「眠って稼ぐ」Sleep to Earnで話題沸騰の【DreamN】とは

「眠るだけ」で稼げるようになる、と話題の、DreamN。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、日に日に、関心は高まりつつあります。

そんなDreamNのローンチに向け、今のうちに済ませておくべき準備内容としては、下記の通りです。

  1. 仮想通貨取引所大手「Coincheck(コインチェック)」にて口座開設
  2. 仮想通貨口座にテスト送金(1円でも可)
    ※「未利用口座」扱いで口座凍結などのデメリットを被ることがないよう、口座開設が済んだら、100円程度の少額でも良いので、入金をしておくことがポイントです。
  3. DreamNのTwitterアカウント等をフォローし、最新情報入手の態勢を整える

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

コインチェックでの口座開設

DreamNで得られる報酬は、日本円建てではなく、トークンで支払われます。
そして、その収益を実際に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。
また、少なくともサービス・ローンチ当初の間は、DreamNのトークンは、そのまま直接日本円に換えることは、出来ないことが予想されますから、

  1. トークンを、USDT等の仮想通貨に交換し、
  2. 交換先の暗号資産を、日本円に換える、

というプロセスが必要です。

この手続きを行うには、あらかじめ、暗号資産取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、DreamNの収益がトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、仮想通貨口座が必要となります。

※日本国内には、仮想通貨交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、DreamNの収益受け取りなどが主な目的である場合、「大手で」「口座開設手続きも速い」ということで、Coincheck(コインチェック)あたりで口座開設を済ませておけば無難です。

DreamN開始の時点で仮想通貨口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

DreamNアプリがローンチされ、実際にサービス利用を始めて、早速トークンを稼ぐことが出来た場合、稼いだトークンを、DreamNのゲーム内ウォレット等に入れたままにしておくと、最悪、DreamNが大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

DreamNのような「To Earn」型プロジェクトのプレイヤーの間で人気の高いCoincheck(コインチェック)の場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、DreamNアプリの正式ローンチ等の前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

仮想通貨の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

DreamNを通じて得ることの出来る報酬は、暗号資産(トークン)であり、日々、値動きがあります。
DreamNでトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」(※数値はあくまでも例示に過ぎません)というタイミングで、DreamNを通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のCoincheck(コインチェック)等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに他の暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、DreamNで100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンのレートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、仮想通貨口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

DreamNのようなNFTゲーム(ブロックチェーン・ゲーム)をプレイする場合、初期投資した原資の回収は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、DreamNのようなNFTプロジェクトの先行プレイヤーの中には、「ある程度まとまったゲーム内トークンを稼げたら、ダラダラとトークン建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とするプレイヤーも存在します。

そのためには、実際にDreamNで稼ぎ始める前に、トークンを(間に他の暗号資産を挟んで)比較的スムースに換金できることが見込まれるCoincheck(コインチェック)で、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

口座開設が済んだら、「未利用口座」扱いを避けるため、1円~数百円程度の少額でも良いので入金を忘れずに

昨今、りそな銀行や、三菱UFJ銀行、セブン銀行等といった大手銀行では、口座開設後に入金の無い、いわゆる「未利用口座」に対し、口座管理手数料を課したり、自動解約扱いにしたり、といったケースが増えています。

Coincheck(コインチェック)では、今のところ同様の報告はありませんが、万が一、同様の仕組みが取り入れられた場合、いざ、DreamNで収益を得た時に、その収益を受け入れるための口座が自動解約されていて、日本円に換えられない、等という事態が生じては、一大事です。

万が一のリスクを避けるべく、コインチェックの口座開設が済んだら、1円~数百円程度の少額で良いので、口座に入金をしておくようにしましょう。
数円~数十円でも入金実績があれば、口座が自動解約されることはありません。

