Read2Nの始め方-本(ブック)NFTを読んで仮想通貨を稼ぐ「Read to Earn」プロジェクト

Read2Nの始め方・ゲーム内トークンの稼ぎ方

Read2Nの始め方、アプリの使い方としては、以下の通りです。

Read2Nの始め方

Read2Nアプリの利用を始める際の手順は、主に以下の通りです。

  • Read2Nのスマホアプリの入手
  • メールアドレスの登録
  • 利用規約・プライバシーポリシーの確認
  • アクティベーション・コードの入力
  • アプリ内言語の設定

それぞれ、スクリーンショットで確認して参りましょう。

Read2Nのスマホ向けアプリの入手

Read2NのiOS向けアプリを入手する際の手順は、以下の通りです。

  1. iOSのテストフライトアプリ を入手する
  2. Read2Nのテスト版アプリ をダウンロードする

なお、アンドロイド版アプリについては、Read2Nの公式サイトの、アプリダウンロードページ から入手可能です。

Read2Nに登録するメールアドレスの入力

Read2Nへのログインに使用したいメールアドレスを入力し、「Send Code」をタップします。
すぐに、Read2Nから、数字6桁の認証コードが届くので、入力します。

Read2Nの利用規約等の確認

Read2Nの利用規約、及びプライバシーポリシーを確認し、同意する場合は、チェックボックスにチェックを入れ、「サインアップ」のバナーをタップします。

アクティベーション・コードの入力

Read2Nのコミュニティ等で入手した招待コード(アクティベーション・コード)を入力します。
※なお、画面下部の「Skip」をタップすることで、入力を省略することも可能です。

Read2Nアプリ内での使用言語の選択

  • 英語
  • 簡体字
  • 繁体字

の中から、Read2Nのアプリ内で使用したい言語(文字)を選択します。

Read2Nのアプリホーム画面がこちら

このようなホーム画面が表示されれば、Read2Nのアプリ利用を始める準備は完了です。

Read2N概要・公式サイト等

Twitterアカウント
https://twitter.com/Read2N
公式サイト
https://www.read2n.com/
ディスコード
https://discord.com/invite/dQN3w5hauT
リンク集
https://linktr.ee/Read2NOfficial

Read2Nホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Read2N運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されているRead2Nのホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://whitepaper.read2n.com/

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もあり、かつ、一部割愛している箇所もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、Read2Nの運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Read2Nとは

Read2Nは、Game-FiとSocial-Fiの要素を組み込んだWeb3ライフスタイルアプリケーションです。
Read2Nは、多くの人が持っている毎日の基本的な活動である読書に基づいて開発されています。
私たちは、機能的なRead & Earnのコンセプトを効果的に実現した最初のプロジェクトです。

ユーザーは、本という形で自分のためにNFTを準備することができます。
ユーザーは、関連する本を読むことでゲームトークンを得ることができ、このトークンはゲーム内で使用するか、現金に変換することができます。

Read2NはGame-Fiを通じて、何百、何千もの人々に読書を促し、特定の文献を「統治コンテンツ」としてDAOを作ることを目指しています。
読むたびに、その文学の世界でのコンセンサスが高まり、作者や派生作品の制作者が、そのコンセンサスをもとに対応するメタバースを構築することができるようになります。

このようなメタバースは、人間の精神的・文化的な生活を大きく豊かにするものです。
作者も読者も二次創作物の製作者も、メタバースを楽しみ、そこから利益を得ることができます。

なお、Read2Nは現在パブリックベータテスト中であるため、ホワイトペーパーの内容は将来的に変更される可能性があります。
その場合は、アップデートするたびに変更履歴を詳細に記載する予定です。

Read2Nを始める方法

Read2Nを始めるには、まず、Read2Nのアプリケーションをダウンロードする必要があります。

  1. Read2Nアプリケーションをダウンロードします。App Store(Apple)またはGoogle Play(Google)からダウンロードすることができます。
  2. Read2Nのアカウントに登録します。お使いのデバイスからこのアプリケーションにアクセスした後、電子メールアドレスを使用してRead2Nアカウントに登録することができるようになります。Read2Nからの認証メールを受信したら、添付の認証コードを使用して、Read2Nのアプリケーションにアクセスする必要があります。
  3. 新しいウォレットを作成します。画面右上の「ウォレット」アイコンをクリックすると、アプリケーションが12単語の秘密のフレーズを生成します。なお、アプリケーションをアンインストールしたり、パスワードを忘れたりした場合、このフレーズがあればウォレットを回復することができます。このフレーズは安全な場所に保管することを意図していることに注意してください(物理的に書き留めて、自分だけが訪れることのできる場所に保管することも可能です)。
  4. BNBをアプリケーションのウォレットに移し替える。BNBをアプリケーションのウォレットに移し、マーケットでNFTブックを購入する際に使用します。なお、ウォレットには常にBNBをガスとして入れておいてください。
  5. 本を購入する。マーケットに移動して、本を選びます。フィルター機能を使ってお気に入りの本を探し、それを購入するために十分なBNBが必要です。

