Land Chronicle(ランドクロニクル・LandChronicle)の始め方・稼ぎ方-複数の「X to Earn」要素を取り入れた新NFTゲームを検証

Land Chronicle(LandChronicle)ホワイトペーパー和訳

下記の内容は、Land Chronicle(LandChronicle)運営側からの依頼/承諾に基づき、公開されているLand Chronicle(LandChronicle)のホワイトペーパーの和訳を試みたものです。
原文は、下記のURLからご覧いただけます。

https://chronicle-land.gitbook.io/en-land-chronicle/land-chronicle

ホワイトペーパーは随時更新・変更される可能性があるほか、私どもの誤訳の可能性もありますから、必ず、読者様ご自身にて、原文をご確認下さい。
また、翻訳の都合上、下記文中における一人称(例:私、私たち)は、Land Chronicle(LandChronicle)の運営元を指しており、当サイトの運営元とは無関係です。

Land Chronicle(LandChronicle)とは



引用元:LandChronicle公式サイト

太平洋の真ん中、海底の深い深いどこかから湧き上がった “次元の島”。
パラレルワールドを代表する6つの次元それぞれの物語は、現実の地球と様々な形で交流し、人類の生活を変化させてきた。
神話や伝説が現実となり、剣と魔法が歌い、鋼鉄の心と魂の響きが共にある世界。
Land Chronicle(LandChronicle)に、あなた自身の物語を書き込んでください。
このゲームは、NFTを持ち、活用することで、生態系全体のプロフォティを共有する、KlaytnベースのWeb3 LAND-Fiプロジェクトです。
LCGを使って新しい土地を取得し、アップグレードし、生態系の利益を共有することができます。
ランドクロニクルの資産であるランドNFTを所有し、様々な生態系活動の主人公になりましょう!

Land Chronicle(LandChronicle)のLAND-Fi プロジェクト

LAND-Fiプロジェクトは、KlaytnをベースにしたWeb3仮想不動産NFTの会員制プロジェクトで、エコシステム全体の収益を共有するものです。
LAND-Fiは、13,000からなるLAND NFTを持つLanderとエコシステムの収益を共有することを目的としています。
私たちは、独自の様々な収益源を持つビジネスプラットフォームを活用し、そこから生まれる収益をランダーと共有し、共にプラットフォームを成長させたいと考えています。
ランドクロニクルのすべてのエコシステム活動はランドNFTを通じて行われ、ランダーはランドNFTを所有することでランドクロニクルのエコシステムに直接参加し、リードすることができます。

Land Chronicle(LandChronicle)のLAND NFT



引用元:LandChronicle公式サイト

ランドクロニクルを代表するNFTであるランドNFTは、6つの次元に分かれており、それぞれに特徴や特別な資源があります。
ランドNFTは、ディメンションアイランドにランドを所有していることを示すサインとしての役割も担っています。
万からなるランドNFT1.0は3層に分かれており、トークン採掘、ステーキング、マップ画像変更などの機能を備えています。
ランドNFTを保有するだけで、ランドクロニクルのエコシステムの中で様々な特典を受けることができます。
ランドNFT1.0をお持ちの方は、ランドNFT1.0から、より強力なリソースを持つランドNFT2.0にアップグレードすることが可能です。

ランドNFTの特性

ランドNFTはプロジェクトの中核であり、一過性のベネフィットではなく、様々な形で持続的なベネフィットを提供することを目指すランドクロニクルを代表するアセットの一つです。
ランドNFTには、大きく分けて3つの特徴があります。
「様々なサービスの提供」「価値を高める仕組み」「生態系への恩恵」です。

様々なサービスの提供

土地NFTを保有する「ランダー」は、これらのサービスを受けることができ、これらは土地NFTの価値を高める重要な要素の一つであり、もう一つの特性である「生態系利益」にもつながっています。
また、今後追加されるサービスにもご期待ください。

価値向上のための仕組み

土地NFTがアップグレードされると、既存の土地NFTはロックされます。
NFTのロックアップによりNFTの取引が不可能になるため、供給が減少し、NFTの価値が自然に向上します。

