MoveZとは-メディアで話題沸騰、「Move to Earn」の新定番の攻略法と稼ぎ方を検証

※本記事は、暗号資産(仮想通貨)初心者の方向けに、ビットポイントでの暗号資産取引所口座のアカウント作成から、解説を行っています。
既にビットポイント等にて取引所口座は開設済、MoveZのステーキング方法から確認したい、という方は、ここからスキップしてご覧ください。


「歩くだけ」「ジョギングするだけ」で稼げる、新たなMove to Earnプロジェクト、として話題の「MoveZ」。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まっています。

そんなMoveZを、現在、最もスピーディー&効率的に始めるためには、下記のようなステップを辿ることが、目下、「鉄板」とされています。

  1. 国内暗号資産取引所「ビットポイント」にて口座開設
  2. MoveZの公式サイトにて、ステーキングを実施
  3. MoveZのスマホアプリを入手

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

ビットポイントでの口座開設

MoveZで得られる報酬は、日本円建てではなく、MoveZのゲーム内トークンで支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、暗号資産取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、MoveZの収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、MoveZの収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

MoveZ開始の時点で暗号資産口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

MoveZのスマホ向けアプリを入手し、早速、トークンを入手することが出来た場合、稼いだトークンを、MoveZのゲーム内ウォレットに入れたままにしておくと、最悪、MoveZが大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

MoveZのようなMove to Earnゲームのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、MoveZのアプリ利用開始等の前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

MoveZを通じて得ることの出来る報酬は暗号資産(トークン)であり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
MoveZでトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくウォーキングやジョギングでトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、MoveZを通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、MoveZで100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

MoveZのようなMove to Earnゲームをプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、Move to Earnゲームの先行プレイヤーの中には、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、と考えるプレイヤーも存在します。

そのためには、実際にMoveZで稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイントで、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はMoveZ。MoveZのプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、MoveZで得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
最近では、「ビッグボス」こと新庄剛志さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、

こちらの画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、MoveZ収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
MoveZの収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

MoveZの始め方

現状、MoveZを自力で(=招待コードなどを要さずに)始めるためには、MOVEZトークンを事前に入手し、MoveZの公式サイトにてステーキングを実施したうえで、MoveZのスマホアプリを入手する必要があります。

そこで、MoveZの始め方を1記事にまとめたコンテンツを公開致しました。

  1. ステーキングに必要な、MOVEZトークンの入手方法
  2. MOVEZトークンのステーキング量と、Tier(ティア・階層)の関係
  3. トークン・ステーキングの具体的な方法
  4. MoveZのスマートフォン向けアプリの入手方法

といった内容について、取りまとめております。

下記ステップを踏んで頂くことで、当該記事を無料でお読み頂けますので、是非ご活用ください。

記事URLの取得ページへアクセス



記事URLの取得ページはこちら

タスクをクリア

  • YouTubeチャンネル登録
  • LINE公式アカウントの友達登録
  • Twitterフォロー

をお済ませ下さい。

「受け取る」から、当該記事へアクセス

タスクを済ませて頂くと、真ん中に「受け取る」のボタンが出現します。
そちらをクリック(タップ)して頂くと、MoveZの始め方解説記事へと遷移します。


記事URLの取得ページはこちら

MoveZのメリット

MoveZでは、ウォーキングやジョギング以外でも

現在、Move to Earn領域で絶対的な人気を誇るSTEPNの場合、
ジョギングやウォーキング、ランニング、といった運動のみが
報酬提供の対象とされています

一方で、MoveZの場合は、

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • ランニング

はもちろんのこと、そのほかにも、

  • 水泳や
  • サイクリング
  • サーフィンなど、

様々なスポーツにも対応している予定が明らかにされています。

MoveZならば、屋外運動も計測対象となる可能性がある

前述のSTEPNの場合、運動計測にGPS(グローバル・ポジショニング・システム)の利用が必要なため、現状、「屋外」での運動のみが、正確な運動計測の対象として認められています。

一方で、MoveZの場合、屋内運動についても、計測の対象となることが、既に明らかにされています。
雨の日等、天候が優れない日は、屋内で運動を行ったとしても、報酬支払いの対象とされる場合、それは、利用者にとって、メリットと言えましょう。

様々なチャレンジ企画等が予定されている

MoveZのホームページでは、今後、様々なソーシャル機能についても、重視・拡充していく計画であることが掲載されています。
具体的には、

  • 様々なローカル・チャレンジ企画や、
  • 国内向け、及びグローバル向けのランキング・システムなどが

実装される予定であり、ユーザーにおいては、運動と連動した、新たなソーシャル体験を楽しむ契機と出来る可能性もあります。

著名VCであるBlueZillaが開発に関与している

MoveZの開発には、業界の著名VCにあたるBlueZillaがリーダーシップを取っている、とされています。

MoveZのデメリット

まだMoveZのサービス詳細が明らかにされていない

MoveZアプリのベータ版は、2022年第2四半期にローンチ予定、とされており、本日現在、まだアプリは未公開です。
このため、実際にアプリをダウンロードし、取り組んだとしても、果たして、どの程度の収益性を確保できるのか、といった点については、現状、不明瞭です。

また、一部のゲームプロジェクトで実装されている、レンタルシステムについても、搭載が為される予定があるのか、無いのか、といった点に関する情報が、未公開とされています。

今後の新情報公開が待たれるところです。

エコノミクスの持続可能性についてはまだ明らかではない

こうしたMove to Earn型のプロジェクトの場合、ゲーム内の経済・エコシステムを、いかに健全に保つか、というのは、大きなポイントとなります。
健全なエコシステムを長く構築・維持することが出来れば、ゲームプロジェクト自体も長く続くこととなりますが、ユーザーの経済活動・経済合理をコントロールすることに失敗するすれば、短期でプロジェクトが終了となってしまう可能性も否めません。

ゲーム内エコシステムの値崩れを防ぐ仕組みなど、難しい舵取りをする能力が、果たして、運営元にあるのか、どうか、といった点についても、同じく、未知数です。

難しいチート対策などが、どの程度実効性を持てるか

ウォーキングやランニング、等といった運動に関しては、悪意あるユーザーが不正行為(チート行為)を試みたとしても、その検出・防止措置については、他社で既にノウハウがあります。
Move to Earn領域では後発にあたるMoveZとしては、先発プロジェクトの開発者等からも適宜情報を得つつ、うまくユーザーの不正行為を防止する仕組みを構築していくことが出来ましょう。

一方で、水泳やサイクリング、ましてやサーフィン、等となると、

  • 実際に、きちんと運動が為されているのか、
  • それとも、運動が偽装されている、すなわち、チート行為が行われているのか、

といった点を、コンピューターが正確に見抜くことが、難しいのが実情です。

また、MoveZの場合、将来的には、(屋外運動だけでなく)屋内運動にも対応予定である旨が、明らかにされています。

GPSで運動内容の検証を行いやすい、屋外運動と異なり、屋内運動を対象として認める場合、更にノウハウが必要となることも予想されます。

仮に、不正行為を厳正に取り締まることが出来なければ、チート行為が横行し、結果的に、エコシステムが大きなダメージを受けてしまう恐れもあります。
このため、不正を働くユーザーに対しては、厳しく対処をしていく必要がありますが、一方で、不必要なほどに運動判定を厳密にしてしまえば、
「きちんと運動しているのに、報酬が付与されない」
等と言ったクレームがユーザー側から生じる恐れもあります。

運営側には、難しい舵取りが求められるところです。

現状、ホームページ等も全て英語ベース

MoveZの場合、既に公式サイトは公開されており、公式ツイッターアカウントなども、積極的に情報発信を行っています。
しかしながら、いずれの情報も、英語ベースで発信されており、日本語への翻訳は為されていません。
英語が不得意、というユーザーにとっては、アプリの日本語対応等が為されるのかどうか、些か気がかりと言えましょう。

