NFTゲーム「麺屋ドラゴンラーメン」(メンドラ)の始め方&仮想通貨(DEAPcoin)の稼ぎ方

※本記事は、暗号資産(仮想通貨)初心者の方向けに、ビットポイントでの暗号資産取引所口座のアカウント作成から、解説を行っています。

  • 既にビットポイント等にて取引所口座は開設済で、
  • 麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の具体的な始め方・遊び方から確認を進めたい、

という方は、

↑こちらのボタンから記事をスキップしてご覧ください。

※暗号資産口座が未開設、という方は、このまま記事をご覧下さい。


「ゲームをプレイするだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになる、と話題の、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんな麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. 国内暗号資産取引所(例:ビットポイント)にて口座開設を済ませておく
  2. 麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のアカウント登録などを進める

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)を始める前の下準備-ビットポイントでの口座開設

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)で得られる報酬は、日本円建てではなく、トークン(ゲーム内通貨)、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のゲーム収益の受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)を始める時点で仮想通貨(暗号資産)口座が用意できていないと、最悪、ハッキング等で資産を失う恐れがある

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のゲームプレイを始め、早速、他の暗号資産等に交換可能なトークンを入手することが出来た場合、稼いだトークンを、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のゲーム内アカウントに入れたままにしておくと、最悪、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)が大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のようなブロックチェーン・ゲームのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のアカウント開設等の諸作業を始める前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)を通じて得ることの出来る報酬は、仮想通貨市場で流通するトークンであり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)でトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくゲームをプレイしてトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。
※以下の数値は、あくまでも、仮定・例示です。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)を通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)で100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のようなブロックチェーン・ゲームをプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、ブロックチェーン・ゲームの先行プレイヤーの間では、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とされています。

そのためには、実際に麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)で稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイント等の取引所で、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)を始めるその前に、暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的は麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)。ゲームのプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、ゲームで得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、そのまま以下の要領で手続きを進めます。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、ゲーム収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
ゲームの収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の始め方

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)をプレイするためには、まず、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)に新規アカウント開設を行う必要があります。
具体的な手順としては、下記の通りです。

※なお、以下掲出するスクリーンショット(画像)は、特段の明記が無い限り、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のゲームプレイ画面から引用したものです。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の新規アカウント登録

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の公式サイトへ

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の公式サイトのURLは下記の通りです。

https://game-dragonramen.flypenguin-games.com/

「ゲームスタート」をクリック

言語選択(日本語か、英語)

「最初からゲームを遊ぶ」をクリック

利用規約・プライバシーポリシーの確認

メールアドレスの登録

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)からのメールを確認

先ほど登録したメールアドレス宛に、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)からメールが届くので、文中のURLをクリックします。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)にユーザー名登録を行う

「ゲームを遊ぶ」をクリック

ユーザー名を入力

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)に登録するユーザー名を入力します。
ユーザー名は1文字~10文字以内で入力する必要がありますが、後程、ゲーム内の「オプション」メニューから変更することも可能です。

これで、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のアカウント登録は完了です。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の遊び方・プレイ方法

続いて、

  1. 麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の新規アカウント開設方法
  2. ダンジョンの「冒険」方法
  3. 従業員(キャラクター)の強化方法
  4. ラーメンの作り方(経営)

について、おさらいをしていきましょう。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の「冒険」の仕方

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)では、

  • ラーメンを作るための食材集めや、
  • 従業員のレベル上げ(経験値獲得)のために、

ダンジョンでの「冒険」にチャレンジする必要があります。

アカウント作成が済んだら、まずは早速、ダンジョンへの冒険に出かけてみましょう。
必要な手順は、以下の通りです。

「冒険」をクリック

「通常ダンジョン」「デイリーダンジョン」の選択

記事執筆本日現在、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)では、2つのダンジョン・タイプが用意されています。

通常ダンジョン
ラーメンの調理に必要な「食材」を集めることが出来るダンジョンです。
デイリーダンジョン
従業員の育成のために必要な素材を入手できるダンジョンです。