エコシステムの利点

ランダーはランドクロニクルが提供する様々なサービスから収益を得るとともに、生態系活動から得られる利益を共有することができます。
トークン採掘、ステーク報酬、DEX収益分配、ペイバックなど、ランドNFTを保有しランダーとなるだけで様々なエコシステム特典を享受することができます。
ランダーになって、ランドクロニクルのエコシステムの恩恵を享受し、その発展に貢献しましょう。

Land Chronicle(LandChronicle)の世界地図



引用元:LandChronicle公式サイト

太平洋の真ん中にそびえる次元の島。
最初の発見スポットは、6つの次元の物語と、様々な生態系が共存する場所だった-

未知の世界で、あなただけのクロニクルを書きましょう。
ランドクロニクルの主人公はあなたです。
ランドクロニクルのワールドマップには、ランドNFT1.0とランドNFT2.0が収録されており、今後、他のプロジェクトと連携して拡張していく予定です。

ディメンションアイランドの発見

ランドクロニクルには様々な次元の島があり、これまでに確認されているのは、6次元のストーリーを持つ第1発見スポットと第2発見スポットの島です。

LAND NFT 1.0

神話の誕生
召喚士帝国
魔力の旋律
マジックエンパイア
ブレスオブレジェンド
エンシェントエンパイア
ソング オブ ソード
フォースエンパイア
エコーオブレジェンド
ネクロエンパイア
ハートオブスティール
機械帝国

ランドNFTは、7つの島と6つの次元で構成されています。
各次元に設置されたポータルを通じて、ランドクロニクルが提供するサービス特典を利用することができます。

ランドNFT 2.0

ディメンションアイランドの2つ目の発見スポットは、6つの次元が調和された3,000の新しい土地です。
ランドNFT2.0はランドクロニクルワールドマップの最上部に位置し、ランドNFT1.0よりも特殊で不思議な能力を持っています。

Land Chronicle(LandChronicle)のランドNFT1.0の詳細



引用元:LandChronicle公式サイト

Dimension Islandの最初の発見スポットは、Land Chronicleを物語とエネルギー資源ごとに変化させる6次元の帝国でした。

神話の誕生
召喚士帝国
魔力の旋律
マジックエンパイア
ブレスオブレジェンド
エンシェントエンパイア
ソング オブ ソード
フォースエンパイア
エコーオブレジェンド
ネクロエンパイア
ハートオブスティール
機械帝国

ティア(階層)について

最初の発見スポットであるランドNFT1.0には7つの島と6次元の物語があり、それぞれの島でノーマル、シルバー、ゴールドTierのランドを発見することができます。
ノーマルTierは9,600体、シルバーTierは380体、ゴールドTierは20体、合計10,000体のランドNFT1.0が存在しています。

特性

ランダーがランドNFTを保有すると、ユグドラシルシステムを通じて、ユーティリティトークン$LCGが自動的に採掘されます。
LCGはステーキングにより追加で採掘でき、エコシステムの収益を共有することができます。
さらに、ワールドマップ上で自分の土地を好きなイメージに変更することができます。
Land NFT 1.0に割り当てられる$LCGの採掘量は、全供給量の20%で、NFTのTierによって異なります。

オート・マイニング
  • Tier 3、ノーマルは1日あたり3.06ドルLCGを自動で採掘します。
  • Tier 2、シルバーは1日あたり12.26ドルLCGを自動で採掘します。
  • Tier1、Goldは1日あたり24.52ドルのLCGを自動採掘します。

土地NFTをステーキングすることで、1日に最大17,280ドルのLCGを追加で採掘することができ、採掘されたLCGは張り付けた土地NFTの数に応じて均等に配分されます。

地図画像の変更

持っているランドNFTの座標に応じて、仮想地図上に土地の位置が認識され、ランドNFTを世界地図に接続することで、世界地図上で自分の土地を確認することができます。
ランダーは1KLAY消費することで土地に表示される画像を変更することができ、画像変更に使用した$KLAYは全てエコシステム資源として活用されます。