おめでとうございます。これで準備完了です。
初めて本を購入すると、一定のエネルギーを得ることができます。
初めて購入した後、すぐにRead2Nの旅を始めることができます。
6時間ごとに一定量のエネルギーを得ることができます。

Read2Nのゲーム要素

Read2Nのゲームモード、及び、シングルモードで入手できるルートボックスの内容としては、以下の通りです。

Read2Nのゲームモード

シングルモードでは、ユーザーはNFTの書籍を装備し、書籍を読むことでゲームトークン(RCM)を獲得することができます。
ただし、RCMを獲得するためにはエネルギーが必要で、エネルギー1単位につき5分間のRead & Earnに相当します。

まず、ユーザーは本を選び、スタートを押します。
画面右上にステータスバーが表示され、その左側に読書・読書時間、エネルギー消費量、左上に現在の読書・読書で獲得したRCMが表示されます。
システムは、ユーザーの読書行動を自動的に検出します。

もし、システムがユーザーの読書行動に異常な特徴を検出した場合、そのユーザーはRCMを獲得することができません。
一方、画面には読書行動に関する警告が表示されます。

読書時間は制限されませんが、エネルギーが残っていない場合、ユーザーはさらにトークンを獲得することができなくなります。
エネルギーがゼロでない場合、30秒間の読書ごとに一定量のRCMを獲得することができ、これはユーザーのアバターの属性に依存します。

特に効率属性は、効率属性が高いほど、30秒間の読書でより高い収益を得ることができます。
アバターの属性については、アバターの属性の項をご参照ください。

Read2N取引プラットフォームにおける書籍NFTコレクションの取引手数料については、一定期間ごとにその10%をWCMに変換し、これをメダルを所有する読者に分配します。
メダルはNFTの核となるもので、他人に譲渡することはできず、一度手にした人は永久にWCMの配布に参加することになります。
詳しくは「メダル」の項をご覧ください。

Read2Nの戦利品ボックス

戦利品ボックスはトロフィーボックスのことで、シングルモードではランダムに出現することがあります。
様々な種類のアイテムが入っています。
各ユーザーアカウントには4つの戦利品ボックスのスロットがあり、同時に最大4つの戦利品ボックスを持つことができます。

戦利品ボックスを手に入れるには、4ポイント以上のエナジーを連続して読んでください。
書籍に関しても5つの品質タイプを共有しています。
戦利品ボックスを取得すると、戦利品ボックスを開けるためのコストとして、システムが一定の範囲内の乱数を選択します。
費用は、グリニッジ時間の3時、9時、15時、21時に更新されます。
支払いが完了すると、ユーザーは戦利品を開封してアイテムを手に入れることができます。

アイテムの発行数は、戦利品ボックスのレアリティによって異なります。

コモン
1個
  • コモン:1個
  • アンコモン:1~3個
  • レア:1~4個
  • エピック:2~5個
  • レジェンダリー:3~6個

各クオリティの宝箱から出てくる可能性のあるアイテムの種類としては、以下の通りです。

  • ブックカバー
  • wcm
  • スクロールフラグメント

Read2Nの各種NFT

ここからは、Read2Nの各種NFTについて記載していきます。

Read2Nのアバターのアトリビュート

効率性(RCM収益)
効率は、RCM収益において重要な役割を果たします。効率性が高いほど、消費されたエネルギー1単位あたりのRCM収益が高くなります。
運(戦利品ボックス)
運は、戦利品ボックスの出現確率と品質に影響します。また、本を借りている間、戦利品を受け取ることができます。NFTの返却/ロールアウトのイベントが発生すると、アカウントのエネルギー上限が減少し、未開封の戦利品ボックスが消滅してしまいます。

