TRACERの始め方-3D化されたシューズNFTを取得し、運動によって仮想通貨を稼ぐMove to Earnプロジェクトの仕組みを検証

TRACERホワイトペーパー和訳

下記の内容は、TRACER運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されているTRACERのホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://whitepaper.tracerofficial.com/

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、TRACERの運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

TRACERとは



引用元:TRACER公式サイト

TRACERチームは、M2Eを成功させる鍵は「持続可能性」であると考えています。
私たちは、実用性と芸術的価値を兼ね備えたデフレ型ソーシャルゲームとコンポーザブル3D NFTによって、持続可能なトークノミクスを実現します。
TRACERは、持続可能性を重視したMove-and-Earnアプリです。

TRACERアプリ

TRACERは、ウォーキング、ジョギング、ランニングをするだけでトークンやNFTを獲得できる、最も持続可能なMove and EarnのWeb3フィットネス・ライフスタイル・アプリケーションです。
TRACERは、いくつかのゲーム/ソーシャル要素によって、最も持続可能なMove-to-Earn(M2E)モデル(現在、Move-And-Earnモデルと呼んでいます)を実現しています。

コンポーザブル3D NFTシューズ

TRACERの3D NFTシューズは、コンポーザブルNFTであり、個性を表現することができます。
1つのシューズNFTは、4つのシューズパーツNFTと追加アクセサリーで構成されています。
私たちは、M2EにおけるNFTは、実用性と芸術的価値の両方を持ち、持続可能であるべきだと考えています。

NEARで初めてのNFTベースのM2E

TRACERは、NEARで始まった最初の NFTベースのM2Eアプリです。
TRACERは、超高速の製品開発チームによって運営されています。
チームは5月に設立され、2週間で20Kのdiscordメンバー、15KのTwitterフォロワー(0ドル使用)、6週間でベータアプリを立ち上げ、現在はNEAR Foundationから正式に支援を受けています。

なお、TRACERは現在ベータ版であり、本ホワイトペーパーの内容は将来変更される可能性があります。

TRACERの始め方



引用元:TRACER公式サイト

TRACERアプリは現在、積極的に開発中です。

  • 6月30日よりCBT(Closed Beta Test)を開始しました。
  • 目下、パブリックベータフェーズの開発中です。

CBTのテスターになるには、Discordに参加し、Twitterをフォローしてください。

TRACERを始めるまでの流れ
まずはTRACERアプリをダウンロードしてください。
TRACERチームは、TRACERアプリがWeb2ユーザーからWeb3ユーザーへの橋渡しになるよう、使いやすいUXに注力しています。
TRACERアプリのダウンロード&サインアップ
各デバイスでアプリにアクセスした後、携帯電話番号でTRACERにサインアップしてください。
認証コードが送られてくるので、それをキーにしてアプリに入ります。
ユーザー名がウォレットアドレスになります
サインアップの際、あなただけのUsernameを作成する必要があります。
作成したUsernameは、NEARウォレットのアドレスとして作成されます。
6桁のウォレットキーを作成
アプリは12単語の秘密のフレーズを生成し、あなたは自分の6桁のウォレットパスワードを作成することになります。
12単語の秘密のフレーズをメモし、安全な場所に保存してください。
物理的に書き留め、あなただけがアクセスできる場所に保存してください。
これは、アプリをアンインストールしたり、6桁のウォレットパスワードを忘れた場合に、ウォレットを復元するために使用されます。
アプリ内ウォレットにNEARを転送する
マーケットプレイスでNFTスニーカーを購入するためにNEARをアプリ内ウォレットに転送し、ウォレットアカウントにガス代としてNEARを常備してください。
NFTシューズパーツを購入する
アプリ内マーケットプレイスに移動して、自分好みのNFTシューズパーツを選びましょう。
フィルターツールを使って、NFTシューズパーツを探すことができます。
購入には十分なNEARが必要です。
自分だけのオリジナルシューズを作ろう
インベントリにあるNFTシューズパーツを確認して、自分だけのシューズを作りましょう。
シューズパーツを組み合わせることで、どんな不思議なシューズが出来上がるかわかりません。