MoveZの利用規約

※以下の内容は、公開されているMoveZの利用規約の和訳を試みたものです。
誤訳の可能性がありますので、必ず、読者様ご自身にて、一次情報をご確認下さい。
なお、翻訳時の都合上、MoveZ運営会社=「当社」という表現(その他一人称)となっています。その場合、「当社」は、当サイトの運営元のことを指していません(あくまでも、MoveZの運営会社のことを指しています)。


MoveZの利用規約の概要

本規約は、(以下、「本サイト」といいます)の使用および条件について規定するものです。
本規約は、MoveZ Limited(以下「当社」といいます)が提供するhttps://movez.me/(以下「本サイト」といいます)およびそのサービスの利用条件について定めるものです。
本規約は、MOVEZ Limited(以下、「当社」といいます)が提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。
「が提供する本サービス(以下「本サイト」といいます。
は、本ウェブサイトおよび本サービスを、セーシェル共和国法に基づき設立・登録されたMoveZ Limited(以下「当社」といいます。
本規約は、当社と当社の関連会社および世界中の子会社との間の拘束力および法的強制力を有する契約を構成します。
本規約は、当社、当社の関連会社および世界中の子会社と、本サービスのエンドユーザーであるお客様(以下、「お客様」といいます。
本規約は、本サービスに関連して、当社、当社の関連会社および世界中の子会社と、本サービスのエンドユーザーであるお客様(以下、「お客様」といいます)との間で締結される拘束力のある法的契約です。お客様とムービーを区別して、以下「当事者」といいます。
を「当事者」といいます。
本サービスへのアクセス、登録、使用、クリック、および本ウェブサイトを通じて弊社が提供する情報
お客様は、本サイトを通じて弊社が提供する本サービスおよび情報にアクセスし、登録、使用、クリックすることにより、本規約のすべてを承諾し、同意したものとみなされます。
本規約をよくお読みください。
お客様は、本ウェブサイトをご利用になる前に、本規約およびプライバシーポリシーに記載された規定を注意深くお読みになることをお勧めします。
本サイトおよび本サービスをご利用になる前に、本規約および当社のプライバシーポリシーに記載されている内容をよくお読みください。お客様が本サイトおよび本サービスを利用することにより、お客様は以下の事項に同意されたものとします。
(i) お客様は本規約を熟読し、熟知したものとします。
(i) 本規約を読み、理解したこと、
(ii) 本規約を理解したこと。
(iii)当ウェブサイトを利用する際に本規約に拘束されることに同意すること。お客様が本規約に同意されない場合、本規約に同意されない場合は、本サイトおよび本サービスへのアクセスまたは使用をご遠慮ください。
当社は、本規約、当ウェブサイト、またはいずれかのプラットフォーム上のコンテンツを修正または変更する権利を留保します。
当社は、セキュリティ、法律、規制上の理由、および本規約、本ウェブサイト、またはいずれかのプラットフォーム上のコンテンツを随時修正または変更する権利を留保します。
本サービスまたは本ウェブサイトの機能の更新または変更を反映させるため、当社は本規約、本ウェブサイト、またはいずれかのプラットフォームのコンテンツを随時修正または変更する権利を留保します。
本サイトのサービスまたは機能の更新または変更を反映するためです。お客様は、本規約を定期的に確認することをお勧めします。
を定期的に確認し、最新のバージョンを認識し、遵守することをお勧めします。
本規約を遵守してください。本サイトおよび本サービスの利用者は、これらの変更に拘束されます。
本サイトおよび本サービスの利用者は、本規約の改訂版が本サイトまたは関連するウェブサイトに掲載された後
本サイトおよび本サービスの利用者は、本規約の改訂版が本サイトまたは関連するモバイルアプリケーションで公開された後、直ちに有効となるこれらの変更に拘束されます。
利用者は本ウェブサイト、本サービス、ツール、および本ウェブサイトで利用可能な情報の継続的な使用または相互作用を通じて、お客様は本規約に同意するものとします。
お客様は、本ウェブサイト、サービス、ツール、および本ウェブサイト上で利用可能な情報の継続的な使用または相互作用を通じて、次のバージョンで強調された規定に拘束されることに同意するものとします。
その後のバージョンで強調された規定に拘束されることに同意するものとします。
当社は、本規約に変更が生じた場合、本ウェブサイト上でその旨を通知します。
当社は、本規約に変更が生じるたびに、本サイト上でその旨を通知します。この通知を受けることにより、お客様は
弊社が変更について十分な通知を行ったとみなされます。お客様は本サイトの利用に関して遵守すべき法的要件について、専門家の助言を求める必要があります。
本サイト、本サービス、または当社もしくはパートナーが提供する関連ツールの使用に関連して遵守しなければならない法的要件がある場合は、専門家の助言を求める必要があります。
弊社またはパートナーが提供する関連ツールの使用に関連して遵守しなければならない可能性のある法的要件については、専門家の助言を求める必要があります。

MOVEZ利用規約の、一般規定

契約関係

本規約は、両当事者間の有効かつ拘束力のある合意を構成します。
両当事者間の有効かつ拘束力のある合意を構成します。本規約に規定された拘束力のある義務は、強制執行が可能です。

改定・修正

当社は、独自の判断により、本規約の条項をいつでも修正、変更または更新する権利を留保します。
当社は、当社の独自の判断により、本規約に規定される条項および規定をいつでも修正、変更または更新する権利を留保します。当社は
当社は、本規約を更新することにより、当該条項の修正または変更を通知することができるものとします。
当社は、本規約を更新し、本規約の各ページに「最終改定日」を表示することにより、当該条項の改定を通知することができるものとします。
を表示することにより通知することができるものとします。本規約の改訂および更新は
本ウェブサイトを含む本プラットフォームに掲載された時点で、自動的に有効となります。
に掲載された時点で自動的に有効となります。本規約は、本サイトに掲載された時点で自動的に有効となります。
本規約は、予告なく変更されることがあります。
本規約に同意されたものとみなします。お客様が
本サイトのご利用をお控えください。
本サイトへのアクセスまたは本サービスの利用を直ちに停止してください。お客様は
本規約を理解するために、本規約を頻繁にかつ慎重に確認することが推奨されます。
本規約を理解することをお勧めします。

プライバシーポリシー

お客様は、本サイトのプライバシーポリシーを読み、理解し、同意したことを確認するものとします。
お客様は、本サイトのプライバシーポリシーに記載されている内容を読み、理解し、同意したことを確認します。
お客様は、本サイトのプライバシーポリシーに同意されたものとします。
ムービープラットフォームをご利用になる場合、お客様は本サイトのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。
お客様は、ムービープラットフォームをご利用になることにより、当社がお客様の情報、及び
お客様の情報および本サービスの利用に関する匿名化されたデータを収集、使用することに同意するものとします。
本サービスの有効性及び効率性を高めるために、分析、傾向の把握、統計の目的で、お客様の情報及び匿名化されたデータを収集、使用することに同意します。
本サービスの有効性と効率性を高めるために使用されます。
お客様は、本契約により、当社が保有するお客様に関するあらゆる情報を、以下の者に開示することを明示的に許可するものとします。
お客様は、裁判所の命令により、当社が保有するお客様に関するあらゆる情報を、法執行機関または政府関係者に開示することを明示的に許可するものとします。
お客様は、当社が保有するお客様に関するあらゆる情報を、裁判所命令による要請があった場合、法執行機関または政府関係者に開示することを明示的に承認するものとします。