ユーザーはアバターをアップグレードするためにRCMを消費することができ、いくつかのマイルストーンでは、比較的多くのRCMを必要とすることになります。
各レベルのアップグレードには一定の時間がかかり、アップグレードにかかる時間はアバターのレベルに応じて増加します。
アップグレードが完了すると、属性ポイントが追加され、それを効率と運に振り分けることができます。

ブックNFTのアトリビュート・クオリティ

ブックNFTのアトリビュートは1種類しかありません。Resilience(回復力)です。
Resilienceは、何人がその本を同時に借りられるかを決定します。
レジリエンスが高ければ、リーサーは同時貸出可能な図書の数を多くすることができます。
レジリエンスポイント10ごとに、同時貸出数1としてカウントされます。

一方、本のNFTには5種類の品質があります。
本箱を開けると、新しい本NFTのResilienceの値は、所定の範囲内でランダムに選ばれることになります。
そのため、同じ品質タイプのブックNFTであっても、属性の分布が乱高下する可能性があります。

ユーザーは、ブックNFTをアップグレードするためにRCMを消費することができ、いくつかのマイルストーンでは、余分なRCMが必要になります。
各レベルのアップグレードには一定の時間がかかり、アップグレードに費やす時間は本のレベルに応じて増加します。

アップグレードが完了すると、NFTはレジリエンスポイントを追加で獲得することができます。
NFTが特定のレベルのマイルストーンに到達すると、以下のような特別な特権(「イベント」と表記)が解除されます。

レベル5
ソケット1のアンロック、及び、ブックNFTのミント機能のアンロック
レベル10
ソケット2のアンロック
レベル15
ソケット3のアンロック
レベル20
ソケット4のアンロック
レベル30
取引手数料の分配&DAOガバナンスへの参加解除

Read2Nのジェネシス・ブックNFT

Read2Nが当初リリースしたGenesis book NFTのシリアルナンバーは、1~10000まであります。
このNFTは、様々なイベントを通じてユーザーにプレゼントされます。
また、StepNプロジェクトに対する感謝と敬意を表すため、StepNの初期リリースされたGenesis NFTの所有者の一部に、NFTをエアドロップする予定です。

Read2Nのソケット、及びアイテム

Book NFTは、1種類の属性(Resilience)しか持っていません。
Resilienceは、利用可能な同時リースの数を決定します。

ブックNFTにはソケットがあり、このソケットにアイテムを設置することができます。
同時リース可能な数が多いほど、リースからの期待収益が高いことを意味します。

ブックNFTのソケットに設置可能なアイテムは、戦利品を開封することで入手できるかもしれません。
多くのアイテムがあり、アイテムは属性を高めるのに役立つかもしれません。
アイテムによっては、アップグレードしてより高い属性を持つことができます。
アイテムにはレベル要件があり、最低レベル要件に達していない場合、ソケットに設置することができません。

アバターのソケット、及びアイテム

アバターは、ゲーム内では「iNFT」とも呼ばれます。
アカウント登録すると、ユーザーは自由にアバターを手に入れることができます。

アバターには、効率と運、エネルギーボーナスなどの属性があります。
アバターはアップグレードすることで属性ポイントを獲得し、ユーザーが効率と運のどちらかの属性に配分することができます。

エネルギーボーナスは、アイテムからしか得られません。
あなたのアバターの体力は最大100%で、30秒間のRead & Earning(0.1エネルギー相当)ごとに0.4%の体力が消費されます。
体力が無くなると、Read & Earで収入を得ることができなくなります。
したがって、体力を回復するためにRCMを消費する必要があります。
回復にかかるコストは現在の効率に関係します。

アバターには多くのソケットがあり、これらのソケットにアイテムを装着することができます。
アイテムは使用者の効率と運の属性、さらにエネルギーボーナスを増加させるために使用することができます。

アイテムの種類は以下の通りです。

  • 帽子
  • ネックレス
  • ブレスレット
  • 衣料品
  • メガネ

戦利品ボックスを開封することで、アバターのソケットに装着できるアイテムを入手できるかもしれません。
多くのアイテムがあり、アイテムは属性を高めるのに役立つかもしれません。
アップグレードすることでより高い属性が得られるアイテムもあります。
アイテムにはレベル要件があり、最低レベル要件に達していない場合、ソケットに設置することができません。