おめでとうございます。これで準備は完了です。

TRACERの3DコンポーザブルNFTとは



引用元:TRACER公式サイト

シューズのパーツ

シューパーツNFTは、TRACERの原点です。
ユーザーは4つのシューパーツNFTを1つのシューNFTに合成することで、TRCの獲得を開始することができます。

供給コントロール

シューズパーツNFTは、Genesis NFTの製造後、TRACER内でブリードすることができなくなりました。
シューズパーツの追加は、TRACERで定期的に開催されるシューズパーツNFTの抽選会「Tラッフル」に参加することで、初めて可能になります。
各ラッフルイベントでの分配供給量は、シューパーツを持っていない人の数など様々な要因で動的に決定されます。
今後も効率的な供給コントロールの仕組みを構築し、ユーザーによるTRACERのエコシステムへの積極的な参加を促します。

シューズパーツの種類

シューレース、ボディ、ソール、ギアの4種類のパーツがあります。
各パーツは1つの靴を作るために必要なNFTです。
各パーツは、ゲームプレイに影響を与える1つのステータスを表します。

パーツ名称 能力値 概要
レース Efficiency Efficiencyが高い場合、TRCトークンの入手量が増える
ギア Luck Luckの値が大きいと、ラッキーボックスの入手確率が高まる
ボディ Magic リーダーボードポイントに好影響をもたらす
ソール Resilience Resilienceの値が高い場合、シューズの耐久度が下がりにくい
シューズパーツの品質

各シューズパーツは、コモン、アンコモン、レア、エピック、レジェンドの5つのクオリティのいずれかに属します。
品質によって、初期ステータスとアップグレード時の増加量が決定されます。

クオリティ 能力値の範囲
コモン 1~3
アンコモン 2~6
レア 4~12
エピック 8~24
レジェンダリー 16~48
シューズパーツのアップグレード(レベルアップ)

シューズを持ったままランを終えると、使用したスパークの量に比例して、各シューズパーツのXPを獲得できます。
XPが貯まると、TRCを消費してシューズパーツのステータスをアップグレードすることができます。
必要なXPはアップグレードするごとに増加します。
レベルや品質が高いシューパーツほど、アップグレードに必要なTRCの量が多くなります。
品質が高いシューズパーツは、アップグレードすることでより多くのステータスを得ることができます。
シューズパーツのアップグレードは、シューズに組み込んでいるときのみ可能です。

クオリティ レベルアップによる能力値向上の範囲
コモン 0.4~1.6
アンコモン 0.8~2.2
レア 1.2~2.8
エピック 1.6~3.4
レジェンダリー 2.0~4.0
シューズを作る

TRCをバーンさせることで、4つの靴パーツから靴NFTを構築することができます。
靴を作るのに必要なTRCの量は、靴パーツのレベルの合計に比例します。
Lv0の4つの靴パーツから靴を作る場合、TRCは必要ありません。

4つのシューズパーツが、作られるシューズのデザインを決定します。
世界に1つだけのオリジナルシューズを楽しく作りましょう。

TRACERのシューズについてその他詳細

シューズNFTは、4つのシューズパーツNFTから構成される合成可能なNFTです。
ユーザーはNFTシューズを履いて、Move & Earnを行うことができます。
シューズNFTは、後で元の部品NFTに分解することができます。

ペースレンジ(スピードレンジ)

これまで、スピードレンジはシューズやパーツの能力・ステータスの一つでした。
しかし、TRACERは、これではユーザーが健康的な状態でランニングをすることができないと考えました。
ユーザーは常に画面を見ながら走らなければならず、状況によっては危険な状態になる可能性もあります。

そこで、TRACERはヘルスケアを重視していることもあり、ペースレンジに差をつけないことにしました。
どのシューズも、時速1~20kmの範囲で同じペースレンジを実現しています。
TRCの効率が最適(または最大)になるのは、スポーツ医学の論文で最も「健康的なランニングペース」と評価されている時速5~13kmの範囲です。