本ウェブサイトへのリンクおよび本ウェブサイトからのリンク

1. 1. お客様は、ハイパーテキストまたはその他のコンピュータリンクを介して、本ウェブサイトから運営されている、または利用可能なウェブサイトへアクセスすることができます。
1.お客様は、ハイパーテキストまたはその他のコンピュータリンクを介して、当社以外の者(以下「第三者」といいます。
1.お客様は、本サイトからハイパーテキストまたはコンピュータリンクを通じて、当社以外の者が運営し、利用可能であり、またはその他の方法でライセンスされているウェブサイト(以下「第三者
サービス」)にアクセスすることができます。このようなリンクは、お客様の便宜のために提供されています。
2. 2. 第三者サービスからのリンクは、当社がそのウェブサイトのコンテンツを支持または承認することを意味するものではありません。
2.第三者サービスからのリンクは、当社が当該ウェブサイト上のコンテンツを支持または承認していることを意味するものではなく、また、当社が当該ウェブサイトの運営者であることを意味するものではありません。
2.第三者サービスからのリンクは、当社がそのウェブサイトのコンテンツを支持または承認していることを意味するものではなく、また当社がそのウェブサイトの運営者であることを意味するものでもありません。お客様は、ご自身の責任において
お客様が他の第三者機関のコンテンツをどの程度まで使用または信頼できるかを決定する責任は、お客様が単独で負うものとします。
本サイトからアクセスした他の第三者サービスウェブサイトのコンテンツをどの程度利用または信頼するかは、お客様自身の責任であることをご理解ください。
をどの程度利用するかは、お客様ご自身の責任となります。当社は、これらのサイトまたはリソースの内容を管理することはできません。
当社は、これらのサイトまたはリソースの内容を管理しておらず、それらについていかなる責任も負いません。
また、それらの利用により生じたいかなる損失または損害についても責任を負いません。
3. 3. 当社は、第三者サービスのソフトウェア、その他の資料の使用、または使用できないことについて、いかなる責任も負わないものとします。
3.当社は、第三者サービスのソフトウェア、その他の資料、またはウェブサイトに掲載されたコンテンツ(以下「第三者サービス」といいます。
当社は、第三者サービスのソフトウェア、その他の資料またはウェブサイトに掲載されたコンテンツの使用または使用不能について、いかなる責任も負いません。
当社は、第三者サービスのソフトウェア、その他の資料、ウェブサイトに掲載またはアップロードされたコンテンツについて、その使用または使用不能についていかなる責任も負わないものとします。
また、当社は、第三者コンテンツの不正確性または不完全性について、いかなる個人または団体に対しても、一切の責任を負いません。第三者サービスに関するすべての知的財産権
第三者サービスに関するすべての知的財産権は、それぞれの第三者に帰属します。
第三者に帰属します。

MOVEZの利用規約における、免責事項

1. 本サイトは、単にユーザーがプロジェクトにアクセスすることを容易にするものであり、ユーザーに対していかなる保証も行いません。
を提供するものであり、その品質、価値、仕様、適合性等に関して、いかなる保証または表明も行いません。
その品質、価値、仕様、目的に対する適合性、技術の完全性または正確性、またはそのサービスに関するいかなる保証または表明も行いません。
その技術またはインフラの目的、完全性または正確性に関して、いかなる保証または表明も行いません。
の完全性または正確性に関するいかなる保証または表明も行いません。
2. 2.当社は、ムービープラットフォーム上でプロジェクトに関する情報を容易に提供するために、商業的に合理的なあらゆる試みを行うものとします。
2.当社は、ムービープラットフォーム上でプロジェクトに関する情報を提供できるよう、商業的に合理的な範囲であらゆる試みを行います。ただし、以下の場合を除きます。
ただし、お客様は、弊社が当該情報の正確性、適時性、完全性を保証しないこと、および当該情報を提供しないことをここに承認します。
そのような情報の正確性、適時性、または完全性を保証するものではなく、また、そのような情報の使用または依存に関連するいかなる保証も提供しないことを、お客様はここに認めるものとします。
そのような情報の使用または信頼に関連して、いかなる保証も行わないことをここに認めます。
を提供しません。あなたは、あなたがプロジェクト情報を使用する際には、以下のことに同意するものとします。
は、すべてお客様自身のリスクで行われることに同意します。当社は、以下の事項に関して、いかなる形でもお客様に対して責任を負いません。
プロジェクト情報の終了、中断、遅延、不正確さに関して、当社はお客様に対していかなる責任も負いません。
の終了、中断、遅延、不正確さについて、当社は一切の責任を負いません。
3. 3. 適用される法律で認められている範囲内で、本サイトおよび当社のサービスは、「現状有姿」で提供されます。
3.本サイトおよび当社のサービスは、適用される法律で認められる範囲において、「現状有姿」かつ「利用可能」な状態で提供されます。当社は
当社は、本サイトおよび本サービスに含まれる特徴や機能が、お客様の好みを満たすことを保証するものではありません。
当社は、本ウェブサイトおよび本サービスに含まれる特徴および機能がお客様の好みを満たすことを保証しません。
本ウェブサイトおよび本サービスへのアクセスおよび使用は、お客様の責任において行われることに同意し、承認するものとします。
本サイトおよび本サービスへのアクセスおよび使用は、お客様ご自身の責任において行われるものとし、お客様は本サイトおよび本サービスから生じるいかなる責任、結果に対しても責任を負うものとします。
を負うものとします。
本サイトおよび本サービスの使用またはアクセスに起因または関連して生じる可能性のあるあらゆる責任、結果について、お客様は責任を負うものとします。お客様は
この点に関して当社が一切の責任を負わないことに、お客様は明示的に同意するものとします。
お客様は、当社がこの点に関して一切の責任を負わないことに明示的に同意するものとします。
4. 4. お客様は、本ウェブサイトに、当社が所有しない、あるいは所有してもいない第三者のウェブサイトやサービスへのリンクが含まれることがあることを、ここに同意し、認識します。
本サイトには、当社が所有または管理していない第三者のウェブサイトまたはサービスへのリンクが含まれている場合があります。
4.お客様は、本ウェブサイトに、当社が所有または管理しない第三者のウェブサイトまたはサービスへのリンクが含まれる場合があることに同意し、認識するものとします。
したがって、当社は、そのような第三者のウェブサイトによって提供されるコンテンツ、サービス、商品、または活動に対して責任を負いません。
したがって、当社は、そのような第三者のウェブサイトが提供するコンテンツ、サービス、商品または活動に対していかなる責任も負いません。お客様は、さらに、当社が、直接的または間接的に、以下のような損害、損失、または活動に対していかなる責任も負わないことに同意するものとします。
また、お客様は、当社が、以下の事項から直接的または間接的に生じるいかなる損害、損失、結果に対しても責任を負わないことに同意するものとします。
また、お客様は、第三者のウェブサイトを通じて利用可能なコンテンツ、素材、サービスの使用または信頼に起因するいかなる損害または結果に対しても、当社が直接的または間接的にいかなる責任も負わないことに同意します。
また、お客様は、第三者のウェブサイトを通じて利用可能ないかなるコンテンツ、資料、サービスの使用または依存に起因するいかなる損害または結果に対しても、当社が直接的または間接的に責任を負わないことに同意します。
5. 5.当社は、本ウェブサイトの利用を以下のいずれかに限定する権利を留保します。
5.当社は、当社が希望する個人、地理的地域、管轄区域に本ウェブサイトの利用を制限する権利および/または
5.当社は、当社が望む地域や管轄区域に対して本ウェブサイトの利用を制限する権利、および/または、本ウェブサイトとサービスへのお客様のアクセスや使用を終了させる権利を有します。
当社は、いつでも、当社の単独の裁量により、本ウェブサイトおよび本サービスの利用を制限する権利を有します。
6. 6.当社は、独自の裁量で、お客様による本ウェブサイトの利用に制限を課すことができます。
6.当社は、独自の判断により、お客様による当ウェブサイトの利用を制限することができます。また、商業上、セキュリティ上、技術上、メンテナンス上、法律上または規制上の理由から、本サイトの利用を制限することがあります。
また、商業上、セキュリティ上、メンテナンス上、法律上、規制上の理由、または本規約の違反により、当社はお客様による本サイトの利用を制限することがあります。
また、商業上、安全上、技術上、保守上、法律上、規制上の理由、または本規約の違反により、当社は、いつでも、何度でも、お客様の本ウェブサイトおよび本サービスへのアクセスを
本サイトおよび本サービスへのアクセスを、お客様に通知することなく、いつでも制限することができます。