Read2NのブックNFTのミントについて

著者は、当社のウェブサイト上で文学作品を執筆・アップロードすることができます。
著者は、著作権のすべてをDAOに譲渡することで、自分の文学作品のDAOが統治権を持つことを許可することができます。
そして、DAOは、著者の協会NFTに従って、ガバナンスNFTを作ります。
最初の造本はMetasset Launchpadで行われ、IBOの詳細は作者が決定します。
最初にミントされる書籍NFTの量は著者が決定しますが、この文学作品のNFTの総量の5%を超えることはできません。

ブック・ミンティング・イベントについて

BME(Book-Minting Event)とは、ユーザーが同じシリーズのブックNFTを2個、設計図として使用し、「繁殖」させ、この経過でブックNFTのブックボックスを生産することです。
参考までに、この2つのブックNFTを「ヴィンテージ(親)」と呼ぶことにします。
2つのヴィンテージは、ユーザーが所有する必要があります(借りるのではない)。

次に、ユーザーは本のNFTを選び、Mintタブを使い、本のNFTを選んで「繁殖」させ、Mintをクリックして続けます(各ミントイベントは、ミントスクロール/ユニバーサル・スクロールを1つ消費します)。
しばらくすると、ユーザーはすぐに開くことができる本箱を受け取ることができます。(注:本箱を開けると、異なる品質の本NFTが手に入る確率があります:本箱の品質が高いほど、より高品質の本NFTが手に入る可能性が高くなります)。

各ブックNFTのBMEは最大で7個まで可能です。
書籍NFTが完成させたBMEの量が多いほど、RCM/WCMのコストは高くなります。
各書籍NFTの鋳造コストは個別に計算され、最終的なミントコストとして合算されます。

「双子」ミントの確率

ミント回数0~6に対応する双子の確率:0%、1%、2%、3%、4%、5%、6%。
すなわち、ミントタイムが0の2つのBnftが生み出す双子の確率は0です。
ミントタイムが1と2の2つのBnftが生み出す双子の確率は、1%+2%です。
ミントタイムが6の2つのBnftが生み出す双子の確率は、6%+6%です。

ミント制限に関して

各書籍NFTコレクションのNFT数量は限られています。
残量/総量に関するデータは、Mintタブに表示されます。

未完成文献のBMEは、出版されたコンテンツの進捗状況によって制限されます。
現在のコンテンツのNFTの残量が不足し、ミントに使用できない場合、このシリーズの書籍NFTのBMEは中断されます。
ミントのタブはクリックできない状態になっています。

未完成文献の内容が更新されると、ミントに使用できるNFTの数が更新され、BME機能が回復してMintタブがクリックできるようになります。
更新された数量がミントに消費されると、BMEは再び停止します。

ミントの費用(コスト)について

ミントコストは、ヴィンテージが既に持っているプラットフォームのミントコストとミント回数に関係します。
ミントコスト=プラットフォームミントコスト+ヴィンテージミントコスト、となります。

プラットフォームのミントコストは、一定のルールに従って毎日上昇します。
すべてのVintageは7回のBMEを受けることができ、プラットフォームのミントコストは5分ごとに更新されます。

ミントのバラエティ

ユーザーは、本箱を開けた後、新しい本NFTを手に入れ、その品質が、親たちの品質によって決まります。

また、書籍NFTの属性は、ある範囲内でランダムに分布しています。
ミントでは、一定の確率で余分な本箱が獲得されることがあります。
ミントの回数が多いほど、複数の本箱を獲得する確率は高くなります。

ミントスクロールの仕組み

ミントには、ミントスクロール1枚とBook NFT 2枚が必要です。ミントスクロールはミント後、バーンされます。

ミントスクロールには様々な品質のものがあり、品質の高いミントスクロールを使用すると、高品質のブックボックスがミントされる確率が高くなり、低品質のブックボックスがミントされる確率は低くなります。

戦利品ボックスからミントスクロールの破片を入手することができます。
各書籍NFTコレクションから毎日放出されるミントスクロールの量は比較的決まっています。
この文献を読む際に出る「戦利品ボックス」からランダムで出現することになります。

残りの数量の1%が切り上げられ、毎日放出されます。
ミントされていない残量は、リアルタイムでコレクションページに表示されます。

ミントスクロールを使用した後、コレクションのNFTがミントされると、残量が更新されます。
それに伴い、当日・翌日の非ユニバーサルスクロールのリリース量も減少します。

