BloodLoop(ブラッドループ)で仮想通貨は稼げるのか-NFT採用、アバランチ・サブネット活用の5対5のチーム戦TPSゲーム

「TPSゲームをプレイするだけ」で、暗号資産・仮想通貨を稼げるようになるかもしれない、と話題の、BloodLoop(ブラッドループ)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなBloodLoop(ブラッドループ)を始めるにあたっては、下記のようなステップを辿ることとなります。

  1. CoinTrade(コイントレード) 等、国内暗号資産取引所の口座開設を済ませておく

    ※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったATOMトークンは、コイントレード独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可

  2. 無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン をうまく活用し、BloodLoop(ブラッドループ)への本格参入等のためのノーリスクの原資を確保しておく

    ※2024年7月21日現在、掲載キャンペーン で獲得できるAmazonギフト券や仮想通貨、日本円等の合計は、20,000円相当。締め切りが近いキャンペーンもあるので、お早めに

  3. 諸々の準備が整ったら、BloodLoop(ブラッドループ)に関する詳しい情報 を確認しながら、出来るところから、取り組みを進めてみる

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

BloodLoop(ブラッドループ)を始めるその前に、国内暗号資産取引所の口座開設



引用元:CoinTrade(コイントレード)公式サイト

BloodLoop(ブラッドループ)のプレイで、仮に今後、報酬が得られるようになった場合、その報酬は、日本円建てではなく、トークン(ゲーム内通貨)、すなわち、仮想通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、CoinTrade(コイントレード) 等の国内仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、BloodLoop(ブラッドループ)のプレイで仮に収益が得られた場合、その収益はトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

なお、暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はBloodLoop(ブラッドループ)。ゲームのプレイで収益が得られるようになった場合、その収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、ゲームで得た収益を(必要に応じ、間に他のトークンを挟んだうえで、)換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、CoinTrade(コイントレード) に口座を開いておけばOKです。
東証プライム市場上場企業の子会社が運営し、口座開設はもちろん無料。
さらに、口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
CoinTrade(コイントレード)公式サイト

※東証プライム上場企業子会社が直接運営。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼントするキャンペーン開催中。もらったATOMトークンは、コイントレード独自のステーキング・サービスでそのまま複利運用も可


なお、CoinTrade(コイントレード)での口座開設手続きはシンプルですが、
「初めてで少し不安」
という方のために、スクリーンショット付きで、CoinTrade(コイントレード)の口座開設方法等の解説記事 をご用意しています。
是非、ご覧ください。

キャンペーンを活用し、BloodLoop(ブラッドループ)本格参入のための原資を確保する

BloodLoop(ブラッドループ)のようなブロックチェーン・ゲームの場合、本格的なプレイを始めるためには、何らかのNFTやトークンの事前購入が必要となるケースが一般的です。
※無料で始めることが出来るNFTゲームや、無料でもある程度のトークンを稼ぐことが出来るブロックチェーン・ゲームも存在しますが、その場合でも、本格的なゲームプレイのためには、NFT購入等が必要となるケースが大半です。

そして、NFTやトークンの価値は、ゲームの人気が高まれば、上昇していくこともありますが、逆に、ゲームの人気が低迷すると、その価値は低下してしまうことが多くあります。
そのような高リスクなアセットを入手するために、手元の資金(現預金等)を使用することは、出来るだけ避けたいところ。
そのためには、国内外企業が開催している、無料で日本円や暗号資産、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーンを上手く活用し、ノーリスクで自由に利用できる原資を用意しておくことが賢明です。
目下開催中のキャンペーンとしては、以下のようなものがあります。

キャンペーンご利用はお早めに

2024年7月21日現在、以下のキャンペーンを全て利用した場合、受け取ることの出来るAmazonギフト券や暗号資産、日本円等の合計は、20,000円となります。
いずれも、無料で取り組める新規会員登録等、シンプルなものばかりですが、受取期限が定められているキャンペーンが多く含まれます。
スキマ時間を使って、お早めにお取り組み下さい。
「キャンペーンを利用したいけど、今は時間がない」
という場合、こちらのページ をブックマークしておいて頂ければ、いつでも最新のキャンペーン情報をご確認頂けます。

CoinTrade(コイントレード)