スパーク

スパークは、TRCを獲得するために必要なコア・リソースです。
シューズには最大で10個のスパークを入れることができます。
移動中にスパークを消費することで、TRCとLPを獲得することができます。
1分間移動するごとに、1スパーク消費され、6時間ごとに2.5スパークが補充され、10スパークになります。

耐久度

耐久性は、シューズの健康状態を表します。
新しく作られた靴の耐久性は100から始まり、スパークを消費するごとに低下していきます。
弾力性の高いソールで作られた靴は、耐久性が低下しにくくなります。

TRCを消費することで、靴の耐久性を修復することができます。
耐久度が低いとTRCの報酬がペナルティになるので、靴の手入れはしっかり行いましょう。

  • 耐久度が60/100になると、TRCの報酬が20%減少します。
  • 耐久度が20/100になると、TRCの報酬が80%減少します。
シューズNFTの分解

TRCを消費してシューズNFTを4つのオリジナルシューパーツに分解することができます。
靴を作るために必要なTRCの量は、4つの靴のパーツのレベルの合計に比例します。
シューズを分解する前に、靴の耐久度を100に修復する必要があります。

TRACERでは、ブリード機能は提供されない

ブリードはP2Eエコシステムにおける諸悪の根源です。
ブリードによるNFTの過剰供給は、ユーティリティートークンの過剰なミントを誘発し、破滅的で不可逆的なトークン・ハイパーインフレを引き起こします。
過去の失敗から学び、TRACERはブリード・システムを導入する予定はありません。
また、将来的に実施するとしても、その量はかなり制限される予定です。

アクセサリー

アクセサリーはシューズに装着することで、TRCを消費してステータスを強化することができます。
アクセサリーには、各シューズパーツのステータスに対応した4種類があります。
E(効率)、L(運)、M(魔力)、R(回復力)です。
4つのパーツから靴を作ると、ランダムな種類のアクセサリスロットが4つ割り当てられます。

アクセサリNFTは同じ種類のアクセサリスロットに装着することができます。
上位のアクセサリは、ステータスをさらに強化します。
TRCを消費して上位のアクセサリを入手することができます。

マジックスプレー

マジックスプレーは、靴のパーツを永久的に強化する消耗品です。
マジックスプレーはラッキーボックスの中に入っているか、マーケットプレイスで購入することができます。
アップグレードの確率やステータスの向上は、マジックスプレーの品質によって異なります。
欠陥のあるマジックスプレーは靴のパーツのステータスを3~7%悪化させることがあるので、注意が必要です。

TRACERのマーケットプレイス

マーケットプレイスでは、TRACERのNFT(シューズパーツ、シューズ、アクセサリー等)を販売・購入することができます。
シューズを売却する際は、耐久度を100に修理する必要があります。

TRACERを使った稼ぎ方(NFTシューズを保有していないプレイヤー向け)

いつからウォーキングやランニングはお金を必要とするエクササイズになったのでしょうか?
TRACERを使うのにシューズNFTの購入は必要ありません。
靴のNFTがなくても、ほとんどの機能を楽しむことができます。
TRACERは、ウォーキングやランニングを楽しんでもらうために作られました。
TRACERのフリー・トゥ・プレイの仕組みは、Web3への大量導入を可能にします。

広告の閲覧による報酬獲得

シューズを履いていない人も、広告を見ることで報酬を得ることができます。
TRACERの長期的な持続可能性は、持続可能なWeb2のビジネスモデルから生まれます。
広告を見ることは、単なる広告ではなく、システム全体への大きな貢献となります。

T-Raffle(ティーラッフル)-定期的に開催されるTRACERのNFTシューズ抽選会

靴をお持ちでない方限定で、靴をお持ちでない方の中から抽選で靴NFTに参加することができます。
シューズNFTラッフルに参加するためには、ユーザーはシューズNFTラッフルに参加するためのT-チケットが必要です。
Tラッフルは定期的に開催されますが、Tラッフルで出てくる靴NFTの量は靴を持たない人の数によって動的に決まります。