なお、コインチェックへの入金は、通常の銀行振込でも行えますし、「コンビニ入金」や「クイック入金」といった処理も可能です。

  1. まず、Coincheck(コインチェック)に口座開設
  2. 口座開設が済んだら、(1円~数百円程度の少額で良いので)入金をしておく

というのを、ワンセットで進めるようにすれば大丈夫です。

仮想通貨取引口座の開設方法

仮想通貨取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はDreamN。DreamNのプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • とりあえず、「大手」で、
  • ごくシンプルに、DreamNで得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、Coincheck(コインチェック)に口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、親会社は東証一部上場企業(「マネックス証券」などで有名な、マネックスグループ)。
最近では、俳優の松田翔太さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
暗号資産取引アプリのダウンロード数は、既に415万件を突破しており、国内第1位です。


参考:
コインチェック(公式サイト)


そんなコインチェックで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

コインチェックの仮想通貨口座開設手順

①コインチェックの公式サイトにアクセス

まずは、コインチェックの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

②「口座開設(無料)はこちら」をクリック

「口座開設(無料)はこちら」の部分をクリックします。

③メールアドレスとパスワードを登録

普段使っているメールアドレスを入力し、別途、好きなパスワードを入力。
「私はロボットではありません」のチェックボックスにチェックを入れて、「登録する」をクリック。

④メールの認証を行う

コインチェックから、先ほど入力したメールアドレスあてに、アドレスの確認メールが届きますので、文中のURLをクリック。

こんな英語のメールが届いた場合でも慌てず、文中のURLをクリックすればOKです。

⑤本人確認書類の提出へと進む

メール文中のURLをクリックすると、コインチェックのマイページにログインできます。
続いて、「本人確認書類を提出する」へと進みます。
※本人確認書類の提出を済ませておかないと、肝心な仮想通貨の売却(NFTアートの販売代金の、日本円の換金)やその出金が出来ません。

⑥電話番号認証

手元の携帯電話の電話番号を入力し、「SMSを送信する」をクリック。
すると、認証コードが記載されたSMSが届くので、その認証コードを入力し、「認証する」をクリックします。

電話番号認証が済むと、下のような画面が表示されるので、

「本人確認書類を提出する」をクリック。

⑦重要事項の承諾

諸々の重要事項内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリック。
次画面で引き続き、「本人確認書類を提出する」をクリック。

⑧本人確認用の「コインチェックアプリ」のダウンロード

「アプリのQRコードを表示」をクリックすると、本人確認用のアプリがダウンロードできるので、手元のスマホ等にインストール。
なお、QRコードを読み取れない場合は、App Storeなどで「コインチェック」と検索してもOKです。

「入手」をタップすると、アプリをダウンロードすることが出来ます。

⑨ダウンロードしたアプリを開き「ログイン」をタップ

すると、下のように、メールアドレスとパスワードを入力する画面に移動するので、最初に入力したメールアドレスとパスワードをそれぞれ入力し、「メールアドレスでログイン」をタップ。

⑩事前に登録した携帯電話に認証コードが届くので、入力

すると、アプリの画面下に、「本人確認」という表示が現れるので、これをタップ。

⑪氏名等の基本情報の入力

「STEP2」の箇所をタップして、

氏名や生年月日等の入力画面に進みます。

⑫本人確認書類の提出に進む

続いて「STEP3」をタップし、本人確認書類の提出に進みます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

の中から、好きな本人確認書類を選び、写真撮影&画像提出を済ませれば、あとは、コインチェック側の審査を待てばOKです。

コインチェック側に資金送金(1円でも可)

コインチェックの口座開設が済んだら、今後のDreamNの本格ローンチ等に向けて、ひとまず、コインチェック口座に、1円~数百円程度の少額でもよいので、入金をしておきましょう。
※単なる「口座への入金」であり、「支払い」ではないので、入金をすることで、資産量が減るわけではありません。
他の銀行口座内で預金していた資金の一部(数百円程度)を、新たに開いた口座に移動する、というだけの話です。

入金方法は、

  • 通常の銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

の3種から選ぶことが可能です。
このうち、コンビニ入金とクイック入金は、やや割高(770円)の手数料がかかってしまうので、特にこだわりが無ければ、「銀行振込」がベターです。

