HODL-X (HODLX)とは-スニーカーNFTをステーキングして仮想通貨を稼ぐ「HODL to Earn」の仕組みを検証

※HODL-X (HODLX)は、まだまだ始まったばかりの新プロジェクトです。
今後、様々なアップデートや機能改善等が予定されていますので、常に最新情報を把握することが肝心です。

HODL-X (HODLX)に関する最新情報は、同サービスの公式Discordからのチェックが効率的です。

HODL-X (HODLX)の公式Discordはこちら

HODL-X (HODLX)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、HODL-X運営側からの依頼/承諾に基づき、公開されているHODL-Xのホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://docs.hodlx.club/

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、HODL-Xの運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

HODL-X (HODLX)へようこそ



引用元:HODL-X (HODLX)公式サイト

熱烈なスニーカーコレクターのための革新と挑戦の新時代、「HODL-X」がここに誕生します。
HODL-X SNKRSは、豪華なコレクションを構築したいと願うスニーカーヘッズのために、その美しさと機能性を備えたユニークなデザインのNFTです。
保管や宅配便の利用を必要とせず、コレクターは簡単にコレクションを作成し、展示し、利益を得ることができます。

目標

HODL-Xは、世界中のスニーカーヘッズとPFP NFTホルダーを取り込み、世界中のコレクターのための革新的かつ親しみやすいエコシステムを構築することを目的としています。
HODL-Xは、投資家がエコシステムのオーナーになる分散型HODL to Earn(H2E)プラットフォームを構築するというアイデアで、全く新しい巨大な金融プラットフォームに向かって歩んでいます。

HODL-Xのコミュニティは、パラダイムシフトの先陣を切る探索者とパイオニアになるでしょう。

HODL-X (HODLX)の紹介



引用元:HODL-X (HODLX)公式サイト

HODL-Xは、HODL 2 Earn(H2E)NFTプロジェクトで、ユーザーが収集可能なNFTでコレクションを作成することを可能にします。
世界中のNFTコレクターや投資家は、HODL-Xを通じて、全く新しい形の金融活動にアクセスすることができます。
HODL-Xは、ユニークなデザイン、品質、かけがえのない属性を持つSNKRS NFTを始め、様々なH2E NFTを導入しています。
将来的には、HODL-Xは他のプロジェクトのNFTを受け入れ、ユーザーが利益を生み出せるようなコレクションプラットフォームにする予定です。

HODL-X (HODLX)開発の背景

コレクタブルNFT

ユニークな認知価値を持つNon-Fungible Tokenは、コレクターズアセットとして正しい本質を持っています。
過去1年間、取引されたNFTのうち70%がコレクターズアイテムでした。
このように、NFTは新しい時代のコレクターズアイテムとして人気を集めていますが、安定性と流動性は、市場の限界や世間の認識とともに、まだ克服すべき課題となっています。
さらに、このようなコレクターズアイテムのNFTの多くは、効率性や見栄えにまだ欠けるところがあります。
この課題を克服するため、HODL-XはCollect 2 Earn(H2E)モデルを考案し、ユーザーがコレクターズNFTでコレクションを作り、展示を通じて利益を得ることができるようにしました。
HODL-X H2Eモデルは、コレクティブルNFTの信頼性と流動性を補完し、より高い資産価値と実用性の基盤を提供するものです。

コレクティブルズとしてのスニーカー

現在のスニーカーの地位は、過去とは全く異なっています。
単なる足の保護具から、その希少性や市場流動性、ファッションアイテムとしての演出、識別のシンボル、独自の価値を持つ芸術品など、コレクター向けの投資対象として進化を遂げています。
リセール文化の発展により、スニーカーの市場規模はユーザーよりもむしろオーナーや転売屋の遊び場として拡大しました。
さらに、巨大企業の参入により、コレクターが自己満足で購入していた初期とは異なり、「スニーカー・テック」という言葉がこの「投資プラットフォーム」の主要な部分を占めるようになりました。
まとめると、コレクターズ・スニーカーは、これまでコレクションや投資の対象とはならなかった工業製品を例示しています。
しかし、それはやがて、リセールやスニーカーテック産業の成長の引き金となった愛好家たちのコミュニティを通じて、まったく別の次元のステータスを獲得していったのです。

