RunBlox(ランブロックス)は稼げるのか-始め方や使い方、稼ぎ方を検証

「歩くだけ」「ジョギングするだけ」で稼げる、と話題のRunBlox(ランブロックス)。
昨今、TwitterなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まるばかりです。

そんなRunBlox(ランブロックス)を、現在、最もスピーディー&効率的に始めるためには、下記のようなステップを辿ることが、目下、「鉄板」とされています。

  1. 国内暗号資産取引所「ビットポイント」にて口座開設
  2. RunBlox(ランブロックス)の公式Discordサーバー内で、招待コードを入手
  3. RunBlox(ランブロックス)アプリをダウンロード

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

ビットポイントでの口座開設

RunBlox(ランブロックス)で得られる報酬は、日本円建てではなく、Rux(ラックス)という、ゲーム内通貨で支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、仮想通貨取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、RunBlox(ランブロックス)の収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、RunBlox(ランブロックス)の収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

RunBlox(ランブロックス)利用開始の時点で暗号資産口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

RunBlox(ランブロックス)の招待コード・アプリ・スニーカーNFTを入手し、RunBlox(ランブロックス)を始めて、早速、トークンを入手することが出来た場合、稼いだトークンを、RunBlox(ランブロックス)のゲーム内ウォレットに入れたままにしておくと、最悪、RunBlox(ランブロックス)が大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

RunBlox(ランブロックス)のようなMove to Earnゲームのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、RunBlox(ランブロックス)アプリのダウンロード等の諸作業を始める前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

RunBlox(ランブロックス)を通じて得ることの出来る報酬は、Avalanche(アバランチ)というブロックチェーン上で流通するトークンであり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
RunBlox(ランブロックス)でトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくウォーキングやジョギングでトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、RunBlox(ランブロックス)を通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、RunBlox(ランブロックス)で100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

RunBlox(ランブロックス)のようなMove to Earnゲームをプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、Move to Earnゲームの先行プレイヤーの間では、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とされています。

そのためには、実際にRunBlox(ランブロックス)で稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイントで、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はRunBlox(ランブロックス)。RunBloxのプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、RunBlox(ランブロックス)で得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
最近では、「ビッグボス」こと新庄剛志さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、

こちらの画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、RunBlox(ランブロックス)収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
RunBlox(ランブロックス)の収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。

RunBlox(ランブロックス)の招待コード入手等

2022年6月27日現在、RunBlox(ランブロックス)をプレイするためには、招待コード(アクティベーション・コード)を入手する必要があります。
RunBlox(ランブロックス)のアクティベーション・コード入手の具体的な方法・ステップとしては、下記の通りです。

  1. 事前に口座開設を済ませたビットポイント等の暗号資産口座を利用して、XRP(リップル)など、送金速度の速い暗号資産を購入する。
  2. 別途、国外暗号資産取引所「バイナンス」等にてアカウント開設を行う。
  3. ビットポイントにて購入したXRPを、バイナンスに送金する。
  4. バイナンスにて、XRPを(間にステーブルコイン等を挟みつつ)、Avalanche(アバランチ)ブロックチェーンのネイティブトークンである、AVAXに交換する。
  5. 取得したAVAXを、Avalanche(アバランチ)ネットワーク追加済みのメタマスクに送金する
  6. 当該メタマスクを、RunBlox(ランブロックス)のマーケットプレイスに接続する。
  7. RunBlox(ランブロックス)のマーケットプレイスにて、AVAX建てで、スニーカーNFTを購入する。
  8. RunBlox(ランブロックス)の公式Discordサーバーにて、アクティベーション・コード取得の申請を行う。

アクティベーション・コードが取得出来たら、あとは、テストフライト経由でダウンロードしたRunBlox(ランブロックス)に、当該コードを入力すれば、アプリを利用開始することが可能となります。

RunBlox(ランブロックス)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、RunBlox(ランブロックス)に関する理解を深めることを目的に、RunBlox(ランブロックス)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、RunBlox(ランブロックス)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


