを購入し、7月5日から8月20日までの間は、「串カツ田中」の全店舗名が「串カツ利回りくんbySYLA」に変わるなど、PRを強めている。


参考:
【2021年6月更新】不動産クラウドファンディングとは?|不動産クラウドファンディングのメリット・デメリット・リスクから徹底解説。上場企業運営サービスも

同日募集開始のファンド概要

不動産クラウドファンディング・サービス「利回りくん」では、6月23日のサイトオープンに合わせて、下記の4ファンドの募集を同時開始した。

  • イヌネコヒルズ『INUNEKO HILLS ROKUGODOTE』
  • ライバーズマンション『MAISON LE REVE KANNAI』
  • シニアテックマンション『グローベル ザ・ガーデン新宿西落合』
  • 六本木ヒルズレジデンス D棟

いずれも、ファンドの運用期間中の賃料収入を分配原資とする「インカム型」。

イヌネコヒルズ『INUNEKO HILLS ROKUGODOTE』概要

上記のうち、イヌネコヒルズ『INUNEKO HILLS ROKUGODOTE』ファンドでは、予定分配率は3パーセント。募集総額は4億1千万円強。
募集は7月7日まで行い、その後、抽選を実施する。
ファンドの予定運用期間は、今年8月1日から10年間(ただし、出資の中途解約が可能)。

同ファンドの投資対象は、東京都大田区仲六郷に所在する、地上4階建ての鉄筋コンクリートマンション(2021年3月建築。シーラ社の保有物件)。
著名起業家である前澤友作氏プロデュースのペット共生マンションとして、

  • エントランスに、散歩帰りに便利な、リードフックや足洗い場を設置
  • 屋上ドッグラン
  • オネストフード社製のペットフードが、入居者限定の割引価格で提供される
  • ねこ用カメラ付きトイレ「toletta」による日々の健康管理が可
  • ペットホテル併設の動物病院と隣接

などの設備・特典を擁する。
入居者については今後募集するが、「保護犬や保護猫を飼うオーナーであること」を入居条件とする。

一般的な賃貸マンション・アパートでは難しい、ペットの多頭飼いを可とすることで、犬猫の殺処分ゼロの実現へと寄与していく考えであるという。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

不動産クラウドファンディング検証チーム
ソーシャルレンディング・ラボは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業界情報の検証メディア。
不動産クラウドファンディング(不動産投資型クラウドファンディング)専門の検証チームでは、日本国内で展開されている不動産クラウドファンディング(不動産特定共同事業)サービスに関する最新情報を提供するほか、不動産クラウドファンディング業界の市場調査、各社の公開済ファンドの検証などを実施する。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。