HODL-X (HODLX)のNFT

HODL-Xは、コレクターズスニーカーが持つ差別化と象徴性に注目し、H2Eモデルのスニーカーとして、最初のコレクターズNFTシリーズを選びました。
初期のコレクターがそうであったように、HODL-XのスニーカーNFTは、イノベーションに踏み出すコレクターや投資家にとって、次の興味の対象になっていくことでしょう。

HODL-Xは、全く新しいコレクターズアイテム産業の先駆的な先鋒となることでしょう。

HODL-X (HODLX)のバリュー・プロポジション



引用元:HODL-X (HODLX)公式サイト

H2Eチェーン

  • HODL-X NFTの保有者は、コレクションを作成し、HODL-Xギャラリーに展示することで利益を得ることができます。
    HODL to Earn(H2E)サービスにより、このような利益を生むNFTは、NFTの価値を高め、単なる収集品ではなく、投資の対象として変化させることができます。
  • HODL-X NFTのレアリティ、属性、レベル、組み合わせなどのゲーム化された要素は、保有者のH2Eモデルへの関与と関心を高めます。
    このような要素は、HODL-Xのエコシステムを活性化させ、NFTの価値を高めるトークンバーンメカニズムとして機能します。
  • HODL-XのNFTをギャラリーに展示することで、収益を上げ、コレクションする楽しみを提供します。
    HODL-X NFTsで、ユーザーは展示欲を満たすことができるようになるのです。

H2Eプラットフォーム

  • SNKRS NFTを始め、HODL-Xは今後も様々な種類のコレクターズNFTをリリースしていきます。
    次のコレクターズNFTシリーズは、今後明らかにする予定です。
  • HODL-Xは、NFTの総合的なコレクションプラットフォームとして、サービスを拡大していく予定です。
    ユーザーは、他のプロジェクトからNFTを持ち込むことができ、展示を通じて利益を得ることができるようになります。
  • HODL-Xは、他のプロジェクトからのNFTを持つユーザーが、トークンを獲得するために当社の収集・展示サービスを利用できるようにする予定です。
  • HODL-Xは、非会員向けにNFTの収集サービスを提供することで、NFT市場や投資家に我々のプロジェクトを紹介し、最終的にはプロジェクトの価値を高めることを目指します。
  • 最終的には、パラダイムシフトを起こすH2Eプラットフォームと、DeFiサービスを備えた革新的なデジタルコレクティブマーケットに発展させることを目標としています。

HODL-X (HODLX)の提唱する、「HODL to Earn」の稼ぎ方



引用元:HODL-X (HODLX)公式サイト

HODL-Xは、NFTステーキングとDeFiサービスの可能性に対して、市場がポジティブな見方をしていることに気づきました。
そして、これらのサービスはゲーミフィケーションとプラットフォーム化によってさらに進化させることができると結論づけました。
HODL to Earn (H2E)は、HODL-Xのメンバーによって構築された興味深いオープンタイプのステーキングシステムです。

ゲーミフィケーション

H2Eのゲーミフィケーションは、レベルアップ、アップグレード、様々な組み合わせによる収集を通じて、NFTステーキングサービスにゲーム要素を導入しています。
HODL-X H2Eモデルは、希少性を高めることで保有者にインセンティブを与える従来のNFTステーキングサービスとは異なり、ユーザーの活動やより良いコレクションへの要求を高めることでエコシステムを活性化させます。

プラットフォーム化

SNKRS NFTを皮切りに、HODL-Xでは今後も様々なタイプのコレクターズNFTをリリースしていく予定です。
次のコレクターズNFTシリーズは、今後明らかにする予定です。
HODL-Xは、NFTの総合的なコレクションプラットフォームとして、サービスを拡大していく予定です。
ユーザーは、他のプロジェクトからNFTを持ち込むことができ、展示を通じて利益を得ることができます。

HODL-X (HODLX)のエレメントたち



引用元:HODL-X (HODLX)公式サイト

SNKRS(スニーカー)