以下の方法で、T-ticketを入手することができます。

走行日数カウント
NFTシューズを履かずに5分以上走った日数
ストリーク
NFTシューズを履かずに5分以上走った連続日数
インフルエンサー数
TRACERアプリへの紹介招待数
総走行距離
NFTシューズを履かずに走った総距離の総和
TRCホルダー
NFTシューズを使用しない場合の1日あたりの平均$TRC保有量
NEARホルダー
NFTシューズを履かない場合の1日あたりの平均NEAR保有量
The Watcher
広告の視聴時間の総和
ティア・チケット
毎週異なるティアのユーザーに異なる枚数のチケットを配布。

靴を持たないAさんのTラッフルの当選確率=(Aさんのチケット枚数)/(靴を持たない人のチケット枚数の合計)となります。
T-Raffleの当選者は、靴NFT(NFT靴部品4個入り)を「定価」でミントするチャンスがあります。

TRACERのソーシャル機能



引用元:TRACER公式サイト

TRACER独自のティア・システム

TRACERのティア制度は、全ユーザーを対象とした自動ランク付けコンペティションシステムです。
すべてのユーザーは、毎週、最低ランクから最高ランクまでのティアグループに振り分けられます。
ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドの順でランク付けされます。

ティア 割合
ダイヤモンド 上位1.8%
プラチナ 上位10.9%
ゴールド 上位38.3%
シルバー 上位72.5%

各ユーザーのティアは、各ティアグループのリーダーボード内での相対的な順位によって、毎週決定されます。
各階層には代表的な色があり、TRACERアプリのマップビューでNFTシューズの画像の円周上に色のついたリングが描かれます。
また、あなたの近くにいる他のユーザーのティアが表示されることもあります。

各階層には、それぞれの階層に適した会員特典があります。
会員特典には以下のようなものがあります。

  • 保険料割引特典
  • プライベートイベントへのご招待
  • αのプライベートな情報共有
  • オフラインのランニング・マラソンイベントへのご招待
  • グローバルパーティー・イベントへのご招待
  • ファッション関連イベントへのご招待
  • リアルワールドのシューズやマーチが当たる抽選会
  • スペシャルエディションNFTのドロップ
  • デザイナーズNFTスキンドロップ
  • その他にも様々な特典があります。

ティアは、靴を持たない人のT-Raffleに影響を与え、毎週末にティアごとに異なる量のチケットを配布します。

リーダーボード

1つのティアには20人のユーザーからなる複数のグループがあり、各グループにはリーダーボードが存在します。
すべてのユーザーは、同じ階層に属する、その週の最初のLPを同じ時間に獲得した20人のランダムな参加者からなるグループに振り分けられます。
各ティアには、まだ20人の参加者がいない、参加可能なグループが常に1つ存在します。
グループに参加していないユーザーがLPを獲得すると、そのユーザーは自動的にそのティアのオープンランクに参加することになります。
参加者が20人になると、そのグループは閉鎖され、新たに空のグループがオープングループとなります。

毎週末に各グループのリーダーボードの上位にいるユーザーは、上位のティアに進み、$TRCを獲得することができます。
現在のところ、以下のようになっています。

ブロンズ
上位10名が進級し、各ユーザーは1TRCを獲得します。
シルバー
トップ8進出、各ユーザーは2TRCを獲得できます。
ゴールド
トップ4のアドバンス、各ユーザーは3TRCを獲得します。
プラチナ
上位3つのアドバンス、各ユーザーは4TRCを獲得します。
ダイヤモンド
該当なし

毎週末に各グループのリーダーボードで最下位になったユーザーは、下位の階層に降格し、$TRCを失います。
現在、以下のようになっています。

ブロンズ
該当なし
シルバー
下位8名がランクダウンされ、各ユーザーは2TRCを失います。
ゴールド
下位10名がランクダウンされ、各ユーザーは3TRCを失います。
プラチナ
下位12名がランクダウンされ、各ユーザーは4TRCを失います。
ダイヤモンド
下位15名がランクダウンされ、各ユーザーは5TRCを失います。

なお、インベントリに十分な$TRCがない場合、インベントリウォレットは(-)に変わり、$TRCを獲得すると、インベントリウォレットが0になるまで自動的にバーンされます。

リーダーボードポイント(LP)

