MoneyForward(マネーフォワード)のNFT「MF GACHA」のミント方法解説

MoneyForward(マネーフォワード)NFT概要・公式サイト等

NFTミント(ガチャ)サイト
https://mf-gacha.moneyforward.com/
Twitterアカウント(マネーフォワード公式)
https://twitter.com/moneyforward/
オープンシー(イーサリアム・メインネット版NFT)
https://opensea.io/collection/mf-gacha-ethereum
オープンシー(ポリゴン版NFT)
https://opensea.io/collection/mf-gacha-polygon
ミント価格
無料(ただし、チェーンに応じたガス代負担要)
フリーミントの期限
2023年3月31日

MoneyForward(マネーフォワード)NFTのミント方法・その他利用法

MoneyForward(マネーフォワード)NFT(MF GACHA)のミントの方法、及び、その他の具体的な活用法等については、以下の通りです。

「MF GACHA」のミント方法

まずは、MoneyForward(マネーフォワード)NFT(通称:MF GACHA)のミントの手順は、概ね、以下の通りです。

  1. メタマスク・ウォレットの作成
  2. ガス代相当額の仮想通貨の事前取得
  3. MF GACHAの公式サイトにウォレット接続
  4. フリーミントの実施

なお、MF GACHAのミントは無料ですが、各ブロックチェーンに応じたガス代(チェーンに応じて、数円~数百円程度)が必要となります。

メタマスクウォレットの作成・ネットワークの追加

MF GACHAのミント実施においては、あらかじめ、MF GACHAの公式サイトにて、ウォレット接続を行う必要があります。
※詳しい手順は後述します。

コネクト可能なソフトウェア・ウォレットの種類は複数ありますが、日本人ユーザーの間で馴染みの深い物としては、Metamask(メタマスク)となりましょう。
まだ、メタマスク・ウォレットの作成をしたことが無い、という人は、あらかじめ、ウォレット作成を済ませておく必要があります。
具体的な手順については、必要に応じ、以下の別記事をご覧下さい。


参考:
MetaMask(メタマスク)とは-人気の仮想通貨ウォレットのアカウント作成方法・使い方を解説

ガス代相当額の仮想通貨(ETHもしくはMATIC)の入手

MoneyForward(マネーフォワード)NFTのミントは無料(フリーミント)ですが、ブロックチェーンへの記帳にあたり、トランザクション手数料(=ガス代)の負担が必要となります。
詳しくは後述しますが、

  • イーサリアム・メインネット上にミントをしたい場合は、数百円程度のETH
  • ポリゴン・チェーン上にミントをしたい場合は、数円相当程度のMATIC

の事前入手が必要です。

1点、留意点として、MATIC(マティック)に関しては、特に広く流通しているものとして、

  • イーサリアム・メインネット上にローンチされているMATIC(マティック)と、
  • ポリゴン・チェーン上で稼働しているMATIC(マティック)の、

2種類があります。

仮に、MoneyForward(マネーフォワード)NFTを、ポリゴン・チェーン上にミントしたい、という場合、必要となるのは、ポリゴン・チェーン上で稼働するMATIC(マティック)となります。

  • イーサリアム・メインネット上で稼働する、ETH(=MF GACHAを、イーサリアム・メインネット上にミントしたい場合に必要)
  • ポリゴン・チェーン上で稼働する、MATIC(=MF GACHAを、ポリゴン・チェーン上でミントしたい場合に必要)

の双方を入手できる、国内の暗号資産取引所としては、ビットポイント などがあげられます。

また口座を未開設の場合、この機会に、以下の公式サイトから開設を済ませてみると良いでしょう。


参考:
ビットポイント公式サイト

※2024年2月29日午後4時までの期間限定で、公式サイト から新規口座開設(無料)を完了したユーザー全員に、1,000円相当のビットコイン(BTC)をプレゼントするキャンペーン開催中

MoneyForward(マネーフォワード)のNFTガチャ・サイトでウォレット接続

続いて、MoneyForward(マネーフォワード)のNFTミントサイトへとアクセスします。
URLは以下の通りです。

https://mf-gacha.moneyforward.com/

ウォレットの接続

「Connect Wallet」のバナーをタップします。

コネクトしたいソフトウェア・ウォレットの選択

  • メタマスク
  • コインベース・ウォレット
  • ウォレットコネクト

のうち、任意のウォレットを選択します。

なお、fill.media編集部では、メタマスクを選択しています。

メタマスク側で接続を承認

ソフトウェア・ウォレットのポップアップが立ち上がりますので、MoneyForward(マネーフォワード)のNFTミントサイトとのコネクトを承認します。

MF GACHAのミント実施

ウォレットのコネクトが済んだら、いよいよ、MF GACHAのミントを進めます。

NFTをミントしたいブロックチェーンの選択

MoneyForward(マネーフォワード)のNFTは、

  • イーサリアム・メインネット
  • ポリゴン・チェーン

のうち、好きなブロックチェーンを選択したうえで、ミントをすることが出来ます。

両者の間の大きな違いは、NFTのミントのためにかかる、「ガス代」です。

イーサリアム・メインネットでNFTをミントする場合、日本時間2月23日午後3時頃の時点では、上掲画像のように、2.67ドル、日本円で350円強程度の予想ガス代が提示されました。

一方で、同じ時間帯に、ポリゴン・チェーン選択の場合は、上掲画像のように、0.02ドル程度、日本円換算で3円弱程度の予想ガス代が提示されました。

なお、以下の記事では、一旦、ポリゴン・チェーンを選択しています。

「レッツ・ガチャ」をタップ

ガチャのマシン部分をタップします。

ガス代支払いの承認

メタマスク(等のソフトウェア・ウォレット)のポップアップが立ち上がるので、ガス代の支払い等を承認します。

ミント結果の表示

上掲画像の要領で、ミント結果が表示されればOKです。

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。