RunBlox(ランブロックス)の概要

RunBlox(ランブロックス)はOpenbloxによって作られ、#Bloxverseに登場する最初のWeb3アプリとなります。
RunBlox(ランブロックス)は現実の物理的な世界とBloxesが住む仮想世界を融合させる予定です。
起動すると、NFTホルダーは移動する際にトークンを獲得することができます。
体型維持や移動の楽しみなど、最終的にBloxerのためになるような体験を作り出し、報酬を与えることに重点を置いています。
RunBloxは、カスタムデザインのNFTを搭載し、Genesisホルダーにエアドロップします。

RunBlox(ランブロックス)の物語

ニニアンは実際にドラゴンを走らせることができます。
ドラゴンの名前や性格だけでなく、癖もそれぞれ個性的です。
ニニアンは、翼を使うことを好まない。
その代わり、自由に走り回れる人通りの少ない場所を探すのが好きなんです。
なぜなら、「アクロス」以降、「亀裂の回廊」からのエネルギーの変動が、彼女の一歩一歩をより遠くへと導いてくれるようになったからだ。
ある日、彼女はある海岸に行き、そこで走った。
他のドラゴンと同じように、風を受けて空高く舞い上がりながら、どんどん走っていく。
それは、今まで経験したことのない感覚だった。そして、ある海岸で足を止めました。

“ちょっと…何してるの?” フラワー・クランのナチュラリストであるフロリナは、プラデシュ・ジャングルで科学的な野外調査を行うため、経験豊かな探検隊を率いていた。
旅の終わり近く、ジャングルの端にある昆虫一族の村の昆虫たちとちょっとした行き違いがあった。
すると、昆虫たちがあわてて追いかけてきた。

ゆっくりとした旅には慣れていたが、今度は海に向かって走らなければならない–そんな時、突然、大地の果てで異常なエネルギーの変動に遭遇した。
気絶する前、彼女の頭の中には科学者としての疑問が残っていた。
「なぜ、ここには植物がないのだろう?なぜ、この海岸の地形はこんなにおかしいのだろう?なぜ、この虫たちはこんなに異常な行動をとるのだろう?なぜだ?”
プラデシュのジャングルには、走ることが大好きな昆虫族が潜んでいた。
古くからの伝統により、彼らは自分たちの種族を含め、誰からも距離を置きたいと願っている。
亀裂の回廊が広がる前、浜辺にたどり着いた昆虫たちは、大長老のヘラクロスを囲んで、「あの悪意のある花たちは、亀裂の回廊を通って異世界の仲間と合流したいに違いない!」と、おしゃべりに花を咲かせていた。
「確かにそうだ。そうだ!なぜあんなに速く走れるんだ?”私たちが私たちらしく生きるために、彼らを止めなければならないのです!”

機械族の論理では、ロボットを設計し生産することで、新しい生命が誕生する。
このように生命を創造することは、非常に真剣で慎重な作業である。
彼らは最近、新設された臨海工場でこの最優先課題を実行に移し始めた。

最新型水陸両用ロボットの試作機の1台、コードネーム「Ocean1101」が海から飛び出し、ゆっくりとイジェクタが切れると、岸辺に静かに着地した。
テスト段階に入って、泳ぐより走る方が楽しいことに気づいたのだ。
彼は、かさばるが俊敏な脚を動かし、クラックコリドーから来るエネルギーの変動に引き寄せられたのだ。
「報告。最新鋭のクラックコリドー発見。向こう側の状況は不明。未知の世界と推測される。 重要な情報、向こう側で機械族の活動を感知。監視しコンタクトを確立せよ 以上

ハードシェルは、自分たちは「東」から来たのだから「東」に帰るべきだと、それがどこなのかとっくに忘れていたにもかかわらず、ずっと信じていた。
そのため、プラデシュ海付近のクラックコリドーに行き、こうして何度もシャーク・クランの侵攻を許してしまったのである。

今日、ハードシェルの忍者マスターであるハヤトは、古代の魔導法螺貝にも知られていない未知の世界に通じる新たな亀裂の回廊を発見した。
しかし、彼はその回廊を通ることで「東」を含む世界に近づき、莫大なエネルギーを得ることができることを知っていた。
なぜかは分からないが、ただ、そう思ったのだ。この独特の “割れ目の回廊 “に向かって走りながら、彼は静かにこう唱えた。
“魔導巧殻、どうか私に『戦闘スタイル-風』の力を与え、私を東方に連れ戻してください”。