MOVEZの利用規約における、情報提供の定め

お客様は、以下の情報の提出について、お客様が単独で責任を負うことを認めるものとします。
お客様は、本サービスに関連するすべてのコンテンツ、指摘、提案、アイデア、資料、フィードバック、またはその他の情報の提出について、お客様が単独で責任を負うことを認めるものとします。
本サイトを通じて提供されるサービスに関連するバグ報告などの情報
ウェブサイトを通じて提供される本サービスに関連するバグ報告を含むすべてのコンテンツ、指摘、提案、アイデア、資料、フィードバック、その他の情報(TwitterやTelegramなどのソーシャルメディアへの送信を含む)の送信は、お客様が単独で責任を負うことを認めます。
TwitterやTelegramなどのソーシャルメディアへの投稿も含め、本サイトを通じて提供される本サービスに関するあらゆるコンテンツ、発言、提案、アイデア、資料、フィードバック、バグ報告などの情報の投稿は、当社ではなくお客様が行うものとします。
その正確性、合法性、信頼性、適切性、独創性を含む、かかる提出物に対する全責任は、当社ではなくお客様が負うものとします。
投稿の正確性、合法性、信頼性、適切性、独創性、著作権などに関する全責任は、当社ではなくお客様が負うものとします。当社は、お客様から提供された情報に基づいて回答するものとし
当社は、お客様から提供された情報に基づいて回答し、上記の検証を行わないものとします。
当社は、理由の如何を問わず、投稿を拒否し、削除し、編集し、または要約する権利を有します。
また、弊社が必要と判断した場合には、いかなる理由であれ、投稿を自由に使用、複製、開示、公開、表示、利用する権利を有します。
また、当社が必要と判断した場合には、ロイヤリティを支払うことなく、当該投稿を自由に使用、複製、開示、出版、展示、利用する権利を有します。

当社は、本サービスに関連するすべての情報および資料のコピーを保持することができます。
本サービスに関連するすべての情報および資料のコピーを保持することができるものとします。

MOVEZの利用規約における、知的財産権の定め

1. 本サービスに関する現在および将来のすべての著作権、権原、利益。
登録および未登録の商標、意匠権、未登録のデザイン、データベース権、その他の現在および将来の知的財産権。
データベース権およびその他すべての現在および将来の知的財産権および知的財産権の性質を有する権利。
知的財産権および知的財産権の性質を有する権利。
本ウェブサイトおよび本サービスの使用およびアクセスに存在する、または関連するもの
は、弊社が所有するか、または弊社にライセンスされています。お客様が本規約を遵守することを条件として
本規約を遵守することを条件に、当社はお客様に非独占的、非サブライセンス、および単に使用またはアクセスするためのあらゆる限定的なライセンスを付与します。
本サイトおよび本サービスを使用またはアクセスするための限定的なライセンスです。
2.
2. 2. 本規約に明示的に記載されている場合を除き、本規約のいかなる条項も、本サイトおよび本サービスに関連するいかなる権利も付与するものではありま せん。
2.本規約に明示されている場合を除き、本規約のいかなる条項も、当社またはその他の第三者の知的財産権に対する権利またはライセンスを付与するものと解釈されるものではありません。
2.本規約に明示されている場合を除き、本規約のいかなる条項も、当社または第三者の知的財産権に対するいかなる権利も許諾するものではありません。
3. 3.お客様は、本規約に明示的に規定されている場合を除き、当社または第三者の知的財産権に関するいかなる権利も許諾するものではありません。
3.法律の運用またはその他の理由により、知的財産権がお客様に帰属する場合、お客様は、当該知的財産権に関するあらゆる行為を行い、当該文書を執行することに同意するものとします。
お客様は、当該知的財産権を譲渡するために、当社が合理的に要求するあらゆる行為を行い、あらゆる文書を作成することに同意するものとします。
お客様は、かかる知的財産権を当社に返還するために、当社が合理的に要求するあらゆる行為を行い、あらゆる文書を作成することに同意するものとします。
4. 4.お客様は、本サイトのすべてのコンテンツが、コピー、複製、修正、再配布されてはならないことに同意し、認識します。
4.お客様は、本サイトのすべてのコンテンツが、他のいかなる理由によっても、複写、複製、修正、再配布、使用、派生作品の作成
4.お客様は、当社から書面による承諾を得ることなく、いかなる理由であれ、本ウェブサイトのすべてのコンテンツを複写、複製、修正、再配布、使用、派生作品の作成、またはその他の方法で扱ってはならないことを認めます。
書面による同意がある場合を除きます。
5. 5.本サイトに参加する第三者は、当社に対して、商標、著作権、その他の知的財産権を利用することを許可する場合があります。
5.本サイトに参加する第三者は、その事業に関連する商標、著作物、その他の知的財産を利用することを
5.本サイトに参加する第三者は、その事業に関連する商標、著作物、その他の知的財産の利用を当社に許諾する場合があります。当社は、本サイトのコンテンツが第三者の権利を侵害していないことを保証または表明するものではありません。
本サイトのコンテンツが第三者の権利を侵害しないことを保証するものではありません。

MoveZサービスへの参加

1. 本サービスを使用またはアクセスすることにより、お客様は以下を表明し保証するものとします。
固有のリスクがあることを理解していること。
およびその基礎となる技術
また、お客様は、当社、コミュニティ、およびオープンソース・コードの貢献者が、いかなる責任も負わないことに同意するものとします。
コード貢献者は、これらのリスクに関連するいかなる損失または損害に対しても責任を負わないことに同意するものとします。
お客様は、当社、コミュニティ、およびオープンソースコードの貢献者が、これらのリスクに関連するいかなる損失または損害に対しても責任を負わないことに同意します。
2. 2. お客様は、本サイトの利用にあたり、本サイトに規定された条件(階層化等)に従うことに特に同意します。
2.お客様は、本サイトに規定されている条件(例えば、ティアベースシステム、ステーキング/アンステーキング、および当社が随時更新するその他の条件)を了承し、遵守することに同意します。
その他、当社が随時更新する条件

