【累計投資1,000万円以上】節約好きの堅実投資家が挑んだソーシャルレンディングとは

融資型クラウドファンディング(=ソーシャルレンディング)とは

貸金業者が金融商品取引業の登録を取得し、自身の融資プロジェクトのための原資をクラウドファンディング形式で募集、これに対して投資家がインターネット経由で出資することを、融資型クラウドファンディング(=ソーシャルレンディング)と呼びます。

ソーシャルレンディングの基本

ソーシャルレンディングにおける各ステークホルダー、及び資金の流れを簡略化すると、下記のようになります。

  1. ノンバンク型の貸金業者が、金融商品取引業の登録(※1)を取得し、「ソーシャルレンディング事業者」となる。
  2. ソーシャルレンディング事業者が、自身のホームページ上に、ファンド情報を掲載し、投資家からの出資を募集する。
  3. 投資家は、ソーシャルレンディング事業者の掲載しているファンド情報を閲覧し、投資申込を行う。
  4. 投資申込が成立すると、ソーシャルレンディング事業者と投資家との間で、匿名組合契約(※2)が電磁的に締結される。
  5. ソーシャルレンディング事業者は、ファンドに集まった資金を、資金需要者(※3)に対して融資する。
  6. 借入期間中、借り手は、ソーシャルレンディング事業者に対して、利息の返済を行う。また、借入期間満期にあたっては、借り手は、ソーシャルレンディング事業者に対し、元本の一括返済を行う。
  7. ソーシャルレンディング事業者は、融資先から回収した利息を元手にして、投資家に対する利益分配を行う。また、借り手から回収した元本を元手に、投資家に対する元本償還を実施する。
  8. 全ての償還が完了次第、ファンドは営業終了となる。

(※1)国内のソーシャルレンディング事業者のほとんどが、「第二種」金融商品取引業の登録を得ていますが、「クラウドバンク」運営の日本クラウド証券や、「SAMURAI Fund」運営のSAMURAI証券のように、より登録要件・資本要件等の厳しい「第一種」金融商品取引業者(=証券会社)が運営にあたっているケースもあります。
(※2)匿名組合契約にあたり、ソーシャルレンディング事業者は、匿名組合契約の「営業者」となり、投資家は「匿名組合員」となります。
(※3)ソーシャルレンディング事業者から融資を受ける借り手のほとんどが法人(企業)ですが、中には、個人事業主に対して融資を行うケースもあります。また、融資に伴い、ソーシャルレンディング事業者と借り手との間では、「金銭消費貸借契約」が締結され、この際、借り手(及びその関係者等)の保有する資産(不動産等)に対して、担保権が設定されるケースがあります。


参考:
【2021年7月最新版】ソーシャルレンディングおすすめ10社&危ない3社比較ランキング【投資初心者必見】

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングのステークホルダーとしては、

  • ソーシャルレンディング事業者
  • 借り手企業
  • 投資家

の3者がありますが、それぞれにおけるメリット・利点としては、下記の通りです。

ソーシャルレンディング事業者にとってのメリット

  • 自己リスクの低減:
    自己資金や、(自身が借り手となった)借入金ではなく、投資家からクラウドファンディング形式で調達した投資用資金を、融資プロジェクトの原資とすることで、ソーシャルレンディング事業者(=貸金業者)自身のリスクを抑えたうえで、新たな融資プロジェクトに取り組むことが可能となります。
    このため、銀行が融資を差し控えるような、やや高リスクな貸出案件にも取り組むことが出来、結果的に、業容を大きく拡大することが出来ます。
    ※こうした点は、同じくクラウドファンディング系の投資分野として昨今人気を集めている、不動産クラウドファンディングの場合も同様です。
  • 「テック感」の演出:
    元来、貸金業(金融業)というのは、貸金業法により参入障壁の影響もあり、旧態依然としたところのある業界ですが、「クラウドファンディングによる資金調達」「フィンテックの活用」というエッセンスを加えることで、企業のバリュエーションにおいて効果的な「テック感」を付帯できるケースがあります。
  • 金融包括の提供:
    マイクロファイナンス機関への融資等、社会的インパクトが大きいプロジェクトは、どうしても、貸し倒れリスク等が大きく、貸金業者の自己資金(借入金も含む)では、取り組みづらい、というのが実情です。
    クラウドファンディングで調達した資金を活用すれば、貸金業者としても、ある程度積極的に、こうした「社会的インパクト重視型」案件に取り組みやすくなり、金融包括の提供等に寄与しやすくなります。

