眠って稼ぐ?話題騒然のSleep to Earnプロジェクト「SleepFuture」(Sleep Future/スリープフューチャー)とは

「眠るだけ」で稼げるようになる、と話題の、SleepFuture(スリーブ・フューチャー)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、日に日に、関心は高まりつつあります。

そんなSleepFuture(Sleep Future)のローンチに向け、今のうちに済ませておくべき準備内容としては、下記の通りです。

  1. 暗号資産取引所「ビットポイント」にて口座開設
  2. SLEEPEEトークンを取得し、SleepFuture側の専用サイトにステーキングする
  3. NFTホワイトリストを入手する

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

【Sleep Futureを始める下準備】ビットポイントでの口座開設

SleepFuture(Sleep Future)で得られる報酬は、日本円建てではなく、SLEEPEEというトークンで支払われます。
そして、その収益を実際に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。
また、SLEEPEEは、そのまま直接日本円に換える(SLEEPEE→日本円の直接交換)ことは出来ませんから、

  1. SLEEPEEを、USDC等の仮想通貨に交換し、
  2. 交換先の暗号資産を、日本円に換える、

というプロセスが必要です。

この手続きを行うには、あらかじめ、暗号資産取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、SleepFutureの収益がトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、仮想通貨口座が必要となります。

※日本国内には、仮想通貨交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、SleepFuture(Sleep Future)の収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

SleepFuture(Sleep Future・スリープフューチャー)開始の時点で仮想通貨口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

SleepFuture(Sleep Future)アプリがローンチされ、実際にサービス利用を始めて、早速SLEEPEEを稼ぐことが出来た場合、稼いだSLEEPEEを、SleepFutureのゲーム内ウォレット等に入れたままにしておくと、最悪、SleepFutureが大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったSLEEPEEが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

SleepFutureのような「To Earn」型プロジェクトのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、SleepFuture(Sleep Future)アプリの正式ローンチ等の前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

仮想通貨の暴落リスクを避けるためには、SleepFuture(Sleep Future)利用で受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

SleepFuture(Sleep Future)を通じて得ることの出来る報酬(SLEEPEE)は、暗号資産(トークン)であり、日々、値動きがあります。
SleepFutureでSLEEPEEを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくSLEEPEEを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1SLEEPEE=日本円換算で300円」(※数値はあくまでも例示に過ぎません)というタイミングで、SleepFuture(Sleep Future)を通じて、100SLEEPEEを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100SLEEPEE×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100SLEEPEEを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったSLEEPEEをすぐに他の暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=SLEEPEE等のトークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、SleepFuture(Sleep Future)で100SLEEPEEを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、SLEEPEE等のトークンのレートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、仮想通貨口座の開設が済んだ頃に、1SLEEPEEの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100SLEEPEE=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

SleepFuture(Sleep Future)のようなNFTゲーム(ブロックチェーン・ゲーム)をプレイする場合、初期投資した原資の回収は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、SleepFutureのようなNFTプロジェクトの先行プレイヤーの中には、「ある程度まとまったゲーム内トークンを稼げたら、ダラダラとトークン建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とするプレイヤーも存在します。

そのためには、実際にSleepFuture(Sleep Future)で稼ぎ始める前に、SLEEPEEを(間に他の暗号資産を挟んで)比較的スムースに換金できることが見込まれるビットポイントで、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

暗号資産取引口座の開設方法

仮想通貨取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はSleepFuture。SleepFutureのプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、SleepFutureで得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
最近では、「ビッグボス」こと新庄剛志さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、

こちらの画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、SleepFuture(スリーブ・フューチャー)収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
SleepFuture(スリーブ・フューチャー)の収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。

SleepFuture(Sleep Future / スリープフューチャー)へのステーキング方法

2022年6月24日現在、SleepFuture(スリープフューチャー)のNFTホワイトリストを入手するためには、SleepFuture(Sleep Future)側の用意した専用ページから、SLEEPEEトークンを800枚以上、ステーキングする必要があります。

具体的なステップとしては、下記の通りです。

パンケーキスワップで、SLEEPEEトークンを入手する

SleepFuture(スリープフューチャー)のNFTホワイトリストを入手するためには、所定の数量分のSLEEPEEトークンを、専用ページからステーキングする必要があります。

