Mineraland(ミネラランド)とは-稼ぎ方や始め方、攻略方法などを検証

Digger(ディガー)と呼ばれる、ブロック採掘用のキャラクターNFTを購入し、あとは放置しておくだけで、ゲーム内暗号資産を稼ぐことが出来る、として、昨今、大きな話題となっている、Mineraland(ミネラランド)。
先日、ついにゲームも正式にローンチされ、Twitter・YouTubeなどのSNSを中心に、大きな盛り上がりを見せており、関心は、日に日に高まっています。

そんなMineraland(ミネラランド)の始め方としては、目下、以下のような流れを辿ることが、鉄板とされています。

  1. 仮想通貨取引所「ビットポイント」にて口座開設
  2. ビットポイントで、送金スピードの速いXRP(リップル)等の暗号資産を購入
  3. 購入した暗号資産を、「バイナンス」に送金
  4. バイナンスに着金した暗号資産を、BNB等のトークンに交換し、メタマスク(Metamask)に送金する
  5. メタマスクとパンケーキスワップを接続し、BNB等のトークンを、Digger(ディガー)購入に必要な、MLANDというトークンに交換する
  6. Mineraland(ミネラランド)とメタマスク・ウォレットを接続し、ウォレット内のMLANDを使って、Digger(ディガー)を購入する

些か取っつきにくい部分もあるかとは思いますが、初心者の方でも安心して取り組めるよう、下記にて、1ステップずつ、それぞれスクリーンショット付きで解説しますので、ご安心下さい。

ビットポイントでの口座開設

Mineraland(ミネラランド)で得られる報酬は、日本円建てではなく、MLANDというトークンで支払われます。
そして、その収益を最終的に日本円として受け取るためには、獲得したトークンを売却(=最終的に日本円に交換)する必要があります。

この手続きを行うには、あらかじめ、暗号資産取引所の口座開設を済ませておかないと、どうにもなりません。
仮に「これまで仮想通貨には触れたことも無い」という場合であったとしても、Mineraland(ミネラランド)の収益が最終的にトークン(=仮想通貨)で支払われる以上、その最終的な受け取りのためには、暗号資産(仮想通貨)口座が必要となります。

※日本国内には、暗号資産交換業者が山ほど存在しますが、とりあえず、Mineraland(ミネラランド)の収益受け取りなどが主な目的である場合、「きちんと金融庁の登録を受けている事業者で」「口座開設手続きも速い」ということで、ビットポイントあたりで口座開設を済ませておけば無難です。

ゲームローンチ開始の時点で暗号資産口座が用意できていないと、最悪、ウォレットのハッキングで資産を失う恐れがある

Mineraland(ミネラランド)のゲーム・プレイを始め、早速、トークンを入手することが出来た場合、稼いだトークンを、Mineraland(ミネラランド)のゲーム内ウォレットに入れたままにしておくと、最悪、Mineraland(ミネラランド)が大規模なハッキングに遭うなどすれば、せっかく受け取ったトークンが、第三者によって盗まれてしまうようなリスクがあります。

Mineraland(ミネラランド)のようなPlay to Earnゲームのプレイヤーの間で人気の高いビットポイントの場合、暗号資産取引口座の開設には、概ね、申込から1日~数日程度の時間がかかる、とされています。
リスク軽減のためにも、Mineraland(ミネラランド)のプレイ開始前に、あらかじめ、口座開設手続きを済ませておくことが必要です。

暗号資産の暴落リスクを避けるためには、受け取った仮想通貨を「すぐに円に換えられる」態勢作りが重要

Mineraland(ミネラランド)を通じて得ることの出来る報酬は暗号資産(トークン)であり、日々、値動きの影響を受けることとなります。
Mineraland(ミネラランド)でトークンを稼いだ後、仮に、トークンそのものの価値が急落してしまうと、せっかくゲームでトークンを稼いだとしても、値動きの影響を受けて、損をしてしまう危険があります。
どういうことか、具体例を挙げて説明しましょう。