9. 9. KYC/AML/CFTプロセスによる本人確認
1. ソフトウェア開発会社である当社は、KYC/AML/CFTを実施する役割を担っていません。
ソフトウェア開発会社である当社は、デフォルトでKYC/AML/CFTを実施する役割を担っていませんが、当社にはKYC/AML/CFTのための必須要件があります。
プロジェクト資金調達のためのKYC/AML/CFT本人確認ツール
は、ユーザーに対して強制することができます。私たちが導入しているのは
KYC/AML/CFT ツールを https://kycaid.com/ を通じて Launchpad に実装しています。
2. 2. プロジェクト資金調達会社が、「MOVE」上のサービスを利用して、当社に対するKYC/AML/CFTツールを使用すること。
2.ムービープラットフォーム上で本サービスを利用するプロジェクト資金調達会社による当社へのKYC/AML/CFTツールの利用は、当該権利者の裁量ではなく
当該権利者の裁量ではなく、当該権利者は、お客様に対して
プロジェクトに参加する前に、KYC/AML/CFT認証プロセスを完了する必要があります。
3. 3.当社は、プロジェクトのメリット、合法性、法人格について一切保証しません。
3.当社は、プロジェクトのメリット、合法性、法人格を保証しませんが、それでも当社は、プロジェクトがKYC/AML/CFTを要求する必要性を理解しています。
したがって、我々は権利を留保します。
1.いつでも、あなたの個人情報、名前、姓、誕生日、電子メール・アドレスの提供を求めることができます。
誕生日、電子メールアドレス、国籍、所在地、政府機関番号(身分証明書/パスポートなど)、個人情報
身分証明書番号(身分証明書/パスポート番号および身分証明書/パスポート発行日)。

電報ユーザー名、およびKYC/AMERICANCEに関する情報。
アドレス、およびKYC/AML/CFT関連文書。
利用者の身元および所在を確認するために必要であると判断される活線挿抜テスト。
また、利用者の身元が十分に確認されるまで、サービスおよび支払いを制限する権利を留保します。
ユーザーの身元が十分に確認されるまで、サービスと支払いを制限する権利を留保します。
2. 2. 活性化テストでは、携帯電話やカメラで政府発行の身分証明書を撮影する必要があります。
を携帯電話やカメラで撮影してください。
身分証明書を持った写真(顔の自撮りなど)と
顔の横で書いた紙(顔を覆わないもの。
その際、(1)ゲームゾーン、(2)現在の日付、(3)
KYC/AML/CFTの詳細については、こちらをご覧ください。
プロセスに関する詳細はこちらをご覧ください。
https://bscpad.medium.com/bscpad-kyc-process-16e6a5557138。
3. 提出されたKYC/AML/CFT情報および書類を第三者と共有し、その真偽を確認すること。
提出された情報の真偽を確認するために、第三者とKYC/AML/CFT情報および書類を共有すること。
提出された情報の真偽を確認するために、提出されたKYC/AML/CFT情報および書類を第三者と共有すること。
本サービスを利用することにより、エンドユーザーが当該情報を共有することに同意すること。
4.当社が合理的な根拠を持って、本サービスの利用を拒否すること。
4.関連する適用されるAML/CFT法令に違反していると信じるに足る合理的な根拠がある場合、本サービスの利用を拒否すること。
4.関連するAML/CFT法令に違反していると信じるに足る合理的な根拠がある場合、本サービスの利用を拒否すること。
4.当社は、本サービスがAML/CFT関連法規に違反していると信じるに足る根拠がある場合、本サービスの利用を拒否することができます。
また、裁判所命令による有効な要求があった場合、管轄当局または捜査に協力すること。

MoveZサイト・サービスの不正利用について

1. 本サイトの不正利用、または本規約の違反があった場合、当社はお客様のアクセスを遮断する権利を有します。
1.本サイトの不正利用や本規約の違反があった場合、当社は、問題が解決するまで、お客様の本サイトや他のサービスへのアクセスを遮断する権利を有します。
1.本サイトの不正利用や本規約の違反があった場合、当社は、問題が解決するまでお客様の本サイトおよびその他のサービスへのアクセスを遮断する権利を有します。

2. 2. 本ウェブサイトを利用して、以下のいずれかに該当する資料を送信、公開または保存すること。
2.適用される法律や規制、または第三者の権利に違反するものを、本サイト上で、または本サイトを通じて送信、公表、保存するために本サイトを使用すること。
2.適用される法令または第三者の権利に違反する、本サイト上または本サイト経由でのいかなる資料の送信または公開もしくは保存のための本サイトの使用も固く禁じられています。
本ウェブサイトの使用、送信、配布、出版または保存を含む(ただし必ずしもこれらに限定されない)。
本サイトの利用、または本サイトに掲載されたもしくは本サイトを通じて掲載された資料の送信、配布、出版、保存。
著作権、商標権、企業秘密、その他の知的財産権を侵害するもの、わいせつなもの、あるいは
著作権、商標権、企業秘密その他の知的財産権を侵害するもの、わいせつなもの、未成年者にとって有害なもの、違法行為、嫌がらせに該当するもの、名誉毀損に該当するもの
違法行為やハラスメントに該当するもの、誹謗中傷に該当するもの、プライバシーやデータ保護に関する法律に違反するもの
誹謗中傷、個人情報保護法に違反するもの、詐欺的なもの、為替管理法に違反するもの。
を侵害するもの。

MoveZのライトペーパー和訳

下記の内容は、MoveZに関する理解を深めることを目的に、MoveZのライトペーパーの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、MoveZ、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


MoveZとは

あなたの野望と最新のWeb3テクノロジーを原動力に、MoveZはフィットネス革命を起こします – そしてあなたもその一員です。

MoveZがどのように作られたか、そしてその目標

MoveZ は、ほとんどの人にとって日常的な活動である「動くこと」をベースにしています。
私たちは、持続可能で実用的なMove-to-Earn(M2E)モデルを作成し、実装した最初のチームです。

ジョギング、ウォーキング、ランニング、スイミングなど、屋内外を移動するだけで、ユーザーはアプリ内通貨を獲得し、多くの慈善団体に寄付したり、現金化して利益を得たりすることができます。
MoveZは、そのソーシャルな要素とシンプルなUIにより、ユーザーが作成するWeb 3.0コンテンツを促進する長期的なプラットフォームを開発しながら、世界中の何千万人もの人々に健康的なライフスタイルへのインセンティブを与え、Web 3の革命的な可能性と将来性を紹介することを意図しています。

なお、MoveZは現在クローズド・アルファ・フェーズでテスト中です。
このライトペーパーの内容は、プロジェクトの全容をよりよく反映させるために、将来変更される可能性があります。
また、MoveZは、デュアルトークンエコシステムを採用しています。

$BURNZ
インアプリトークン
$MOVEZ
ガバナンストークン

MoveZの考える、FinFitエコノミーとは

フィットネスファイナンスは、1000億ドル規模のフィットネス産業の価値からユーザーが利益を得るための市場経済です。
これは、Web3におけるデジタルフィットネス体験とアプリケーションに相当します。
Web2では、人々はフィットネス・コンテンツを消費するだけでなく、生成することもできるようになりました。
そして、そのフィットネス・コンテンツによって生み出された価値を、プラットフォーム・オーナーに移転させたのです。

GameFi業界は、その好例と言えるでしょう。
ゲーム産業は、世界全体で約2000億ドルの産業であり、少数の利益のために多くの人が消費し、生産しています。
Web3は、誰もが参加する市場の一部を所有することを可能にします。
Play-to-Earnの台頭により、これは現実のものとなりました。
FinFitとmove-to-earnは、広大なフィットネス産業を、個人が利益を得られる方法で紹介する上で、極めて重要なものです。

Move to Earnをエキサイティングにするもの

Move-to-Earn(M2E)アプリは、ユーザーが定期的な身体活動をしながらトークンベースの収入を得ることができ、参加者に報酬を与えることでフィットネスの動機づけと健康増進に貢献するものです。

Move-to-Earn ゲーミフィケーションは、プレイヤーがアプリ内の資産をすべて所有・管理し、自分の好きな条件で暗号通貨や不換紙幣に交換できるという点で、Play-to-Earn ゲーミフィケーションと類似しています。

MoveZは、あなたのフィットネスをスーパーチャージします

MoveZはムーブメントです。
バランスの取れた持続可能なMove-to-earnエコシステムを通じて、個人が健康とフィットネスを向上させるためにできることを行うためのインセンティブを得ることができるものです。
MoveZアプリを中心に、参加者は様々なフィットネス活動に参加することでMOVEZトークンの報酬を得ることができるようになります。