SLEEPEEトークンは、パンケーキスワップを利用して、交換・入手することが出来ます。
なお、SLEEPEEトークンのコントラクトアドレスは、下記の通りです。

0x80cd73badb406ea36b9a7cdeb8df06aefa7e12d9

前述のビットポイントにて口座開設済であれば、

  1. ビットポイントにて、送金速度の速い、XRP(リップル)を、日本円で買付(※販売所ではなく、取引所で購入したほうが、安く暗号資産を仕入れることが可能です。
  2. ビットポイントから、バイナンスに対して、XRP(リップル)を送金する。
  3. バイナンスで、XRP(リップル)をBUSDに交換する(XRPを売り、BUSDを買う)。
  4. バイナンスから、(パンケーキスワップに接続できる)メタマスクに、BUSDを送金する。
  5. パンケーキスワップにて、BUSDをSLEEPEEに交換する。

という流れが一般的です。

SleepFuture(Sleep Future)の提供している、ステーキング専用ページにアクセスする

ステーキング専用ページはこちら

https://staking.sleepfuture.com/

なお、ページにアクセスしたら、メタマスクの接続を行います。

「Stake Now」をクリック

「Earn SLEEPEE and NFT Whitelist」のほうのキャンペーンの、「Stake Now」バナーをクリックします。
なお、ステーキングの詳細としては、下記の通りです。

ステーキング可能な最大量
80,000 SLEEPEE
ステーキング可能な最小トークン量
800 SLEEPEE
償還までの期間(≒ロック期間)
60日間
ステーキング・プールのコントラクトアドレス
0x9a58E0f05B7Fc2c4dF068690A86F3E6476Cbf94e
ステーキングの受付期限
8月14日

SleepFuture(Sleep Future)にステーキングしたいトークン量を入力

「Stake amount」の箇所に、ステーキングしたいトークン量を入力します。
入力が出来たら、「Stake」のリンクボタンをクリックします。

免責事項の内容確認

続いて、免責事項の内容を確認します。
重要な情報ですので、翻訳ソフトなども利用しながら、しっかりと確認するようにしましょう。
確認のうえ、納得が出来たら、チェックボックスにチェックを入れて、「Submit」をクリックします。

続いて今一度「Stake」をクリックすると、メタマスクが立ち上がるので、承認を進めます。

ステーキングが完了していることの確認

念のため、「Staking Rewards」のタブに移動し、ステーキングが出来ていることが確認できれば、OKです。

SleepFuture(Sleep Future/スリープフューチャー)基礎知識

SleepFuture(スリープフューチャー)の概要

昨今、何かと話題に上がることの多い、ブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)。
アクシー・インフィニティ等に代表される、「Play to Earn」ゲームが大流行したのが2021年。
2022年に入ってからは、「Move to Earn」ゲームとして、STEPNがSNSなどを中心に大流行しています。

そして、昨今、じわじわと関心・注目を集めつつあるのが、「眠って稼ぐ」Sleep to Earnを提供する新プロジェクト、SleepFutureです。

※以下の内容は、SleepFuture(Sleep Future)の公開ホワイトペーパーを参考に作成・記事化したものです。
プロジェクトの真偽や、トークンの価値の有無等については、当サイトでは、一切保証等致しかねますので、あらかじめ、御留意ください。



引用元:SleepFuture

SleepFuture(Sleep Future)は、世界初の、ブロックチェーン・ベースの「睡眠の質向上」のためのエコシステムであり、全世界の人々の睡眠の質と健康を向上させることを目的としたプロジェクト。

世界で初めて、「Sleep to Earn」(眠って稼ぐ)メカニズムを提供し、そのメカニズムの中で、人々は、眠り、そして$SLEEPEEトークンを受け取ることで、先進的な睡眠技術の向上のための研究開発に協力しつつ、現実世界で機能するSleepFutureエコシステムで、様々な実用的な機能を活用することが出来る、とされています。

SleepFuture(Sleep Future)は何者なのか

ホワイトペーパーにおいては、
「先進技術に長けた、睡眠の質向上、及び睡眠エコシステムのエキスパート」
とされています。
※マネージメント・チームの委細については後述します。