東証プライム上場企業子会社が直接運営する、国内暗号資産取引所。2024年9月18日までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)がもれなく全員にプレゼント。もらったATOMは、同社独自のステーキング・サービスで、そのまま複利運用可能。

AGクラウドファンディング

2024年9月30日までに、当サイトを経由して公式サイト から新規会員登録(無料)で、もれなく全員に、1,000円分のVプリカ+1,000円分のAmazonギフト券(=合計2,000円分)をプレゼント。

COZUCHI

2024年7月31日までに、当サイトを経由して公式サイト から投資家登録完了(無料)で、Amazonギフト2,000円分プレゼント。

fill.mediaの独自キャンペーン

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可。
現在、キャンペーン専用サイト からミッションをクリアした全員に、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

CAPIMA(キャピマ)

2024年8月31日までに、公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力して投資家登録完了で、現金1,000円をプレゼント。

プレファン

2024年8月2日までに公式サイト から新規本会員登録完了でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント。

利回り不動産

2024年7月31日までに公式サイト から新規会員登録(本会員登録)完了で、ワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント。

Jointoα(ジョイントアルファ)

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、1,000円分のAmazonギフト券がもれなく全員にプレゼント。

マリタイムバンク

公式サイト からの新規会員登録完了で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

Funvest

公式サイト からの新規会員登録で、Amazonギフト券1,000円分をプレゼント。

クラウドバンク

公式サイト から新規口座開設完了(無料)で、500円相当の楽天ポイントがもれなく全員にプレゼント。その他タスク達成で最大4,000ポイント強分の楽天ポイントも。

Funds(ファンズ)

2024年8月31日までに、公式サイト から、新規口座開設完了で、500円分のAmazonギフト券をプレゼント。

TOMOTAQU(トモタク)

公式サイト からの新規口座開設完了で、ファンドへの出資に使える「トモタクポイント」2,000円分をプレゼント。

TikTok Lite

招待リンクからアプリをダウンロードし、動画視聴ミッションをクリアするだけで、4,000円分のギフト(Amazonギフトやd払いのポイントなど)が貰えるキャンペーン開催中。招待リンクや、詳しい取組方法については、TikTokライトの友達招待キャンペーン解説記事 をご確認下さい。

各キャンペーンの詳細は以下参照下さい。

CoinTrade(2,000円相当のATOMをプレゼント)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)
特典
対象者全員に、2,000円相当の仮想通貨(ATOM)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年9月18日まで
サイトURL
CoinTrade(コイントレード)

東京証券取引所「プライム市場」の上場企業グループが提供する、暗号資産取引所。
ETH(イーサ)やAVAX、マティック、ATOM等の人気トークンを預けておくだけで、銘柄や期間に応じて最大年率15%以上の利回りが得られる「ステーキング」サービスが話題です。

そんな CoinTrade(コイントレード) では、2024年9月18日までの期間限定で、新規口座開設完了(無料)で、2,000円分の仮想通貨(ATOM)がもれなく貰えるキャンペーンを開催しています。
キャンペーンでもらったATOMは、同社が提供している独自のステーキング・サービスに預ければ、複利で効率運用することも可能です。

キャンペーン利用はこちら

AGクラウドファンディング(Vプリカ1,000円分+Amazonギフト1,000円プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員に、

  • 1,000円分のVプリカ、及び、
  • 1,000円分のAmazonギフト券

をプレゼント(合計2,000円分)

キャンペーン期限
2024年9月30日まで
サイトURL
AGクラウドファンディング (公式)

融資型クラウドファンディング業界では有名。
国内上場企業等に対して資金を貸し付けるファンドに、少額から投資をすることが出来るサービスを展開中。
当サイトを経由して新規会員登録を完了したユーザー全員に、

  • デビットカードとして使えるVプリカ残高1,000円分、及び、
  • Amazonギフト券1,000円

をダブルでプレゼント(=合計2,000円分)するキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

COZUCHI(Amazonギフト2,000円分プレゼント)

条件
当サイトを経由し、公式サイト からの新規投資家登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト2,000円分プレゼント
キャンペーン期限
2024年7月31日まで
サイトURL
COZUCHI (公式)

不動産クラウドファンディング業界の有名企業。
1口1万円から、現物不動産を投資対象とするファンドに小口投資できるサービスを展開中。
新規の投資家登録者限定で、Amazonギフト2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

fill.mediaの独自キャンペーン(限定NFT+Amazonギフト1,000円分)