  1. 仮に、「1トークン=日本円換算で300円」というタイミングで、Mineraland(ミネラランド)を通じて、100トークンを稼ぐことができた、とします。
    その時点では、100トークン×300円=3万円を稼ぐことが出来た、ということとなります。
  2. 100トークンを稼いだタイミングで、前述のビットポイント等の口座開設が済んでいれば、受け取ったトークンをすぐに汎用性の高い暗号資産に換金したうえで、売却し、日本円に換えてしまうことが出来ます(=トークンの下落リスクを回避できる)。
  3. しかし、Mineraland(ミネラランド)で100トークンを稼いだ時点で、仮想通貨口座開設が出来ていない場合、取引業者側の開設手続き等を待っているうちに、トークンの対円レートが下がり、受け取れる日本円が減少してしまう、というリスクがあります。

たとえば、暗号資産口座の開設が済んだ頃に、1トークンの価値が(当初の300円から)100円にまで下落してしまっていれば、本来は3万円分の日本円を受け取れるはずが、「100円×100トークン=1万円」しか受け取ることができず、差し引き、2万円分の損をする、という結果となってしまいます。

Mineraland(ミネラランド)のようなPlay to Earnゲームをプレイする場合、入手したトークンの利確(円建てでの利益確定)は、何よりも優先すべき事項とされています。
このため、Play to Earnゲームの先行プレイヤーの間では、「ある程度まとまったトークンを稼げたら、ダラダラとゲーム内通貨建てで収益を保有するのではなく、出来るだけ早めに日本円に戻すこと」が常識(基本)、とされています。

そのためには、実際にMineraland(ミネラランド)で稼ぎ始める前に、複数の種類のトークンを比較的スムースに換金できるビットポイントで、仮想通貨口座をあらかじめ作っておく必要があります。

暗号資産取引口座の開設方法

暗号資産取引所は山ほどありますが、中小・零細企業が運営している取引所も多く、信頼がおける取引所は限られます。
また、「今回の主な目的はMineraland(ミネラランド)。ゲームプレイで得た収益を、最終的にしっかりと日本円で受け取るための窓口が欲しい」というだけであれば、ややこしい機能があれこれ付いた仮想通貨取引所は、却って邪魔になる可能性もあります。

  • 金融庁・財務局からの登録をきちんと受けた事業者で、
  • ごくシンプルに、Mineraland(ミネラランド)で得た収益を換金したい(=日本円にしたい)、

というニーズであれば、ひとまず、ビットポイントに口座を開いておけばOKです。
口座開設はもちろん無料で出来ますし、暗号資産(仮想通貨)の入出金手数料も無料。
最近では、「ビッグボス」こと新庄剛志さんを起用したテレビCMでもおなじみですね。
口座開設は最短当日審査完了、と、国内トップクラスのスピードを誇ります。


参考:
ビットポイント(公式サイト)


そんなビットポイントで口座開設を済ませるにあたっては、下記のようなステップを辿っていくことになります。

1ステップずつ、スクリーンショットで解説していきますので、ご安心下さい。

ビットポイントの仮想通貨口座開設手順

①ビットポイントの公式サイトにアクセス

まずは、ビットポイントの公式サイトにアクセスします。
※ダミーサイトなどに誘導されないよう、口座開設は、必ず、上記の公式サイトから進めるようにしてください。

「サイトへ進む」をクリックして、

こちらの画面が表示されればOKです。


参考:
ビットポイント(公式サイト)

②「かんたん口座登録はこちら」をクリック

③メールアドレス・携帯電話の入力

「個人のお客様」のほうにチェックを入れ(※会社名義で口座開設をする場合は、法人のほう)、
普段利用しているメールアドレス、及び携帯電話番号を入力し、
画面下部の「確認画面」をクリック。
※「紹介コード」の部分は空欄で構いません。