SleepFuture(Sleep Future)のビジョン

「世界中の人々に、より良い睡眠を届け、人々をより健康にすること」が、ビジョンとして掲げられています。

SleepFuture(Sleep Future)は、具体的に何をするのか

独自のSleep Wellness Ecosystemを提供することで、人々に最高の睡眠体験を提供し、人々の心身、及び感情を健康に保つことに貢献する、とされています。

SleepFutureのミッション

世界で初めて、コミュニティ手動の、行動的で、かつ、十分にパーソナライズされたブロックチェーンを構築すること。

SleepFuture(Sleep Future)運営会社の実績・マイルストーン

  • 2019年6月:シンガポールにて創業
  • 2019年9月:SME500(Singapore Association of Trade & Commerce)選出
  • 2019年12月:Entreprener100(Singapore Top Entreprener)選出
  • 2020年3月:Singapore Prestige Class(Top20 SME Winner)
  • 2020年6月:Top Business Service and Quality(Top20 SME Winner)
  • 2021年7月:SME100 Fast Moving Company選出

※上記情報は、ホワイトペーパー掲載のものであり、各受賞の真偽の裏付けは行っておりません。

SleepFuture(Sleep Future/スリープフューチャー)のエコシステム

Sleepee

ios及びAndroid向けのモバイルアプリ。
ユーザー、並びに患者向けのインターフェースとして機能し、睡眠状態のトラッキングや、睡眠履歴の管理を行う。
また、ステーキング等のDe-fi要素も提供される予定であり、

  • 睡眠の質を改善させる提案機能
  • 睡眠の質向上のための教育ツール

としての側面・機能も搭載される予定。

SleepTown

シンガポールに3拠点、マレーシアに2拠点の物理的な体験センターを運営。
一般消費者向け、及びビジネス向けのリテール事業を展開し、主な販売品目としては

  • 寝室の家具
  • マットレスや枕
  • ベッド周辺のアクセサリー
  • 睡眠環境の最適化

を想定。

SleepDoctor

SleepFutureの社内医、ないしはSleepFutureのパートナークリニックが、睡眠のスペシャリストとして、理学療法・催眠療法などを提供。

SleepStore

睡眠に関連した製品、及びサービスのマーケットプレイス。
主な取り扱い品目としては、

  • 睡眠状態のトラッキング・デバイス
  • 睡眠の質を向上させる製品・プロダクト
  • 睡眠関連のサプリメント
  • CPAP関連機器(睡眠時の無呼吸症候群の改善)

等を想定。

SleepEdu

睡眠の質向上、及び健康改善のために、オンライン教育を提供。

SleepCrowd

主に睡眠に関する医療技術・研究開発のために、ユーザーの睡眠関連情報を収集、分析。
なお、SleepCrowdに集約されたビッグデータは、以下のような産業分野におけるパートナー企業に対して提供される予定。

医療技術分野
患者の睡眠活動に関する知見の向上
医薬品販売業者
睡眠の質改善に資するサプリメント等の開発
保険会社
睡眠を中心とした日常的な活動情報及び健康関連データの収集
ヘルスケア分野
不眠状態の診断への活用、及び、認知行動療法への活用
製薬業界
睡眠関連データの製薬への活用

投資関連会社

睡眠関連機器の研究開発、マーケティングなどを担当。

Sleep to Earnの概要

SleepFuture(Sleep Future)にて入手できる$SLEEPEEトークンの保有者は、SleepFutureのDAO(自律分散型組織)の一員として、新しいSleepTownの開発・展開に関する投票に参加できる、とされています。

Sleep to Earnに取り組む理由

パンデミックに伴い、都市はロックダウンされ、スマートフォンなどの電化製品の使用頻度とストレスが高まった影響で、世界中の人々は、以前と比べてよく眠ることができておらず、この影響で、心身に不調をきたす人もいる、とされています。
合わせて、大勢の人々が、日中に眠気を感じており、学業や仕事におけるピークパフォーマンスに悪影響を受けている、とも記述があります。

SleepFuture(Sleep Future)は、世界初の、睡眠の質向上を目的としたブロックチェーン・コミュニティとして、外部パートナーと共に、人々の睡眠改善に貢献していきたい、とのこと。