限定NFTのデザインは、今後、変更となる場合があります。

条件
fillメディアの独自のキャンペーン・サイト から、指定されたミッション(便利ツール・サービスの無料体験や、注目アプリの入手等)をクリア
特典
ミッションを全てクリアした全員に、限定の「アーリーアダプターNFT」をプレゼント。
更に、期間限定の副賞として、これからの「学び」に使えるAmazonギフト1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
現在開催中
専用URL
キャンペーン専用サイト

これからの「学び」「情報収集」に便利なツール・サービスを無料で試して、限定のアーリーアダプターNFTを入手。入手したNFTはOpenSea等で出品・販売も可能です。
現在、期間限定で、副賞として、今後の「学び」に使えるAmazonギフト券1,000円分をプレゼント致します。

キャンペーン利用はこちら

CAPIMA(現金1,000円プレゼント)

条件

公式サイト から、招待コード「CAPIMA2305」を入力し、新規投資家登録(無料)

特典
対象者全員に現金1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月31日
サイトURL
CAPIMA (公式)

アバンダンティアキャピタル株式会社(東京都千代田区有楽町)が運営する、融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
特定の招待コードを入力して、新規投資家登録(口座開設)を完了したユーザーを対象に、現金1,000円をプレゼントするキャンペーンが開催されています。

キャンペーン利用はこちら

プレファン(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録完了(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月2日
サイトURL
プレファン (公式)

東京証券取引所スタンダード市場上場の株式会社プレサンスコーポレーションのグループ企業にあたる、株式会社プレサンスリアルタが運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
期間限定で、新規会員登録者向けに、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

利回り不動産(Amazonギフト券に交換可能なワイズコイン1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規本会員登録(無料)
特典
対象者全員にワイズコイン1,000円分(Amazonギフト券に交換可)をプレゼント
キャンペーン期限
2024年7月31日まで
サイトURL
利回り不動産 (公式)

株式会社ワイズホールディングス(東京都港区虎ノ門)が運営にあたる、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規での本会員登録でもれなく貰える「ワイズコイン」は、「利回り不動産」での投資に使えるほか、Amazonギフト券にも交換可能。

キャンペーン利用はこちら

Jointoα(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規投資家登録完了
特典
対象者全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
サイトURL
Jointoα(ジョイントアルファ)

東京証券取引所スタンダード市場上場の穴吹興産株式会社が運営する、不動産クラウドファンディング・サービス。
新規投資家登録を完了したユーザー全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

キャンペーン利用はこちら

マリタイムバンク(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
マリタイムバンク (公式)

業界でも珍しい、「船舶」(輸送用タンカー等)を投資対象とするファンドに出資できるクラウドファンディング・サービス。
公式サイトからの新規会員登録完了(無料)で、対象者全員に、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funvest(Amazonギフト券1,000円分プレゼント)

条件
公式サイト からの新規会員登録(無料)
特典
対象者全員にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
Funvest (公式)

Fintertech株式会社(株式会社大和証券グループ本社が80%出資。残り20%については株式会社クレディセゾンが出資)が運営にあたる融資型クラウドファンディング・サービス(ソーシャルレンディング)。
新規会員登録キャンペーン(Amazonギフト券1,000円分)とは別に、期間中の投資額等に応じた追加ギフトをプレゼントするキャンペーンも開催されています。

キャンペーン利用はこちら

クラウドバンク(諸条件達成で最大4,500ポイント強の楽天ポイント付与)

条件
公式サイト からの新規口座開設(無料)+楽天ポイント連携
特典
対象者全員に、500ポイント分の楽天ポイントをプレゼント
キャンペーン期限
期限なし(※ただし、予告なく終了となる可能性があります)
サイトURL
クラウドバンク (公式)

人気タレント・モデルのトリンドル玲奈さんがイメージ・キャラクターを務める、クラウドファンディング・サービス。
新規口座開設(及び、楽天ポイントの連携)を行うだけで、500ポイント分の楽天ポイントが付与。
さらに、その他の追加条件(ファンドへの初回投資や、マイページへのアクセス、外貨建てファンドへの一定額以上投資等)をクリアすることで、最大で4,000ポイント強分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