入金先の口座はユーザーごとに異なりますので、マイページ左側の「日本円の入金」のところから、自分の専用口座の情報を確認し、振り込んでみましょう。

このような画面から、自分専用の口座番号を確認できます。

なお、口座開設後の入金は、あくまでも着金試験、そして、未利用口座扱いでの自動解約リスクを防ぐことが目的ですから、金額は少額で構いません。
100円でも200円でも、「とりあえず、入金実績を作っておこう」程度の金額でOKです。

DreamN概要

※以下の内容は、DreamNの公開情報(ホワイトペーパー等)の翻訳を試みたものです。
誤訳の可能性もございますので、必ず、読者様ご自身にて、一次情報をご確認下さいますよう、お願い致します。


DreamNアプリケーションは、このような困難な時期に必要な、休息を最大限に活用し、健康的な睡眠を促進するためのツールです。
DreamNのアプリケーションは、Social-FiとGame-Fiの要素を組み合わせることで、適切な睡眠時間を確保したユーザーに報酬を与え、健康的な睡眠スケジュールを促進することを目的としています。
DreamNは、ユーザーが寝ている間に受動的な収入を得ることができるアプリケーションを作成する機会・チャンスに挑戦しようとしているチームです。

最近の人々は、例えば投資関係のチャートを見るなど、自分の活動に忙しすぎて、夜の休息の重要性を無視してしまうことがあります。
統計によると、暗号通貨に最も投資している世代はジェネレーションXで、ベビーブーマーがそれに続き、ミレニアル世代がそれに続いています。
将来的には、ジェネレーションZがより多くの暗号資産に関わることになるだろうと予測されています。

DreamNは、睡眠の質に対する意識を高めるために生まれました。
DreamNでは、人々は暗号資産を理解する必要はなく、十分な睡眠をとることだけが稼ぐために必要なことです。
私たちの目的は、様々なアプリケーションの開発を通じて、何百万人もの新しい人々を暗号通貨の世界に引き込む、強力なアプリプラットフォームとエコシステムを構築することです。
人々が暗号資産の力を体験し、生活や睡眠習慣にシンプルでポジティブな変化を起こすことができるようにすることです。

DreamNのトークンは「$DreamN」であり、コントラクト・アドレスについては、近日公開予定です。

DreamNのビジョン

私たちは、多くの人が日々の仕事に追われ、睡眠不足に陥っていることを実感しています。
そのため、睡眠がおろそかになっています。
DreamNでは、睡眠の質を高めるとともに、眠っている間にも収入が得られることを可視化しました。
この仕組みは、人々の身体的、精神的、感情的な幸福感を高めることにつながるでしょう。

DreamNのミッション

実際、どのくらいの睡眠時間が必要なのでしょうか?
よく食べ、定期的に運動していても、毎晩最低6〜7時間の睡眠をとっていないと、他のすべての努力を台無しにしてしまうかもしれません。
睡眠時間が少なかった場合、最も一般的な副作用は次のとおりです。

  • 意識障害
  • 記憶障害
  • 日中の過度の眠気

そして、私たちは暗号通貨で報酬を与えることで、人々に十分な睡眠時間を持つように促しているのです。

DreamNは、副収入(不労所得)を得ながら、人々の睡眠習慣の改善を促すことに専念しています。
DreamNは、あなたの睡眠の質を毎日モニターし、あなたの睡眠サイクルの詳細なデータを作成します。

DreamNで寝ながら稼ぐ、ということ

Sleep-to-Earnは、ユーザーが睡眠から利益を得ることを可能にする形態です。
睡眠データは、モーショントラッカーやアクティビティトラッカーから記録され、ユーザーがスマートフォンで簡単にアクセスできるプログラム/アプリに組み込まれます。
DreamNは、Game-FiとSocial-Fiの要素を持つアプリケーションです。
DreamN の sleep to earn のコンセプトは、ブロックチェーン技術の認知度を高めるための一歩であり、誰でも簡単に実現できる方法です。
DreamNを使用するには、ユーザーはプログラムをダウンロードし、$DreamNを保持し、休息中にGPSトラッキング、モーションセンサー、アクティビティトラッカーの権限を許可することを確認する必要があります。

