Cookin’ Burgerは稼げるのか-ゲームの始め方や、攻略のコツ、NFTの仕組みなどを検証

※記事内の画像については、「Cookin’ Burger」の実際のゲーム等から引用したものです。

Cookin’ Burgerの始め方

Cookin’ Burger公式サイトにアクセス

↑まずは、Cookin’ Burger公式サイトにアクセスしたうえで、画面下部の「Click to Start」をクリックします。

↑続いて、画面が遷移したら、「Tap to Start」をクリックします。

Cookin’ Burgerへのサインインに使用するメールアドレスの入力

↑入力が済んだら「OK」をクリックします。

↑「メールが送信されました」の表示を確認したら、先程入力したメールアドレス宛に届いている認証メールをチェックします。

確認メール文中のリンクから、Cookin’ Burgerにログインする

↑メール文中の「Cookin’ Burgerにログイン」をクリックし、Cookin’ Burgerにログインします。

Cookin’ Burgerに登録したいプレイヤー名を入力

↑入力が済んだら「OK」をクリックします。

Cookin’ Burgerのゲーム画面がこちら

この画面まで行きつけば、初期登録完了です。
画面右下の「Play」をクリックすれば、実際のゲームプレイをスタート出来ます。

Cookin’ Burgerの遊び方・プレイ方法

Cookin’ Burgerのプレイに使用するお店(ストア)を選ぶ

↑まずは、画面左側の「ストア」画像をクリックします。

「NFTを持っていない人はこちら」をクリック

なお、「新しいお店を手に入れる」をクリックすると、マーケットプレイスへと画面遷移し、ショップNFTの購入を行うことが可能です。

「Easy」(=簡単)のストアをクリック

これで、ストアの選択は完了です。

※なお、今後のアップデートで、「フィールド」(「都会」のほかに、「ビーチ」など)も選択できるようになる予定です。

Cookin’ Burgerホーム画面で、「Play」をクリック

↑画面右下の「Play」をクリックします。

↑チュートリアル内容を確認したうえで、実際のプレイを開始します。

Cookin’ Burgerでの注文確認&調理

↑「Let’s cook」の表示とともに、お客(ゲスト)の来店が始まります。

来店するゲストの注文内容を確認

↑プレイを開始すると、ひっきりなしに、ゲスト(客)が来店します。
各ゲストの注文内容をよく確認したうえで、調理を進める必要があります。

ハンバーガーに使うパティを、画面左側の鉄板で焼く

まずは、画面左側の鉄板で、ゲストに出すパティを焼きます。
概ね数秒程度で、パティは焼きあがります。

ピクルスなどをバンズに乗せる

焼きあがったパティとともに、ピクルスなどの食材を、バンズに挟みます。
あとは、料理を待っているゲストに向けて、出来上がった料理をドラッグすれば、注文処理完了となります。

プレイが終了すると、結果が確認できる

↑プレイが終了すると、このような結果画面が表示され、コインの獲得量などを確認できます。
また、「OK」をクリックすると、獲得した評判ポイントについて確認が出来ます(評判ポイントについて詳しくは後述)。

Cookin’ Burgerのレシピについて

Cookin’ Burgerでは、ゲームを進めて「評判ポイント」が貯まるにつれて、「レシピ」の習得を行うことが出来ます。

習得済のレシピの確認方法

ゲームを始めてから慌てないように、あらかじめレシピの確認を済ませておくことも大切です。
既に修得を済ませたレシピについては、下記の要領で確認できます。

各ストアの、レシピ本のアイコンをクリック

↑ストア画面から、本の形をしたアイコンをクリックします。

レシピを確認したい料理をクリック

↑アンロック済のレシピの中から、今回調理方法を確認したい料理をクリックします。

レシピのチェック

↑選択したメニューのレシピ内容が確認できます。
なお、Cookin’ Burgerの場合、食材をセットする「順番」についても、「ベストな順番」の指定が存在するため、スコアを最大化したい場合、留意が必要です。
上掲のハンバーガーの場合であれば、

  1. バンズ
  2. パティ
  3. ピクルス

の順番でセット・調理することで、評価は最大化されます。

※なお、具材の数と種類があっていれば、たとえ順番は間違っていたとしても、料理の提供そのものは可能です。

新たなレシピの習得方法

Cookin’ Burgerでは、新たなレシピを習得するためには、「評判ポイント」を蓄積していく必要があります。
必要な評判ポイントが蓄積されれば、レシピは自動的に習得されます。