Funds(Amazonギフト券500円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
Amazonギフト券500円分をプレゼント
キャンペーン期限
2024年8月31日まで
サイトURL
Funds (公式)

累計募集額400億円を突破した、「1円から投資できる」と話題の、ソーシャルレンディング・サービス。
期間限定で、新規口座開設を完了したユーザー全員に、500円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

TOMOTAQU(出資にそのまま使えるトモタク・ポイント2,000円分プレゼント)

条件
公式サイト から、新規口座開設(無料)
特典
ファンドへの出資にそのまま使える「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼント
キャンペーン期限
定め無し
サイトURL
TOMOTAQU(トモタク) (公式)

不動産小口投資(不動産クラウドファンディング)サービス。
新規口座開設を完了したユーザー全員に、プラットフォーム内でのファンド出資に使用できる「トモタク・ポイント」2,000円分をプレゼントするキャンペーンを開催中。

キャンペーン利用はこちら

TikTok Lite(アプリDL&動画視聴で4,000円分のギフトプレゼント)

条件

招待リンクからTikTok Liteアプリをダウンロード。その後、動画視聴ミッション(=一定時間の動画視聴)をクリア。
※招待リンクや、詳しい取組方法は、TikTok Liteの友達招待キャンペーンの解説記事 からご確認下さい。

特典

動画視聴ミッションを達成したユーザー全員に、4,000円相当のギフト(Amazonギフト券や、d払いのポイント等)をプレゼント
※ただし、招待リンクを適切に経由する必要あり。

キャンペーン期限

特になし(※ただし、TikTok側の判断で早期終了の可能性あり)

注意点

アプリの画面遷移などに、多少「クセ」があり、上手く進めないと、ギフトを貰えないケースも報告されています。
ティックトックライトの友達招待キャンペーンの解説記事 を参考に、スクリーンショットを見つつ、慎重に取り組んでみて下さい。

言わずと知れた、超人気の動画アプリ。招待リンクからアプリを入手し、ダウンロード後、一定の期間内に、所定時間の動画視聴をクリアするだけで、4,000円相当のギフト券等が貰えるキャンペーン開催中。
かなり魅力的なキャンペーンなのですが、アプリの挙動や、招待画面の遷移に些かクセがあり、気を付けて取り組まないと、「動画視聴ミッションが表示されない」「ギフトが貰えない」というケースも報告されています。
スクリーンショット付きで詳しい取り組み方法を解説していますので、TikTokライトの友達招待キャンペーンの解説記事 から、じっくりと取り組んでみて下さい(※招待リンクも掲載しています)。

キャンペーン利用はこちら

※なお、各キャンペーンの適用条件等詳細は、各社の公式サイト等をよくご確認下さい。

BloodLoop(ブラッドループ)ホワイトペーパー日本語訳



BloodLoop(ブラッドループ)ホワイトペーパーから画像引用

下記の内容は、BloodLoop(ブラッドループ)運営元からの依頼/承諾に基づき、公開されているBloodLoop(ブラッドループ)のホワイトペーパー等の一部、ないしは全部の日本語訳を試みたものです。
原文は、以下のURLからご覧いただけます。

https://whitepaper.bloodloop.org/

情報は随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち、当社、弊社)は、BloodLoop(ブラッドループ)の運営元を指しており、当サイトの運営元を指していません。
また、記載内容等の信憑性や有用性、正確性等、及び、日本語への翻訳の完全性や正確性等について、当サイト並びに当サイトの運営元では、如何なる保証等も行うことは出来ません。

BloodLoop(ブラッドループ)のゲームとは



BloodLoop(ブラッドループ)ホワイトペーパーから画像引用

BloodLoop(ブラッドループ)は、web3技術を活用して構築された初の5v5ヒーローシューターです。
BloodLoopは、Web2とWeb3の架け橋として構築され、仮想通貨・暗号資産の扱いに慣れていないユーザーにとって障害となることなくブロックチェーンの可能性を活用し、摩擦点を取り除くためにカスタムブロックチェーン(Avalanche Subnetsをベース)を活用し、ユーザー体験をスムーズにするために調整された一連のプラグインを使用しています。
ゲームプレイは開発の中心であり、ユニークなUSPとダイナミクスに満ち、ゲーマーは楽しみ、補完的な経済システムのおかげで、時間とスキルに真の価値を提供することができます。