ランドNFTの価格戦略

バリューアップと価格防衛戦略

NFTプロジェクトチームがホルダーに対してすべきことは、ホルダーが購入するNFTの価格が一定水準を下回らないように、フロアプライスの下落を防ぎ、NFTの価値を高めることです。
そのために、ランドNFT1.0をバージョンアップし、ランドNFT1.0の総量の30%をロックアップし、NFTの流動性にデフレを起こします。

買い取り制度

ランドクロニクルの各種エコシステムから発生する利益やセカンダリーフィーを活用し、市場で継続的にNFTの買い取りを実施しています。
買い戻しによって財団に帰属したNFTは、生態系イベントのリソースとして活用されます。
ロックアップやバイバックにより財団が保有するNFTの数が増えれば、$LCGの流動性をより円滑にコントロールすることが可能になります。
また、財団がNFTを保有している期間に発生した$LCGは市場に流通せず、バーンされることになります。
以上のような価格戦略をランドNFT1.0に実施することで、ランドクロニクルのコアリソースであるNFTの価値を高め、ユーティリティトークンのデフレを引き起こしたいと考えています。

Land Chronicle(LandChronicle)のLANDアップグレード



引用元:LandChronicle公式サイト

アップグレードの効果・目的

  • LAND NFT 2.0の採掘量は、LAND NFT 1.0通常Tierの約4倍となります。
  • アップグレード当初から、ブロックごとに発生する$LCGはLand NFT 2.0に蓄積され、Landerはアップグレード時にNFTに蓄積された$LCGを受け取り、すぐに取引することができる。
  • Land NFT 2.0にアップグレードすると、Land NFT 1.0はロックアップされ、供給量が減少するため、Land NFT 1.0の価値が上昇する。
  • ロックされたLand NFT 1.0は、生態系を拡大するための資源として利用されます。
  • 財団がNFTを所有することで、$LCGの流動性をコントロールするために利用されます。

アップグレードの方法

ランドNFTのアップグレードには、ランドNFT1.0、$KLAY、レインボーストーンが必要です。
500回アップグレードするごとに、アップグレードに必要な$KLAYの数が段階的に増えます。

レインボーストーンとは

ディメンションアイランドは世界に大きな影響を与え始め、次元の歪みによって、より強力なエネルギーを供給できる世界にレインボーストーンを導き出しました。
4,000個しかないレインボーストーンは、ランドクロニクルにより強い変化をもたらすでしょう。

  • 虹の石はランドNFT1.0からランドNFT2.0へのアップグレードに欠かせないアイテムで、総量は4,000個です。
  • 虹の石は、主に土地NFT1.0を所持しているランダーにエアドロップされます。
  • 土地NFT1.0のランクに関係なく、土地NFT1.0を3つ持つごとにレインボーストーンが1つ支給されます。
  • 「金」1個につき「レインボーストーン」3個が支給されます。
  • 銀の階層1個につき、レインボーストーン1個がもらえます。
  • レインボーストーンは全部で4,000個あり、このうち3,000個がランドNFT2.0のアップグレードに必要です。
    残りの1,000個はエコシステムの追加報酬に使用することができます。
  • 追加供給はありません。

Land Chronicle(LandChronicle)のLAND NFT 2.0



引用元:LandChronicle公式サイト

ランドクロニクルのNFTコレクション第2弾です。
第一発見スポットの占有に成功した選抜ランダーは、他の3,000の土地からなる第二発見スポットを特定しました。
ただし、第二発見スポットに入るためには、以下の条件が必要でした。

  • それは、土地NFT1.0の保有者であること。つまり、ランダーとして自分の領地を持っていること。
  • 迷うことなく第2発見スポットまで導いてくれる次元エネルギーを持ったレインボーストーンを所持していること。

ランダーはランドNFT2.0を発見するために、ランドNFT1.0とレインボーストーン、遠征費($KLAY)を支払わなければなりません。
ランドNFT2.0は3,000個しかなく、遠征料は時間経過で上昇するため、早く参加したランダーは低い遠征料でランドNFT2.0を発見することができます。
多少遅れて遠征が成功しても、発見した土地NFT2.0には既に$LCGが蓄積されており、$LCGは増え続けるので、遠征費は全く無駄になりません。