借り手にとってのメリット

  • 柔軟な審査:
    顧客から預かった「預金」を元手にして融資を行う、銀行のような一般的金融機関と異なり、ソーシャルレンディング事業者は、(預金業務を行わない、融資専業の)ノンバンク型の貸金業者です。
    ましてや、融資の原資は、自己資金や借入金ではなく、投資からクラウドファンディング形式で募った投資用資金。
    必然的に、ソーシャルレンディング事業者の貸出審査は、銀行の融資審査と比較し、柔軟となります。

    赤字決算が続いている企業や、創業から間もなく信用の薄い企業であっても、担保内容等によっては融資を受けられるケースがあるほか、銀行からすでにシニアローンがあったとしても、担保余力を活用した「メザニンローン」を借りられるケースがあるなど、借り手企業にとっては、「使い勝手のいい」貸金業者として、利用のメリットがあります。

  • フレキシブルな貸付条件:
    銀行が嫌がる短期貸付(※銀行の場合、審査コストをペイできない、として、短期案件を忌避し、返済総額の大きい長期貸付案件に特化したがる傾向があります)にも、ソーシャルレンディング事業者ならば、積極的に対応してくれるケースが多々あります。
    非上場企業では一般的な、代表者による連帯保証も、「不要」とされている事業者もありますし、融資金の使途についても「自由」と規定されている事案もあります。
    このように、貸付条件がフレキシブルである、という点は、借り手にとって、有利な事柄となります。
  • ブランディングへの活用:
    ソーシャルレンディング事業者の中には、上場企業へと融資を行うファンドを組成・募集しているケースがあります。
    資金力が豊富な上場企業が、なぜわざわざ、ソーシャルレンディング事業者から融資を受けるか、というと、ファンド募集を通じて、個人投資家に対して、自社のサービス・ブランドについて、知名度向上を図りたい、という狙いがあります。
    例えば、ソーシャルレンディング・サービス「ファンズ」では、上場企業を融資先とし、出資額に応じて、その企業が運営しているサービス(例:ホテルや、温浴施設など)の利用優待券などが提供される、「優待付ファンド」も提供されています。

投資家にとってのメリット

  • 融資事業への相乗り投資:
    日本では、貸金業法による規制の関係で、貸金業の登録を得ていない個人・法人が、融資を継続的な「事業」として行うことが、禁止されています。
    投資家としては、ソーシャルレンディング事業者(貸金業者)の募集するファンドに対して匿名組合出資する、という形態を採ることによって、疑似的に、貸金業者の融資プロジェクトに、相乗り投資を行うことが出来ます。
  • 高い期待利回り:
    ソーシャルレンディング事業者の提示する期待利回り(想定利回り)は、ファンドによって様々ですが、一般的に、年率換算で数パーセント~10パーセント程度の利回りが掲載されています。
    無論、あくまでも想定・期待利回りである、という点に留意は要しますが、昨今の低金利社会において、これだけの期待利回りが提示されている投資案件、というのは、稀です。
  • ファンド選択の自由度:
    ソーシャルレンディング事業者の募集するファンドの中には、無担保・無保証型のファンドもあれば、不動産などに対して担保権が設定される、「担保付きファンド」も存在します。
    数ヶ月程度の、ごく短い運用期間を予定しているファンドもあれば、数年単位という、長期の運用を想定しているファンドもあります。
    単純に利回りのみを追求したファンドもあれば、マイクロファイナンス機関向けの融資案件など、社会的インパクトを重視多ファンドもあります。
    このように、様々なファンドの中から、自分の投資目的・志向にあったファンド選びが出来る、という点は、ソーシャルレンディング投資のメリットの一つと言えます。