$SLEEPEEトークンの入手等

人々は、毎晩の良質な睡眠を通じて、イーサリアム・ブロックチェーンのトークン規格であるERC-20に準拠したトークン「$SLEEPEE」を入手することが出来る、とされています。
なお、入手できる$SLEEPEEトークンの量は、睡眠の質(スコア)に応じて変化し、SleepFutureでは、最先端の睡眠科学と先端技術を活用し開発される、モニタリング・アプリを活用することで、ユーザーの睡眠の質を計量的に分析する、としています。

ユーザーは、$SLEEPEEトークンを購入したりステーキングすることで、得られる$SLEEPEEトークンの量を向上させることができるほか、$SLEEPEEトークンを用いて、前述のSleepStoreやSleepTownにて、睡眠関連の製品やサービスを購入することも出来る、とされています。
SleepFuture(Sleep Future)としては、睡眠関連の事業者と提携していくことで、睡眠関連産業内の全てのビジネスへと、経済的なサポートを提供していきたい、としています。

$SLEEPEEトークンの分配

分配 シェア トークン量
Seed 4% 40,000,000
Private 5% 50,000,000
Presale 8% 80,000,000
Public IDO 1% 10,000,000
経営陣及びアドバイザー 16% 160,000,000
エコシステム及びステーキング 30% 300,000,000
Foundation 20% 200,000,000
マーケティング 10% 100,000,000
流動性 3% 30,000,000
リザーブ 3% 30,000,000


引用元:SleepFuture

$SLEEPEEトークンに関するその他細目

Sleep to Earnメカニズム
$SLEEPEEトークンの日毎の付与量は、ユーザーの睡眠スコアに比例する。
睡眠スコアが100%の時は、10USDT相当の$SLEEPEEトークンが付与される。
逆に、睡眠スコアが84%の時は、8.4USDT相当のトークンが付与される。
また、メンバーのティア(後述)に応じて、ボーナスが付与される。
名目残高(Nominal balance)
ユーザーが稼いだトークンはSleepeeアプリ内に残高として加算され、SleepeeStoreやSleeptownでの製品・サービス購入に利用できる。
外部ウォレットへの引き出し
外部ウォレットへと資金を引き出すためには、$SLEEPEEトークンのステーキングを行い、KYC(本人確認)を行う必要がある。
なお、外部ウォレットへの引き出しにあたっては、2%の引き出し手数料がかかる。
ユーザーのティア(階層)
トークンのステーキング量・期間に応じて、下記のティア(階層)がある。

  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ブラックチタン

階層が上がるにつれ、SleepeeStoreやSleeptownでの製品・サービス購入時のキャッシュバック特典などが付与される。

SleepFuture(Sleep Future/スリープフューチャー)のロードマップ

  • 2021年12月:コミュニティのローンチ等
  • 2022年1月:トークンのシードセール、及びプライベートセール
  • 2022年3月:トークンのプレセールス等
  • 2022年4月:IDO(分散型取引所への上場)
  • 2022年5月:Sleeptownの旗艦店のオープン
  • 2022年9月:Sleepeeアプリのベータ版テスト
  • 2022年12月:Sleepeeアプリのローンチ

SleepFuture(Sleep Future/スリープフューチャー)のマネージメント・チーム

以下、敬称略

Brandon Lee
SleepFuture創業者、CEO
Jimmy Goh
SleepFutureの共同創業者。30TechGroupCEO
Joey Kong
最高財務責任者(CFO)
PK Jemg
最高販売責任者(CSO)
Kelvin Yong
人事責任者
Andy Tan
最高執行責任者(COO)
Ken N
ブロックチェーン責任者
Luke Do
コミュニケーション責任者

本記事の内容は、SleepFutureの公式サイト、及びホワイトペーパーを参考に作成したものであり、内容の真偽等に関して、当サイトは如何なる保証なども行いません。
SleepFuture等に関する一次情報については、必ず、SleepFutureのサイト等をご自身でご確認下さい。
また、本記事、及び当サイトは、一般的な情報提供のみを目的として作成・運営しているものであり、いかなる暗号資産・有価証券・その他デジタルアセットの取得を勧誘するものではありません。
掲載した情報によって起きた、いかなる直接的・間接的損害について、当サイトでは、一切責任を負いません。
暗号資産投資やその他の投資にはリスクが伴います。
投資を行う際は、リスクを了承のうえ、ご自身の判断で行っていただくように、お願いを申し上げます。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。