まずは、どちらのダンジョンに入りたいのかを選択します。
※以下では、「通常ダンジョン」の場合で解説します。

選択可能なダンジョンの中から、冒険したいダンジョンを選択

ステージ(面)を選択

難易度の選択

「Easy」をクリアすると、「Normal」が出現し、難易度を選択することが出来るようになります。
※最初は「イージー」のみ選択できます。

出撃させるパーティーの選択

選択が済んだら「出発」をクリックします。

モンスターとのバトル開始

敵キャラクターとの戦闘(バトル)は、自動進行です。
※このため、事前のパーティー編成が重要となります。

↑なお、バトル画面右下のボタンをクリックすると、

  • 2倍速
  • 3倍速

でバトルを進行させることが出来ます。

ダンジョン内で進みたいコースを選択する

敵キャラクターを倒すと、どのようなコースでダンジョン内を冒険するか、選択が出来ます。

ボスを倒すと攻略成功

ダンジョンの最後に待ち構えているボスキャラクターを倒すことが出来れば、攻略成功となります。
ダンジョン冒険を済ませると、このように、アイテムを獲得することが出来ます。
※獲得できるアイテムの内容は、ダンジョンの種類や、内部で辿るコースによって異なります。

次回以降は、モンスターやアイテムを狙って冒険に出発することが出来るように

↑一度、攻略成功すると、そのコースで出会うモンスターや、獲得できるアイテムが、ダンジョン選択時に確認できるようになります。
2回目の冒険以降は(※攻略成功していれば、)欲しいアイテムを狙って、パーティーを出撃させることが出来るようになります。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の従業員の強化

ダンジョンの冒険を有利に進めたり、ラーメン作成時のスコアを向上させるためには、従業員(キャラクター)の強化が欠かせません。

なお、従業員のレベルは、ダンジョンでの冒険を行うことで(経験値が蓄積されて)自然と向上していきますが、ダンジョン攻略によって入手できるアイテムと使って、よりスピーディーにレベル上げを進めることも可能です。

具体的な手順としては、下記の通りです。

ホーム画面にて「従業員」をタップ

強化の内容を選択

従業員の強化メニューとしては、

  • ステータス強化
  • スキル強化
  • 限界突破

の3種があります(記事執筆本日現在)。
※下記では、「ステータス強化」の場合で解説します。

ステータス強化を行いたい従業員(キャラクター)を選択

強化に使用したいアイテムを選択

アイテム選択が済んだら「強化」をクリック

強化完了画面がこちら

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のラーメン作り(経営)

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)では、「経営」メニューでラーメンを作り、獲得したスコアに応じて、仮想通貨(DEAPcoin)を獲得することが出来ます。
ラーメン作りの具体的な方法としては、下記の通りです。

「経営」の箇所をタップ

「スタッフ選択」をクリック

スタッフを配置せずとも、ラーメン作り自体は行えますが、従業員(キャラクター)を設置することにより、下記のようなメリットがあります。

厨房スタッフ設置
調理時間が短縮したり、ラーメンの作成可能上限数が向上する、といった利点があります。
接客スタッフ設置
ラーメン提供によって獲得できるスコア値が改善します。

設置した従業員キャラクターも、その後、ダンジョン冒険に連れていくことが可能ですから、よほどの事情が無い限り、厨房スタッフ・接客スタッフ双方、設置したほうが良いでしょう。

厨房、接客、それぞれにスタッフ設置

「厨房」「接客」の下にある「+」のボタンをタップすることで、従業員の設置を行うことが出来ます。

「食材選択」をクリック

「麺」「スープ」などの食材を指定する

食材として指定できるのは、

  • スープ
  • トッピング1
  • トッピング2

の4品。
なお、食材は、「通常ダンジョン」を冒険することによって、入手できます。
合わせて、調理数(=作成するラーメンの数)も指定したうえで、画面下部の「ラーメン作成」をタップします。