貯金を元手に、ブログをきっかけにソーシャルレンディング投資を始めた投資家の体験談

投資家紹介

ニックネーム:kita
都道府県:東京都
年齢:45歳
性別:男性
累計投資額:1,000万円以上
ソーシャルレンディング投資歴:1年以上3年未満

投資口座を開設したソーシャルレンディング事業者名:
maneo, SBIソーシャルレンディング, OwnersBook, ラッキーバンク, グリーンインフラレンディング, ガイアファンディング, さくらソーシャルレンディング, キャッシュフローファイナンス, クラウドリース, スマートレンド, LCレンディング, アメリカンファンディング, プレリートファンド, アップルバンク

無駄遣いせずに貯めた貯金が、ソーシャルレンディング投資の資金に

【質問1】まずは簡単なプロフィールをお教えください。


大学卒業後に繊維関係の商社に就職しました。
入社以来事務畑で同じ会社で仕事を続けています。

26歳時点で結婚し現在は高校生の子供が一人。
親と同居しており2世帯のため住居費がかからないのが助かっており、その分は無駄遣いせずに貯金に励み、そうして貯めた貯金が、今回のソーシャルレンディングに投資した資金の一部にもなっています。

趣味はランニング、筋トレ、読書、ネットサーフィン。
買い物をできるだけ安く購入するために色々と比較するのが好きです。
お酒はめったに飲まないので飲み会にもあまり参加することがないので無駄遣いはせずに投資資金へ廻すようにしています。
PCやスマホも好きですが上記と同様に無駄遣いはせずに、できるだけMNP時点まで買い替えはしないようにしています。

ソーシャルレンディングに出会う前は、株式投資等に挑戦

ソーシャルレンディングに出会う前は、株式投資等に挑戦

【質問2】ソーシャルレンディング投資を始める前は、何かほかの投資をやっていましたか? やっていた場合はその内容、やっていなかった場合はその理由と合わせてお教えください。


20代の前半の時に株式投資を少々行っていましたが、その当時はまだインターネット経由での取引自体がなく、証券会社に電話しての取引でした。
担当者に薦められた会社の株を購入したのですが、投資金額の1割ほど損したのでそれ以降はすべて自分で調べて購入するようになりました。
発売日当日に日経会社情報や四季報を購入して目ぼしい投資先を探して投資していましたが成績はトータルではほとんどトントンといったところでした。
上記の経験は無駄ではなかったとは思っていますが、投資先の株価が下がると精神的にダメージを負うので
私には株式投資は向いていないのではないかと感じていました。
FXもドル円を少々やっていましたが上記と同様の理由で数回の取引で止めてしまいました。

ブログをきっかけに、ソーシャルレンディングに興味を持つように

【質問3】ソーシャルレンディングに興味を持ったきっかけは、何ですか?


ある程度の貯金が溜まったいたのですが、銀行預金の金利がほぼゼロの状態が数年続いていましたので何か良い運用先がないか探していた中であるブログでソーシャルレンディングを紹介していてそのブロガーの方が私と年代やおかれている状況が似ているなかでソーシャルレンディングを上手に利用されているのを見て私も同様に行えるのではないかと思いました。
また株式投資や外国為替証拠金取引とは違いファンド選択も株式や為替取引とはちがい簡単に選択できるのも魅力でした。
また投資後に毎月配当があるのも投資している身としては嬉しく低金利の時代の中で5%~私の知っているなかで最大12%まで選択肢が多くファンドを色々と比較しながら自分の取れるリスクのなかで分散できるのも魅力でした。

SBIソーシャルレンディングやmaneo等から口座開設

SBIソーシャルレンディングやmaneo等から口座開設

【質問4】一番最初に投資口座を開設したのは、どこのソーシャルレンディング業者ですか?理由と合わせて、お教えください。


私が実際に口座開設したのはSBISL、maneo、LCレンディング、プレリートファンド、さくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス、クラウドリース、グリーンインフラレンディング、スマートレンド、ガイアファンディング、アメリカンファンディング、オーナーズブック、TATERUファンディング、ラッキーバンク。
SBISLはSBIグループに属しているので大きなバックグラウンドを持つ企業として実績を見てもしっかりした運営を行っていると思い開設にいたりました。
maneoは開設当時ソーシャルレンディング業界ナンバーワンのの運用実績があり貸し倒れもゼロの実績をみて開設、同時にmaneoファミリーも開設をしました。
TATERUファンディングは東証一部上場企業なので安心感があり開設。

ソーシャルレンディングのメリット=ほかの事に集中できること。

【質問5】他の投資手法と比較し、ソーシャルレンディング投資のメリットは、どのような点だと思いますか?