世界最長寿の生物、サメ一族の預言者は、この新しい亀裂の回廊のことをずっと前から知っていた。
しかし、彼は黙っていた。
回廊の入り口に立ち、走るのが好きな者たちの到着をずっと待っていたのだ。
なぜなら、この回廊の先にはカラフルな世界があり、同じく走ることが大好きな生き物たちがいるからだ。

今まさに、サメ団の預言者衛兵とともに、6つの種族のランナーたちがここに集まってきた。
彼らの畏敬の眼差しのもと、預言者はゆっくりと語りかけた。
「君たちはランナーたちの仲間となって、あの世で仲間とともに走るエネルギーを生み出していくのだ。この大きなエネルギーを、プラデシュに持ち帰ってください “と。

OpenBlox6レースのランナーたちは、預言者の言葉に厳粛にうなずいた。
そして、彼らは独特の足取りでCrack Corridorに駆け込んでいった。
彼らは、あなたの伴走者-RunBlox-としてこの世界にやってくるのです。
あなたは彼らと一緒に走る準備ができていますか?

RunBlox(ランブロックス)の始め方

RunBloxの最初のバージョンを使い始めるには、RunBloxモバイルアプリとRunBloxマーケットプレイスの組み合わせが必要です。

マーケットプレイスでは、以下のことが可能になります。

  • RunBlox NFTマーケットプレイスを利用する
  • ウォレットの接続
  • NFTの購入と販売
  • NFTの送金
  • RunBloxアカウントの作成とログイン、およびウォレットとのペアリング
  • Runbloxアカウントとウォレット間でトークンを入出金する

モバイルでは、RunBloxアプリをダウンロードすることで、以下のことが可能になります。

  • RunBloxアカウントにログインする
  • ランニングによる収入
  • モバイルMetaMaskウォレットとのペアリング
  • NFTを表示する
  • 箱を開けてシューズをゲット
  • アプリ内マーケットプレイス (開発中)
  • Mint (開発中)

RunBlox(ランブロックス)のモバイルアプリの使い方

Runbloxをプレイする前に、MetaMaskウォレットをセットアップする必要があります。
Runbloxは2022年6月までにウォレットコネクトプロトコルをサポートする予定です。

Runbloxをプレイする前に、外部ウォレット(現時点ではMetaMask、後にウォレットコネクトオプションを利用可能にします)をRunbloxアカウント(現時点ではGoogleアカウントとAppleアカウント、将来的にはさらなるアカウントサポート)にペアリングし、RunBloxモバイルアプリとMarketplaceウェブアプリの両方でアカウント内の資産を確認することが可能です。

1つのアカウントは1つのウォレットにのみペアリング可能です。

使用方法

  1. MetaMask(ウェブブラウザ拡張機能またはモバイルアプリ)を、https://metamask.io/download/ にアクセスしてインストールします。
  2. RunBlox NFT Marketplace https://marketplace.runblox.io にアクセスして、お気に入りのボックスとシューズのNFTを購入します(Avalanche Networkへの切り替えをお忘れなく)。
  3. アカウントとMetaMaskウォレットをペアリングしてください。2つの方法があります。
  4. MetaMaskウェブブラウザ拡張機能を使用している場合、RunBlox NFT Marketplace https://marketplace.runblox.io でRunBloxアカウント(今のところGoogleアカウントとAppleアカウントをサポート)を作成/サインインし、指示に従ってMetaMaskウォレットとペアリングします。
  5. MetaMaskモバイルアプリをお使いの場合は、RunBloxモバイルアプリでサインインし、NFTインベントリをクリックしてMetaMaskウォレットとペアリングすることができます。
  6. スタート!

あとはインベントリでシューズNFTを選んで、Move&Earnをお楽しみください!