ランドNFT2.0の特徴

これまで明らかにされているところによると、ランドNFT2.0の採掘速度はランドNFT1.0の4倍です。
Land NFT 2.0を保有すると、より多くのユーティリティトークンを入手することができます。
ユーティリティトークンは今後、ランドクロニクルのエコシステムにおいて影響力を発揮するための最も重要なリソースとなります。

  • Land NFT 2.0のトークン採掘枠は総供給量の20%で、トークンは自動的に採掘されます。
  • Land NFT 2.0は階層化されておらず、マップサイズは2 X 2です。
  • Land NFT 2.0は、仮想マップ上ではLand NFT 1.0の上に位置します。
  • 総採掘量は、3,000個のLand NFT 2.0がすべてミントされるまで、徐々に増加します。

Land NFT 1.0をLand NFT 2.0にアップグレードすると、Land NFT 1.0で採掘された$LCGのうち最大30%がロックされる効果があります。
ロックされた$LCGは$LCGの価値を維持するために積極的に使用され、エコシステム参加者への報酬として使用されます。
また、アップグレードにより財団がロックアップしたランドNFT1.0は、地図サービス「ランドクロニクル」での広告サービスに利用することができます。
広告サービスによって得られた収益は、すべてエコシステムの収益分配に使用されます。

Land Chronicle(LandChronicle)のエコシステム



引用元:LandChronicle公式サイト

ランドクロニクルには独自の生態系があり、ワールドマップ上の各ランドポータルからアクセスすることができます。

Plant to Earn:ユグドラシル(古代)
$LCGの自動採掘とステーキングシステムを提供します。
Trade to Earn:LAND-EX(Force)
Apollo Xとの戦略的パートナーシップにより、BSCベースの独自のオーダーブックDEXを提供します。
Pay to Earn:Chronicle Card(Necro)
NFTデザインで世界中で使えるMaster Cardを作成・所有でき、ペイバックの特典があります。
Play to Earn:Penguin Chronicle(Machinery)
誰でも簡単に楽しく遊べるP2Eゲーム、Penguin Chronicleをプレイすることができます。

また、ランドクロニクルの生態系は拡大を続けています。

各ディメンジョンのユニークな特性は、ランドクロニクルの生態系を構成する上で重要な役割を担っています。
ランドは、エコシステムに参加し、利益を共有できるサービスを強調する空間として活用されています。

  • 各島の中央にあるポータルから、エコシステムにアクセスできます。
  • 各島のエコシステム活動は、$LCGに付加価値を与え、利益を共有することを目的に運営されています。
  • LAND NFTを持つランダーは、このエコシステムの主役であり、様々な利益や恩恵を享受することができます。

Hold to Earn

ランドクロニクルの核となるのはNFTであり、すべての特典はNFTから始まります。
ランドクロニクルでは、ランダーに様々なメリットを提供するため、独自のサービスを提供し、ランダーがエコシステムから生まれる利益を享受し続けられるようにします。

Plant to Earn(ユグドラシル)

ユグドラシルは、ランドクロニクルの生態系の守護者であり、万物の根源です。
地球温暖化で危機に瀕している地球に対し、強力な生命力を秘めたエネルギーを放出し、地球を浄化してくれます。
浄化の結果、ユグドラシルは生命のエネルギーが詰まった宝石「$LCG」を生み出します。
採掘の過程で炭素を排出し、環境破壊を引き起こす他の採掘方法とは異なり、とても環境に優しい方法です。
ユグドラシルによって$LCGが生成されればされるほど、ディメンションアイランドの空と空気、そして全世界の空気が澄んできれいになり、ランドクロニクルの生態系も活性化されるのだそうです。

ユグドラシルは、ランドクロニクルの経済に直結する基幹システムです。
ユーティリティトークンの生成、NFTやトークンの流動性の調整、エコシステムで経済的リターンが発生した際のランダーへの報酬の提供など、重要な役割を担っています。
ユグドラシルの主な機能としては、NFT保有時の自動採掘、NFT&トークンの植林、エコシステムの利益分配などがあります。