私が株式投資、外国為替証拠金を止めて理由が投資後の値動きに対する精神的な負担が嫌になったのが大きなウエイトを占めていました、それに対してソーシャルレンディングでは投資後は基本的には何もすることが無く毎月の配当を待ちつつ投資終了時点で投資資金の返済後に再度投資するか出金するかの選択をするだけなのが非常に大きなメリットになっていると思います。
株式投資や外国為替証拠金取引では投資後も常に注視していないと稀に市場の大きな出来事に巻き込まれて大きな値動きになってしまうことがありますので仕事中にも気になってしまい仕事中や為替は24時間マーケットが開いているので夜中でも気になってしまいレートを確認してしまうことがありましたが、ソーシャルレンディングではそのようなことは一切なく投資後は返済を待つだけで他のことに集中することができました。

ソーシャルレンディングのデメリット=事業者リスク

ソーシャルレンディングのデメリット=事業者リスク

【質問6】他の投資手法と比較し、逆に、ソーシャルレンディング投資が劣っている点、デメリットとしては、どのようなものがあるとお考えですか?


投資した当初はあまり気にすることがなかったのですが、一番のデメリットは事業者リスクがあまりにも大きすぎることだと思います。みんなのクレジット、ラッキーバンクでは私は幸いにも投資していなかったのですが投資元本を大きく毀損する金額での元本償還になってしまった実績があり事業者の選択が最大注意を行うことではないかと考えます。
ファンドの内容の確認は勿論大事ですが、それ以上に事業者選択が大事でその後にファンド選択がくると思います。
匿名化解除が行われたので案件の内容を精査する事ができるようになったので納得できないファンドであれば投資することなく自身で調べて納得できるファンドにのみ投資するのが重要だと思います。

一番のお気に入りは、SBIソーシャルレンディング

【質問7】国内ソーシャルレンディング事業者のうち、最も優れているのは、どの事業者だとお考えですか?理由と合わせて、お教えください。


SBIソーシャルレンディングが私の一番のお気に入りです。
バックに東証一部上場企業のSBIホールディングスがあり事業者リスクは皆無と言えるのではないでしょうか。
以前は個人向けのファンドで貸し倒れが頻出していましがた企業向けのファンドになってからはバイヤーズローンファンドで期限の利益喪失がありましたが、その報告やその後の対応も非常に誠実、迅速で回収まであまり時間もかからずに解決にいたった実績があります。
SBIソーシャルレンディング自体も黒字で営業を続けており案件の匿名化解除も行い、案件ごとの手数料も明確化されておりその手数料自体も他社と比較すると低いので最終借手の負担も小さく返済確度も高くなることが考えられます。

SBIソーシャルレンディングとは
SBIソーシャルレンディングのホームページ

引用元:SBIソーシャルレンディング

東証一部上場「SBIホールディングス株式会社」の100パーセント子会社、SBIソーシャルレンディング株式会社が運営するソーシャルレンディングサービス。
2019年5月末の時点で、投資家登録完了数は、3万5千人以上。
累計融資実績は930億円を超えている、日本を代表するソーシャルレンディング事業者のひとつです。
いつでも1万円から出資できる「常時募集型ファンド」等、他のソーシャルレンディング事業者には無い特色も有しており、国内ソーシャルレンディング投資家から、高い人気を得ているサービスでもあります。


2021年追記:
その後、SBIソーシャルレンディングでは、第三者委員会の設置などを契機として、ソーシャルレンディング事業からの撤退を発表。
監督官庁にあたる関東財務局からも、1か月の業務停止命令を含む、行政処分を受けています。