ラーメン作成・販売中の様子がこちら

ラーメンの調理がスタートすると、このように、カウントダウンが始まります。

ラーメンの販売が終了すると、スコアの確認が出来る

↑指定した数量のラーメン作成・販売が完了すると、このように、「招きウサギ」が輝きます。
招きウサギをクリックすると、

↑このように、作成したラーメンの(1杯あたりの)スコアが確認できます。

「売上回収」でポイント獲得

画面下部の「売上回収」をタップすることで、このように、ポイント(及び、ボーナスポイント)を獲得できます。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)運営からのプレゼント受け取り

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)では、日々の定期的なログインなどに応じて、ゲーム内で利用できるアイテム等がプレゼントされます。
受け取り方法としては、下記の通りです。

ホーム画面下部の「プレゼント」をクリック

各プレゼントの「受取」をクリック

なお、受取画面下部の「一括受取」をクリックすると、受け取り可能なプレゼントを一括で取得することが可能です。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のショップの使い方

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)では、

  • ゲーム内で入手した「ゴクコイン」や、
  • DEAPコインを利用して、

ゲーム内を有利に進めるためのアイテム等を購入できる「ショップ」機能が提供されています。

「ゴクコイン」を使って購入できるアイテム等

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)へのログイン等で入手できる「ゴクコイン」を使った買い物が出来る「ゴクコインショップ」では、下記のようなアイテム等が販売されています。

ラーメン作りに利用できる食材
  • なにかの肉(具として使うことが出来ます)
  • あやしい草(同じく、ラーメンの「具」として利用できます)
  • ふしぎな粉(「麺」として使用できます)
  • ぶきみな粉(こちらは「スープ」の素材として利用できます)
従業員キャラクター

異なる属性を持つ従業員キャラクターを、10,000ゴクコインで購入することが出来ます。
※ただし、ゴクコインショップで購入できる従業員キャラクターは、NFTではありません。
また、追加雇用は、月間1体までしか認められません。

DEAPコインショップ

DEAPコインショップでは、従業員育成に使いやすいアイテムが入った、「育成スタートダッシュパック」を購入できます(※売り切れていない場合)。
中には、

  • スタミナ回復剤(50)×5個
  • ゴクコイン×15,000
  • 限界突破の鏡×1

が入っています。

イベントショップ

2022年10月現在、イベントショップでは、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のローンチ記念キャンペーンに伴い、

  • 連続ログインボーナスとして獲得したチケットを、
  • NFT従業員と交換することが出来ます。

NFT従業員招待チケットを獲得したら、忘れずに、イベントショップで交換を実施するようにしましょう。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の「ミッション」クリア

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)では、日々取り組むべきゲームプレイの内容などをまとめた「ミッション」が提供されています。
各ミッションを定期的にクリアしていくことで、従業員キャラクターの育成に利用できるアイテム等を入手することが出来ます。

デイリーミッション

毎日こなすべき「デイリーミッション」としては、下記のようなものが提供されています。

通常ダンジョンを3回プレイ
クリアすることは必須ではありません。
達成すると、ラーメン作りに利用できる食材を入手できます。
曜日ダンジョンを1回プレイ
同じく、必ずしも「クリア」する必要はありません。
ミッション達成すると、ゴクコインが100枚、入手できます。
ラーメンを合計5杯販売
ラーメン店で5杯分のラーメンを調理・販売します。
達成すると、従業員キャラクターのレベル上げ素材が入手できます。
従業員キャラクターを1回強化
従業員キャラクターのステータス強化などを一度行うことで達成できます。
報酬はゴクコインです。
コンプリート・ミッション
その日のデイリーミッションを全てクリアすると、達成できます。
従業員キャラクターの強化素材が獲得できます。