実際に新レシピを習得した様子がこちら

↑プレイによって「評判ポイント」を高めると、このように、プレイ開始当初は存在しなかった新レシピを習得することが出来ます。

Cookin’ Burger攻略のコツ

ゲストの待ち時間はあまり長くない→スピーディーな調理がカギ

実際にCookin’ Burgerをプレイしてみると分かりますが、各ゲストの待ち時間(=注文を出してから、立ち去ってしまうまでの時間)は、決して長くありません。
押し寄せるゲストからも注文に圧倒され、あたふたしているうちに、待ち時間が経過し、ゲストが立ち去ってしまう…などという事態にならぬよう、前述の要領で、あらかじめしっかりとレシピを確認・復習しておく必要があります。

※なお、ゲストを待たせることなく、料理を提供できれば、「評判ポイント」を多く獲得できます。
一方で、ゲストを待たせ過ぎたり、待ちくたびれたゲストがショップから立ち去ってしまうと、評判ポイントにはネガティブな影響が働くこととなります。

パティの焼きすぎには要注意

↑Cookin’ Burgerのプレイを始めて最初のうちは、パティとピクルスをはさんだハンバーガーが、主な料理メニューとなります。
ハンバーガー調理のためには、あらかじめパティを焼き上げる必要があるのですが、焼き上がりは意外と速いため、要注意。
他のゲスト向けのハンバーガーの準備や、ドリンクメニューの提供などを進めているうちに、うっかりパティを焼きすぎてしまう…などということがないよう、常に鉄板の状態には注意を払いましょう。

※食材・料理をダメにしてしまい、ゴミ箱に廃棄してしまうと、評判ポイントに悪影響が生じます。

Cookin’ Burgerのエナジー残量には要注意

↑まず、Cookin’ Burgerを1回プレイするためには、12エナジーの消費が必要となります。

↑一方で、エナジーバーには、最大で30エナジーを貯めることが出来ます。

満タンまでエナジーを貯めれば、2回分、ゲームをプレイすることが出来ますが、その後、エナジーを回復させるためには、それなりの時間がかかります。

9月9日に確認したところ、1エナジーの回復には24分かかりますので、1プレイに必要な12エナジーを回復するためには、24分×12エナジー、すなわち、5時間弱程度の時間がかかります。

Cookin’ Burgerのトーケノミクスを保護するためには、「1日のプレイ可能回数に、一定の制限を設ける」、すなわち、リワード・トークンの放出量をコントロールすることは大切です。
かつ、ゲームとしてのマネタイズのために、今後、「課金を行うことでエナジー回復を早める」といった機能が提供される可能性もありましょう(あくまでも憶測です)。

いずれにせよ、プレイヤー目線からは、Cookin’ Burgerのエナジー消費、及び回復のペースについて、あらかじめ、把握をしておくことが大切です。

Cookin’ Burger独自の「評判ポイント」はかなり重要

↑新レシピを習得などをスムースに進めるためにも、「評判ポイント」はしっかりと蓄積していく必要があります。

「評判ポイント」を稼ぐコツ

評判ポイントは、以下のような条件を達成することで、スピーディーに蓄積されていきます。

  • 料理を素早く提供すること(=ゲストを長く待たせないこと)
  • コンボの達成
  • 料理を正しい順番(=レシピ通りの順番)で調理すること
  • 来店したゲスト全員に対して、しっかりと料理を提供すること

評判ポイントのマイナスに結びつくNG行為

逆に、以下のような行動をしてしまうと、評判ポイントに悪影響が生じますので、注意が必要です。

  • 食材をゴミ箱に捨ててしまうこと
  • 制限時間内にゲストに料理を提供できなかった
  • ゲストを帰らせてしまった

ゲームを進めることで得られる「設備」も有効活用を



引用元:Cookin’ Burger

Cookin’ Burgerのゲームプレイを進めていくと、次第にお店で使える「設備」が増えていきます。
獲得した当初は使い方に悩むこともあるでしょうが、出来るだけ早めに活用法をマスターし、積極的に利用していくことで、高評価獲得にも繋がりやすくなりましょう。