RunBlox(ランブロックス)のNFT

ブロックスランナーは、召喚士を守るためにさまざまな「エナジー」を持って現実世界にやってきます。
彼らは召喚者と共に滞在し、勇気、自信、幸福、健康、そして卓越性を学びます。
彼らは召喚者からエネルギーを集め、プラデシュに持ち帰ります。

  • グリーンレイヤー:”ゴール地点はない”。偉大な物語はこの認識から始まり、偉大な旅は最初の一歩から始まる。
  • ウォーターレイヤー:東洋のカンフーマスターはかつてこう教えてくれました。「水は流れるか墜ちるかだ。水になれ、友よ!”
  • ファイヤーレイヤー:情熱を燃やし、限界に挑戦し、自分を超えろ!」。Runbloxはあなたに翼を授けます。

RunBlox(ランブロックス)の靴(スニーカー)

靴(スニーカー)のタイプ

自分のフィットネスレベルや、一番楽しいと思うことに合わせて選んでください。

Walk
  • Green Layer: Flower and Insect
  • 最適運動速度:時速2~7キロ
Jog
  • Water Layer: Shark and Hard Shell
  • 5-11
Run
  • Fire Layer:Techno and Dragon
  • 8-20

OpenBloxの世界に住む6つの種族をモチーフにしたシューズが全種類登場します。
インセクト、シャーク、ハードシェル、フラワー、ドラゴン、テクノです。
なお、報酬は常に同じとは限りません。スニーカーの属性や、GPSの電波が弱い、モバイルデータ通信の接続が悪いなどの要因で変化します。
また、このシステムにはランダムな要素が含まれており、興奮を高めることができます。

靴のアトリビュート

各シューズには4つの属性があり、移動中のプレイヤーにどのように作用するかを定義しています。

  • 攻撃
  • スピード
  • HP

靴のレアリティ

  • Common
  • Rare
  • Epic
  • Hero
  • Legendary

靴のレベル

ユーザーは、アプリ内トークン「RUX」を消費して靴をレベルアップさせることができます。
ユーザーはレベルアップするたびに、一定時間待つことで完了します。
レベルが高いほど、レベルアップに必要なトークンの量も多くなります。
レベルアップすると属性ポイントが追加され、ユーザーは自分のスニーカーの属性を好きなように増やすことができます。

シューズミンティング

最終的には、ユーザーは自分の持っている2つの靴から新しい靴を作ることができるようになります。
2つの靴を組み合わせて、2つの靴の属性を受け継いだ3つ目の靴を作ることができます。
これは、繁殖と同じような仕組みです。
ただし、最終的には元の2つの靴を所有することになります。
詳細については、近日中にお知らせします。

RunBlox(ランブロックス)のボックス

箱ごとにレア度が異なります。

  • Common
  • Rare
  • Epic
  • Hero
  • Legendary

RunBlox(ランブロックス)のMove and Earn

コンセプト

RunBloxは、ユーザーがアクティブな生活を送るためのインセンティブを与えるアプリで、稼ぐことが全てになるわけではありません。
RunBloxでは、運動する楽しさとデジタルアセットによる報酬のバランスを取り、楽しい体験を作り出し、すべてのユーザーの長期的な健康をサポートすることを目的としています。
走れ! 燃やす! 稼ぐ! 好きなことだから

不正行為防止

私たちにとって、最も有益な利用を促すような公正なアプリを作ることが最も重要なことです。
そのため、不正行為を防止するためのさまざまな仕組みを導入しています。このような行為は、長期的には誠実なプレーヤーを苦しめるだけだからです。

  • GPSトラッキング
  • モーションセンサーと健康データ
  • 機械学習でデータをシミュレートし、不正行為のパターンを認識できるようにする。

RunBlox(ランブロックス)のテクノロジー

RunBloxは、Avalanche上に構築されます。
Avalancheは革新的なブロックチェーンネットワークで、3つのチェーンアーキテクチャに依存し、スケーラビリティ、セキュリティ、および非中央集権を提供します。

RunBlox(ランブロックス)ミディアム投稿和訳

下記の内容は、RunBlox(ランブロックス)に関する理解を深めることを目的に、RunBlox(ランブロックス)のミディアム投稿の和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、RunBlox(ランブロックス)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