通常ミッション

通常ミッションとして提供されているミッションには、下記のようなものがあります。

ログインミッション
「合計〇日ログイン」等で達成できるミッションです。
ログインするだけでクリアできますので、比較的簡単なミッションと言えましょう。
ランクアップ・ミッション
プレイヤーランクをあげていくことによって達成できるミッションです。
冒険ミッション
ダンジョン攻略で達成できます。
ゴクコイン等が報酬として提供されます。
お金稼ぎミッション
一定数以上のゴクコインを獲得すると、達成できます。
ボーナスとして、従業員キャラクターの強化素材等が提供されます。
食材採取ミッション
冒険による食材採取数でミッション達成となります。
出来るだけ多数回に渡りダンジョンに出かけることで、達成を早めることが出来ましょう。
ラーメン作成ミッション
ラーメンの累計調理・販売数に応じて達成できるミッションです。
モンスター撃破ミッション
通常ダンジョン、及び曜日ダンジョンにおける、出現モンスターの撃破数と関係するミッションです。
限界突破ミッション
従業員キャラクターのレベル上げ上限をアンロックする「限界突破」の利用回数に応じて達成可能です。
スキル成長ミッション
従業員キャラクターの「ステータス」ではなく「スキル」を成長させることで達成できるミッションです。

イベント・ミッション

達成期限が定められたミッションです(イベント期間が延長されると、期限も先延ばしされることがあります)。
2022年10月現在は、「初心者ミッション」として、下記のようなものが掲載されています。

ダンジョンに挑もう!その1
通常ダンジョン「トリュー遺跡」のイージー版をクリアすることで達成できます。
ダンジョンに挑もう!その2
通常ダンジョン「豊穣の森1」のノーマル版をクリアすることで達成できます。
スタミナを使おう!
スタミナを合計500消費することで達成できます。
RANKをあげよう!
プレイヤーランクを10まであげることでクリアとなります。
従業員を育てよう!その1
従業員キャラクター1人のレベルを15まで上げる必要があります。
従業員を育てよう!その2
従業員キャラクター1人のスキルレベルをひとつ上げる必要があります。
ラーメンで儲けよう!その1
ラーメンを合計120杯販売することでクリアとなります。
ラーメンで儲けよう!その2
ラーメンの累計スコアが45,000ポイントに到達するとクリアです。
初心者卒業!?
初心者ミッションを全てクリアすることで達成できます。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の従業員NFTを無料で入手する方法

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)では、期間限定のローンチ記念イベントとして、

  • 対象期間中に、合計10日間、ログインを行うことで、
  • ゲーム内で利用できる従業員NFT(と交換できるチケット)

が貰えるキャンペーンが展開されています。
※なお、ログインボーナスの対象期間は、2022年10月5日~同年10月25日まで、とされています。

無事に交換チケットを受け取った後、実際に従業員NFTを獲得するまでの手順としては、下記の通りです。

「プレゼント一覧」から、「NFT従業員招待チケット」を受け取る

なお、交換チケットの受け取りには、期限もありますから、注意しましょう。

ゲーム内の「イベントショップ」を訪問

無事に交換チケットを受け取ったら、ゲーム内のホーム画面から「ショップ」→「イベントショップ」の順にアクセスします。

受け取りたい従業員NFTを選択

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の従業員には、

という5つの属性があります。
NFT従業員招待チケットを使って、交換したい従業員NFTを選択します(属性がそれぞれ異なります)。

交換内容の確認

内容に間違いがなければ、「はい」をクリックします。
電話番号認証が済んでいれば、これで、従業員NFTの受け取りは完了です。

電話番号認証が済んでいない場合は、従業員NFTを受け取れない

従業員NFTの受け取りのためには、事前に、PlayMiningのプラットフォーム内で、電話番号認証を済ませておく必要があります。
まだ電話番号認証が済んでいない場合、「マーケットへ」をクリックし、電話番号認証を行います。

画面右上の言語メニューで、「日本語」に変更する

「ログイン・新規登録」をクリック

次画面で、事前に麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のアカウント登録を行った際に入力したメールアドレスでログインします。