次画面で、入力したメールアドレス、及び携帯電話番号を確認し、間違いがなければ、「次へ」をクリック。

④ビットポイントからのメールを確認

先ほど入力したメールアドレス宛に、
ビットポイントから、上記のようなメールが届くので、
文中のURLをクリック。

⑤SMSで届いている認証コードを入力し、パスワードを設定

上記画面で、ビットポイント取引約款を確認のうえ、

  • 携帯電話番号宛に届いているSMSに記載された、認証コードを入力し、
  • 任意のパスワードを設定します。

なお、パスワードは、8文字以上で、半角英字、数字、記号のうち、2種類以上を含めたものとする必要があります。

パスワードの入力が済んだら、画面下部の「設定する」をクリックします。

⑥「ホーム画面へ」をクリック

このように、仮登録画面が表示されるので、
引き続き、本登録を進めるべく、
「ホーム画面へ」をクリックします。

⑦総合口座開設の手続きへ

このような画面が表示されるので、「OK」をクリックし、総合口座開設へ進みます。
※仮登録のままでは、Mineraland(ミネラランド)収益の入金等に使えないため、「総合口座開設」が必要です。

上記のような画面に遷移したら、画面下部の「口座開設の申込みに進む」をクリックします。

⑧約款等への同意処理

約款等について、個別のチェックボックスにチェックを入れるか、冒頭の「全てに同意」をクリックしたうえで、
同意処理を行い、画面下部の「情報入力へ」をクリック。

⑨氏名等の情報入力

氏名や住所、年収、等と言った情報の入力を行います。
途中、「取引契約締結の主目的」(≒口座開設の目的)を選択する部分がありますが、
Mineraland(ミネラランド)の収益を送金・入金することが主目的であれば、
「暗号資産による国内外への送金・決済等のため」
を選択しておけば妥当でしょう。

「勤務先名称」、「所属部署」、及び、最下部の「紹介コード」の部分は、空欄で構いません。

情報の入力が済んだら、画面下部の「確認へ」をクリック。
次画面で、入力済内容を確認し、間違いがなければ、画面最下部の「本人確認書類の提出へ」をクリックします。

⑩QRコードの読み取り

上記のような画面に遷移するため、

画面下部に表示されているQRコードを、スマートフォンで読み取ります。
※QRコードの読み取りは、カメラアプリや、GoogleChromeのブラウザアプリなどから行うことが出来ます。

上記のようなページにアクセスできればOKです。
その後、画面を下までスクロール(プライバシーポリシー等を確認)し、

最下部の「同意して次へ進む」をタップ。

⑪本人確認書類の選択

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

の中から選択できます(※ここからは、「運転免許証」の場合で解説します)。

注意事項を確認のうえ、「注意事項を確認しました」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ進む」をタップ。

次画面で、注意点を確認したうえで、「次へ」をタップ。

⑫本人確認書類の撮影

カメラ利用の許可を求めるメッセージが表示されたら、「許可」をタップ。

まずは表面を撮影します。

撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れたうえで、「OK」をタップ。

続いて、本人確認書類(ここでは、運転免許証)の表面を、斜め上から撮影します。

  • 左手で、文字が隠れないように、運転免許証の端を持ち、
  • 表示される枠に合わせて、シャッターボタンを押すと、

撮影が出来ます。
※本人確認書類の「厚み」と、「顔写真」がしっかりと映るようにするのがポイントです。
説明動画が表示されていますので、そちらを参考に撮影します。

撮影が出来たら、次画面で、撮影した内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて裏面を撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、申請者本人の顔を、正面から撮影します。