MoveZによる、障壁の打破

Move-to-earnは、参加者に即時の報酬を提供し、さまざまな魅力的な機会を提供することで、フィットネスに対する考え方に革命を起こすと考えられています。
MoveZは、フィットネスをすることで人々にインスピレーションを与え、報酬を与えることで、世界で22億人以上いる十分な運動をしていない人々のモチベーションを高めることを目的としています。

MoveZは、フィットネスがすべての人のものであるべきだと信じています。
そのため、端数処理されたNFT、組織・グループアカウント、NFT貸出機能により、参加への障壁は低くなっています。

MoveZのミッション

MOVEZのミッションは、より多くの人々が健康を増進し、フィットネスゴールを達成することを奨励し、フィットネス業界に革命を起こすだけでなく、独自の分散型プラットフォームを通じて、プラットフォームオーナーからプラットフォームユーザーへと利益をシフトさせることです。

MoveZが考える「Move to Earn」の仕組みとは

Move-to-Earnは比較的新しい現象で、ユーザーが活動することで報酬を得られる様々な製品やサービスが含まれます。
私たちは、ユーザーが普段の運動活動に参加したり、特定のフィットネス関連の課題に参加したりすることで、追加的な収入の流れを解除し、健康を維持するための報酬を提供するプラットフォームです。
このプラットフォームは、ゲームをプレイすることで暗号通貨で報酬を得る、Play to Earnのトレンドと成功を基盤にしています。

このプラットフォームは、一般に、フィットネスにインセンティブを与え、肥満や座りっぱなしの生活を減らすのに役立ち、ユーザーが健康増進のために収入を得る機会を提供することを目的としています。

「Move-to-earn」とは、P2E(play-to-earn)と同様に、移動などの活動をしながら価値ある報酬を得ることができることを指し、その後、活動に対して報酬を与える他の様々なアプリに採用されるようになりました。
MoveZアプリケーションは、ブロックチェーンベースのデジタルトークンの形で報酬を生成します。
ユーザーは、フィットネス関連のタスク(ウォーキング、ランニング、水泳など)を完了すると、ネイティブユーティリティトークンで報酬を得ることができます。
MoveZプラットフォームは、携帯電話やフィットネストラッカーのデータを使って、アクティビティとタスクの完了を追跡します。
このデータは、報酬の対象となるかどうか評価されます。
獲得したトークンは、アプリケーション内で直接商品やサービスと交換するか、内部のマーケットプレイスや外部の取引所で他の暗号通貨と売却/交換することができます。
報酬の計算プロセスでは、本物のフィットネスデータのみが考慮されるよう、アンチチート技術が採用される予定です。

MoveZへの参加方法

MoveZは、可能な限りオープンでアクセスしやすいように設計されています。
つまり、報酬の希薄化や過剰なNFT負担を招くことなく、誰もが公平にMoveZエコシステムに参加できるよう、慎重に検討してきました。
これを達成するために、MoveZは参加者にいくつかのアクセスルートを提供する予定です。

従来のルート

少なくとも当初は、MoveZエコシステムに参加するユーザーの多くが、NFTを直接所有し、ステークすることが予想されます。
NFTはアクセス可能ですが、希少性があるため、一部のユーザーによって報酬が独占されることはありません。

NFTレンディング

MoveZには、可処分所得が限られているユーザーがMoveZにアクセスしやすくするために、強力なNFTマーケットプレイスが含まれます。
このマーケットプレイスには、NFT保有者がNFTを簡単かつ安全に他のユーザーに貸し出し、その対価としてNFTから得られる報酬の一定割合を受け取ることができる簡易貸付システムが含まれます。
この貸出システムは委任に似ており、所有権は最初の保有者にある一方で、その有用性は借り手に委任されることを保証します。

法人・グループアカウント

MoveZは、企業、ワーキンググループ、コミュニティグループなどが、簡単に参加者を登録し、インセンティブを与え、調整できるような強力なサブアカウント機能を提供する予定です。
これにより、単一(または複数)のトップレベルアカウントは、NFTを購入・保有しながら、1つ以上のサブアカウント(グループメンバー)にその効用を委ねることができるようになります。
これにより、企業、スポーツジム、趣味のグループなどが、加入手続きを簡素化しながら、メンバーのフィットネス向上に取り組むことができるようになります。

NFTのフラクショナル(分割)機能

このアプリケーションの後のバージョンでは、ユーザーは少額の1回限りの料金を支払うことで、NFTを分割することができるようになります。
このフラクショナルNFTは、他のユーザーに販売、取引、または貸与することができ、NFTSの収益を分配することができるため、参入障壁がさらに低くなります。
このような仕組みにより、NFTの供給量に限りがある中で、MoveZへのアクセスを確保することができます。

地域展開

MoveZのアプリケーションは、全世界で利用可能です。
ただし、米国、アルバニア、バルバドス、ボツワナ、ブルキナファソ、カンボジア、韓国、ハイチ、イラン、ジャマイカ、モロッコ、ミャンマー(ビルマ)、ニカラグア、パキスタン、パナマ、フィリピン、セネガル、南スーダン、シリア、タイ、ウガンダ、イエメン、ジンバブエではフィットネスのトラッキング機能のみとなり、Move-to-earn機能は使用できません。

MoveZを活用し、社交性にも貢献する

パワフルなブーストゾーン、ローカルチャレンジ、国内およびワールドワイドのリーダーボードなど、MoveZでは、競争したりリラックスしたりしながら、新しいソーシャル体験を楽しむことができます。

ブーストゾーン

ブーストゾーンは、MoveZ独自の強力なソーシャル機能で、定期的に変化する特定のゾーンを移動することで報酬をアップすることができます。
地域のスポーツイベントへの参加、国立公園でのランニング、特定の施設での水泳、地域のMoveZソーシャルイベントへの参加など、さまざまなシーンで活用できます。

ローカルチャレンジ

MoveZは、ユーザーに合わせた健康・フィットネス体験を提供するため、様々なローカル・チャレンジを自動的に生成し、ユーザーはそれを達成することで追加の報酬や特典を得ることができます。
これらの課題は、ユーザーが入力したデータと過去の実績に基づいてパーソナライズされます。例えば、以下のようなものがあります。

  • 1日300キロカロリーを7日間消費する。
  • ハーフマラソン完走
  • 7日間連続でエクササイズをする
  • ブーストゾーンイベントに参加する
  • MoveZのフィットネスグループに参加する

この機能は、MoveZの「move-to-earn」機能と密接に関連し、ユーザーが関連するマイルストーンを達成することで、フィットネスへの長期的なコミットメントの動機付けに役立ちます。

リーダーボード

MoveZは、ローカルおよびグローバルリーダーボードを備えており、ユーザーは、より広いMoveZコミュニティに対して自分のパフォーマンスを測定し、自分の限界に挑戦することができます。
また、ランキング上位者には、様々な特典が用意されており、スポンサー付きアスリートとして参加できるチャンスもあります。

MoveZのトーケノミクス(トークン・エコノミクス)

MOVEZのmove-to-earnエコシステムに参加するために、ユーザーはNFT資産を所有する必要はありません。
その代わりに、彼らは友人に招待されることから始めるか、またはステーキングを行うことが出来、それによって稼ぎを始めることができるのです。
MOVEZのBEP-20トークノミクスとしては、下記の通りです。

  • エコシステム/リワード 44%
  • チーム/アドバイザー 18%
  • リザーブ 2%
  • 流動性:10
  • シード・プライベート:20
  • パブリック 6%