「ウォレット」メニューを開く

電話番号認証を行うためには、PlayMiningのウォレットを作成する必要があります。
手続きを進めるためには、まず「ウォレット」メニューを開きます。

「マイウォレット」をクリック

「ウォレットを作成」をクリック

電話番号認証用のSMSを受け取りたい電話番号を入力

「国番号」については、日本(+81)を選択し、そのあとに、SMSを受け取りたい携帯電話番号を入力します。
また、居住国については「Japan(日本)」を選択したうえで、プライバシーポリシーを確認し、「同意して送信」をクリックします。

SMSで届いた認証番号を入力

すぐに、登録した携帯電話番号宛に、数字6桁の認証番号が届きますので、入力します。

電話番号の認証完了画面がこちら

このような画面が表示されれば、携帯電話番号の認証は完了です。

無事に麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の従業員NFTも受け取ることが出来る

上掲の要領でPlayMiningのウォレット作成(電話番号認証)を済ませることで、無事に、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の従業員NFTを受け取ることが可能となります。

実際の従業員NFT受け取り完了画面がこちら

入手した従業員NFTについては、上掲画像のように表示されます。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のプレイヤーランクのランクアップ方法

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のゲームへの習熟度を表す指標が「プレイヤーランク」です。

自分のプレイヤーランクの確認方法

自分のプレイヤーランクは、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のゲーム画面左上に、上掲画像の要領で表示されています。

プレイヤーランクアップまでの必要経験値の確認

前述のプレイヤーランク表示箇所をクリック(タップ)すると、次のプレイヤーランクアップまでの必要経験値が表示されます。

ダンジョンを攻略することでプレイヤー経験値が入手できる

通常ダンジョンやデイリーダンジョン(曜日ダンジョン)をプレイすることで、プレイヤーランクアップに必要な経験値を入手することが出来ます。

プレイヤーランクのランクアップ達成

プレイヤーランクがランクアップすると、

  • スタミナの上限値が上昇する他、
  • 減少していたスタミナが、100%まで回復します。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のスタミナの仕組み

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のゲーム内のスタミナ・システムの仕様は、以下の通りです。

ダンジョンに挑戦すると、スタミナが消費される

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の場合、ゲーム内の「ダンジョン」に挑戦する際、「スタミナ」が消費されます。
各ダンジョンごとのスタミナ消費量は、上掲画像の要領で掲示されています。

自分のスタミナ残量の確認

自アカウントの現在のスタミナ残量は、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のゲーム画面左上に、上掲画像のように表示されています。

スタミナの回復方法

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の場合、ゲーム内のスタミナは、5分ごとに1つずつ、自然回復します。
「5分も待っていられない」
という場合は、スタミナ回復剤を使用することで、即時回復することが出来ます。
スタミナ回復剤の使用方法は、以下の通りです。

スタミナバー横の「+」アイコンをクリック

まずは、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のゲーム画面左上に表示されているスタミナバーの、右側の「+」ボタンをクリックします。

スタミナ回復剤を「使う」をクリック

任意のスタミナ回復剤を選択して「使う」ことにより、消費したスタミナを一定量、即時回復することが出来ます。

※なお、スタミナ回復剤を使用する以外にも、プレイヤーランクをランクアップさせることによっても、スタミナを回復することが出来ます。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の仕組み・特徴

SNSを中心に話題を呼んでいるPlay to Earn型のラーメン店経営ゲーム、麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)。
そんな麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)の仕組み・特徴としては、主に以下のような点が挙げられましょう。

麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)では、ゲームのローンチを記念したログインボーナス等が配布されている

2022年10月5日にゲームが一般公開(ローンチ)された麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)では、期間限定で、ローンチ記念のログインボーナス・イベント等が開催されています。
ローンチ記念キャンペーンの主な内容は、下記の通りです。

DEP報酬増額キャンペーン

キャンペーンの期間
2022年10月5日15時~同年11月1日午前4時
キャンペーン内容
ラーメン作りのスコアに応じて獲得できるDEP報酬が、上記の期間限定で、倍増。