次画面で撮影内容を確認し、チェックボックスにチェックを入れて、「OK」をタップ。

続いて、首振りの様子を動画で撮影します。

  • スマートフォンを正面に構え、
  • 矢印に合わせて、ゆっくりと首を振ります。
  • 3回連続で成功すると、撮影完了です。

撮影前に、撮影方法の説明動画を見ておくとスムースです。

カメラ(動画)利用の許可を求めるポップアップが表示されたら、「許可」をタップ。
撮影終了後、

上記画面が表示されればOKです。

Mineraland(ミネラランド)のキャラクター(ディガー)購入のために、MLANDトークンを入手する

2022年6月6日現在、Mineraland(ミネラランド)のプレイを実際に始めるためには、ゲーム内で活躍する、Digger(ディガー)というキャラクターを入手する必要があります。
また、ディガー・キャラクターを購入するためには、あらかじめ、MLANDというトークンを入手する必要があります。

MLANDトークンの入手には、下記のようなステップが必要となります。

  1. 事前に開設したビットポイント口座で、XRP(リップル)のような、送金速度の速い暗号資産を購入する。
  2. 別途、バイナンスにアカウントを開設し、バイナンス口座に、XRPを送金する。
  3. バイナンスにて、着金したXRPを、BNB等のBEP20トークンに交換する。
  4. 入手したBNBを、メタマスク(ウォレット)に送金する。
  5. メタマスクを、パンケーキスワップに接続する。
  6. パンケーキスワップにて、BNBを、MLANDに交換する。

Mineraland(ミネラランド)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Mineraland(ミネラランド)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
誤訳の可能性もありますから、必ず、ご自身で一次情報をご確認下さい。
また、和訳の関係上、一人称(例:わたしたち)は、Mineraland(ミネラランド)、及びその運営会社等を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。


Mineraland(ミネラランド)の概要

Mineraland(ミネラランド)は、BSCとPolygonネットワークの両方で、没入型のP2Pと大規模なM2Eゲームプレイです。
Sotatek Inc.が開発し、サムスンとVINASA ( Vitenam Software Association ) から表彰されました。

Mineraland(ミネラランド)の物語

Mineraland(ミネラランド)は豊かな土地で、多くの資源を持っていました。
そのため、ディガーたちはこの地を愛しています。
この地域で貴重な鉱物を見つけると、トレジャーハンターたちはこれをミネラの通貨である$MINERAに交換することが多いのです。
しかし、ミネラでのハンティングの欠点は、地球の自転が速いため(1秒間に約1,400マイル)、ディガーの寿命が30日ごとに尽きることです。
しかし、寿命を延ばす方法があります。
ベルスビアの山から$MLANDを燃やして寿命を延ばすことができ、その代わりに山は30日間延長した精神を与えてくれるのです。

Mineraland(ミネラランド)は、2021年の最高のブロックチェーンゲームの一つであるBomb Cryptoからインスピレーションを受けています。

Mineraland(ミネラランド)の始め方

Mineraland(ミネラランドのプレイを開始するには、Binanceスマートチェーンネットワークを利用したMetamaskと、Gas手数料のBNBトークンが必要です。
Metamaskウォレットを使用してログインできるようになりました。

Mineraland(ミネラランド)の「ディガー」について

トレジャーハンターは、ミネラではディガーと呼ばれています。
初期のハンターたちがミネラの豊かさを発見して以来、何千人ものディガーたちがミネラに移住し、良い暮らしをするようになりました。
しかし、彼らはこの惑星の超高速自転(毎秒1,400マイル)を生き延び、延命と経済的自由と引き換えに$MLANDを狩らなければなりません。
なぜなら、彼らはこの惑星で30日しか生きられず、さもなければ凍結されてしまうからです。

  • ディガー1体をミントする=10MLANDトークン
  • 5体のディガーをミントする=50MLANDトークン
  • 10体のディガーをミントする = 100MLANDトークン

ミントされたディガーは、30日間しか掘ることができないので、2つの選択肢があります。

  • 30日間延長する(この場合、10MLANDトークンのミント費用がかかります)。
  • 別のディガーをミントする。

ディガーの寿命が30日である理由

現在、NFTゲームの最も一般的な問題は、ROIを得て少し得をした後、投資家の関心が薄れることです。
開発者は、長期的かつ持続可能なNFTゲームを目指しています。
そのため、ゲームの継続性と長期的な持続性のために、すべてのディガーに30日間の有効期限を設けました。
たとえプレイヤーがキャッシュアウトを目指したとしても、ゲームの長寿のために必ずトークンの返却があります。