「Move-to-Earn」アプリRunBlox(ランブロックス)がOpenBlox #Bloxverseエコシステムの最初のリリースとしてローンチ

Play and EarnとIPブランディングに特化したEVMベースのNFT Gaming PlatformであるOpenBloxは、来るRunBlox(ランブロックス)のリリースでMove-to-Earnの世界に踏み出しました。
RunBlox(ランブロックス)は、デジタルとリアルの世界を融合させた、初のムーブ&アーンのアプリケーションとなります。
このアプリケーションは、Avalanche Ecosystemで公開される予定です。

マーケティングディレクターのSunil Chauhanは次のように述べています。
「OpenBloxでは、持続可能なエコシステムを構築することが重要であり、長期的には、健全なコミュニティは、メンバーの健康維持を奨励し支援することでもあると信じています」
「私たちは、Web3が引き継ぎ、ゲーム要素、スポーツ、DeFiを組み合わせることで、移動して稼ぐアプリが日々ユーザー数を増やしているのを目の当たりにしています」

RunBlox(ランブロックス)の利用を開始するには、ユーザーはNFTシューズが必要となります。
最初のRunBlox NFTは、エアドロップによってのみ入手可能です。

また、アルファ版のテストは、招待コードからスタートします。
エアドロップは、OpenBloxのコミュニティを最も早くからサポートしている韓国のコミュニティから開始されます。
「RunBlox(ランブロックス)の創設を議論するとき、私たちにとって、コミュニティを強化し、私たちが今日まで成長するのを助けてくれた初期の支持者に報いることが本当に重要でした。私たちの旅の中で初期の韓国コミュニティが特に与えた影響を強調するために、まずShoeドロップを開始します。私たちはその後、創世記の保有者すべてに拡大する予定です」

この最初のエアドロップに続いて、世界中のジェネシスホルダーを含む他の地域にもNFTシューズのエアドロップが行われる予定です。

RunBlox(ランブロックス)の第1弾エアドロップの説明

私たちは、韓国コミュニティのための最初のRunBloxエアドロップの詳細を共有することに、ワクワクしています。
RunBlox(ランブロックス)は、私たちがリリースする最初のWeb3アプリで、Blox Runnerが動くことでモチベーションを高め、報酬を得ることができるものです。

韓国のコミュニティには、Genesisホルダーであるかどうかに関わらず、合計1500NFTを配布する予定です。
さて、当選者がどのように選ばれるのか気になるところです。

RunBlox(ランブロックス)のエアドロップ対象者選定の仕組み

ここでは、その方法を説明します。
参加資格は大きく分けて2つあり、AMAの参加者の中から当選者を選びます。

  • 問題に正解した方、先着順です。
  • 面白い質問をされた方。AMAで質問された方の中から数名選ばれます。

RunBlox(ランブロックス)による当選者発表の方法

あなたが幸運な当選者の一人であるかどうかは、5月20日午前10時(UTC)より、あなたのウォレットを私たちのProject Galaxyキャンペーンに接続することで確認できます。
OATを請求する資格がある場合、おめでとうございます、あなたは当選者の一人です。

いつエアドロップを受け取れますか?

当選者へのエアドロップは5月20日午後8時(KST)に行われる予定です。

ジェネシスホルダーはいつ靴箱を受け取れますか?

NFTを請求するページがもうすぐできます。

RunBlox(ランブロックス)のアクティベーションコード

Runbloxを使い始めるには、アクティベーションコードが必要です。
当選された方は、discordでご確認ください。
テスターに応募するためのリンクをドロップします。
先着順の予約制です。最初の8日間、100人のユーザーだけがRunbloxのアルファ版にアクセスすることができます。
その後、招待コードは徐々に生成されます。

独占的なテストアクセス

アクティベーションコードを獲得した方全員に、特別なテスターの役割を与え、韓国のRunBloxフィードバックチャネルに独占的にアクセスできるようにします。
アプリを初めて使用する際に、フィードバックや提案があれば共有していただき、継続的に改善できるようにします。
また、貴重な貢献には$RUXの報酬があります。

アクティベーションコードは何個ありますか?