ある本のスクロールのミント量が限界に達した場合、次のようになります。

  • その本のミントにミントスクロールを使用することはできません。
  • 本のミントスクロールの小/中フラグメントは、もはや生産されないでしょう。断片の新しい組み合わせは許されず、断片を取引することもできなくなります。
  • すでに生産されたミントスクロールの断片は、クリックで破壊することができます。

文献が連続する場合、NFTの総量は変更されず、ミントスクロールの放出速度は、シリーズの状況に応じて調整されることになります。

ユニバーサル・スクロールズ

ゲーム全体で毎日一定量のユニバーサルスクロールがリリースされます(どのNFTコレクションでも使用可能)。
これらのスクロールはトレジャーハンティングイベントでランダムに出現します。
ユニバーサル・スクロールには破片も存在します。
ユニバーサル・スクロールを作るには、一定量の破片とRCMを消費する必要がありますが、このプロセスは失敗する可能性があります。

ミンティング・スクロール

同じシリーズのbnftのミント工程で使用することができます。
どのような種類のミントスクロールも、どのような品質のbnftのミントプロセスでも使用することができます。
つまり、レジェンダリー・レベルのミントスクロールは、一般的な品質のbnftのミントプロセスで使用することができます。
ミントスクロールは、このミントにおけるbnftの組み合わせによってミントできるブックボックスの品質に影響を与えます。

Read2Nのゲームネットワーク・システム

Read2Nのゲームに影響を与える主なシステムとしては、以下のようなものがあります。

1日あたりのエナジー上限

ユーザーは2/2のエネルギーでゲームを開始することになります。
エネルギーの上限は20/20です。
ユーザーは、より多くの/より高品質なブックNFTを入手することで、エネルギーを増やすことができます。(エネルギーシステム参照)

「Read to Earn」の仕組み

RCMの獲得量は、以下の要因に影響されます。

  • 総エネルギー(RCMを獲得するための読書時間の長さに影響する。)
  • 読書状況(スマートフォンの画面スワイプ頻度、手の動きなど)
  • アバターのアイテム(種類、レベル、属性)
  • アバターの効率属性

また、ルートボックスを手に入れるかどうか、その品質を決定する要素は以下の通りです。

  • 1回の消費エネルギー
  • アバターの「運」属性

Read2Nのエナジー・システム

エネルギーは6時間ごとに25%ずつ回復し、最大値まで回復します。
ユーザーは、1冊のNFTと2つのエネルギーからスタートします。
ユーザーは、より多くのブックNFTを所有することで、エネルギーを増やすことができます。
計算方法は以下の通りです。

ブックNFTの数 エナジー量 読書時間
1 2 10分
3 4 20分
9 9 45分
15 12 60分
30 20 100分


引用元:Read2Nホワイトペーパー

高品質なブックNFTを所有することで、追加のエネルギーを入手でいます。

  • アンコモンのブックNFT:エネルギーが+1
  • レア本NFTを1冊所有する:エネルギー+2
  • エピックブックNFTを1冊所有する:エネルギー+3
  • レジェンダリーブックNFTを1冊所有する:エネルギー+4

例えば、アンコモンブックNFT1冊+ノーマルブックNFT1冊を所有している場合、総エネルギー3個となります(ベースエネルギー2個+ボーナスエネルギー1個)。
また、レア本NFT2個+ノーマル本NFT1個を所有している場合、総エネルギー8個(基本エネルギー4個+ボーナスエネルギー4個)となります。

Read2Nのクエスト・アチーブメントシステム

  • レベル30の本NFTの所有時間にチャレンジ
  • ある文献の総閲覧時間に挑戦(エネルギーがゼロでない閲覧時間のみ考慮に入れる)
  • コメント数への挑戦
  • コメントの「いいね!」数でチャレンジ
  • 文献の好き嫌いのクリック数に挑戦
  • 借用回数に挑戦
  • リース回数に挑戦

メダルは実績の一種です。
ユーザーはRCMを燃やすことでクエストを取得し、クエストをクリアするとメダルを取得できます。

Read2Nの取引プラットフォームにおける書籍NFTコレクションの取引手数料については、一定期間ごとに10%がWCMに変換され、これがメダル所有者に配布されます。

WCMの配布には、種類やレベルの異なるメダルが一定の割合で含まれます。
これは、同じレベルのメダルの使用者が所有するメダルの数に応じて分配されます。

メダルはコアNFTであり、他人に譲渡することはできず、一度手に入れた者は永久にWCMの配布に参加することになります。

Read2Nの不正防止の仕組み

アンチチートシステムを利用して、ゲーム内の不正行為を禁止し、不正行為者のアカウントに罰則を適用することになります。
不正防止システムは、「慎重かつ果断」という原則に従います。