LPは、毎週月曜日0:00 UTCから毎週日曜日23:55 UTCまで自動的に蓄積されます。
5分間の空白は、毎週新しいウィークリーティアーを計算し、配布するために使用されます。

  • LPは、スパークを使用したランニングの直後に蓄積されます。
  • LPは毎週日曜日23:59 UTCに0に更新されます。

TRACERのアーケード機能



引用元:TRACER公式サイト

チャレンジモード

チャレンジモードは、毎日の散歩に挑戦し、成功すると報酬を得ることが出来、失敗すると資金を失うというものです。
参加者は10日間連続でチャレンジの目標を達成する必要があります。
10日間自分を信頼することで、より大きな収益とモチベーションを得ることができます。

1日の目標距離は、2.5km/5km/10km/20kmと様々で、毎日10日間連続して挑戦することができます。
参加したいチャレンジを選択することができ、毎日、UTCの00:00に開始されるチャレンジが常に用意されています。

参加者全員がいくらトークンを提供するかを自由に選ぶことができ、各チャレンジは7日間参加者を集めることができます。

チャレンジモードでは、同じ距離、同じ開始日を選択した他のユーザーと競い合うことができます。

返金について

9日~10日の間に90%以上目標を達成した場合、100%が払い戻されます。
参加者は50%以上(5~8日)達成すると50%が返金され、残りの50%はFailure Vaultに送られます。
50%未満(0~4日)の場合、払い戻しは0%となり、ベット額は全てFailure Vaultに送られます。

Failure Vaultの仕組み

払い戻しされなかった$TRCはFailure Vaultに蓄積されます。
Failure Vaultの50%は、ユーザーの(ベット額)×(成功率)に比例して分配されます。
Failure Vaultの50%はバーンされます。

TRACERのトーケノミクス(トークン・エコノミクス)

TRACERの「TRC」トークン

TRCはTRACERのユーティリティ・トークンであり、無制限に供給されます。

TRCトークンのミントの仕組み
  • 広告の閲覧
  • 運動への報酬
  • ラッキーボックス
  • ティア・プロモーション
トークンのバーン・メカニズム

Move and Earnモデルを長続きさせるためには、持続可能性が重要です。
持続可能性を高めるには、ユーティリティ・トークンの供給量をデフレ気味にコントロールする必要があります。
インフレを防ぐため、アプリ内の課金目的で使用されたユーティリティトークンは、以下のような仕組みで全てバーニングされます。

  • ラッキーラッフル(NFTドロップ参加)
  • アプリ内取引手数料
  • 靴の製造
  • 靴のパーツのアップグレード
  • 靴の修理
  • 靴の分解
  • シューズにアクセサリーを装着する
  • アクセサリーをアップグレードする
  • マジックスプレーを購入する
  • チャレンジモード
  • くじ引きモード
  • チームバトルモード
  • ティア降格

HLTトークン

HLTはTRACERのガバナンストークンで、総供給量は5,000,000,000枚です。
HLTの保有者は、TRACERの未来を形作る重要な意思決定に参加し、投票することができます。
トークンの一部は、エコシステム、チーム、アドバイザー、投資家、トレジャリーに割り当てられる予定です。
また、HLTトークンはローンチパッド、分散型取引所、中央集権型取引所に上場される予定です。

TRACERのガバナンス



引用元:TRACER公式サイト

TRACERによるヘルスケアファンド

Web3の世界で健康的に運動することで生まれた資金を、分散的に配分し、現実世界で健康増進を図ります。
TRACERは、Web3とWeb2によってマネタイズされたTRACERのヘルスケア・ファンドが、現実世界でのグローバルな健康プログラムをサポートするという、健康の好循環を実現します。
つまり、ユーザーは運動によって健康になると同時に、長期的には人類全体がより健康になるよう支援するのです。

セキュリティ監査

TRACERプロジェクトのメインコードは、スマートコントラクトやサービス全体のセキュリティについて、業界をリードする監査の専門家によって監査される予定です。
TRACERチームは、保有者のNFT資産、トークン、個人情報を他のどんなものよりも安全に保護するために最善を尽くします。
セキュリティ監査後、ホワイトペーパーに「セキュリティ監査報告書」をアップします。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。