投資家に対する誠意が感じられない事業者は×

【質問8】逆に、国内ソーシャルレンディング事業者のうち、他のソーシャルレンディング事業者と比し、総合的に、最も劣っているのは、どこの事業者だとお考えですか?詳しい理由と合わせて、お教えください。


みんなのクレジット、ラッキーバンク前記2社はネット上では詐欺と言われる内容の書き込みを多く見かけます。
みんなのクレジット、ラッキーバンクは投資家から訴訟を起こされ裁判になっているそうなので私も巻き込まれていたら多大な時間と資金を浪費してしまうところでした。
みんなのクレジットの代表者は以前にも計画倒産の実績があったそうです。
投資された資金を親会社へ貸付けたり、代表者個人の借金の返済に廻されたり、他のファンドの返済資金に利用されたりしていたそうです。
ラッキーバンクも投資家から集めた資金を代表者の同族会社に資金を貸し付けており担保売却をサービサーに安値で売却して投資家に対する返済が非常に少ない金額になってしまった実績があるので怖いとおもいました。
maneoはお金を扱う資格が無いと思います。
投資家に対する対応に誠意が全く感じられません。

ソーシャルレンディング初心者は、事業者選びにこそ注力を

ソーシャルレンディング初心者は、事業者選びにこそ注力を

【質問9】ソーシャルレンディング投資を行うにあたり、特に、ソーシャルレンディング初心者に、気を付けてほしい点としては、どのような内容がありますか?


初めてソーシャルレンディングに投資するのであればまずは利率を見るのではなく事業者に注意するべきだと思います。事業者が倒産してしまえば投資資金が返済されなくなってしまいますので黒字運営している事業者にのみ投資するべきだと思います。
LCレンディングなどは単体では赤字ですが親会社のLCホールディングスへの貸し付けなのでこの場合は親会社が黒字を続けている限りでは問題ないと思います。
選択した事業者の中で分散し更に事業者の中のファンドを分散投資することにより分散効果が発揮され安定した運用ができると思います。
投資ですので失敗もあるとは思いますがトータルでは安定的にプラスになるのがソーシャルレンディングの魅力だと思います。

まずは、最低投資額から経験蓄積を

【質問10】これからソーシャルレンディング投資を始めようと検討している方に、励ましのメッセージをお願い致します。


しっかりした事業者の案件を分散投資すれば長期的にはプラスでまわると思います。
最初は最低投資金額から初めある程度経験を積んでから自分の余裕資金で投資を行うのが良いのではないでしょうか。
事業者を分散しさらにその中でファンドの分散を行うことにより分散効果によりプラスでの安定運用が可能になると計算上はなります。
もちろん投資なので運用の失敗もあるはずですが分散することにより他の投資により貸し倒れ分を回収出来るはずです。
一度の失敗でソーシャルレンディングから退場するのではなく長期的に運用するようにすればプラスになるように運用することにより安定的に利息を得ることができるようになる筈ですので無理の無い範囲内で始められることをお薦めします。

※本記事の内容は、ソーシャルレンディング投資体験談投稿者の個人的な体験・見解であり、当ラボの公的見解と異なる場合があります。

ソーシャルレンディング・ラボとは-Author Info-

ソーシャルレンディング・ラボ
ソーシャルレンディング情報専門メディア、「ソーシャルレンディング・ラボ」の公式サイト。ソーシャルレンディング業界ニュースや、主に国内の各ソーシャルレンディング事業者に関する最新情報を提供している。
公開済記事コンテンツは700件超、登録読者に向け無料にて発信しているニュース・メールの累計配信数は、8,000通を突破している。

メディア掲載歴(一部・順不同)
・朝日新聞デジタル&m
・財経新聞
・SankeiBiz
・RBBTODAY
・楽天Infoseekニュース
・excite.ニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス
・Mapionニュース
・NewsPicks
・ビズハック
・MONEY ZONE
・Resemom
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞

コメントを残す

コメントは当ラボによる承認作業後に自動掲載されます。