HODL-XのSNKRSは、H2Eエコシステムの最初のコレクター向けNFTシリーズで、それぞれユニークなデザインとアクセサリーを備えています。
HODL-X SNKRSは5種類のレアリティで構成され、4種類のベースデザインと様々なカラーやパターンが用意されています。
ユーザーはHODL-X SNKRSの様々な組み合わせでコレクションを作成し、展示のためのボーナスを獲得することができます。

レアリティの種類としては、下記の通りです。

  • コモン
  • アンコモン
  • レア
  • スーパーレア
  • ユニーク

また、ベースデザインには、

  • C70
  • F1
  • M1
  • J4

上記の種類があります。

さらに、HODL-X (HODLX)のSNKRSには、人気、デザイン、運、サイズの4種類の属性があります。
この属性によって、コレクションの品質とエキシビションでのトークン収益が決定されます。
ユーザーはSNKRSをレベルアップさせ、属性を上げることでコレクションの質を向上させることができます。
また、特定のレベルに到達することで、追加機能がアンロックされます。

マイルストーン アンロックされる機能
レベル5 ショーケース機能
レベル10 SNKRSのジェネレーション(ミント)
レベル25 ギャラリーNFTドロップ
レベル30 ショーケースドロップ

シューボックス

HODL-X (HODLX)のSNKRSは、靴箱の形でミントされます。
参加者は靴箱を開封し、SNKRS NFTを入手することができます。
ユーザーはSNKRS Generationで靴箱を生成することができます。

2つのSNKRS NFTが靴箱の生成に使用され、生成された靴箱は公開または取引することができます。
なお、シューズボックスの品質は生成に使用された親のSNKRSに依存し、公開されたSNKRSの品質はシューズボックスの品質に依存します。
SNKRSの品質の確率は、我々のプロジェクトがあるマイルストーンに到達した時点で明らかにされる予定です。

シューボックスクオリティ SNKRS品質(開封時)
コモン CommonクオリティのSNKRSの確率が高い
UncommonのSNKRSの可能性が低い
アンコモン CommonクオリティのSNKRSである可能性が低い
高確率でUncommonのSNKRSである
非常に低い確率で、RareなSNKRSが存在する
レア 低確率でUncommon SNKRSである。
高確率でRare SNKRSである
非常に低い確率でスーパーレア(Super Rare)である。
スーパーレア 低確率でRare SNKRSとなる。
高確率でスーパーレアSNKRS。
低確率でUnique SNKRSとなる。
ユニーク 低確率でスーパーレアSNKRSを示す
ユニークSNKRSの発生確率が高い

なお、1つのSNKRSは、5回まで、シューズボックスのミントを行うことが出来ます。

ショーケース

ショーケースは、SNKRSをコレクションするためのゲーム内アイテムです。
ユーザーは自分のSNKRSとショーケースを組み合わせることで、SNKRSの属性をアップさせることができます。
ショーケースには5つの品質があり、それぞれベースとなるブーストポイントが異なります。
ユーザーは、同じ品質のショーケースを2つ組み合わせることで、ショーケースをアップグレードすることができます。
アップグレードに成功すると、ユーザーはより高いレベルのショーケースを手に入れることができます。
失敗した場合は、ショーケースは失われます。

ショーケースの品質は、

  • コモン
  • アンコモン
  • レア
  • スーパーレア
  • ユニーク

上記の5通りで、レベルは、「レベル1~レベル9」とされています。

HODL-X (HODLX)のコレクション

ユーザーは、HODL-X SNKRSでコレクションを作成することで収益を得ることができます。
収益は、コレクションの品質とレベルに依存します。
コレクションに含まれるSNKRSの属性は、コレクションの品質とレベルを決定します。
ユーザーは特定の組み合わせでSNKRSを収集することにより、コレクションの利点を得ることができます。
4種類の属性がコレクションの品質を決定します。