ユグドラシルの提供するオートマイニング
  • Land NFT 1.0とLand NFT 2.0には、それぞれトークン供給総量の20%が割り当てられています。
  • ランドNFTをウォレットに入れておくだけで、$LCGが自動的に採掘されます。
  • Land NFT 1.0のティア(階層)が高いほど、採掘率は高くなります。
  • 自動採掘された$LCGは、「Receive」ボタンをクリックすることで受け取ることができます。
  • ランドNFT2.0は、3,000個すべてで同じ採掘率です。
  • ランドNFT2.0の採掘レートは、ランドNFT1.0通常層の約4倍です。
  • ランドNFT1.0と2.0の「植林」によって、追加でトークンを入手することができます。
植栽

植栽はランドクロニクルのステーキング・システムです。
植栽には、NFT植栽とトークン植栽があります。

NFTの植栽
  • NFTの植え付けは、トークン供給総量の10%が割り当てられます。
  • NFTの植え付け時に受け取る$LCGは、植え付けたNFTの数に応じて均等に分配されます。
  • 植え付け時、NFTは7日間ロックされますが、報酬はいつでも受け取ることができます。
  • 植え付け中に報酬を受け取った場合、ロックアップ期間はリセットされます。
LCGプランティング
LCG PlantingはLand Chronicleの中心的なシステムであり、トークンの流通をコントロールすることでトークンの価値を維持する重要な役割を担っています。
また、会員特典を提供し、エコシステムの利益を共有することを目的としています。

  • 1,000LCGにつき、1本の苗木を植えることができます。
  • 植えた苗木の本数に応じて、生態系の利益が均等に保証されます。
  • 植林は、$LCGの採掘、生態系利益の分配($USDC)、クロニクルカードの会員になるための基礎となるものです。
  • 苗木の植え替えには、20%の手数料がかかります。
エコシステムの利益分配

すべてのトークン報酬を受け取る際に10%の手数料を徴収し、エコシステムの運営に必要な財源として使用されます。
ランドクロニクルは、実際に収益を上げる様々な自社サービスを提供する準備を進めています。
サービスを通じて発生した利益は、ランドクロニクルのエコシステムに参加しているランダーにUSDCで報酬が支払われます。

  • ランドエックス
  • クロニクルカード
  • ランドクロニクル世界地図広告
  • 追加提携により発生するビジネス、広告、生態系の利益の配分や活用方法は、ランドクロニクル会員の意見により変更することが可能です。

Trade to Earn:LAND-EX(ランドエックス)

世界最大の暗号通貨取引所であるBinance Labsが出資するApollo Xとの戦略的パートナーシップにより、BSCベースの自社オーダーブックDEX(Decentralized EXchange)を提供します。
複雑な登録作業なしにメタマスクなどの暗号通貨ウォレットを連携させて取引ができ、取引で発生した手数料収入の100%がランダーへの利益として提供されます。
プロの暗号資産投資家を対象とした投資コンペティションの開催や、初心者向けの取引支援券の提供などを行います。
また、$LCGを利用することで、取引手数料を割引することができます。
マルチチェーン戦略を実現するために、Klaytnベースの$LCGとBSCベースのLAND-EXの間にブリッジを作り、LAND-EXも$LCGを利用することで利益を得ることができるようにします。
LAND-EXで発生した取引手数料は、$LCGの買い戻しや、ランダーへの給付金などに充当する予定です。

Pay to Earn

ランドナーにPay to Earnのサービスを提供しています。
世界中で使えるMaster Cardを手に入れることができます。
世界中のMasterCard加盟店で自由に支払いができ、支払い金額の最大9%がペイバックされます。