Cookin’ Burgerは稼げるのか

Cookin’ Burgerのリワード(報酬)獲得の仕組み

Cookin’ Burgerでは、

  • ゲーム内報酬
  • デイリーミッション(今後実装予定)
  • 月間ランキング(今後実装予定)

という、3つの稼ぎ方が提供されます。
このうち、月間ランキングについては、おおよそ1か月ごとにスコアが集計され、ランキングに応じて、DEP報酬等が付与される予定です(※ただし、今後実装予定)。

Cookin’ BurgerのNFT=「ショップ」の仕組み

Play to Earnゲーム攻略の鍵となるのは、そのゲームが発行しているNFTをいかにうまく活用するか、という点。
そして、Cookin’ Burgerの場合、ゲームNFTとして提供されているのが、「ショップ」NFTです。

Cookin’ BurgerのショップNFTには、以下のようなグレードがあります(表記は高→低グレード順)。

  1. トラック(デラックス)
  2. トラック(エコノミー)
  3. トラック(中古)
  4. 屋台(デラックス)
  5. 屋台(エコノミー)
  6. 屋台(中古)

なお、ゲーム内で好成績をおさめ、かつ、DEPコインを消費することによって、ショップNFTのグレードアップを行うことも出来る、とのこと。

さらに、Cookin’ BurgerのショップNFTの独自仕様として、仮に、ショップNFTのグレードアップを行った場合、

  • グレードアップ前のショップNFTについては、手元に残ったうえで、
  • 当該ショップNFTのパラメータを引き継いだ、1グレード上のショップNFTが、追加で手に入る、

という仕組みとなっています。

このように、プレイヤー有利な仕様・条件がある一方で、Cookin’ BurgerのショップNFTには「経年劣化」機能が付与されている点には、注意が必要です。
ゲームのプレイ回数に応じて、ショップNFTには劣化が生じ、一定以上まで劣化が進めば、以後、ゲームプレイには使用することが出来なくなります。
※なお、劣化して使えなくなったショップNFTについては、所与の条件を満たせば、「リペア」(回復)することが出来る機能も提供される予定、とのことです。

Cookin’ Burgerのプレイメリット

Cookin’ Burgerのゲームそのものは、無料でもプレイできる

Cookin’ BurgerのNFTを保有していないプレイヤーであっても、アカウント作成時に付与される無料の屋台(中古。非NFT)を使用することで、無料でCookin’ Burgerをプレイすることが出来ます。
Cookin’ Burgerの公式ブログ記事によれば、こうした無課金ユーザーについても、専用のランキングが提供され、報酬獲得が可能、とのことです。

一旦、無料で付与される屋台を用いてプレイしてみて、
「楽しい」
「もっとやりこんでみたい」
と感じれば、改めて、ショップNFTの購入を検討してみる、というのも、ありでしょう。

Cookin’ Burgerでは、スカラーシップ機能も提供される

「NFTを用いてCookin’ Burgerをプレイしてみたいが、NFT購入のために費用を投資することは難しい」
というユーザー向けに、Cookin’ Burgerでは、NFTのレンタル機能、すなわち、「スカラーシップ機能」も提供されます。

逆に、「Cookin’ BurgerのNFTに対して投資をしてみたいが、自分で直接ゲームをプレイするための時間は割けない」という投資家も、このスカラーシップをうまく利用すれば、自身の目的を果たすことが出来ましょう。

一方で、Cookin’ Burgerのスカラーシップ制度には、以下のような注意点もありますので、留意が必要です。

  • スカラー(=NFTを借りる立場の人)は、あくまでも、1人のオーナーとしか取引が出来ない(=複数のNFTオーナーから、NFTをレンタルすることは出来ない)。
    ※なお、オーナー側は、NFTが複数あれば、複数のスカラーに対して、NFTをレンタル出来ます。
  • スカラーが獲得したDEP報酬は、全て、NFTのオーナーのウォレットに送付される。
    ※「スカラー⇔オーナー」間での報酬のやり取りについては、全て、プレイヤー同士で連絡・取引をする必要があります。

Cookin’ Burgerの運営側が、DEP報酬の分配を行ってくれるわけではない、という点に、注意が必要でしょう。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。