クラウドクレジットが、国外融資先企業の親会社を招いたセミナーを開催|10月1日火曜日・参加無料

ソーシャルレンディング・サービス「クラウドクレジット」を運営する、クラウドクレジット株式会社(東京都中央区日本橋。以下、同社)は、10月1日、アラブ首長国連邦ドバイに所在する融資先企業「GLOBAL ENERGY SYSTEMS – FZE」(※以下、GES社)の親会社にあたる、ODASCO社の副社長、Yahia Saad Odeh Al Salem氏を招聘し、セミナーを開催する。

GES社は、同社の「中東地域ソーラー事業者支援ファンド」シリーズの融資先企業で、ODASCO社が国外からの資金調達を行うことを目的に設立したSPC(特別目的会社)にあたる。
同社によれば、ODASCO社は、中東地域において、ソーラー発電ソリューション事業をはじめとした、様々なエンジニアリング事業を手掛ける事業者。グループ企業として中東ドバイのほか、クウェート、オマーン、ヨルダンに支社を擁しており、通信施設のほか、官公庁や政府系企業、大手インフラ関連企業、大型病院といった、公共性の高い施設を運営する顧客を対象に、高品位のエンジニアリング事業に取り組んでいるという。

セミナー会場は、東京都中央区日本橋茅場町1-8-1茅場町一丁目平和ビル1階、FinGATE KAYABA。
10月1日の午後7時~9時の開催を予定している。

ODASCO社Yahia Saad Odeh Al Salem氏のほかにも、クラウドクレジット株式会社にて商品部マネージャーを務める、白坂 彰久 氏の登壇も予定されている。

日本国内ソーシャルレンディング業界においては、2019年3月以降、融資先企業の匿名化解除の流れが拡大しているが、借り手企業(および、その親会社等)の役職員を招聘してのセミナー開催は、異例といえる。
クラウドクレジット株式会社は、2019年7月頃から、借り手情報の開示を積極的に進めてきたが、今回「さらに踏み込んだ情報開示促進の一環として(※)」、借り手企業(SPC)の親会社を招いたセミナーを開催するという。


(※)
【参加無料・10月1日(火)・東京】 海外資金需要者による来日セミナー|クラウドクレジット

クラウドクレジットとは



引用元:クラウドクレジット

クラウドクレジット株式会社(東京都中央区日本橋)が運営する、ソーシャルレンディン・サービス。
海外案件を専門的に取り扱っており、「キルギスマイクロファイナンス事業者支援ファンド」や「中東地域ソーラー事業者支援ファンド」、「アフリカ未電化地域支援ファンド」、「東欧金融事業者支援ファンド」など、複数の国と地域に関連する投資案件を取り揃えている。
融資先企業の匿名化解除(実名開示)にも積極的に取り組んでおり、8月27日に同時公開された20ファンドのうち、17ファンドにおいて、借り手企業の具体的名称が開示されている。
サービス運営会社であるクラウドクレジット株式会社は、伊藤忠商事株式会社や第一生命保険株式会社といった、国内の大企業のほか、マネックスベンチャーズ株式会社やYJキャピタル株式会社、LINE Ventures株式会社、ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社といった、複数の有力VC(ベンチャーキャピタル)から出資を受けていることでも知られる。


参考:
クラウドクレジット|公式サイト

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは400件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。