  • カード発行は、ITDAプラットフォームでの口座開設と同時に進行します。
  • カード発行手数料と年会費には$LCGが使用され、ランダーは割引を受けることができます。
  • カードのデザインは、ランドNFTのデザインでカスタマイズが可能です。
  • また、$LCGを支払うことで、自分が所有する他のプロジェクトのNFTを使ったカードデザインのカスタマイズも可能です。
  • ペイバック率は、ユグドラシルを通じてステークされた$LCGの量に依存します。
  • カード料金の一部は、特典としてランダーに分配されます。

ランドクロニクルの会員資格は、植林した苗木の本数(ステークした$LCG)に応じて、カードの使用量が増えるほど特典が増える仕組みになっています。
クロニクルカードは、ITDAとの提携により発売されます。
ITDAのプラットフォームで登録後に利用できるカードで、登録時にドル建ての個人口座が発行されます。
コインウォレットはプラットフォーム内のドル口座で利用でき、コインとドルを自由に交換することができます。
なお、発行された口座は、最大25万ドルまでの預金者保護を受けることができるほか、ITDAプラットフォームが提供する様々な特典を享受することができます。

Play to Earn

ペンギンクロニクルは、短いプレイ時間と簡単な操作で誰でも簡単に楽しく遊べる征服型P2Eゲームの一種です。
収益を上げるだけでなく、ランドクロニクル最大の火種となるハイパーカジュアルゲームです。
P2Eゲームの問題点の1つは、多くの時間を投資しなければならないことです。
ゲームに時間をかけすぎることで、プレイヤーは疲れを感じ、ゲームへの興味を失ってしまうのです。
しかし、『ペンギン・クロニクル』は、シンプルな操作と対戦システムでゲームをより楽しくし、短いプレイ時間でプレイヤーの疲労を最小限に抑えます。
ランダーは、用意されたペンギンキャラクターでゲームを楽しむことができ、『ペンギン・クロニクル』ではミッションやランキングシステムを通じて様々な特典を得ることができます。
また、ゲーム内の広告から得られる収益は、ランドクロニクルの保有者に還元されます。
また、NFTの他のプロジェクトに登場する様々なキャラクターが、コラボレーションにより『ペンギン・クロニクル』のゲームキャラクターとして登場する予定です。

ペンギンクロニクル関連情報

ランドクロニクルのゲーム「ペンギンクロニクル」は、モードによって形が異なるマップ上で個人やチームの領地を増やし、占領率を高めていくゲームです。
ペンギンクロニクルは、ランドクロニクルユーザーに生態系への参加を促す役割を果たすと同時に、$LCGの採掘やバーンを行うことができます。
ペンギン・クロニクルには、$LCGの総供給量の10%に相当する30,000,000が割り振られます。
ペンギンクロニクルには、3つのゲームモードがあります。
個人戦(アイテムなし/アイテムあり)と、征服モードです。

ゲームのルール
  • あなたは自分のキャラクターをAと呼び、相手プレイヤーのキャラクターをBと呼びます。
  • Aが自分の領地の外に出て、再び自分の領地に入ると、領地はその分拡大します。
  • AがAの領地の外でAの通った道を踏んだ場合、Aはやられます。
  • Aの領地の外でAが通った道をBが踏んだら、Aは負けます。逆に、Bの領地の外でAがBの通った道を踏んだら、Bはやられます。

また、以下のようなルールにも、注意が必要です。

  • フリープレイ回数が存在する
  • NFTアップグレード時、フリープレイ回数が増加
  • NFTアップグレード時、ゲーム内で特典を提供
  • 毎日09:00(KST)にリーグが終了し、リセットされます。
  • 3 ゲームモード – 個人戦(アイテムなし)、征服戦

ペンギンクロニクルの情報は継続的に追加される予定です。

Land Chronicle(LandChronicle)の$LCGトークンについて



引用元:LandChronicle公式サイト

トーケノミクス(トークン・エコノミクス)詳細

NFTを作り、トークンを発行し、マイニングシステムを作ることは、プロジェクトを進めようと思えば誰にでもできることだと思いました。
そのため、他のプロジェクトとの差別化を図るためには、採掘されたトークンの価値を向上させることが不可欠だと考えていました。
それを実現するためには、トークンの実用化とバーンピットを確実に行うことが最も重要な鍵になると判断しました。
発行されるトークン数よりも、エコシステムが活性化したときに燃やされるトークン数の方が多くなるような仕組みにしたいと考えています。
また、流入したトークンをどのように燃焼に使うか、ランドクロニクルのエコシステムやコミュニティの参加者と思案し、議論していきたいと考えています。
LCGはランドクロニクルのユーティリティトークン「ランドクロニクルジェム」です。
1ブロックあたり2LCGが生成され、1日あたり約172,800個発行されます。
総供給量は300,000,000個で、今後のランドクロニクルメンバーの決定により半減期が適用される可能性があります。