戦略的な5vs5のバトルをプレイして各キャラクターのスキルのチームシナジーを学ぶもよし、オール・オン・オールの対決で競い合うもよし、対戦マッチでリーダーボードを駆け上がるもよし、BloodLoop(ブラッドループ)はあなたを驚かせるでしょう。

BloodLoop(ブラッドループ)のゲームのジャンル



BloodLoop(ブラッドループ)ホワイトペーパーから画像引用

ゲームには、解決すべき具体的な問題はありません。
機能性とリプレイ性においてユニークな、楽しくてゲームプレイ性に富んだゲームを作ることこそが、Web2とWeb3の間の壁を取り払うために必要なことなのです。
BloodLoopは5対5のヒーローシューティングゲームで、ダイナミックな三人称視点のシューティング体験の中で、プレイヤーはハラハラドキドキのバトルに没頭することができます。
派閥が覇権を争うディストピアの未来を舞台に、BloodLoopは、熟練したヒーローのチームが壮絶な対決を繰り広げる容赦のない戦闘システムを解き放ちます。
各ヒーローはユニークな能力を持っており、プレイヤーは様々なプレイスタイルや戦略的アプローチを採用することができます。

目を見張るビジュアル、アドレナリン全開のバトル、チームワークとスキルの重視など、BloodLoopはこのジャンルのファンに中毒性のあるスリリングなゲーム体験を提供します。
激しい銃撃戦を繰り広げるにせよ、正確な作戦を実行するにせよ、破滅的な能力を発揮するにせよ、プレイヤーは容赦のない戦闘の世界に没頭することになります。

BloodLoop(ブラッドループ)のゲームの物語・ストーリー



BloodLoop(ブラッドループ)ホワイトペーパーから画像引用

BloodLoopの魅惑的な伝承の中で、プレイヤーは地球が覇権をめぐる絶え間ない争いに巻き込まれているディストピア的な未来へといざなわれます。

3つの派閥が覇権を争うこのゲームでは、各派閥が独自の美学と特徴を誇る、視覚的に美しい世界が展開されます。
征服しようとする世界そのものが壊滅的に破壊されるのを防ぐため、各派閥は独創的な解決策を考案しました。
この仮想空間ゾーンは、時間と重力の法則を操作しコントロールすることができる、彼らの争いの戦場となります。

BloodLoop(ブラッドループ)の中で、各派閥はそれぞれのイデオロギーと勢力を代表するエリート戦士であるヒーローを送り込み、激しい戦闘を繰り広げます。
戦いをこの領域内に封じ込めることで、各派閥は、もろい惑星の残骸を危険にさらすことなく、その力と戦略的手腕を存分に発揮することができるのです。

BloodLoop(ブラッドループ)はスキルと戦術の坩堝(るつぼ)となり、ヒーローたちはそれぞれのユニークな能力を駆使し、この領域の柔軟な性質を利用してぶつかり合います。
各派閥が覇権を争い、征服に憧れる惑星の運命を切り開こうとする中で、派閥と世界そのものの運命が決定されるのは、こうした舞台の中なのです。

BloodLoop(ブラッドループ)のゲームに登場する「ヒーロー」たち



BloodLoop(ブラッドループ)ホワイトペーパーから画像引用

BloodLoopのダイナミックなゲームプレイでは、各ヒーローは3つのユニークなアビリティを所持しています。
これらのアビリティは、プレイヤーに戦況を一変させる力を与え、戦略的な手腕を発揮させます。
しかし、BloodLoopでの勝利は個々のヒーローのスキルに留まりません。
このゲームの重要な側面は、ヒーローの能力間の相乗効果を見極める能力であり、プレイヤーは各マップの複雑さを調整し、使いこなすことができます。

それぞれのパワーを戦略的に組み合わせることで、チームは壊滅的なコンボを放ち、重要なエリアを制圧し、敵を出し抜くことができます。
このようにチームワークと相乗効果を重視することで、ゲームプレイに深みと複雑さが加わり、仲間意識が育まれ、プレイヤーはさまざまなヒーローの組み合わせを試すことができるのです。

BloodLoopのアーリーアクセス版では、プレイヤーは12人の初期キャラクターでアクションに飛び込むことができ、それぞれがユニークなプレイスタイルを提供し、ゲームの競争環境を形作る進化し続ける戦略に貢献します。