その動作メカニズムはブラックボックスであり、一般に公開されることはないでしょう。
不正防止システムに関する苦情は一切受け付けず、ペナルティに関する説明も行いません。

ジェイルブレイク、ルート化されたデバイス、またはオペレーティングシステムが変更されたデバイスを使用すると、Read2Nの誤動作につながります。

ユーザーがマーケットプレイスからウォレットに書籍NFTを転送する場合、書籍NFTが転送されている間は、ユーザーは受動的収入を得ることができません。
譲渡によってユーザーアカウントのエネルギー上限が減少した場合、未開封の戦利品ボックスはすべてバーンされ、削除されます。
ブックNFTをあるアカウントから別のアカウントに転送すると、ブックNFTのクールダウンフェーズが発生します。
クールダウン期間中は、ユーザーはこのブックNFTに対していかなる操作も行うことができず、受動的な収入を得ることはできません。
なお、ユーザーがブックNFTをマーケットに公開した場合、戦利品ボックスはバーン・削除されません。

Read2Nの手数料の仕組み

ゲーム内のさまざまなイベントに対応するさまざまな手数料があります。

マーケットプレイスでの取引手数料

50%はオペレーションに使用されます。
プロジェクトチームによる開発、30%をWCMに変換して著作権のあるDAOクリエイターに支払い、10%をWCMに変換してメダルオーナーに支払い、10%をWCMに変換してリーサーに支払います。

NFTの貸出手数料

50%はオペレーションに使用されます。
プロジェクトチームによる開発、30%をWCMに変換して著作権のあるDAOクリエイターに支払い、10%をWCMに変換してメダルオーナーに支払い、10%をWCMに変換してリーサーに支払います。

Read2NのDAO(自律型分散組織)

ゲームそのものはDAOです。
WCMはRead2Nのガバナンストークンです。
グループの経費はRead2NのDAOが調べることになります。
年間の純利益は、WCMのステーキングをしている人に分配されます。
ゲームの正式発売から12ヶ月間は、プロジェクトチームがプロジェクトを管理することになります。
12ヶ月後、ホワイトペーパーの調整は、DAOの投票によって決定されます。
WCMのステーカーのみが投票権を持ちます。

ステーカーの投票指数には、ステーキング期間に応じてボーナスが発生します。

ブックNFTのDAO

すべてのブックNFTのコレクションはDAOです。
DAOの参加者は、コレクションの書籍NFTの所有者です。
参加者は提案を行い、DAOの資金や収入の行き先を決めることができます。

Read2Nの招待コードの仕組み

Read2Nは、招待制のゲームです。
ユーザーは、10ユニットごとにエネルギーを消費することで、1つのアクティベーションコードを得ることができます。
各ユーザーは、アクティベーションコードが使用されるまで、同時に1つのアクティベーションコードしか持つことができません。
Read2Nは、販売イベントやプロモーションを支援するために、アクティベーションコードを時折禁止することがあります。
登録にアクティベーションコードが必要ない場合は、アクティベーションコードが無効化されたことを意味します。

マーケットプレイス

マーケットとは、ユーザーが自分のブックNFT、ブックボックス、アイテム、ミントスクロールをレンタル/リース、購入/販売できる場所です。
マーケットには、簡単なフィルタリングとソート機能があり、ガイダンスとして使用することができます。

Read2NのNFTレンタルの仕組み

優れた文学の普及と、より広大なメタバースのコンセンサス構築のために、私たちは、ユーザーが自分のブックNFTを、ブックNFTを所有していないユーザーに貸して読んでもらうことを推奨します。
また、1つの書籍NFTを複数のユーザーに同時に貸し出すことも可能です。
図書NFTの貸し出しを希望するユーザーは、アプリケーションのマーケットにアクセスしてください。
借りたい文献を選択し、レンタル料を支払えば、すぐに読めるようになります。

図書NFTがリースされると、所有者自身が読書をしたり、エネルギーを増やしたり、アップグレードしたり、BMEを持つことが許されます。
リースは「フレキシブル」です。
例えば、1冊のNFTを同時に借りられるのは2名までです。
1人目の借り手は7日間、3日後に2人目の借り手が現れ、同じ借り入れ期限でNFTの本を借ります。
8日目に最初の借り手が本を返却すると、その本はすぐに3番目の借り手に貸し出すことができます。