  • 合計1,000,000枚のLCGを事前発行し、残りの299百万枚を採掘する予定です。
  • 事前発行された100万枚のLCGのうち、32万枚はLP生成用、68万枚はマーケティング用として割り当てられます。
  • マーケティングに割り当てられた68万LCGは、ミッションクリアや友人紹介イベントの報酬として使用されます。
LAND NFT 1.0
  • LAND NFT 1.0の採掘開始日から61日目に$LCGがアンロックされます。
  • LAND NFT 1.0の採掘開始から14日後に$LCGの採掘が開始されます。
  • ロックアップ期間である2ヶ月間は、採掘した$LCGを取引・譲渡することはできず、保管のみ可能です。
LAND NFT 2.0
  • LAND NFT 2.0の採掘から24時間後に$LCGの採掘が開始されます。
  • LAND NFT 2.0の販売にかかわらず、$LCGは引き続き採掘され、スタックされます。
ペンギン・クロニクル
  • 10,000,000LCGは、ペンギンクロニクルのペンギン戦士NFT10,000体のミントに使用されます。
  • ミントに使用した10,000,000LCGは、P2E報酬として使用されます。

なお、LCGの取引には10%の手数料がかかり、財団のウォレットに振り込まれます。

購入時の取引手数料
  • 4% – LP
  • 4% – LIF
  • 1% – Treasury
  • 1% – Burn
売却時の取引手数料
  • 4% – LP
  • 4% – LIF
  • 1% – Treasury
  • 1% – Burn

なお、NFTやトークンのステーキングによる報酬を受け取る際にも10%の手数料が発生し、財団のウォレットに振り込まれます。

報酬受け取り時の手数料
  • 8% – LIF
  • 1% – Treasury
  • 1% – Burn
  • 発生した手数料は、ランドクロニクルのエコシステムの運営に積極的に活用されます。
  • トークン譲渡の際に手数料はかかりません。
LP
LCGと$KLAYに流動性を提供するLiquidity Pool。
LIF
Land Insurance Fund、集められた資金は追加流動性供給、買い戻し、イベント報酬など、エコシステムの安定運営に使われる。
トレジャリー
マーケティング進行や新規プロジェクト開発のための資金を提供します。

Land Chronicle(LandChronicle)の開発ロードマップ

デザイン(Q1)

  • ランドクロニクル・チーム結成
  • Land-Fi プロジェクトを企画する
  • 収益システム、トークノミクス、サービス提供について
  • エコシステム拡張のためのパートナーシップの構築

準備(Q2)

  • ホワイトペーパーとロードマップの公開
  • コミュニティ(Webサイト、Twitter、Discordなど) 公開
  • DISCORDはオープンから3日で会員数4,000人を達成しました。
  • オープンから8日間で総ユーザー数12,000人を達成しました。
  • スマートコントラクトの構築

ローンチ(Q3)

  • Hold to Earn:LAND NFTのミント(1-3日)
  • Trade to Earn:LAND-EX発売
  • Plant to Earn:ユグドラシル(NFT、及び、$LCGステーキング)サービス開始
  • ランドクロニクル地図サービス開始
  • 流動性プールの開設
  • LCGロックアップ&マイニング開始
  • LCG&レインボーストーンのエアドロップ

エコシステムの拡張(Q4)

  • Hold to Earn2: LAND NFT 2.0アップグレード
  • Pay to Earn:クロニクルカード発売
  • ペンギンウォーリアーNFTのミント
  • プレイ・トゥ・アーン Penguin Chronicle発売

Land Chronicle(LandChronicle)のよくあるご質問

LAND CHRONICLEとはどのようなプロジェクトですか?