BloodLoop(ブラッドループ)のゲームモード



BloodLoop(ブラッドループ)ホワイトペーパーから画像引用

BloodLoopの主なゲームモードは、「Energy War」(エナジー・ウォー)です。
このモードでは、2つのチームが5対5で対戦します。
両チームは、片方のプレイヤーが触れるとすぐにエキゾチック・エネルギーに変化する安定エキゾチック物質(SEM)に到達しなければなりません。

SEMがエキゾチック・エネルギーに変化したら、チームはエキゾチック・エネルギーを持つプレイヤーを護衛しなければなりません。

目標は、ローディングエリアに向かうプレイヤーを守ることです。
チームがローディングエリアに到着したら、エキゾチックエナジーを貨物船に搭載されたBLD-EMマシンに移し、派閥の拠点まで輸送しなければなりません。

このモードを通じて、このゲームは協力を促し、ますますコンパクトなチームを作ることで、タイトルへの忠誠心や、異なる興味やスキルを持つユーザーを巻き込んだゲームモードの差別化を生み出しています。
破壊可能なバリアから隠された通路、インタラクティブなトラップまで、プラント・ザ・ボムゲームスタイルのマップはダイナミックで常に進化し続ける戦場を提供し、プレイヤーに順応性と素早い思考を要求します。

爆弾を仕掛けるモードに加えて、BloodLoopにはデスマッチやフリーフォーオールといった副次的なゲームモードも用意されています。
これらのモードでは、プレイヤーは戦術に集中することなく、テンポの速いスリリングなバトルを楽しむことができます。

プラント・ザ・ボムのような戦略的な迫力も、デスマッチやフリー・フォー・オールのような純粋な騒乱も、BloodLoopには様々なプレイスタイルや好みに対応する多様なゲームモードが用意されています。

BloodLoop(ブラッドループ)のトーケノミクス(トークン・エコノミクス)

ここでは、BloodLoop(ブラッドループ)の経済圏の仕組みについて確認していきます。

BloodLoop(ブラッドループ)とブロックチェーン

BloodLoopのブロックチェーンへのアプローチは、業界の他のゲームとは一線を画しています。
BloodLoopはブロックチェーン技術のパワーを取り入れつつも、これまでのブロックチェーンベースの製品に見られた潜在的な摩擦点を取り除くことに主眼を置いています。

BloodLoopのユニークなアプローチの基本的な側面は、プレイヤーが購入またはクラフトしたゲーム内アイテムの真の所有権の必要性に対処することです。
時間と労力をかけて手に入れたゲーム資産を転売する闇市場の存在は、安全で合法的な所有権への需要を浮き彫りにしています。

ブロックチェーン技術を活用することで、BloodLoopはアイテムの所有権を安全、迅速、かつ費用対効果の高いシステムで確保することができます。
これはユーザーに力を与え、彼らがゲームに投資した時間に対する真の価値を付与します。
BloodLoopの摩擦をなくし、ユーザー体験を向上させるというコミットメントは、シームレスでやりがいのあるブロックチェーンゲーム環境を提供するという同社の献身を示しています。

アバランチ・サブネットの活用

BloodLoopは、完全なカスタマイズ機能を備えたアプリケーション固有のサイドチェーンとして機能するアバランチ・サブネットを利用することで、独自のアプローチに道を開いています。
この革新的な技術を活用し、BloodLoopチームはチェーン内のイーサリアム仮想マシン(EVM)を書き換えることで目覚ましい進歩を遂げました。
これにより、画期的なガス料金ホワイトリスト機能の統合が可能になり、エンドユーザーにとってガス料金が完全に不要になりました。

この最先端のソリューションを実装することで、BloodLoopは従来の取引モデルに革命を起こし、プレイヤーにシームレスでコスト効率の高いゲーム体験を保証します。
アバランチ・サブネットの利用は、ブロックチェーン領域における障壁を取り除き、ユーザーのアクセシビリティを向上させるというゲームのコミットメントを示すものです。

BloodLoop(ブラッドループ)のNFT、及びそのクラフト

BloodLoopでは、NFT(Non-Fungible Token)システムの中核は革新的なクラフトソリューションを中心に展開されます。
このゲームでは、ヒーローと武器のスキンをすべて、他のユーザーからの購入か、クラフトによってのみ、入手できるようにするというユニークなアプローチを取っています。