属性 品質
人気度 HDLXの収益
デザイン HDLGの収益
スーベニアボックス
サイズ 出展料

コレクションのレベルは、コレクション内のSNKRSの属性ポイントの合計によって決定されます。
レベルが高いほど、1日の獲得上限が高くなります。
コレクションが一定のレベルに達すると、ユーザーはHDLXとHDLGのどちらかを選択して収益を得ることができるようになります。
ユーザーは、特定の種類、色、数のSNKRSをコレクションすることで、バッジ、メダル、トロフィー、タイトルを獲得することができます。
バッジ、メダル、トロフィー、称号を獲得することで、ユーザーはコレクションを有利に進めることができます。
詳細は、アルファフェーズIV以降に明らかにされる予定です。

バッジ
バッジは、プロジェクトが特定のマイルストーンに到達した時点で公開されます。
メダル
メダルは、プロジェクトが特定のマイルストーンに到達した時点で公開されます。
トロフィー
トロフィーは、私たちのプロジェクトが特定のマイルストーンに到達したときに公開されます。
タイトル
タイトルは、プロジェクトが特定のマイルストーンに到達した時点で公開されます。

HODL-X (HODLX)の展示会(エキシビション)



引用元:HODL-X (HODLX)公式サイト

ギャラリーでコレクションを展示すると、ユーザーはHDLXまたはHDLGトークンを獲得できます。
収益は、コレクションの質とレベル、展示期間によって異なります。
ユーザーは、コレクションを展示するためにチケットを使用することができます。
チケットは、コレクションのチケットキャップに基づき、6時間ごとに(25%ずつ)チャージされます。
展示会は、保有者が利益を生み出す相互運用のコミュニティ構築の基礎となります。

ギャラリー

HODL-X (HODLX)のGalleryは、ユーザーが独自のコレクションを展示できるHODL-Verse内の仮想空間です。
各ギャラリーでは、1日(HODL-Verse時間)ごとに展示に必要なチケットが異なります。
ユーザーは、展示前にギャラリーを選択することができます。
展示終了後、ユーザーは選択したギャラリーに展示料金を支払います。

ギャラリーNFT

HODL-X (HODLX)のギャラリーNFTの保有者は、ゲーム内のシステムを通じてインセンティブを得ることができます。
バンコクギャラリーを皮切りに、順次都市を追加していく予定です。
HODL-X のギャラリーNFTは、展覧会の収益金を分配する権利を持っています。
ユーザーは、展覧会を始める前にギャラリーを選択することができ、ユーザーが支払った展覧会費用は、ギャラリーNFTの保有者に分配されます。

チケット

チケットについては6時間ごとに25%ずつチャージされ、コレクションごとに上限が設定されています。
チケットは展覧会に使用され、展覧会に必要なチケットの枚数(HODL-Verse Timeごと)は、選択したギャラリーによって異なります。
なお、HODL-Vers Timeの1日は、現実世界の時間の1時間に相当します。
例えば、バンコクギャラリーでチケットを10枚使用した場合、HODL-Verse Timeで10日間展示することが出来、これは現実世界での10時間に相当します。

各種プールについて

ラッキープール
ラッキープールは、プロジェクトが特定のマイルストーンに到達した際に公開されます。
寄付金プール
寄付金プールは、プロジェクトが特定のマイルストーンに到達した時点で公開されます。

HODL-X (HODLX)のエコシステム

HODL-Xは、ユーザーがNFTを収集し、コレクションを作成し、それを展示することで利益を得るH2Eプロジェクトです。
ユーザーは、コレクションの品質を向上させることで、展示による収益を上げることができます。
コレクションの質を向上させるために、ユーザーは以下のことを行う必要があります。

  • SNKRSのレベルアップ
  • ショーケースとの組み合わせ
  • バッジ、メダル、トロフィーの獲得

SNKRSを特定の種類、色、数でコレクションすることで、バッジ、メダル、トロフィー、称号を獲得することができます。
ユーザーは、自分のコレクションを展示するギャラリーを選択します。
展示が完了すると、ユーザーはギャラリーに展示料を支払い、展示料は、該当するギャラリーのNFT保有者に分配されます。

DAOガバナンス

プロジェクトのユーザー体験と持続可能性を最大化するために、HODL-Xはステークホルダーが主要な意思決定プロセスの一部に積極的に参加できるようDAOシステムを考案しました。
HODL-XはDAOの基本構造を提供しますが、ユーザーとホルダーが運営における主要なプレーヤーとなります。
HODL-X DAOは、2つのパートに分かれています。
ソーシャルDAOとガバナンスDAOです。