私たちは、すぐに消えてしまうようなゲーム開発をしているわけではありません。
何年も続く開発を目指しています。

ディガーのレアリティ

  • Common
  • Uncommon
  • Rare
  • Super Rare
  • Epic
  • Legendary
  • Super Legendary

ディガーのアビリティ(能力)

ステータスはランダムで、そのレア度によって決まります。
これらのステータスによって、採掘や狩猟の能力が決定されます。

パワー
掘ったときにThe BlockのHPがどの程度減少するかを決めます。
スタミナ
ディガーごとに掘れる回数を決めます。
歩行スピード
マップ上のディガーの移動速度。
収集スピード
マップ上のディガーの収集速度。

ディガーのその他スキル

  • レストモード時、1分ごとにスタミナ+1
  • パワー+1
  • 農作業速度 +1
  • 歩行速度 +1
  • + 3%の確率で$MLANDの採掘量が増える
  • + 5%の確率で$MLANDの採掘量が増える

これらのスキルはレアリティに応じたランダムなものです。
スキルの数量もレアリティに応じたものとなっています。
例えば、コモンはスキル1個、スーパーレジェンダリーはスキル5個となります。
最高レアリティのスキルは最大で5つです。

Mineraland(ミネラランド)の障害物について

ディガブルブロック(採掘可能なブロック)

このブロックの種類には、HP、$MINERAやKey、Mystery Boxなどの報酬アイテムの種類、出現率(%)、ブロックが壊れた場合の報酬の値が表示されます。

  • 木製のブロック:0.0120
  • 鉄のブロック:0.0320
  • ゴールデンブロック:0.1590
  • ダイヤブロック:0.2950
  • プリズンブロック:ディガー1体

アンディガブルブロック(採掘不可能なブロック)

迷路マップのデコレーション用のブロックです。

  • ストーンブロック
  • レッドストーン・ブロック
  • 岩盤ブロック
  • プリズムブロック
  • プリズマリンレンガブロック

ミステリー・チェスト

ランダムなマップに出現する「謎の箱」。
この箱の中には$MLANDトークンやディガー、倉庫などが入っています。
なお、アンロックのためには、「鍵」と「$MLANDトークン」5個が必要です。

「鍵」の取得について

プレイヤーはマップごとに「鍵」を掘るチャンスがあります。
各マップは5%の確率で「鍵」を入手することができます。
「鍵」は「MLAND」5個と一緒に使用することで、「謎の箱」を開けることができます。

マップ(地図)について

Mineraland(ミネラランド)での発掘は終わりがありません。
ただし、継続的に掘って報酬を得るためには、各マップで条件があります。
1回の参加につき2MLANDの支払いが必要。

Mineraland(ミネラランド)のウェアハウス(倉庫)について

プレイヤーは倉庫の属性に応じて、ディガーのエネルギーを効率よく回復させることができます。

  • ウェアハウスなし:0.5:上限なし
  • Mini Warehouse:2:4
  • Standard Warehouse:5:6
  • Large Warehouse:8:8
  • Macro Warehouse:11:10
  • Omega Warehouse:14:12
  • Enterprise Warehouse:17:15

Mineraland(ミネラランド)のゲームモード

トレジャー・ハント・モード

プレイヤーは様々な属性を持つキャラクターを使い、爆弾を落として障害物や宝箱を壊していくことになります。
宝箱を壊すと、一定量のコインやそれに相当する報酬アイテムがプレイヤーに与えられるチャンスがあります。
ヒーローは爆弾を落とすとスタミナを失い、スタミナを消費すると休息が必要になります。
家屋など特定のものはヒーローのスタミナ回復速度を増加させることができます。