各試合の後、プレイヤーはランダムな量の材料を得るために組み合わせることができる材料の断片を獲得することが出来ます。
これらの素材はさらに精製され、クラフトプロセスでスキンを作成するために使用することができます。

素材もスキン自体も数に限りがあり、NFTとして表現されるため、希少性と独占性が感じられます。
つまり、誰もがすべてのスキンをクラフトできるわけではなく、プレイヤーはクラフトの目標を達成するために他のプレイヤーから素材を入手する必要があるかもしれません。

BloodLoopでのクラフトにはトークンでの支払いが必要で、価格はスキンの希少性、市場の需要、価格の変動など様々な要因によって決定されます。
しかし、プレイヤーに前払いをせずにクラフトを行う機会を提供するため、このゲームではゲーム内のバトルパスを通じてプログレッションシステムを提供しています。

プレイヤーは無料のレベルを上げると、クラフト用のトークンを受け取ることができ、そのトークンを使ってスキンをクラフトすることができます。
このクラフトシステムにより、BloodLoopに深みと戦略性、そして希少性の要素が加わり、クラフトされたスキンはゲームのエコシステム内で貴重な、求められる資産となります。

BloodLoop(ブラッドループ)の開発ロードマップ

2023年第4四半期
ゲームのクローズドベータ版をリリースし、成長マーケティング戦略を通じてコミュニティの構築に取り組み、無料のミントNFTコレクションを導入する。
アーリーアダプターからのフィードバックを収集し、ゲームの改善と改良を行う。
2024年第1四半期
アーリーアクセスを開始し、より多くのユーザーがBloodLoopを体験できるようにする。
貴重なユーザーインサイトを収集し、ゲームプレイメカニクスのさらなる強化とパフォーマンスの最適化を図る。
2024年第2四半期
ゲームモード、キャラクター、マップを追加する初のメジャーアップデートをリリース。
初のワールドワイドトーナメントを開催し、対戦プレイを促進し、成長するコミュニティの参加を促す。
アフィリエイトプランを導入し、ユーザー獲得とプレイヤーベースの拡大を推進する。
2024年第3四半期
待望のギルド作成システムを搭載した2回目の大型アップデートを実施。
プレイヤーはギルドを結成し、加入することができるようになり、コミュニティと協力の意識が育まれる。
新たなキャラクターやマップを導入し、ゲームプレイをよりエキサイティングで多様なものにする。
2024年第4四半期
プレイヤーからのフィードバックやコミュニティとのエンゲージメントに基づき、継続的にゲームの改良を行う。
バランス調整とクオリティ・オブ・ライフの改善を実施し、すべてのプレイヤーに洗練された楽しい体験を保証する。
BloodLoopコミュニティをさらに強化するために、コミュニティイベントやコンペティションを開催する。
2025年第1四半期
BloodLoopの完全版をリリースし、ゲーム開発の重要なマイルストーンとする。
大規模なマーケティングキャンペーンを実施し、新規プレイヤーを獲得し、活気あるプレイヤーベースを構築する。
定期的なアップデート、コンテンツのリリース、コミュニティ主導のイニシアティブでゲームをサポートし続ける。

このロードマップは、BloodLoopチームが、コミュニティ構築、早期アクセス、メジャーアップデート、継続的な改善に重点を置き、段階的なアプローチに取り組んでいることを示しています。
目標は、ギルド作成、追加キャラクター、マップなど、希望する機能を盛り込みながら、魅力的で進化するゲーム体験を提供することであり、同時に、活発で情熱的なプレイヤーのコミュニティを育成することです。

BloodLoop(ブラッドループ)概要・公式サイト等

公式サイト
https://bloodloop.org/home
Twitterアカウント
https://twitter.com/BloodLoopGAME
ディスコード
https://discord.com/invite/bloodloop
テレグラム
https://t.me/BloodLoopEngOfficial
YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@BloodLoopGAME
ミディアム
https://bloodloop.medium.com/
Energy Manipulator NFT
https://joepegs.com/collections/avalanche/blood-loop

※CoinTrade(コイントレード)以外で提供されているサービス・ソフトウェアの利用については、CoinTrade(コイントレード)では一切責任を負わないため、お客様ご自身の判断と責任においてご利用ください。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