ソーシャルDAO
ソーシャルDAOは、プロジェクトが特定のマイルストーンに到達すると適用されます。
ガバナンスDAO
プロジェクトが特定のマイルストーンに達すると、Governance DAOが適用されます。

HODL-X (HODLX)のトーケノミクス(トークン・エコノミクス)

HDLX(ユーティリティ・トークン)

HDLXは無制限に供給され、ゲーム内のユーザー活動を通じて獲得・バーンされます。
私たちは、バランスの取れたエコシステムのために、HDLXの安定性に重点を置いています。

ネットワーク
ポリゴン
収益
H2E
HDLXがバーン(消費)されるシーン
  • SNKRSのレベルアップ
  • ショーケースのアップグレード
  • シューズボックスの作成
  • 特定のコレクションスロットをオープンする
  • ラッキープールに入れる
  • ドネーションプールへの寄付
  • 展示料金
  • おみやげ箱を開ける

HDLG(ガバナンストークン)

HDLGトークンは、私たちのプロジェクトが一定のマイルストーンに到達した時点で公開されます。

ロイヤリティ・プログラム

ロイヤルティプログラムは、私たちのプロジェクトが一定のマイルストーンに到達した時点で公開されます。

HODL-X (HODLX)の物語

第1章

西暦2084年、北アメリカ。
LA-V33の空を横切るドローンタクシーに、一人の女性が座っていた。
スマートなグレーのスーツに身を包んだその女性は、何気ない顔で窓から眼下の街並みを眺めていた。
しかし、その外見とは対照的に、彼女の内心は緊張を通り越したものだった。
「この国……いや、世界で最も権威のあるコレクターよ」と彼女はささやいた。
この称号は、世界からインタビューに答えてくれた人に与えられたものである。
富と権力の象徴といわれるこの称号、果たしてどれだけの人が実感しているのだろうか。
アジア有数の経済メディア「エコノミックアニマル」の記者、リサ・チョンもその全貌は知らなかった。
今日の取材の重要な目的は、長い間、世間の視線から隠されてきたものを垣間見ることだった。
これまで外部に姿を現さなかった人物にインタビューするのは、非常に異例なことだが。
他のメディアや一般のユーザー、そしてエコノミックアニマル編集部も、リサのインタビューを心待ちにしている。
しかし、リサが今緊張しているのは、単にインタビューを控えているということだけではない。
リサはポケットに手を突っ込みたくなる衝動を抑えた。
ポケットの中には、3D記録装置に見せかけた武器が入っている。
“絶対に成功させる “彼女は静かに語りかけた。
そう決意しながらも、リサは落ち着いた表情で、ドローンタクシーの窓から地上を眺めていた。
道路は時折、高級車が横切る。
世界中で人口が増え、限られた空間への需要が高まった。
今や、庶民は地上に住むことも、公共交通機関を使うこともできない。
空撮用ドローンとは対照的に、道路に通行料を払う余裕があるのは富裕層だけ。
今は、ほとんどの人がリサのような空飛ぶドローンで移動する時代。
空よりも土地の方が貴重になった時代なのだ。
リサがそんな思考に耽っていると、耳元で明るい音色が聞こえてきた。
しばらくすると、AIが運転するドローンタクシーが、親しげに案内してくれた。
「まもなく、目的地に到着します」
リサが正面を向くと、ドーム型のホログラムのシールドが見えた。
エアードローンが公共交通機関として活躍するようになると、私有地上空のシールドは当たり前のように設置されるようになった。
しかし、リサの目の前にあるシールドの大きさは、決して一般的とは言えない。
不透明な銀色のホログラムは、目視では測れないほど大きな面積を覆っている。
「お城みたい……いや、荘園みたい」と彼女はつぶやいた。
リサは改めて、自分が対峙する相手が強大であることを実感した。
ホログラムのドームを横切る巨大な2本の線を見ながら、彼女は落ち着こうとした。
「十字架?いや、”X “だ」。彼女は独り言のように言った。
これまで、NFTのプロジェクトに携わる人々のグループを示す言葉として使われてきた。
しかし、今は、プロジェクトの結果、権力や富を得た集団を指す。