DreamNで寝ながら稼ぐ方法

DREAMNが提供するSleep-to-Earnアプリケーションに参加するには、$DreamNトークンを保有する必要があります。
時間帯は夜間であり、インターネット接続、及び、アクティビティ・トラッカーへの使用許可が必要となります。

保有しておく必要のあるDreamNトークン量

報酬の対象となるのは、

  • 400枚以上の$DreamNトークンを保有しており、かつ、
  • 6時間以上連続して睡眠をとることのできたユーザーです。

なお、報酬は、BNBで支払われます。

DreamNのアプリ

DreamNを使用するには、以下のものが必要です。

  • AndroidまたはiOSのスマートフォン:GPS位置情報、ボディセンサー、身体活動量をアプリが追跡するために有効にする必要があります。
  • MetamaskまたはTrustWalletウォレット(BNBチェーンに接続):報酬を受け取るために必要となります。
  • また、DreamNに参加するためには、400枚以上のDreamNを保有する必要があります。

DreamNのシングル・モード

BNBは、睡眠サイクルが成功するたびに、合計休息時間と、当該ユーザーが保有しているDreamNトークンの量に応じて支払われます。
また、リーダーボード(≒ランキング・ボード)には、健康的な睡眠サイクルを維持することに成功したユーザーのランキングが表示されます。
なお、毎月の休息モードのリーダーボード上位1名には、大量のBNBボーナスが支払われます。
休息モードの月間ランキング上位2位~10位には、BNBがボーナスとして支給されます。

チャレンジ・モード(近日公開予定)

DreamNが設定した課題には、BNBの報酬が設定されています。
チャレンジに参加する場合、ユーザーはミッションをクリアすることで報酬を受け取ることができます。
各課題にはそれぞれ異なる条件が設定されており、失敗した場合は報酬を受け取ることができません。
また、チャレンジに参加するためには、少額の参加費が必要です。

  • 睡眠サイクル:ユーザーが睡眠をとるのに必要な時間です。
  • 報酬:ユーザーがミッションを完了した後に獲得できる報酬の量です。
  • Challenge Difficulty:ミッションの難易度です。

シーズンごとのランキング

シーズンは毎月開催され、リーダーボード上位のユーザーにはBNBが贈られます。
DreamNのランキングシステムは、良い睡眠習慣を維持することを促進するように設計されています。
これは、ユーザーがログインしてできる限り十分な睡眠をとることを保証するために開発者が関与する機能です。
あなたがどれだけ一貫しているかによって、あなたの評価は上がったり下がったりします。
システムが睡眠サイクルの悪い習慣を記録した場合、そのアカウントのランクは時間の経過とともにデフォルトで下がります。
DreamNランキングシステムには、5つのランクがあります。

  • ブロンズ
  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ダイヤモンド

不正防止の仕組み

ゲーム中の不正行為を防止するために、3つの仕組みを活用しています。

  • GPSトラッキング
  • モーションセンサーと、ヘルス・アクティビティ・トラッカーからのデータ
  • 機械学習により、不正行為を特定することができます。

DreamNは、不正な処理の施されたスマートフォンや、OSが変更されたスマートフォンで実行することはできません。
異常な動作のあるアカウントはすべて即座にロックされますので、ご注意ください。

DreamNへの参加方法

DreamNに参加するには、以下の手順が必要です。

PancakeSwapで$DreamNを購入する。

PancakeSwapでBNBを$DreamNに交換します(報酬を獲得するためには、$DreamNを400枚以上持っている必要があります)。
なお、詐欺被害を避けるため、$DreamNの公式コントラクトを使用する必要があります。