コインが増えれば、より良いヒーローやアイテムを購入するチャンスが広がります。
その結果、採掘速度が上がり、コインをより多く獲得できるようになります。
このサイクルは、ゲームプレイが模倣する金融投資のモデルを表現する形となります。

モンスター・バトル・モード

自分の好きなヒーローを選んで、すべてのダンジョンに参加することができます。
ダンジョンに従事するプレイヤーは、ダンジョンの門を開けるための固有の鍵を持ち、その中にいるモンスターをすべて退治して、MLANDの報酬を受け取る必要があります。
また、モンスターバトルに従事するためにはエネルギーが必要です。
ヒーローのエネルギーが足りないと次のレベルに進めないため、ヒーローの総エネルギーを管理してダンジョンのレベルを最大にする必要があります。
モンスターがヒーローを攻撃すると、エネルギーが失われます。

PvP対戦モード

トレジャーハンターはしばしば領地争奪戦を行い、彼らは$MLANDトークンを獲得するために戦います。
プレイヤーが敗北すると、バトルフィーが差し引かれ、それはPVPバトルの報酬プールに入ります。

プレイヤーはミネラで自分の土地を購入し、$MLANDの他のエリアへ狩りに行くように、自分の土地で作物を植えたり、資源を掘ったりして稼ぐこともできます。

Mineraland(ミネラランド)の重要なゲーム要素

ゲームプレイは、現実の価値に変換する可能性を持つ、さらに多くのリソースに変換するために、主要なリソースを投資するサイクルです。
主要な資源は時間であり、主な目標は暗号資産です。
このゲームで最も重要なのは、時間を何枚のコインに変換するかという点です。
ゲーム内のすべてのアイテムや属性は、その計算式を調整するためのパラメータとして機能するように作成されています。
プレイヤーのゲームプレイの唯一の違いは、一定期間の収益率を最大化するために、どのように投資を最適化したかということです。

Mineraland(ミネラランド)のコアチーム

CEO and Founder: Billy Cheung

2012年からCrypto取引の経験を持つ、中国広州の中国人ビジネスマン。
2019年にAxie Infinityがローンチした際にNFTゲームに出会い、Axieの最初の投資家の一人であり、現在はMineralandのCEOを務めている。

CMO for P2E Marketing: Ace Lim

「スプリンターランズ」などNFTのゲームのマーケティングを担当し、現在はP2Eマーケティングの新CMOとして、世界中で数百人のKOLを担当しています。

Community Manager: Maggy Wang

清華大学で一般心理学を学び、アリババでカスタマーサポートのスーパーバイザーとして勤務。
人と話すことが大好きで、そのためMineralandのコミュニティマネージャーとして採用され、時々コミュニティを更新しています。

Mineraland(ミネラランド)のFAQ(よくある質問)

このゲームは放置型のゲームですか?

はい、そうです。
あなたのディガーがトレジャーハントモードになったら、何もする必要はありません。
時間は貴重であり、時は金なりということで、プレイ中は他の生産的な作業をすることができます。

マルチアカウントは許可されていますか?

はい、許可されています。
ただし、悪用されることのないよう、1つのIPアドレスにつき100アカウントまでとさせていただきます。

スカラシッププログラムやレンタルプログラムの予定はありますか?

はい、あります。
2022年の第3四半期か第4四半期までに。

Mineralandをプレイする前にWarehouseを購入することは必須ですか?

いいえ、必須ではありません。
ただし、倉庫を所有していると大きなアドバンテージがあります。

万が一、$MLANDトークンの値下がりがあった場合のバックアッププランはあるのでしょうか?

はい、あります。
トークンの買い戻しを予備軍から計画する予定です。

MLANDはBuy TaxとSell Taxがあるのですか?

プレーヤーや投資家を苦しめることになるので、ありません。
ただし、ボットユーザーがトークンの取引を悪用することを防ぐため、$MLANDトークンのローンチ当日にアンチボットスクリプトを設置する予定です。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。