5月20日から5月27日まで、全体で100個のアクティベーションコードを独占的に配布します。
その後、10,000個のアクティベーションコードを配布するまで、順次増やしていく予定です。

RunBloxコミュニティの一員であり、来たる新しいアプリに対する私たちの興奮を共有していただき、ありがとうございます。
皆さんのフィードバックを聞くのが待ち遠しいですし、皆さんの幸運を祈っています。

なお、エアドロップされたNFTは90日間ロックされますが、APP体験とMintで使用することには制限がありません。

RunBlox(ランブロックス)の利用規約和訳

下記の内容は、RunBlox(ランブロックス)に関する理解を深めることを目的に、RunBlox(ランブロックス)の利用規約の和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち、当社)は、RunBlox(ランブロックス)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


以下の利用規約をすべてお読みください。
以下の利用規約(「利用規約」または「条件」)のすべてに同意されない場合は、いかなる方法においても、当社のサービスへのアクセスまたは使用を許可されませんので、ご注意ください。

解釈

  • 契約とは、当社サービスへのアクセスおよび使用に関する、お客様と当社との間の法的拘束力のある合意を意味します。
  • 当社のアプリケーションを使用、アクセスまたは登録する人は、「買い手」「売り手」または「あなた」と呼ばれます。
  • サービスとは、RunBlox(ランブロックス)における当社のサービスを意味します。
  • プライバシーポリシーとは、アプリケーションまたは他のプラットフォームを介してお客様から受け取った機密情報および個人情報の取り扱い方法を規定した条項を意味します。
  • ウェブサイトとは、当社のウェブサイトRunblox.ioを意味し、プロジェクトに関する情報やニュース、アップデートにアクセスすることができます。
  • アプリケーションとは、Runblox.io、Runblox、Runblox Gameおよびアプリケーション(公開時、および随時更新または変更されるもの)を意味します。

当社(RunBlox(ランブロックス)運営会社)について

RunBlox(ランブロックス)は、#Bloxverseで開始されるWeb3アプリです。
RunBloxは現実の物理的世界とBloxesが住む仮想世界を融合させます。
起動すると、ホルダーは移動するときにトークンを獲得することができます。
体型維持や移動の楽しさなど、最終的に利益になるような体験や報酬を生み出すことに焦点をあてています。

RunBlox(ランブロックス)のサービス内容

Runbloxはここに、(a)本サービスの閲覧およびシューズの検索、閲覧、登録または購入の目的に限り、本サービスにアクセスし使用する個人的、非独占的、譲渡不可、サブライセンス不可、取消可能な限定的権利をお客様に提供します。
および/または (b) お客様が所有者である場合、所有者プロフィールおよび靴に関するその他のウェブページの作成、ならびに靴の販売促進、マーケティング、管理、販売、流通および販売代金の回収。
いずれの場合も (i) 本利用規約を遵守し、 (ii) すべての該当する地域、州、地方、国およびその他の法律、規則および規制で認められる範囲内で行うものとします。

お客様の同意

「Sign Up」、「Register Now」、「Get Started」または同様のボタンをクリックする、アプリケーションをダウンロードする、または何らかの方法でサービスを閲覧することにより、お客様は本利用規約に同意し、RunBlox(ランブロックス)の運営会社であるCiteron Limitedと拘束力のある契約を締結することになるものとします。

RunBlox(ランブロックス)のプライバシーポリシー

お客様が提供した、または当社がお客様から収集した個人データの収集および使用方法について説明するプライバシーポリシーは、お客様の当社アプリケーションの使用にも適用されます。

RunBlox(ランブロックス)のホスティングサービス

当社のアプリケーション(発売時)は、当社または第三者によってホスティングされる場合があり、お客様は、かかる第三者の関連する条件を参照する必要があります。

本利用規約の変更

当社は常に当社のサービスを改善する方法を模索しており、本利用規約も変更する必要がある場合があります。
Runbloxはいつでも本規約を変更する権利を有しますが、変更する場合は、Runbloxのウェブサイトに通知を掲載し、お客様に通知します。
本利用規約の最新版は、掲載後直ちに発効し、当社のアプリケーションの使用およびお客様と当社の関係に適用されます。
新しい条件に同意されない場合、お客様は本サービスの使用を継続できなくなります。
お客様が当社のアプリケーションおよびサービスを何らかの方法で使用し続ける限り、お客様は、変更後の規約を承認し、承諾し、拘束されることに同意するものとします。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。