リースの手数料はリース料金の30%です。
リース期限は、NFTを貸し出す側が設定します。
リース制限時間内であれば、借り手はリース時間を決めることができます。

当日のリース価格は、BNBに換算してブックNFTの所有者が決定することになります。
また、VISA/Masterクレジットカードによる支払いにも対応します。

リース収入は、1日単位でNFTの所有者の口座に振り込まれます。

Read2Nのトーケノミクス(トークン・エコノミクス)

ここからは、Read2Nのトークンの仕組みについて確認していきます。

RCM(リーディングクリエイト・メタバース)トークン

RCMのサプライチェーンには60億個のRCMが存在します。
RCMは保管され、利用者の読書エネルギーがゼロでない場合にのみ利用者に配布されます。
初期段階では、システムは効率属性に従ってRCMを生産します。ある日のRCM生産量が残りのRCMの1%になったら、生産モードを切り替えます。

ユーザーは、エネルギーがゼロでない読書中にRCMを取得しなくなり、代わりに「計算電力」の値を取得することになります。
システムは毎日決まった時間に、過去24時間の全ユーザーの計算パワーの合計を計算することになります。
そしてシステムは、各ユーザーの計算力に応じてRCMの分配を計算します。

ある日のRCM消費量=残りのRCMの1%になったとき。システムはもはやリサイクルされたRCMを破壊せず、代わりに倉庫アカウントに転送してリサイクルさせ、報酬の供給を保証します。

なお、トークンのバーン要素は以下の通りです。

  • ミント
  • NFTアップグレードの予約
  • アイテムのアップグレード
  • ソケットのアンロック
  • ブックのリペア
  • トレジャーハンティング

ゲーム運営初期にRCMの安定した価格を提供するため、グループはWCMを1:1の比率で担保にRCMをリースし、90日以内に返済することが認められています。

WCM(Writing Create Metaverse)トークンの仕組み

WCMはBSCチェーン上で生成され、2022年9月23日(DD/MM/YYYY)に総量6,000,000WCMトークンが生成されていると予想されます。

WCMの権利確定メカニズム

WCMの総量の60%がプロジェクト運営資金として使用されます。
毎月、WCM総供給量の0.3%(18,000,000WCM相当)がアンロックされ、4年ごとの最初の月に半減します。
これらのWCMは、Read2N Global Ecosystemの構築をサポートするために使用されます。
未使用のWCMは、Read2N Warehouseに保管されます。

Read2N WarehouseにあるWCMは、ステーカーの投票には参加しません。

WCMの総額の20%は、チームのモチベーションに使用されます。
チームが獲得したWCMは、100ヶ月のタイムスパンですべてリニアにアンロックされます。
最初のアンロック日は、2023年7月23日(DD/MM/YYYY)である。アンロックの割合は10%で、以後毎月1%ずつアンロックされます。
配布もアンロックもされていないWCMはステーキング投票に参加できません。

WCMの総額の20%は、現在および将来の資金調達に使用される予定です。
第一ラウンドの投資家が獲得したWCMは、すべて80ヶ月の時間スパンでリニアにアンロックされる予定です。
最初のアンロック日は2023年7月23日(DD/MM/YYYY)です。
ロック解除の割合は30%で、以後毎月1%ずつロック解除されます。

配布されていないWCMやアンロックされていないWCMは、プレッジ投票に参加することはできません。

WCMの獲得と使用について

Read2Nゲームでは、次のようなシナリオでWCMを得ることができます。

  • 宝箱を開封すると、WCMを入手できる場合があります。
  • トレジャーハンティングイベントに参加すると、WCMを入手できる場合があります。
  • 合意形成者(コンテンツ制作者、メダル所有者、NFTの貸出者、書籍BNFTの所有者を含む)への報酬、これはWCMの形で配布されるでしょう。

取引手数料等を支払うためにWCMをRead2Nアカウントに保存すると、20%の割引を受けることができます。
これが、WCMの最も重要な利用シーンです。

チームの経費は、Read2N DAOによって修正されます。
年間純利益はWCMに変換され、WCM誓約者への報酬として使用されます。
誓約者の報酬指数には、誓約時間に応じてボーナスがあります。
Read2N DAOの承認があれば、年間純利益の全部または一部を使ってWCMを買い戻し、破棄することも可能です。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。