従業員の育成スタートダッシュキャンペーン

キャンペーンの期間
2022年10月5日15時~同年10月25日午前4時
キャンペーン内容
麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)を有利に進めていくためには、従業員(キャラクター)の育成が鍵を握ります。
上記の期間限定で、ダンジョンに冒険に出かけた際、従業員(キャラクター)の獲得する経験値が、2倍に設定されています。

従業員NFTが無料でもらえるログインボーナス・キャンペーン

キャンペーンの期間
2022年10月5日15時~同年10月25日午前4時
キャンペーン内容
麺屋ドラゴンラーメン(メンドラ)のプレイを始めると、無料で使える従業員(キャラクター)が3体、貰えますが、これは、NFT(非代替性トークン)ではありません。
しかし、上記のキャンペーン期間中に、合計で10日(※連続10日間である必要はない)、ゲームにログインをすると、レアリティクラス「N」の従業員NFTと交換できるチケットを、プレゼントとして受け取ることが出来ます。
※なお、受け取ったチケットを、従業員NFTに交換するのを、忘れてしまわないように、十分注意しましょう。

メンドラ(麺ドラ)のNFT従業員の仕組み

メンドラ(麺ドラ)を攻略するにあたっては、メンドラ(麺ドラ)独自の「従業員NFT」(=キャラクター)の仕組みをよく理解しておくことが不可欠です。

従業員NFTの入手方法

メンドラ(麺ドラ)の従業員(キャラクター)の入手方法としては、以下のような物があります。

ゲームを始めると同時に無料で入手する(非NFTキャラクター)

メンドラ(麺ドラ)のゲームを始めると、最初のログインの際に、従業員キャラクター3体を、無料で入手することが出来ます。
この3体の従業員キャラクターを利用して、ダンジョンに冒険に出かけることが出来ますし、ラーメン店に厨房、ないしは接客に配置することも可能です。
勿論、ダンジョン探索やログインボーナスで入手できるアイテムを使って、この従業員キャラクターをレベルアップ(強化)することだって可能です。

※ただし、ゲームを始める際に入手できる従業員キャラクターは、「NFT」ではありません。
また、他のプレイヤーへの売却等は出来ません。

ゲーム内のショップで購入する(非NFTキャラクター)

ゲーム内の「ショップ」のうち、「ゴクコイン」ショップでは、従業員キャラクターを1万ゴクコイン(※価格は今後変更となる可能性があります)で購入することが出来ます。
購入した従業員キャラクターは、ダンジョン探索の際にパーティーに組み入れることが出来ますし、勿論、強化や、調理・接客への配置も可能です。

ただし、ゲーム開始の際に貰える従業員キャラクターと同じく、ゴクコインショップで購入できる従業員キャラクターも、NFTではありません。
また、ゴクコインショップで購入・獲得できる従業員キャラクターには、「1か月あたり1体まで」という上限が設定されています。

ゲームのローンチ記念キャンペーンでNFT従業員を入手する

メンドラ(麺ドラ)では、ゲームのローンチを記念し、2022年10月5日15時から、同年10月25日午前4時の期間限定で、

  • 上記のキャンペーン期間の間に、
  • 合計で10日間、メンドラ(麺ドラ)のゲームにログインすれば、

ゲームでそのまま利用できるNFT従業員と交換可能な引き換えチケットが1枚、プレゼントされるキャンペーンを展開していました。

※ただし、上記キャンペーンは、既に終了してしまっています。

PlayMiningのNFTマーケットプレイスで購入する

PlayMiningのNFTマーケットプレイスでは、メンドラ(麺ドラ)のゲーム内で利用できる従業員キャラクター(NFT)が複数、出品されています(ただし、タイミングによっては、出品されていないケースもあります)。
NFTマーケットプレイスでは、

  • 出品の新しい順(ないしは、古い順)
  • NFTの発行総数が多い順(ないしは、少ない順)
  • 平均落札価格が高い順(ないしは、安い順)

で並び替えを行ってNFTキャラクターを見比べることが出来るほか、各従業員NFTの「限界突破回数」、及び「継承可能回数」、さらにはレベル情報も閲覧できますので、しっかりと品定めを行うことが可能です。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。