MoveZの公式ミディアム和訳

下記の内容は、MoveZに関する理解を深めることを目的に、MoveZの公式ミディアムの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ずご自身にて、一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、MoveZ、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


MOVEZの紹介:初の持続可能なMove-to-Earnエコシステム

MoveZ($MOVEZ)は、ブロックチェーンベースの強力な新しいアプリケーションで、フィットネスを向上させることで健康を管理する人々にインセンティブと報酬を与える持続可能な方法を提供するよう設計されています。

ロック、バーン、ユーティリティのユニークな組み合わせと、業界をリードするフィットネストラッキングおよびパーソナライゼーション機能を活用し、MoveZは、これまで以上に多くの人々が幸せで健康、フィットネス、そしてモチベーションを持つ未来の到来を告げようとしています。

MoveZについて

MoveZは、モバイルファーストのアプリケーションとして、様々な技術を活用して運動量を正確に監視・記録し、本格的な運動記録・管理ソリューションを提供しています。
GPSによる距離測定、ブーストゾーンへの参加、パーソナルチャレンジの達成、ブロックチェーン技術による効率的な報酬の割り当て・分配など、様々な技術を活用しています。

MoveZは、さまざまなアスリート、スポーツパートナー、保険会社、健康施設と提携することで、ユーザーにさまざまな機会を提供し、ユーザーは公平で持続可能な報酬システムを通じて、フィットネスの努力と勝利に対して報酬を得ることができるようになるのです。

MoveZは、様々なバーンとロック機構、強力なトークン・ユーティリティ、制御されたNFT供給を活用し、報酬とユーザー成長のバランスを積極的に取り、過剰なインフレを招くことなく魅力的なインセンティブを維持することを確実にします。

MoveZは、フィットネス業界のすべての参加者の間でインセンティブをよりよく調整することによって、すべての人にフィットネスと健康増進の機会が与えられる時代を切り開くことを望んでいます。

MoveZが解決する問題とは?

フィットネスは、多くの人にとって単なる趣味ではありません。それは生き方のひとつです。運動をしている人は、より健康で長生きするという研究結果もあります。

運動は脳内でドーパミンとセロトニンの放出を促し、定期的に体を動かすことで気分が向上し、やる気、集中力、注意力など、生活のあらゆる面で向上する傾向があります。

しかし、世界中で多くの人が座りっぱなしになっているのは残念なことです。CDCによると、米国では成人の約4人に1人が十分な運動をしておらず、世界保健機関(WHO)の最近の調査では、欧州連合(EU)では成人の最大80%が十分な運動をしていないことが明らかになりました。WHOは、世界で少なくとも14億人の成人が運動不足であり、多くの国で直面している身体的・精神的な健康危機の大きな要因になっていると推定しています。

ブロックチェーンを活用した新しいMoveZは、インセンティブ付きのフィットネストラッキングソリューションを提供することで、この問題の根幹に取り組みます。MoveZでは、フィットネス関連の課題を完了し、パートナー・エコシステムと関わり、独自のブーストゾーンやローカル・チャレンジに参加することで、実質的に誰でも報酬を得ることができるようになるのです。

実際、FitRatedの最近の調査によると、アメリカ人の81%は、暗号通貨で報酬を得られるなら健康を維持する気になると考えており、60%以上の人は1BTCに相当する金額を得るために週に5日、1年間運動すると考えているそうです。

このような観点から、MoveZは、社会性、フィットネス、富を一挙に高めながら、健全な個人の成長を実現するプラットフォームを提供することを期待しています。

MoveZのユニークな機能

MoveZは、フィットネスのための最も機能的で持続可能なプラットフォームを提供し、競合他社との差別化を図るため、以下のような様々な機能を備えています。

複数のアクティビティ

MoveZの強力なトラッキング技術により、さまざまなエクササイズを正確にトラッキングすることができます。ウォーキング、ランニング、水泳、サーフィン、クロスフィットなど、さまざまな運動を正確に記録できます。これにより、選択したアクティビティに関係なく、誰でも自分の努力に応じた報酬を得ることができます。

ブーストゾーン

MoveZは、フィットネスの未来はソーシャルであると信じています。そのため、様々なブーストゾーンを用意し、ユーザーが運動してブースト報酬を獲得できるような地域限定ゾーンを提供します。また、地域ごとのイベントも開催され、同じ志を持つ仲間との交流の場が無限に広がります。

無料で始められる

MoveZでは、運動することをより身近に感じてもらうために、無料で始められる複数の参加経路を用意しています。これには、NFTの保有者が他のユーザーにNFTを貸し出し、その対価としてNFTが生み出す報酬の何分の一かを受け取ることができる、強力なトラストレス・レンディング・システムが含まれる予定です。さらに、機関、企業、グループ、スポーツジムなどは、複数のNFTを保有できる組織アカウントを作成し、その収益の可能性を複数のサブアカウントに分割してアクセスできるようになります。

地域の課題

MoveZは、モチベーションの維持だけでなく、個人のマイルストーンやソーシャルオプションの利点も重要であることを理解しています。そのため、一般的なものから個人的なものまで、さまざまなローカル・チャレンジを用意し、ユーザーが徐々に上達し、追加報酬を獲得し、より広いMoveZコミュニティと関わりを持てるよう支援する予定です。

稼ぐためにバーンする

この機能では、カロリー記録を活用して、報酬を提供できるアクティビティの範囲を広げるとともに、いくつかの新しいトークン・ユーティリティと機能をアンロックします(これについては、後日アップデートで詳しく説明します)。

リーダーボード

人間は本来、競争する生き物です。そのため、MoveZではローカルおよびワールドワイドのリーダーボードを設置し、ユーザーが自分の限界に挑戦したり、他のユーザーと競い合ったりできるようにする予定です。また、MoveZのプラットフォームの広さと知名度から、リーダーボードはトップパフォーマーにスポットライトを当てる役割も果たします。

デフレ・トークノミクス

長期的な持続可能性と公正な報酬のバランスをとるため、MoveZはさまざまなバーンおよびロックメカニズムを利用し、MOVEZ(および関連するBURNZ)トークンの効用を徐々に失効させる予定です。
これは、制御されたNFTの供給と組み合わせることで、MoveZがユーザーの信頼に応え、やりがいのあるフィットネスハブであり続けることを保証するものです。

初期の時価総額は小さめに

可能な限りアクセスしやすい状態を維持するという目標の一環として、MoveZはわずか5万5,000ドルの初期時価総額でローンチされます。これにより、セカンダリーマーケット参加者は、MOVEZトークンが適正評価に移行する前に、可能な限り低い価格で取得する機会を得ることができます。

現在のエコシステムの中での、MoveZの位置づけ

昨年、BlueZillaのエコシステムは劇的に拡大し、そのユーザーベースは全世界で100万人以上に達するまでに爆発的に増加しました。それ以上に、すでに107,000人以上のユーザーがホワイトリストに登録し、Twitterのフォロワーも10万人を超えています。

ベータ版のローンチは2022年第2四半期に予定されており、BlueZillaエコシステムの参加者、特に4つのローンチパッドを介して割り当てを予約した参加者は、真に有能で持続可能なムーブ・トゥ・アーンのエコシステムをいち早く体験することになります。

MoveZのトークン・ユーティリティ

MOVEZトークンはMoveZエコシステムの中核をなし、強力な機能の数々へのアクセスを解除するために使用されます。MOVEZトークンの暫定的なコアユーティリティの一部を以下に示します。