第2章

※第2章の物語は今後公開される予定です。

HODL-Xの開発ロードマップ

ベータ版フェーズI

  • HODL-X V1.0の立ち上げ
  • コミュニティ構築
  • 第1回ミント

ベータ版フェーズII

  • バグの修正
  • 機能追加
  • 第2次ミント

ベータ版フェーズIII

  • トークンIDO
  • コミュニティイベント
  • 第3回ミント

ベータフェーズIV

  • HODL-X V2.0ローンチ
  • NFTコレクションプラットフォーム
  • トークンIEO

ベータフェーズV

  • ゲーム内機能のアップグレード
  • ガバナンス構築(DAO)
  • ロイヤリティプログラム

パブリック版

  • すべてのNFTでHODL-Xサービスを開始
  • マルチチェーン
  • イーサリアム2.0への移行

HODL-X (HODLX)ののコミュニティ

ウェブサイト
https://www.hodlx.club/inventory/
ディスコード
https://discord.com/invite/hodlx
ツイッター
https://twitter.com/hodlxnft
ミディアム
https://medium.com/@hodlx.club
ホワイトペーパー
https://docs.hodlx.club/

HODL-X (HODLX)のチーム・パートナー紹介

NFTの真の愛好家である私たちのチームは、特に世界中の暗号資産保有者のために、持続可能で収益性の高いNFTコレクションプラットフォームを構築することを目指しています。

https://www.hodlx.club/

なお、パートナーについて詳しくは、今後アナウンス予定です。

HODL-Xの免責事項

このHODL-Xホワイトペーパーは、情報提供のみを目的としています。
HODL-Xは、このホワイトペーパーの正確性または到達した結論を保証するものではなく、このホワイトペーパーは「現状のまま」提供されるものです。
HODL-Xは、明示的、黙示的、法定またはその他のいかなる表明および保証も行わず、明示的にこれを放棄するものとします。

  1. 商品性、特定目的への適合性、適切性、使用法、権原または非侵害に関する保証、
  2. このホワイトペーパーの内容に誤りがないこと、
  3. その内容が第三者の権利を侵害していないこと。

HODL-Xおよびその関連会社は、このホワイトペーパーまたはここに含まれるコンテンツの使用、参照、または信頼から生じるいかなる種類の損害に対しても、たとえそのような損害の可能性を知らされていたとしても、一切の責任を負わないものとします。
HODL-X およびその関連会社は、このホワイトペーパーまたはここに含まれるコンテンツの使用、参照、または依存に起因するいかなる損害、損失、負債、費用または経費について、直接的または間接的、結果的、補償的、付随的、実際の、懲罰的、または特別であるかを問わず、いかなる個人または組織に対しても責任を負いません。
(ビジネス、収入、利益、データ、使用、のれんまたはその他の無形の損失を含むがこれに限定されるものではありません)。

HODL-X (HODLX)とは

背景

HODL-Xは、Hodl-2-Earn(H2E)NFTプロジェクトとして、ユーザーがコレクション可能なNFTを作成し、それを展示し、収益を得ることができるようにするものです。
HODL-Xでは、どのようなNFTでもコレクションを作成することができますが、今回は、最初のコレクターズシリーズであるSNKRS NFTからスタートします。

SNKRS

HODL-X SNKRSは、4種類のユニークなタイプ(C70、F1、J4、M1)と5種類のレアリティ(Common、Uncommon、Rare、Super Rare、Unique)を持つコレクター向け実用NFTです。
各SNKRSは4種類の属性(人気、デザイン、運、サイズ)を持っており、レベルアップすることで向上させることができます。

ショーケース

HODL-Xのショーケースは、5つのレアリティ(Common、Uncommon、Rare、Super Rare、Unique)を持つゲーム内アイテムです。
各ショーケースは、追加されるとSNKRSに属性ポイントが加算されます。
ショーケースは、レアリティとレベルに応じて、使用できる属性ポイントが異なります。
2つのショーケースを合成することで、ショーケースをアップグレード(レベルアップ)することができます。