DreamNアプリのダウンロードとインストール

DreamNのリンクからDreamNアプリをダウンロードし、apkファイルをインストールしてください。

DreamNアプリにウォレットを入力する

アプリを開き、DreamNアプリにBSCウォレットアドレスを入力します。

これで準備は完了です。
十分な睡眠をとるだけで、タスクを完了した後、報酬が直接アカウントに送られます。

より健康的なライフスタイルの実現に向けて

DreamNアプリケーションは、1日に十分な睡眠をとるためのオンラインツールを提供し、健康的なライフスタイルの確立を支援します。
人は1日に6~8時間の睡眠が必要であることが知られています。

睡眠に関する悩みを相談できる専門家によるリアルタイム相談も提供される予定です。
スマートウォッチなどのスマートアクセサリーとの直接接続や、他のヘルス&フィットネスアプリケーションとの接続をサポートします。

DreamNのよくある質問

DreamNとは?

DreamNは、健康的な睡眠と休息をサポートするツールです。
私たちのアプリケーションは、Social-FiとGame-Fiの要素を組み合わせることで、適切な睡眠時間を確保したユーザーに報酬を与え、健康的な睡眠スケジュールを促進することを目的としています。

Sleep-to-Earnのコンセプトは何ですか?

Sleep-to-Earnは、ユーザーが自分の睡眠時間を管理することで、$DreamNトークンの形で報酬を得ることができ、十分な睡眠をとることで健康的な生活を送ることを推奨しています。
睡眠データは、スマートフォンで簡単にアクセスできるプログラム/アプリに組み込まれたモーションおよびアクティビティトラッカーから記録されます。

DreamNで利益を得るにはどうしたらいいですか?

ユーザーは、DreamNの収益モードであるSleep-to-Earnに参加するために、少なくとも400枚のDreamNトークンを保持する必要があります。

どのようにDreamNに参加しますか?

DreamNに参加するには、以下の手順を踏んでください。

  1. PancakeSwapで$DreamNを購入するか、PancakeSwapでBNBを$DreamNに交換します(報酬を獲得するためには、少なくとも400 $DreamNが必要です)。
  2. DreamNのリンクからDreamNアプリをダウンロードし、apkファイルをインストールしてください。
  3. アプリを開き、DreamNアプリにBSCウォレットアドレスを入力します。

DreamNアプリの特徴を教えてください。

DreamNには、シングルモード、チャレンジ、シーズン、アンチチートの4つのアプリ機能があります。
詳しくは、DreamNアプリの項目をご覧ください。

パーソナル・ウェルビーイングの意味を教えてください。

DreamNアプリケーションは、1日6~8時間という十分な時間を確保するためのオンラインツールを提供することで、健康的なライフスタイルを身につけることを支援します。
睡眠の悩みを相談できる専門家へのリアルタイム相談も提供される予定です。
スマートウォッチなどのスマートアクセサリとの直接接続や、他の健康・フィットネスアプリケーションとの接続をサポートします。

DreamNトークンの供給数は?

総供給数は20,000,000トークンです。

取引手数料はかかりますか?

購入時に5%、売却時に15%の手数料がかかります。


本記事の内容は、各公式サイト等に掲載されている情報を参考に作成したものであり、内容の真偽等に関して、如何なる保証等も行うことは出来ません。
本記事内で言及しているサービス等に関する一次情報については、必ず、 当該サービス提供元のサイト等を、読者様ご自身でご確認下さい。
本記事内の情報は、時間経過に伴い、有効性を失っている場合があります。最新情報に関しては、必ず、ご自身にてご確認下さい。
本記事は、一般的な情報提供のみを目的として作成しているものであり、いかなる暗号資産・有価証券・その他デジタルアセットの取得を勧誘するものではありません。また、それらの資産等の取得をしないように推奨する目的もありません。また、投資助言を目的としたものでもございません。
本記事内に掲載した情報によって起きた、いかなる直接的・間接的損害について、一切責任を負うことは出来かねます。
暗号資産投資やその他の投資にはリスクが伴います。
投資を行う際は、リスクを了承のうえ、ご自身の判断で行って頂きますよう、お願いを申し上げます。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。