ステーキング
早期出資者は、MoveZのアプリケーションにいち早くアクセスすることができます。
ガバナンス
MOVEZの出資者は、次のブーストゾーンとしてどの地域を選ぶか、報酬の分配方法をどうするか、NFTの次のウェーブがいつ利用可能になるかを決めるなど、プラットフォームの運営方法について発言権を持つことになる可能性があります。
獲得するためにカロリーを燃焼する
ユーザーは、MOVEZとパートナー報酬プールの両方から、カロリー出力に基づいて報酬を獲得することができ、Burn to Earnメカニズムに参加するには、MOVEZに出資する必要があります。
チャレンジへの参加
誰でも参加できるチャレンジもありますが、MOVEZトークンを使って参加できるチャレンジもあります。これらのチャレンジでは、上位参加者は、チャレンジ参加者から提供された報酬ポット全体の一部を共有することになります。
早期アクセス
一般公開に先立ち、ユーザーはMOVEZトークンを消費して、プラットフォームへの早期アクセスを獲得し、そのムーブ・トゥ・アーン機能をいち早く試すことができます。

MOVEZのステーキング・ガイド

MoveZは、ウォーキング、サイクリング、スイミングなど、様々なアクティビティをトラッキングするために設計されたWeb3 Dappです。このフィットネストラッキングアプリケーションは、巧みに設計された稼ぐための動きとデフレトークンの仕組みのおかげで、ユーザーがより健康的なライフスタイルを送ることを奨励しています。
MoveZで収入を得る方法を学ぶには、以下のガイドに記載されている手順に従ってください。

  1. MoveZのステーキング・サイト(https://staking.movez.me/)にアクセスし、「接続」ボタンを押します(※)
  2. ウォレットが正常に接続されると、ステーキングの概要が表示されます。「ステーク」をクリックし、「次へ」をクリックして下さい。
  3. ステーキングしたい金額を設定します(ウォレットで利用可能な金額を賭けるには、「最大」ボタンを押すことができます)。すべて設定したら、「次へ」をクリックします。
  4. 承認が必要な取引は2つあります。まず、最初の取引を承認するために、「承認」ボタンを押してください。メタマスクウォレットで取引を承認するよう促されます。
  5. 承認が完了したら、「次へ」ボタンを押して2つ目の取引に進みます。
  6. 1回目の取引が完了すると、ステーキングに必要な2回目の取引の確認が表示されます。続行するには、「次へ」ボタンを押してください。

これで完了です。次のウィンドウでステーキングの確認が行われます。

(※)ステーキングにあたり、KYCは必要ありません。
早期ステーキング解除と引き出し手数料が適用されます。これは、ステーキングの2週間後に25%で始まり、1週間おきに5%ずつ減少するため、8週間以上経ってからステーキングを解除しても、もはやペナルティはありません。

これで、$MOVEZトークンのステーキングに成功し、リワードを受け取ることが出来ます。

MOVEZのステーキングの「ティア(Tier)」について

各ステーカーは、ステーキングされた金額に基づいて階層を割り当てられます。
Tier3以上のみ、最大3つの友達招待コードを作成し、アプリにアクセスすることができます。
ティアが高いほど、全体的な獲得報酬とAPYが高くなることを覚えておいてください。

ティア1
3つの招待コードを作成し、アプリに参加することができます。
Tier2
2つの招待コードでアプリにアクセスできます。
Tier3
1つの招待コードでアプリに参加できます。
ティア4と5
招待コードがなく、アプリに参加できない。

MoveZの招待コードの生成方法

以下は、招待コードを生成する方法の概略です。

  1. コード生成ボタンをクリックし、紹介コードを生成して「請求」ボタンを押します。
  2. 図のようにウォレットでトランザクションを確認します。
  3. トランザクションが承認されると、生成されたコードがダッシュボードに表示され、友人や家族と共有することができます。

MOVEZトークンと、BURNZトークンの違い

MOVEZという、誰もが経験することに興奮しているフィットネストラッキングアプリは、数日以内にそのアプリをリリースする予定です。そのため、この真に持続可能なMOVE-2-EARNエコシステムの背後にある、そのデュアルトークンシステムについて学ぶことが不可欠です。

MOVEZトークン

MOVEZトークンのコントラクト・アドレスは、下記の通りです。
0x039cD22cb49084142d55FCD4B6096A4F51ffb3B4

このトークンは、主にそのステーキング・ティアシステムを介してアプリにアクセスするために使用されます。

なお、MOVEZのステーキング・ティア・システムは、ステーキングされた$MOVEZトークンの量によって、利用できるインタラクションのレベル、つまりリワードポイントが決定される仕組みのことです。
ステークされたトークンの金額が高いほど、利用できる報酬のレベルが高くなるのは事実ですが、アプリはステークされたトークンの金額に関係なく誰でもアクセスすることができます。

BURNZトークン

BURNZトークン(コントラクト・アドレスは、0xA1B4C67AB08DCeaB25e7B22B4a11897Ea042a1a8)は、アプリ内報酬のトークンです。
したがって、アプリ上で記録された身体活動の結果として蓄積された報酬は、$BURNZトークンで提供されます。
このトークンを使って、より上位の特典をアンロックし、収益の可能性を最大化することができます。
例えば、アプリ内のマーケットプレイスからブースターNFTを購入できるようになるなどです。

このように、2つのトークンシステムは、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、より高い報酬の可能性を実現するために設計されています。

2つのトークンの違いは、$MOVEZによるアクセスと$BURNZによるリワードの違いだけではありません。
ステーキングアクセスに加え、$MOVEZは次のような一連のユーティリティを提供します。

アプリ内の報酬メカニズムへのアクセス
異なる金額のトークンをステークすることで、ユーザーは異なるレベルの報酬にアクセスすることができます。
投票権
トークン保有者は、バーンメカニズムに実装してほしいトークンに投票することができるようになります。
BURNZ/MOVEZペアの流動性プロバイダーになることができる
流動性はPancakeSwapのような分散型取引所で提供され、他の流動性トークンと同じようにいつでもポジションを清算することができます。

一方で、BURNZトークンは、身体活動に対するアプリ内報酬トークンとして受け取ることができ、以下の用途に使用できます。

MOVEZとのトレード
収益の確保を考えている場合、BURNZをMOVEZを交換できます。
ブースターNFTの購入
$BURNZを使ってブースターNFTを購入し、運動量を大幅に増やすことができます。
クエスト
ほとんどのクエストは無料で開始・完了できますが、一部のプレミアムクエストはBURNZトークンを使ってアンロックすることができます。
イベントとトーナメント
BURNZを使用して、ローカルおよびグローバルなイベントやトーナメントに参加することができます。

全体として、MOVEZトークンだけではアクセスできないアプリ内特典を利用するためには、BURNZトークンを保有することが必要です。
さらに、BURNZのバイバックとバーンメカニズムが実装され、トークン経済の長期的な持続可能性が保証されます。


本記事の内容は、各公式サイト等に掲載されている情報を参考に作成したものであり、内容の真偽等に関して、如何なる保証等も行うことは出来ません。
本記事内で言及しているサービス等に関する一次情報については、必ず、 当該サービス提供元のサイト等を、読者様ご自身でご確認下さい。
本記事内の情報は、時間経過に伴い、有効性を失っている場合があります。最新情報に関しては、必ず、ご自身にてご確認下さい。
本記事は、一般的な情報提供のみを目的として作成しているものであり、いかなる暗号資産・有価証券・その他デジタルアセットの取得を勧誘するものではありません。また、それらの資産等の取得をしないように推奨する目的もありません。また、投資助言を目的としたものでもございません。
本記事内に掲載した情報によって起きた、いかなる直接的・間接的損害について、一切責任を負うことは出来かねます。
暗号資産投資やその他の投資にはリスクが伴います。
投資を行う際は、リスクを了承のうえ、ご自身の判断で行って頂きますよう、お願いを申し上げます。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。