ランドクロニクルは、NFTを持ち、活用することで、生態系全体のプラフォティを共有するKlaytnベースのWeb3 LAND-Fiプロジェクトです。

LAND NFTとは何ですか?

ランドNFTは、プロジェクトの中核であり、ランドクロニクルを代表する資産の一つです。
1.0版10,000枚、2.0版3,000枚で構成され、ランドNFT保有者には様々な特典が提供されます。
一過性の特典ではなく、様々なチャネルで持続的な特典を提供することを目指しています。

他のNFTプロジェクトとの違いは何ですか?

大きな違いは、自社サービスやパートナーシップによって生み出された実益を、NFTホルダーへ提供するプロジェクトであることです。
Land Chronicleは会員制のNFTプロジェクトで、単にNFTを販売して終わりではなく、持続可能なEarning Systemに基づいて生態系参加者に利益を分配しています。

LAND NFTのミント量とミント方法について教えてください。

1回目販売
220KLAY – 2,000枚
第2回販売分
230KLAY – 3,000個
3回目販売
250KLAY – 5,000個

ミントページのKaikasウォレットからミンティングが可能です。
KaikasはMetamaskのようなKlaytnベースの暗号通貨ウォレットです。

LCGとは何ですか?

LCGはランドクロニクルジェムで、ランドクロニクルエコシステムの様々な収益性チャネルの価値を高めるために使用されるユーティリティトークンです。
LCGの総供給量は300,000,000です。
LCGは主にエコシステムのユーザーに報酬を与え、トークンを通じてより多くの利益を享受し、様々な用途を通じてNFT保有者に継続的な利益をもたらすことを目的としています。
NFTやトークンを保有またはステークすることでエコシステムに参加すると、報酬として$LCGを受け取ることができます。

Land Chronicle(LandChronicle)の免責事項

  1. 本ホワイトペーパーは、ランドクロニクルのサービスを説明するために書かれたものであり、プロジェクトの進捗状況やその他の変動要因によって、予告なく変更・修正されることがあります。
  2. また、本ホワイトペーパーの内容は、公開後も内容修正の必要性により、定期的に変更・更新されることがあります。
  3. 本ホワイトペーパーの内容が、お客様の国や地域で違法とされる場合、その全部または一部を複製、配布、改変することはできません。
  4. また、本ホワイトペーパーの内容を規定する国や地域の人々が、本ホワイトペーパーの内容を違法に認識し、投資した場合、それは自己責任で行うものであり、ランドクロニクル・チームはその責任を負いません。
  5. 本ホワイトペーパーは法的効力を持たず、ランドクロニクルは本ホワイトペーパーに関連する一切の責任を負いません。
  6. ランドNFTおよび$LCGは法定通貨ではなく、元本割れのリスクがあります。
  7. 利用者の不注意による損失については、責任を負いかねます。

Land Chronicle(LandChronicle)の公式サイト等

テレグラム
https://t.me/landchronicle
ツイッター
https://t.me/landchronicle
ディスコード
https://discord.gg/2BDGbyKbZW
ウェブサイト
http://www.landchronicle.com/

Author Info

NFT(非代替性トークン)検証チーム
fill.mediaは、国内の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や、不動産クラウドファンディング、ロボアドバイザー、インデックス投資業界等の最新情報を提供する、投資・金融情報総合メディア。
その他、昨今、主に若年投資家の間で大きな関心を集めつつあるFIRE(Financial Independence, Retire Early)に関する最新情報を専門的に扱う、FIRE(早期リタイア)専門の検証チームや、不労所得に関する検証グループ、その他、不動産投資全般について検証を行うチーム等があります。

NFT(非代替性トークン)検証チームでは、ブロックチェーン技術のアート・ゲーム分野への応用(NFTアートや、NFTゲーム)等に関し、そのメリット・デメリット等を検証し、深く掘り下げた分析・情報を提供しています。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。