シューボックス

HODL-X Shoeboxは、SNKRS NFTの未発表の形態です。
シューボックスには5つのレアリティが存在します。コモン、アンコモン、レア、スーパーレア、ユニークの5種類です。
レアリティが高いほど、より高いレアリティのSNKRSを入手できる可能性が高くなります。

コレクション

SNKRS NFTでは、各ユーザーがコレクションを作成することができます。
コレクションの品質は、コレクションに含まれるSNKRSによって決定されます。
コレクションのクオリティを上げるためには、SNKRSのレベルアップ、ショーケースの追加、バッジ、メダル、トロフィーの取得が必要です。
コレクションが完成したら、コレクションを展示することでトークンを獲得することができます。

エキシビション

コレクションは、ギャラリー(仮想都市ギャラリー)に展示することでトークンを獲得することができます。
ギャラリーを選択し、「展示」をクリックすると展示が開始されます。
展示が終了すると、ユーザーはHDLXトークンを獲得することができます。
トークンの獲得数を増やすには、SNKRSを追加したり、ショーケースを追加したり、バッジやメダル、トロフィーを取得したりして、コレクションを向上させることができます。
*展示は、ユーザー参加型ではないことにご注意ください。

ギャラリー

HODL-Xのギャラリーは、ユーザーが自分のコレクションを展示するHODL-Verse内の仮想的な場所です。
ユーザーは、展示前にギャラリーを選択することができます。
展示終了後、ユーザーは選択したギャラリーに展示料金を支払います。
ギャラリーNFTは、ギャラリーの分離所有権です。
例えば、Bangkok Gallery NFTを1つ所有することは、Bangkok Galleryの所有権の一部を所有することを意味します。
ユーザーはギャラリーNFTを保有するだけで、出展者(ユーザー)がギャラリーに支払う出展料から発生する利益の一部を得ることができます。

トークノミクス

HDLXは、ゲーム内のユーザー活動を通じて獲得・燃焼されるユーティリティ・トークンです。
ポリゴン・ネットワークを使用しており、そのバーン要素(=トークンの消費シーン)としては、下記の通りです。

  • SNKRSのレベルアップ
  • ショーケースのアップグレード
  • シューズボックスの作成
  • コレクションスロットの開放
  • ラッキープールへの振り分け
  • ドネーションプールへの寄付
  • 展示料金
  • おみやげ箱の設置

HODL-X (HODLX)最新情報まとめ

下記内容は、HODL-X (HODLX)に関する最新情報にキャッチアップすることを目的に、公表されているHODL-X (HODLX)の公式発表・最新情報のまとめを行ったものです。
それぞれ、情報源を明記していますので、必ず、ご自身にて、原文をご確認下さい。

HODL-X (HODLX)の第1回ミントイベントの延期

HODL-X (HODLX)は9月14日、予定されていた第1回ミントイベントの延期を発表しました。
発表に先立ち、HODL-X (HODLX)では、初回ミントイベントの延期の是非を問う投票を実施したところ、その投票結果が、

  • 延期に賛成:94パーセント
  • 予定通りミント実施:6パーセント

と、延期に賛成する意見が大半であったことから、今回の決定に踏み切った模様です。

なお、延期検討の背景には、直近で予定されていた、イーサリアム・ブロックチェーンのマージとの兼ね合いがありました。
具体的には、イーサリアムのメインネットのマージ実施に伴う混乱で、第1回ミントイベントがトラブルに巻き込まれてしまうリスクを排除するため、今回の延期検討、及び決定に至った、というのが経緯のようです。

HODL-X (HODLX)のOGロールの一部はく奪について

HODL-X (HODLX)は、9月15日、自身の公式ディスコードにおいて、HODL-X (HODLX)のOGロールにあたる「キャンパー」のロールを、一部ユーザーからはく奪したことを明らかにしました。
具体的には、Camperのミッションのひとつである「ウォレットの提出」を怠ったユーザーについて、Discord内でのロールはく奪が為された模様です。
ディスコード内の公式発表によれば、今回のはく奪の後、OGに該当する「キャンパー」のロール付与数は500名まで減らされる予定である、とのこと。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。